エバートンがレギロン獲得に向け好位置に! 25億円の好オファー掲示?

2020.08.01 17:43 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンはレアル・マドリーからセビージャへレンタル中のスペイン人DFセルヒオ・レギロン(23)の獲得に向け、好位置に付けているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。エバートンは、長年左サイドバックのポジションを支えてきた元イングランド代表DFレイトン・ベインズが今シーズン限りで現役を引退。さらに、現在レギュラーを務めるフランス代表DFリュカ・ディーニュに関しても、プレミアリーグのライバルを中心に移籍の噂が取り沙汰されており、左サイドバックのポジションの補強は急務となっている。

そういった中、カルロ・アンチェロッティ監督はかつて指揮した古巣マドリーから若手DFの獲得を目指しているようだ。

マドリー下部組織出身のレギロンは、昨シーズンにサンティアゴ・ソラーリ前監督の下でトップチームの主力に定着。一時はブラジル代表DFマルセロからポジションを奪うまでの勢いを見せたが、ジネディーヌ・ジダン監督の再任によってトーンダウン。

今シーズンはリヨンからフランス代表DFフェルラン・メンディが加入した影響により、セビージャへ武者修行に出ることに。そして、マドリー時代にも指導を受けたフレン・ロペテギ監督の下、左サイドバックと左ウイングバックの主力として今季のラ・リーガ31試合に出場し、2ゴール4アシストの数字を残した。

そのレギロンは来シーズンもセビージャ残留を希望していると見られているが、セビージャサイドに完全移籍で買い取る金銭的な余裕はないようで、現時点ではマドリー復帰が濃厚となっている。ただ、マドリーはマルセロとメンディを来季も左サイドバックの主力と考えており、レギロンが割って入る余裕はない。

さらに、新型コロナウイルスの影響が財政面に影響を及ぼしていることもあり、資金調達を目指すクラブはレギロンを換金対象の一人とみなしているようだ。

なお、エバートンはレギロンの獲得に向けて1800万ポンド(約25億円)という好条件のオファーを掲示しており、国内外の幾つかのクラブの関心を集める同選手の獲得レースをリードしているという。
コメント
関連ニュース
thumb

アンチェロッティ「常に危険が背後にある」 開幕3連勝も浮かれ過ぎず

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が今季の順調なスタートを充実ぶりを露わにしつつ、チームとしてのさらなる完成度向上を目指した。クラブ公式サイトが伝えている。 今夏にアンチェロッティ監督の教え子であるコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスやブラジル代表MFアランらを獲得して、増強したエバートンはプレミアリーグ開幕から2連勝。26日に行われた第3節は同じく連勝スタートを飾るクリスタル・パレスとの一番だったが、2-1で制してみせ、27年ぶりの開幕3連勝を成し遂げた。 リーグテーブルでも暫定ながら首位に立つアンチェロッティ監督は試合後、「この時期にチームスピリットを目の当たりにできるのは本当に大事であり、それこそ順調なスタートが切れた要因だ」と語り、こう続けた。 「ピッチで示したモチベーションと野心を失わないようにしなければならないが、常に危険が背後にあるのも把握しておく必要がある。スピリットは素晴らしいが、改善すべき点は改善しようとしなければ。今季のここまでに関して、本当に満足している」 また、開幕から3試合連続ゴールを挙げ、得点ランキングトップの5得点をマークするイングランド人FWドミニク・キャルバート=ルーウィンについても「代表チームから呼ばれる唯一の方法は今のプレーを続けること。そうすれば、間違いなく代表スタッフの目にとまるはずだ」と述べた。 そして、パレス戦でアシストをマークした主将のアイルランド代表DFシェイマス・コールマンについても言及。賛辞を送っている。 「シェイマスは本当によくやってくれている。ほかの選手にとって、手本になる存在だ。指導者キャリアのなかで数々のキャプテンと仕事をしてきたが、シェイマスのこのシャツに対する愛情表現は本当に最高。パオロ・マルディーニやジョン・テリー、セルヒオ・ラモスに並ぶキャプテンだ」 2020.09.27 14:25 Sun
twitterfacebook
thumb

3試合連続ゴールのキャルバート=ルーウィンが勝利に満足

エバートンのイングランド人FWドミニク・キャルバート=ルーウィンが、クリスタル・パレス戦の勝利に満足感を示している。イギリス『トライバル・フットボール』が伝えている。 26日にプレミアリーグ第3節でクリスタル・パレスと対戦したエバートン。開始10分に先制点をもたらしたのがキャルバート=ルーウィンだった。開幕のトッテナム戦で決勝ゴールを挙げた同選手は、前節のWBA戦ではハットトリックを達成。そして、この試合でもゴールを決めて開幕3試合連続得点を記録した。 絶好調のキャルバート=ルーウィンだが、クリスタル・パレス戦は決して良い試合ではなかったという。それでも勝ち点3という結果には満足感を示している。 「今日はべストパフォーマンスというわけじゃなかったけど、頑張って頑張って結果を得た。それが最も重要なことで、この勢いを維持していきたい」 「まだ始まったばかりだけど、一試合一試合積み重ねて、良いパフォーマンスを継続し、勝つこと、ゴールを決めることを目指している。練習以上に、いつも以上にね」 「今はエキサイティングな時期だけど、まだたった3試合だ。僕たちは調子に乗ったりはしないよ。やるべきことをして、願わくば良い状態を続けていきたい」 2020.09.27 13:54 Sun
twitterfacebook
thumb

エバートンがパレスとの連勝対決制して開幕3連勝! キャルバート3連発にリシャルリソン初弾!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第3節、クリスタル・パレスvsエバートンが26日に行われ、アウェイのエバートンが2-1で勝利した。 開幕連勝中のパレスと、エバートンによる3連勝を懸けた注目の一戦。エバートンを率いるアンチェロッティ監督は、ハメス・ロドリゲス、アラン、ドゥクレ、リシャルリソンなど連勝中のチームをいじらず、開幕3試合連続で同じスタメンを採用した。 試合の入りはザハを起点にホームのパレスが押し込む形となったが、これを凌いだアウェイチームが鮮やかな連係でゴールをこじ開ける。10分、右サイド深くに侵攻したコールマンからマイナスのパスを受けたドゥクレが内に絞ったハメスに横パスを出すと、コロンビア代表が利き足とは逆の右足でボックス内に走り込むコールマンへ絶妙な縦パスを通す。そして、コールマンからの丁寧な折り返しをファーでフリーのキャルバート=ルーウィンが難なく流し込み、3試合連続の今季5点目とした。 その後はエバートンがボールを握り、パレスがカウンターで応戦するという構図の下、拮抗した展開がしばらく続く。だが、前節マンチェスター・ユナイテッドを破るなど、粘り強い戦いが板に付くホームチームが追いつく。26分、右CKの場面でキッカーのタウンゼントが左足インスウィングの鋭いボールをファーに送ると、これをクヤテが打点の高いヘディングで叩き込んだ。 追いつかれて以降、なかなか決定機まで持ち込めないエバートンだが、前半終了間際に勝ち越しに成功する。ボックス内でディーニュのヘディングがDFウォードの腕に当たる。その前には同じウォードのハンドがノーファウルと判断されていたが、2度目のVARではハンドと判断され、エバートンにPKが与えられる。キッカーのリシャルリソンが今季プレミア初ゴールとなるこのPKを冷静に決めた。 エバートンの1点リードで折り返した試合は後半も一進一退の攻防が続く。互いに相手の集中した守備をセットプレーでこじ開けにかかる。65分にはタウンゼントとクヤテのホットラインから2点目に迫る場面を作るが、ゴール左で叩きつけたヘディングシュートはわずかに枠の左に外れる。 その後、後半半ばから終盤にかけてはバチュアイ、ベンテケをピッチに送り込んだパレスが終始押し込む状況を作り出すが、崩しの要であるザハがドゥクレやアランのサポートで数的優位の対応を続けるエバートンの守備に最後のところで封じ込まれてしまう。試合最終盤のパワープレーもミナらに撥ね返されて試合はこのままタイムアップ。 パレスとの連勝対決を制したエバートンが、開幕3連勝と“ビッグ6”の有力な挑戦者として力強い勝ち名乗りを上げた。 2020.09.27 01:44 Sun
twitterfacebook
thumb

ハメスが移籍後初ゴール! 指揮官アンチェロッティ「もうチームに馴染み、すべて問題なしだ」

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督がコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスを激賛した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 エバートンは19日にホームで行われたプレミアリーグ第2節でWBAと対戦。先制こそ許したものの、相手に選手や監督に退場者も出て、終わってみれば5-2の快勝を収め、開幕2連勝を飾った。 2試合連続先発のハメスは前半終了間際に勝ち越しゴールとなるチーム2得点目をミドルレンジから決めるなど、1得点1アシストの活躍。アンチェロッティ監督は試合後、賛辞を送った。 「彼にとってのプレミアリーグ初ゴールはこの試合のキーになるものだった。素晴らしいゴールで、後半にもファンタスティックなアシストをマークした」 「もうチームに馴染み、すべて問題なしだ。今の彼は自分のクオリティを出してくれている。あのクオリティはマドリーやバイエルン時代に目の当たりにしたものと同じだ」 「ハメスのクオリティは彼を簡単にプレーさせる。彼のスタイルはそれほど複雑なものじゃない。スペースがあるときはパスを使い、スペースがなく、プレッシャーを受けているときはシンプルなプレーを心がけているからだ」 また、3度目のタッグとなるハメスを手放しで称えたイタリア人指揮官はイギリス『BT Sport』で5-2の結果にも触れた。 「この結果はピッチ上で起こったものが反映されたものじゃないと思っている。正直なところ、前半は彼らの方が上だった。彼らは序盤から良い形で入り、我々がゴールを決めた際も良いリアクションをみせた。もちろん、10人での試合は我々のアドバンテージになり、後半から楽な展開になったがね」 2020.09.20 11:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ハメス・ロドリゲスがデビュー2戦目にして初ゴール! キャルバート=ルーウィンはキャリア初ハットトリック!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第2節、エバートンvsWBAが19日に行われ、5-2でエバートンが勝利した。 開幕節で強豪トッテナムを下して白星スタートを切ったエバートン。新加入のハメス・ロドリゲスが期待に違わぬ活躍を披露し、今季の躍進を予感させた。 連勝を狙う今節の相手は、開幕でレスター・シティに0-3で完敗を喫した昇格組のWBA。快勝といきたいところだったが開始10分、カウンターでディアンガナにボックス手前まで持ち込まれると、守備の隙を突かれ、左足のシュートを決められてしまった。 だが33分、ボックス右から上がったクロスにリシャルリソンが競り合ったことでこぼれてきたボールを、キャルバート=ルーウィンがヒールで流し込み同点に。一度はオフサイドで取り消されそうになったが、VARで確認した結果、リシャルリソンではなく相手に当たっていたため、オフサイドの判定にはならなかった。 昨季のチーム内得点王タイのキャルバート=ルーウィンの2試合連続ゴールで追いついたエバートン。ここから勢いを取り戻すと迎えた45分、リシャルリソンが粘って繋げたボールを、ハメス・ロドリゲスがボックス手前から得意の左足でゴール右下に決めて逆転に成功した。 その直後、元アーセナルのギブスがハメス・ロドリゲスとぶつかった際に、あろうことかパンチを見舞い一発退場に。さらに執拗に抗議したビリッチ監督も退席処分とされてしまった。 しかし後半立ち上がりの47分、ボックス手前右の好位置でFKを得たWBAは、昨季のチームMVPのマテウス・ペレイラが左足で完璧な直接FKを決めて、スコアは再びタイとなった。 それでも数的有利のエバートンは54分、敵陣左サイドのFKからディーニュがクロスを上げると、リシャルリソンのシュートのこぼれ球をマイケル・キーンが押し込んで勝ち越し。 さらに62分には、敵陣中央のハメス・ロドリゲスからボックス内へ浮き玉のパスが送られると、絶妙なタイミングでオフサイドラインを突破したリシャルリソンが折り返し、最後はキャルバート=ルーウィンがフィニッシュ。その4分後には、ハメス・ロドリゲスの左CKをキャルバート=ルーウィンが頭で合わせてハットトリック達成。これがキャリア初のハットトリックとなった。 その後、キャルバート=ルーウィンと1ゴール1アシストのハメス・ロドリゲスはお役御免。試合はエバートンが最後まで支配し、終わってみれば大勝で開幕連勝を収めた。 2020.09.19 22:25 Sat
twitterfacebook