ザニオーロ、トナーリ、バロテッリ…イタリア代表指揮官が選考に言及

2020.04.20 13:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が代表メンバーについて言及した。イタリア『Sport Mediaset』が伝えた。

イタリア代表も本大会への出場を決めているユーロ2020だが、今年6月に開催を予定していたものの、世界的に感染拡大する新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受け、1年間の延期が決定している。

各ポジションの序列の再考が求められる中、マンチーニ監督は代表候補でもあるローマのMFニコロ・ザニオーロ、ブレシアのMFサンドロ・トナーリ、ブレシアのFWマリオ・バロテッリについてコメントした。

2019年11月にはA代表初ゴールも決めていたザニオーロは、1月に右ヒザの半月板損傷と前十字じん帯断裂の重傷を負うことに。ユーロ出場は絶望と思われていたものの、延期によって回復は間に合う見込みだ。

「ザニオーロにとってこの1年は重要だ。彼のポジションはメッツァーラ(シャドー)だと思う。そこなら彼はローマでも他のクラブでもプレーできるだろう。素晴らしいクオリティを持った選手が複数の役割を問題なく果たせることは、彼と私にとってアドバンテージになる」

また、わずか19歳ながら、2019年10月にはA代表デビューも飾ったトナーリについてはその能力を認めている。

「トナーリは素晴らしい個性を持っている。彼はすでに準備ができているが、そのレベルでの経験が必要だ」

そして、インテルやマンチェスター・シティ時代の教え子であるバロテッリについては、1年以上召集していないものの、可能性は開かれていると明かした。

「彼がフットボールについてだけを考え、しなければならないことをするならば、ドアは常に開いている。マリオは他の選手と同じように重要なクオリティを持っているが、それは彼次第だ」

関連ニュース
thumb

A代表初ゴールのラスパドーリが歓喜 「本当に素晴らしい瞬間で、まさに完璧だ」

サッスオーロに所属するイタリア代表FWジャコモ・ラスパドーリが代表での活躍を喜んだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ラスパドーリは8日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループC第6節のリトアニア代表戦で、FWチーロ・インモービレやFWロレンツォ・インシーニェらが代表を離脱した事情もあり、スタメンとして出場した。14分に決めたゴールは相手DFのオウンゴールという扱いになったが、24分にはルーズボールを押し込みA代表での初ゴールを記録。その後も精力的なプレーを披露し、チームの6-0の勝利に大きく貢献している。 負傷者や離脱者の発生により巡ってきたチャンスをしっかりと掴んだラスパドーリは試合後にイタリア『RAI Sport』のインタビューで、喜びを露わに。これまでの努力が報われたと歓喜している。 「今は僕に何が起こったのか、理解するのは難しいよ。本当に素晴らしい瞬間さ。特に、今日は僕が育ち、現在プレーしているクラブのホームスタジアムでの試合だった。スタンドには僕の家族もいたんだ。だから、まさに完璧だね」 「残念ながら、最初のゴールは僕のものにならなかった。でも、それはそれでいいんだ。前半はチームとしてもたくさんのゴールを決めることができた。本当に良いプレーが見せられたと思うよ」 「(ロベルト・マンチーニ監督からは)楽しんで、このチャンスをものにしろと言われたよ。僕は本当に幸せだ。(サッスオーロで)ロベルト・デ・ゼルビが教えてくれた多くのことのなかには、ゴール前での決定力や冷静さに関するものもあった。僕はそれに取り組み続けていて、これからますます良くなっていきたい」 「子供たちは自分の国の代表チームで、センターフォワードとしてプレーすることを夢見るものさ。そして本当に、将来何が起こるかはわからないね」 また、学問にも熱心に取り組むラスパドーリは、10月に行われる解剖学の試験についても言及。現在は試験勉強に励んでいると明かし、学問とスポーツの両立は可能だとも語っている。 「今は10月末に行われる解剖学の試験のため勉強している。僕はいつも、自分の研究がスポーツのキャリアと密接に関連していると考えているんだ。勉強とスポーツは両立できると思っているし、これを続けていきたいね」 2021.09.09 12:56 Thu
twitterfacebook
thumb

マンチーニ率いるイタリアが世界新! 37戦無敗の大記録

ロベルト・マンチーニ監督率いるイタリア代表が歴史的な大記録を樹立した。 先のユーロで53年ぶり2度目の王者となり、初めてのインターナショナルマッチウィークを迎えたイタリア。連続無敗記録カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループCの3試合を戦った。 2日のブルガリア代表に続いて、スイス代表戦も引き分け、2試合連続で白星を逃したが、8日に行われたリトアニア代表戦を5-0で勝利。首位の座をキープして今月の代表活動を締めくくった。 これで公式戦連続無敗を「37」に。1993〜1996年のブラジル代表が記録した36戦無敗を抜き、世界新記録を樹立した。データ集計会社『Opta』によると、勝敗内訳は28勝9分けだという。 なお、イタリアが最後に負けたのは2018年9月10日に行われたUEFAネーションズリーグのポルトガル代表戦だった。 2021.09.09 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

マンチーニ、世界新の連続不敗に導いた若い力を喜ぶ 「素晴らしい未来が待っている。彼ら次第だがね」

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が若い力を喜んだ。『UEFA.com』が報じた。 ユーロ王者として今月の代表ウィークに入り、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選を戦うイタリア。ここ2試合連続で引き分けどまりと得点力不足が叫ばれるが、8日にホームで行われたグループC第6節のリトアニア代表戦では5-0の勝利を収め、勝ち点14の首位をキープした。 FWチーロ・インモービレやFWロレンツォ・インシーニェ、FWフェデリコ・キエーザら多くの主力が不在だったが、FWモイゼ・ケアンが2ゴールを決めれば、FWジャコモ・ラスパドーリも1ゴールで続くなど、若き才能が躍動。公式戦連続無敗記録も世界新の「37」に更新した。 今月の代表ウィークを見事に勝利で締めくくったマンチーニ監督は試合後、「昨日と一昨日に多くの選手がいなくなったが、今夜のために呼ばれた選手たちがよく応えてくれた。5ゴールを決めるのは決して簡単なことじゃない」と若手たちの奮闘ぶりに賛辞を送った。 イタリア人指揮官はまた、ケアンとラスパドーリに触れ、能力に太鼓判。あとはそれぞれの努力次第で「素晴らしい未来が待っている」と語った。 「ラスパドーリはこのレベルでプレーする準備ができている。ユーロでも一緒にプレーしているし、クオリティもある。まだ若いし、経験を積むだけだ。ケアンにもポテンシャルがある。すべては彼らの頭と足にかかっている。真剣に取り組んでくれれば、素晴らしい未来が待っている。それは彼ら次第だがね」 2021.09.09 08:45 Thu
twitterfacebook
thumb

イタリア代表が37戦無敗の世界記録樹立! 控え主体もケアン&ラスパドーリ躍動で5発圧勝《カタールW杯欧州予選》

イタリア代表は9日、カタール・ワールドカップ欧州予選グループC第6節でリトアニア代表をホームに迎え、5-0で圧勝した。 3勝2分けで首位に立つイタリアは、インシーニェやキエーザが欠場。直近の2試合でベンチスタートだった控え組主体のスタメンで臨んだ。 4連敗で最下位のリトアニアに対し、3トップに右からベルナルデスキ、ラスパドーリ、ケアンと並べる[4-3-3]で臨んだイタリアは11分に先制する。相手のバックパスをボックス左でカットしたケアンがシュートを決めきった。 さらに3分後、ラスパドーリのミドルシュートが相手DFに当たってゴールに吸い込まれ加点したイタリアは、24分に3点目。ボックス右からのディ・ロレンツォのクロスのルーズボールをラスパドーリが押し込んだ。 そして29分、ベルナルデスキの浮き球パスをケアンがボレーで蹴り込んだイタリアが4-0として前半を終えた。 迎えた後半、GKドンナルンマに代えてシリグを投入する余裕を見せたイタリアが引き続き主導権を握ると、54分に5点目。ボックス右からディ・ロレンツォの見事なループシュートが決まった。 終盤にかけてもリトアニアに何もさせなかったイタリアが5-0で圧勝。3試合ぶりの勝利とし、首位をキープしている。 なお、この勝利で無敗記録を37戦試合(30勝7分け)に伸ばしたイタリアは、一部で伝えられたブラジルの36戦無敗の世界記録を抜き、正真正銘の世界新記録を樹立している。 2021.09.09 05:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーロ制覇後2試合未勝利のイタリア、マンチーニ監督は楽観視「現在の状況に落ち着いている」

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が、ワールドカップ(W杯)予選での必勝を誓った。イタリア『スカイ』が伝えている。 今夏に開催されたユーロ2020で53年ぶり2度目の優勝を達成するも、今月のW杯欧州予選ではここまで2試合連続ドローという結果のイタリア。ユーロ優勝後は未勝利のまま、チームは8日のカタールW杯欧州予選グループC第6節でリトアニア代表と対戦する。 試合前の公式会見に出席したマンチーニ監督は、現在の状況を心配していないことを強調。チームは多くのチャンスを作るなかで2試合1得点と決定力不足に陥っているが、すぐに改善するはずだと語った。 「我々は現在の状況に落ち着いているよ。ただ、失うべきではない勝ち点4を落としたことについては残念に思っている。ユーロでは運命が我々を助けてくれたと思うが、今は少し不利に働いているね。とはいえ、まだ予選では3試合を戦う必要があり、その全てに勝てば突破できるだろう」 「前節までのパフォーマンスを振り返れば、心配はあまりない。それは選手たちも同様だろう。心理的には大丈夫なはずだ。彼らはユーロで優勝しており、落ち着いてプレーしなければならない」 「残念なことに、ボールがゴールに入らない時というのはある。イタリアでは何事にも犯人捜しをしたがるね。それが我々の性格なのだ。とはいえ、我々はそこから自分たちを切り離し、もう少しうまく、そして正確にプレーする必要がある。ゴールは必ず訪れると考えているし、そのことに我々は緊張していない」 また、マンチーニ監督は決定力不足の非難を受けるなかで、筋肉疲労によりチームを離脱することになったFWチーロ・インモービレを擁護。求める仕事はこなしてくれていると語り、これからのゴール量産を期待した。 「センターフォワードには、シュートが決まらないタイミングがある。私は監督であり、チーロに対しても他の選手に対しても、すべきでない動きをしたときは自分の考えを言う。ただ下がってボールを持つのではなく、敵陣深くでボールをキープしろという風にね。これはすべてのストライカーがすべきことであり、チーロがしていることでもある」 「チーロはいつもゴールを決めてきた。そして今は、ただそういうタイミングということだ。もしかしたら、W杯で8ゴールを決めて得点王を獲得するかもしれない。そして我々は、W杯で優勝するかもしれないね」 2021.09.08 17:48 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly