“裏”コートジボワール代表は若くて将来性豊か!? 多重国籍選手でチームを組んでみた【裏イレブン】

2020.05.26 22:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表にはあまりいない二重国籍選手。しかし、世界に目を向ければ、多くの選手が二重国籍であり、代表クラスの選手ともなれば、その決断を迫られる時がやってくる。世代別の代表チームからA代表になる際にその決断の瞬間は訪れるが、中には世代別代表から変わらずに代表活動を続ける選手も多い。

今回は、コートジボワール代表だったかもしれない選手たちをピックアップ。“裏”コートジボワール代表として、2つ目の国籍としてコートジボワールを持ち、別の国の代表チームで活動する選手たちを並べたところ、そうそうたるメンバーが揃った。

従来のコートジボワール代表には、アーセナルのFWニコラ・ぺぺやクリスタル・パレスのFWウィルフリード・ザハ、マンチェスター・ユナイテッドのDFエリック・バイリー、トッテナムのDFセルジュ・オーリエ、ミランのMFフランク・ケシエらが招集されている。

一方で、コートジボワール代表だったかもしれない選手にはブンデスリーガで主力を務める選手も多く、バイエルンのドイツ代表MFセルジュ・ニャブリやレバークーゼンのドイツ代表DFヨナタン・ターらがいる。また、市場価値順で選択しても、若い選手が多く並ぶ印象だ。

◆“裏”コートジボワール代表
GK
アーブ・コフィ(23/ベレネンセス/ブルキナファソ)

DF
ヨナタン・ター(24/レバークーゼン/ドイツ)
ナタン・アケ(25/ボーンマス/オランダ)
ダン=アレックス・ザガドゥ(20/ドルトムント/フランス)

MF
セルジュ・ニャブリ(24/バイエルン/ドイツ)
ティエムエ・バカヨコ(25/モナコ/フランス)
タンギ・クアシ(17/パリ・サンジェルマン/フランス)
イヴ・ビスマ(23/ブライトン&ホーヴ・アルビオン/マリ)
ジョナタン・バンバ(24/リール/フランス)

FW
モイゼ・ケアン(20/エバートン/イタリア)
セバスティアン・アラー(25/ウェストハム/フランス)
コメント
関連ニュース
thumb

違法パーティ参加、スイス代表FWが警察から屋根を使って逃走の容疑

ボルシアMGのスイス代表FWブリール・エンボロに容疑がかけられている。ドイツ『ビルト』が報じた。 報道によると、エンボロは17日の夜にエッセン州のバルデニー湖のカフェでパーティーに参加していたとのこと。その際に警察が捜査に入ると、屋根を伝って逃げていったのがエンボロであるとの容疑をかけられている。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が再び激しさを増し、厳戒態勢が敷かれている中、閉店しているはずのカフェで行われていたパーティは違法なもの。そこから逃げ出したとのことだ。 なお、逃げた男は隣接するアパートに逃げ込み、警察が訪れるとエンボロが1人で部屋にいたという。 エンボロは手を手術していた中で試合を欠場。また、今回のパーティ参加を明確に否定している。しかし、プロトコル違反となっており、19日のブレーメン戦は出場停止となっていた。 <div id="cws_ad">◆エンボロがCLで決めた豪快バイシクル!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3NTA3S1E5SyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 選手本人が否定している一方で、エッセン警察はこの件について「彼は1人で部屋にいた。したがって、屋根を伝って逃げた男はエンボロだと仮定できる」と発表している。 ボルシアMGは「ここまでのところ、我々に新たな情報はない。まだ、警察による推測の状態だ」と否定。しかし、「同僚が到着すると、人が屋根を伝って隣のアパートに駆け寄り、窓から侵入した。そこから我々が入ると、1人の男、エンボロに会った」と捜査員は述べており、警察の推測は当たっているようにも思える。 エンボロは検査で陰性となったために20日からチームのトレーニングに復帰。しかし、パーティ参加は断固として否定している。 エンボロは今シーズンのブンデスリーガで14試合に出場し3ゴール3アシスト。チャンピオンズリーグでは5試合に出場し1ゴールを記録していた。 2021.01.21 12:38 Thu
twitterfacebook
thumb

フェルナンド・トーレスが驚異のバルクアップ! アジア企業のアンバサダー就任発表も注目は違うところに

先日久しぶりにメディアに姿を現した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの見た目の変貌ぶりが話題となっている。 サガン鳥栖でのプレーを最後に、2019年にそのキャリアに幕を落としたトーレス氏。昨年夏からは古巣アトレティコ・マドリーのBチームで監督を務めており、第二の人生を歩み始めている。 引退から1年以上が経った中、トーレス氏は自身の公式インスタグラムを通じて、カジノウェブサイトを運営する東南アジアの会社『AW8』のアンバサダー就任を発表。しかし、関心を集めたのは久々に披露されたその見た目だった。 現役時代のトーレス氏はスラリと長い手足とその端麗な顔立ちで、モデルとしても通用するような体型だった。プレースタイルもスピードや嗅覚を生かしたものだったが、最新のトーレス氏は、両腕にレスラーのような筋肉をつけ、胸筋も見事に発達。これまでのイメージを払拭する驚きの姿となっていた。 これには驚きを隠せないファンが多く、SNS上では大きな話題となっている。 情報によると、トーレス氏は引退後、ボクシングやジム通いを始め、現在のような体つきになったとのこと。現役時代からその願望はあったのかもしれない。<div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Fernando Torres bulked up <a href="https://t.co/PSs3QI9vIs">pic.twitter.com/PSs3QI9vIs</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1351591954098884617?ref_src=twsrc%5Etfw">January 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.20 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

あのJリーグクラブが唯一参加! 世界中で人気の『フォートナイト』のコスチュームに登場

世界中で人気を博しているオンラインゲーム『フォートナイト』。サッカー界でもプレーヤーが多い人気のゲームだが、新たにフットボールの世界が登場することになると発表された。 『フォートナイト』によると、今回フットボールファンに向けてサッカークラブのコスチュームを配信するとのこと。男性用と女性用の10種のバリエーションのコスチュームから選んで、ゲーム内で好きなクラブをアピールすることが可能となった。 『フォートナイト』は、3つのモードで展開されるゲームで「世界を救え」、「バトルロイヤル」、「クリエイティブ」が楽しめる。 「世界を救え」モードでは他のプレーヤーと協力し、役割分担をして楽しむもの。その際には、外見などがステータスに影響を与え、プレーヤーは課金して購入して楽しんでいる。 今回用意される「キックオフ」セットでは、世界中の23のクラブをパートナーとなり、ユニフォームを提供されるとのこと。マンチェスター・シティやユベントスなどが並ぶ中、なんとJリーグからも1クラブだけ参戦。セレッソ大阪が搭載されている。 また、サッカー界のレジェンドであるペレ氏ともタッグ。「ペレのジャンピングガッツポーズ」というゴール後のパフォーマンスが配信されるとのことだ。 さらに「ペレカップ」がゲーム内で開催され、参加すれば「キックオフ」セットや「ペレのジャンピングガッツポーズ」が獲得できるチャンスがあるとのことだ。 今回パートナーとなったクラブは以下の通り。 マンチェスター・シティ ウォルバーハンプトン ウェストハム ユベントス ミラン インテル ローマ セビージャ スポルティング・リスボン ボルシアMG シャルケ ヴォルフスブルク レンジャーズ セルティック シアトル・サウンダーズ アトランタ・ユナイテッド ロサンゼルスFC サントス バイーア セレッソ大阪 メルボルン・シティ シドニーFC ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ 2021.01.20 12:46 Wed
twitterfacebook
thumb

10歳少女の無くしたサッカーボールがアイリッシュ海を渡り7日後に発見! SNSの力で持ち主の元へ

アイルランドの10歳少女が海辺で無くしたサッカーボールがアイリッシュ海を渡り7日後にウェールズで発見されたエピソードがイギリス国内で話題を集めている。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 今回の物語の主役はアイルランドに住む10歳のサッカー少女のイーファちゃんだ。 イーファちゃんは今月10日にアイルランドのウォーターフォードにあるウッズタウンビーチで、父親のルアイリニ・ニオカイルさんとサッカーをしていた際に誤ってボールを海に蹴ってしまった。 そして、親子は波に流されて沖に向かったボールを見守ることしかできず、愛用していたボールは永遠に失われたかに思われた。 しかし、イーファちゃんのボールはその7日後にウェストウェールズのスランラスティドビーチで発見されることになった。 なお、『SPORT BIBLE』が伝えるところによれば、イーファちゃんのボールはウッズタウンビーチからスランラスティドビーチまでアイリッシュ海をおよそ200km移動したという。 そして、ロックダウン中に運動のために日常的にスランラスティドビーチを訪れていたアリーン・デントンさんがビーチに打ち上げられていたサッカーボールを偶然発見した。 ボールに子供の字でイーファ・ニオカイルと名前が書かれていたことから、アリーンさんは持ち主を探すために自身の『フェイスブック』でボールの画像と共に「誰かイーファ・ニオカイルを知っている? 彼女のボールがウェストウェールズのスランラスティドビーチに流れ着いていたわ!」と、投稿。さらに、イーファちゃんの名前がアイルランド特有の姓であったことから、「アイルランドからここまでに来るのにどれくらい時間がかかったのかしら?」とも追記していた。 すると、アリーンさんのこの投稿は数時間後に1万を超えるシェアとコメントが届くなど大きな反響があり、イーファちゃんの父親のルアイリニさんも人づてでこの事実を知ることになった。 そして、ルアイリニさんはすぐさまアリーンさんにコンタクトを取り、「私はイーファの父親です。娘は10歳で、先週の日曜日にウォーターフォードのウッズタウンビーチでボールをなくしました」と事情を説明。 さらに、ルアイリニさんは「私はあなたが投稿した写真を娘に見せました。娘は今、自分が有名人になったように感じています。投稿してくれてありがとう。SNSに投稿していただき本当にありがとうございました」と、感謝を伝えた。 また、ルアイリニさんは後日、地元メディアに今回の経緯を説明。SNSの大きな影響力を改めて感じたとしている。 「私の友人が、あの写真はイーファのボールかどうかを尋ねるメッセージを送ってくれた後、他の友人からも私にメッセージが届きました」 「それはソーシャルメディアの力を示しています。イーファを見つけ出すのにたった5時間ほどしかかからなかったのですからね。それがどれほど強力なツールであるかは非常に印象的です」 「イーファは少し戸惑っています。ただ、彼女は人々が自分のボールにどれほど興味を持っているかに感銘を受けています」 一方、アーリンさんもSNSの影響力に改めて驚かされたという。アーリンさんは当初、SNSの友人たちに対してこの投稿を送っただけで、後にアイルランドに住む元同僚からアイルランドの女子サッカー連盟に投稿をシェアするという申し出を受けたものの、その前の段階で大きな反響があったという。 「イーファちゃんが自分のボールがウェールズに到達したのを見てとても興奮していたそうで、彼女の父親と連絡をとることができたのは本当にエキサイティングで素晴らしかったわ」 「ボールは萎んでいないけど、1、2か所表面が欠けている部分があるの。おそらく、岩にぶつかったところだと思うけど、問題はないと思うわ」 今回のエピソードはSNSの良い意味での影響力を示すものとなったが、同時にイーファちゃんがサッカーボールを大事にしていたことを知っていたサッカーの神様からのプレゼントだったとも言えるかもしれない。 <div id="cws_ad">◆SNSの力orサッカーの神様からのプレゼント?<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Aoife’s ball found in Wales <a href="https://t.co/AJ3YOV53Af">pic.twitter.com/AJ3YOV53Af</a></p>&mdash; Andy Watters (@andyirishnews) <a href="https://twitter.com/andyirishnews/status/1350937030147104778?ref_src=twsrc%5Etfw">January 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.20 09:00 Wed
twitterfacebook
thumb

暴行容疑で逮捕されたレノファ山口FCのフィジオセラピスト・福田智志氏が罰金刑、クラブは契約解除

レノファ山口FCは19日、チームスタッフの処分について発表した。 山口は今月5日、フィジオセラピストを務める福田智志氏(31)が暴行容疑で5日に逮捕されたことを発表していた。 事件は山口市湯田温泉で発生。福田氏は前日夜からの友人との飲食、およびその後の1人での飲酒後、路上を歩いていた際、2人に暴行を加え、うち1人に傷害を負わせていたという。 この容疑について略式命令による罰金刑が確定。クラブは、福田氏を契約解除処分とした。 福田氏は地元の山口県防府市出身で、2013年から山口でフィジオセラピストを務めていた。選手としては、山口県鴻城高等学校やFC宇部ヤーマンでプレーしていた。 山口の河村孝代表取締役社長は「まず、今回、被害にあわれた方に対して深くお詫び申し上げます。また、レノファ山口FCを応援していただいているファン・サポーターの皆様、パートナー・クラブサポーターの皆様、その他クラブを支えていただいている多くの皆様、そしてJリーグやJクラブの皆様に大変ご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます」と陳謝。「今回の事件をクラブとして厳粛に受け止め、クラブ全体として再発防止、および法令順守に関する意識・指導に向けた取組みを実施し、信頼回復に努めて参ります」とした。 2021.01.19 17:47 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly