クロアチア代表メンバーが発表! モドリッチ、ラキティッチら主力が順当選出《国際親善試合》

2020.03.10 21:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クロアチアサッカー協会(HNS)は9日、国際親善試合に向けたクロアチア代表メンバー23名と予備メンバー9名を発表した。

クロアチ代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督は、MFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)やMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、MFマテオ・コバチッチ(チェルシー)、MFイバン・ペリシッチ(バイエルン)、FWアンテ・レビッチ(ミラン)など主力を順当に選出した。

また、今回は予備メンバーも招集しており、MFマルコ・ログ(カリアリ)やMFフィリップ・ブラダリッチ(セルタ)などが招集されている。
クロアチアは、26日にカタールでスイス代表と、30日にポルトガル代表と対戦する。今回発表されたクロアチア代表メンバーは以下の通り。

◆クロアチア代表メンバー23名
GK
ロヴレ・カリニッチ(トゥールーズ/フランス)
シモン・スルガ(ルートン・タウン/イングランド)
ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ)

DF
ミレ・シュコリッチ(オシエク)
ダリオ・メルニャク(チャイクル・リゼシュポル/トルコ)
ドマゴイ・ヴィダ(ベシクタシュ/トルコ)
ドゥイエ・チャレタ=ツァル(マルセイユ/フランス)
デヤン・ロブレン(リバプール/イングランド)
ボルナ・バリシッチ(レンジャーズ/スコットランド)
ティン・イェドバイ(アウグスブルク/ドイツ)
シメ・ヴルサリコ(アトレティコ・マドリー/スペイン)

MF
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン)
イバン・ラキティッチ(バルセロナ/スペイン)
マテオ・コバチッチ(チェルシー/イングランド)
ミラン・バデリ(フィオレンティーナ/イタリア)
マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア)
マリオ・パシャリッチ(アタランタ/イタリア)
ニコラ・ヴラシッチ(CSKAモスクワ/ロシア)

FW
イバン・ペリシッチ(バイエルン/ドイツ)
アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ)
ヨシップ・ブレカロ(ヴォルフスブルク/ドイツ)
アンテ・レビッチ(ミラン/イタリア)
ブルーノ・ペトコビッチ(ディナモ・ザグレブ)

◆予備登録メンバー
GK
イヴォ・グルビッチ(ロコモティバ・ザグレブ)

DF
ヨシプ・ユラノビッチ(ハイドゥク・スプリト)
フィリプ・ベンコビッチ(ブリストル・シティ/イングランド)
ドマゴイ・ブラダリッチ(リール/フランス)

MF
フィリプ・ブラダリッチ(セルタ/スペイン)
マルコ・ログ(カリアリ/イタリア)

FW
ミスラフ・オルシッチ(ディナモ・ザグレブ)
ミルコ・マリッチ(オシエク)
アントニオ=ミルコ・チョラク(リエカ)


関連ニュース
thumb

モドリッチが苦戦した初戦を振り返る「非常に難しい試合だった」

クロアチア代表MFルカ・モドリッチが、カタール・ワールドカップ(W杯)初戦のモロッコ戦を振り返った。フランス『レキップ』が伝えている。 モドリッチは23日に行われたカタールW杯グループF初戦のモロッコ代表戦に先発した。立ち上がりから試合の主導権を握ったものの、最後までモロッコの堅守を崩すことができず、試合はゴールレスドローに終わった。 勝ち点1を分け合った試合後、モドリッチは苦戦したことを認めながらも、今後に向けて前向きな考えを崩さなかった。 「非常に難しい試合だった。我々は大きな野望を持っており、グループステージで敗退するためにここに来たわけではない。大会が進むにつれて、もっと良くなり、まったく違う姿を見せていけると思っているよ」 2022.11.24 00:55 Thu
twitterfacebook
thumb

前回準優勝のクロアチアはモロッコの堅守を崩し切れず…初戦特有のノーリスクで互いにゴールレス《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)のグループF第1節、モロッコ代表vsクロアチア代表が23日に行われ、ゴールレスドローに終わった。 本大会へ導いたヴァイッド・ハリルホジッチ前監督を8月に解任し、ワリド・レグラギ体制で臨むアトラスの獅子・モロッコ。最後尾にはセビージャの守護神GKボノが君臨し、[4-3-3]のアンカーにはS・アムラバトが。指揮官交代で代表へ復帰したエースのツィエクは右のウイングを務めた。 前回大会のファイナリスト・クロアチアも[4-3-3]のシステムを採用した。ベテランのロブレンと20歳のグヴァルディオルがセンターバックを組み、中盤はブロゾビッチ、コバチッチ、モドリッチが黄金のトライアングルを形成。最前線にはクラマリッチが入った。 クロアチアがボールを握りながら機をうかがう展開の中で、先にGKへ仕事をさせたのはモロッコ。13分にハキミの仕掛けからのクロスがソサに当たってゴール方向へ飛び、GKリヴァコビッチが処理した。 対してクロアチアは直後にモドリッチが魅せた。ボックス左でまたぎフェイントから縦へ仕掛け、得意の右足アウトサイドでのクロスで会場を沸かせる。さらに、相手の不用意な横パスをカットしたペリシッチがミドルで迫った。 両サイドバックを押し上げて相手を押し込むクロアチアが、次第にポゼッションの時間を伸ばすものの、モロッコは安定した守備でチャンスらしいチャンスを作らせない。ただ、モロッコもボール奪取後に前線で収めることができず、両チームともに攻撃の糸口をつかめぬまま膠着状態に。 得点の気配に乏しい雰囲気の中で、前半最大のチャンスはアディショナルタイムに訪れた。クロアチアはスルーパスに反応して左ポケットを取ったソサのグラウンダークロスに、ヴラシッチがワンタッチで合わせる。だが、ここはGKボノが立ちはだかり、直後のモドリッチの左足も枠を外れ、ゴールレスで前半を終えた。 ハーフタイムに動いたのはクロアチア。前半終了間際に右足ふくらはぎを気にしていたヴラシッチに代え、パシャリッチを投入した。 後半はモロッコが先に決定機を迎える。ブファルのシュートがブロックされ、ボックス左にこぼれると、上がっていたマズラウィがこれに頭から飛び込んだ。 だが、左サイドバックは着地の際に右の体側部を負傷したようだ。一度はプレーに復帰したものの、しばらくしてピッチに座り込み、自ら交代を要求。60分にアティヤト・アラーとの交代を余儀なくされた。 65分のモロッコはボックス手前左でFKを獲得すると、ツィエクが横へ小さく出してハキミの右足。強烈なミドルでGKリヴァコビッチにセーブを強いる。一方、相手ブロックの内側へくさびを打ち込めないクロアチアは、ボックス右角付近でのFK獲得を契機にクラマリッチからリバヤへスイッチ。立て続けのCKでも高さを生かそうと試みる。 残り10分では交代カードを駆使してアクセントを加えようとはしたものの、互いに極端なリスクは冒さず。最後まで目立った決定機は生まれないまま、ゴールレスドローで勝ち点1を分け合った。 モロッコ 0-0 クロアチア 2022.11.23 20:56 Wed
twitterfacebook
thumb

【カタールW杯グループF展望】話題性ある各国が同居、欧州2国を崩すのは…

11月23日に第1節を迎えるグループFは、実績のある欧州の2国の間に勢いのあるカナダ代表や監督交代のモロッコ代表が割って入れるかという構図になるだろう。前回大会準優勝のクロアチア代表、3位のベルギー代表には2018年のロシア大会を経験した選手が多数。W杯の何たるかは熟知しており、当然リベンジにも燃えているが、ベテラン勢中心のチームがどれだけ連戦を戦い抜けるかが懸念事項ではある。 ◆編集部予想 ◎本命:クロアチア ○対抗:モロッコ △連下:ベルギー ☆大穴:カナダ ◆完成度の高さで本命に~クロアチア~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/WC20221123_GroupF_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 年齢層、経験値、タレント具合から前回大会のファイナリストを本命に推す。欧州組はシーズンの真っただ中で、負傷明けのマルセロ・ブロゾビッチ以外はコンディションにも問題はなさそう。負傷者が散見される他国と異なり、最も机上の実力が発揮できるのではないだろうか。 ◆ダークホース本命~モロッコ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/WC20221123_GroupF_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 指揮官交代の不安よりも、直近のテストマッチで調子の良さが垣間見えるモロッコをあえて対抗に挙げてみる。気候も味方し、堅守を攻めあぐねるチームは出てくるのではないか。耐えてハキム・ツィエクの一発というロマン砲に期待。 ◆テストマッチ敗戦が調整なら…~ベルギー~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/WC20221123_GroupF_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 順当に考えれば、本命でも不思議ではないベルギーをここに置いたのは、最終ラインの高齢化と、エデン・アザールの試合勘やロメル・ルカクの状態から。ベルギーが初戦のカナダ戦を取り、一方でクロアチア戦を落として尻に火が付いたモロッコが奮起するというストーリーを描いて対抗と連下を決めた。直近のテストマッチのエジプト戦敗戦が本当に調整であれば良いのだが……。 ◆母国史に残るゴールは来るか~カナダ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/WC20221123_GroupF_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 36年ぶりの本大会出場は大きなトピックだが、国際大会経験の乏しさから評価は据え置き。日本代表相手にもスコア上は辛勝だった。ただ、推進力やチームとしての意思統一は高く、きっかけ1つで勢いに乗る可能性も。カナダ史上初のW杯でのゴールを誰が決めるのかという点にも注目したい。 グループステージ日程 ◆第1節 ▽11/23 《19:00》 モロッコ vs クロアチア 《28:00》 ベルギー vs カナダ ◆第2節 ▽11/27 《22:00》 ベルギー vs モロッコ 《25:00》 クロアチア vs カナダ ◆最終節 ▽12/1 《24:00》 クロアチア vs ベルギー カナダ vs モロッコ 2022.11.23 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

負傷明けのブロゾビッチがカタールW杯へ意気込み「前回よりも良い結果を」

インテルのクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチがカタール・ワールドカップ(W杯)へ向けた意気込みを語った。 9月にハムストリングを痛めたブロゾビッチは今月8日のユベントス戦で復帰。直近の3試合を途中出場してコンディションを上げていた。 そのブロゾビッチはクロアチア『Nova TV』のインタビューで自身の現在のコンディションを語った。 「調子は良いよ。ここ2週間、うまくトレーニングができた。直近の3試合では終盤に途中出場することができた。もっと状態を上げていきたいね」 前回のロシア大会で準優勝したクロアチアだが、今大会を迎えるにあたって違いがあるかと問われたブロゾビッチは次のように答えた。 「違いはないよ。僕らのやるべきことはグループズテージを突破すること。選手は応援してくれる人たちのために全ての試合で全力を出さなければならないということだ。全力を出せれば問題はない」 最後に今大会が成功したと感じるにはどんな結果が必要かと問われると、「前回よりも良い結果を残すこと」と話し、優勝を目指していることを宣言した。 2022.11.20 22:40 Sun
twitterfacebook
thumb

vol.22/クロアチア代表【カタールW杯出場国ガイド】円熟味増す前回ファイナリスト、初の戴冠へ

11月20日、フットボール界における4年に1度の祭典、ワールドカップがカタールの地で遂に開幕する。約1カ月の激闘をより深く、より楽しむべく、超ワールドサッカー編集部が出場国32カ国ガイドを作成。22カ国目は、クロアチア代表を紹介する。 ◆クロアチア代表 監督:ズラトコ・ダリッチ 主将:ルカ・モドリッチ 予選成績:7勝2分け1敗 W杯出場数:3大会連続6回目 W杯最高位:準優勝 FIFAランク:12位 ◆円熟味増す前回ファイナリスト、初の戴冠へ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/WC2022_Croatia_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 前回大会の準優勝のクロアチアは4大会連続出場となるルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)が健在で、37歳となった今でも存在感は群を抜いている。9月の負傷で状態が心配されたマルセロ・ブロゾビッチ(インテル)も実践復帰を果たし、マテオ・コバチッチ(チェルシー)を含めたトライアングルは大会でも指折りの中盤だ。 30歳前後の年齢層が割合を占める編成は、各クラブでのパフォーマンスを見る限り、脂がのっているかと評価していいだろう。昨年のユーロこそベスト16に終わったものの、UEFAネーションズリーグ(UNL)のグループステージではフランスを抑えて首位を決めており、モドリッチの後継者とも称されるロヴロ・マイェル(レンヌ)などがローテーションを担えれば、連戦の疲労も分散できる。 最終ラインにはベテランのデヤン・ロブレン(ゼニト)が控える一方、バイエルンでも出場機会を得ている22歳のヨシプ・スタニシッチが台頭。アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム)やブルーノ・ペトコビッチ(ディナモ・ザグレブ)らセンターフォワード陣の得点力が安定すれば、グループステージ突破は固いだろう。弱冠20歳にして創造性を備えるルカ・スチッチ(ザルツブルク)にも注目だ。 ◆超WS的注目プレーヤー MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/WC2022_Croatia_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> クロアチアの注目プレーヤーはモドリッチだ。昨季マドリーの中心としてクラブを2冠へ導いた魔術師は、年齢を感じさせない存在感を発揮。自身4度目のW杯となる中東の地でも、魔法の右足で世界中を魅了するだろう。 ◆登録メンバー GK 1.ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ) 12.イヴォ・グルビッチ(アトレティコ・マドリー/スペイン) 23.イビツァ・イブシッチ(オシエク) DF 2.ヨシプ・スタニシッチ(バイエルン/ドイツ) 3.ボルナ・バリシッチ(レンジャーズ/スコットランド) 5.マルティン・エルリッチ(サッスオーロ/イタリア) 6.デヤン・ロブレン(ゼニト/ロシア) 19.ボルナ・ソサ(シュツットガルト/ドイツ) 20.ヨシュコ・グヴァルディオル(RBライプツィヒ/ドイツ) 21.ドマゴイ・ヴィダ(AKEアテネ/ギリシャ) 22.ヨシプ・ユラノビッチ(セルティック/スコットランド) 24.ヨシプ・シュタロ(ディナモ・ザグレブ) MF 7.ロヴロ・マイェル(レンヌ/フランス) 8.マテオ・コバチッチ(チェルシー/イングランド) 10.ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン) 11.マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア) 13.ニコラ・ヴラシッチ(トリノ/イタリア) 15.マリオ・パシャリッチ(アタランタ/イタリア) 25.ルカ・スチッチ(ザルツブルク/オーストリア) 26.クリスティアン・ヤキッチ(フランクフルト/ドイツ) FW 4.イバン・ペリシッチ(トッテナム/イングランド) 9.アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ) 14.マルコ・リヴァヤ(ハイドゥク・スプリト) 16.ブルーノ・ペトコビッチ(ディナモ・ザグレブ) 17.アンテ・ブディミル(オサスナ/スペイン) 18.ミスラフ・オルシッチ(ディナモ・ザグレブ) ◆グループステージ日程 ▽11/23 《19:00》 vs モロッコ代表 @アル・バイト・スタジアム ▽11/27 《25:00》 vs カナダ代表 @ハリーファ国際スタジアム ▽12/1 《24:00》 vs ベルギー代表 @アハマド・ビン・アリ・スタジアム 2022.11.19 22:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly