59戦無敗中の選手も!? 本拠地・アンフィールドで負けたことがない10人のリバプール戦士は?

2020.02.01 18:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
開幕からプレミアリーグ無敗(23勝1分け)の他を寄せ付けずの強さで首位を走り続けるリバプール。特に本拠地アンフィールドでは3シーズン前の2017年4月に行われたクリスタル・パレス戦(1-2)で敗れたのを最後に、「52」試合無敗継続中だ。こうなると当然、プレミアリーグにおいてアンフィールドで負けたことがない選手も多数在籍している。イギリス『SPORT BIBLE』が各選手のホームでのプレミアリーグの戦績を伝えている。

最長の無敗記録を持つのはセネガル代表FWサディオ・マネで「59」。しかし、この数字にはサウサンプトンに所属していた2015-16シーズンにアンフィールドでリバプールと対戦した際の1-1で引き分けた試合もカウントされている。

リーグ戦では40戦無敗で、アーセナルが記録している「49」の更新も期待されるが、ホームでのプレミア無敗記録はどこまで伸ばすことができるだろうか。なお、歴代最長記録は、2004年2月から2008年10月までチェルシーが記録した「86」試合である。

GK
アリソン・ベッカー:25勝2分け
アドリアン:6勝

DF
ヴィルヒル・ファン・ダイク:34勝4分け
アンディ・ロバートソン:37勝6分け

MF
ファビーニョ:20勝1分け
アレックス・オックスレイド=チェンバレン:17勝6分け
ナビ・ケイタ:13勝2分け
ジェルダン・シャキリ:14勝1分け

FW
サディオ・マネ:50勝9分け
モハメド・サラー:40勝9分け
コメント
関連ニュース
thumb

アヤックス戦勝利のリバプール、クロップ監督が試合を振り返る「両チームとももっと良いサッカーができる」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、アヤックス戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは21日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第1節のアヤックス戦を戦い、0-1でリバプールが勝利を収めた。 リバプールは負傷しているオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクに加え、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラやブラジル代表GKアリソン・ベッカーが欠場。メンバーが足りないセンターバックにはブラジル代表MFファビーニョとイングランド代表DFジョー・ゴメスを並べて臨んだ。 前半からアヤックスペースで進んだ試合だが、35分にオウンゴールでリバプールが先制。その後も主導権を握れないリバプールは、後半開始からジョーダン・ヘンダーソンを投入。さらに、60分にはモハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミノを下げて、南野拓実、ジョタ、ジェルダン・シャキリを投入するなど策を講じたが、0-1のままで勝利を収めた。 苦しい試合となったこの一戦を振り返ったクロップ監督は、難しい試合だったとコメント。勝利した結果については喜んだ。 「この結果は試合の全体像を表していて、両チームとしても最も良いパフォーマンスではなかったと言えるだろう。両チームとももっと良いサッカーができる」 「しかし、特にアウェイで戦うこの大会の試合では、色々と大変な状況がある。多くの選手がケガをしている中でラインナップを作り、試合に勝たなければならなかった」 「ラインギリギリでボールをクリアしなければならなかった時や、ポストに当たった時も、それは当然の出来事だったと思う。もちろん、彼らにもチャンスはあったが、それを除けば、両チームにとって難しいピッチの中で、我々はかなり優位に立っていた」 「アヤックスが普段は素晴らしいチームであることは誰もが知っていると思うが、今夜の試合は本当にトリッキーで、パス回しが難しかった。ただ、試合には勝ったし、問題は全くない」 2020.10.22 11:35 Thu
twitterfacebook
thumb

南野途中出場のリバプールがOG弾で逃げ切りCL初戦を白星で飾る! 《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループD第1節のアヤックスvsリバプールが21日に行われ、0-1でリバプールが勝利した。リバプールの日本代表MF南野拓実は、60分からプレーした。 2シーズン連続でエールディビジ王者に輝いたアヤックスが、圧倒的な強さで昨季のプレミアリーグを制したリバプールを本拠地ヨハン・クライフ・アレナに迎えた。 直近のヘーレンフェーン戦を大勝したアヤックスは、その試合から先発を1人変更。ラシナ・トラオレに代えてリサンドロ・マルティネスを先発で起用。それ以外はタディッチやネレス、ブリントらほぼベストメンバーでリバプールとの大一番に臨んだ。 一方、連覇を狙った昨季はアトレティコ・マドリー前にベスト16敗退となったリバプールは、直近のエバートンとのマージーサイド・ダービーで前十字靭帯損傷を負ったDFファン・ダイクに加え、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラやブラジル代表GKアリソンが欠場。そのため、GKはエバートン戦に続きアドリアンが、センターバックにはファビーニョとジョー・ゴメスの急造コンビが抜擢された。なお、南野はベンチスタートとなった。 試合開始早々にアヤックスはアクシデントに見舞われる。6分、敵陣でボールを奪い合ったクドゥスがファビーニョと接触した際に右ヒザを痛めてピッチに座り込むと、一度歩いてピッチを離れたがプレー続行不可能となり、プロメスがスクランブル投入された。 膠着状態が続く中、先にゴールに迫ったのはアヤックス。21分、左サイドから仕掛けたプロメスの折り返しをボックス中央のタディッチが落とすと、ボックス手前のグラフェンベルフがダイレクトシュートで狙ったが、これはわずかにゴール左に逸れた。 さらに33分には、ネレスとのパス交換でゴール前に抜け出したプロメスが決定機を迎えたが、シュートはGKアドリアンのファインセーブに防がれた。 一方、アタッキングサードまでボールを運ぶもなかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めない時間が続いたリバプールだが、相手のミスから先制点を奪う。35分、左サイドからのスローインを受けたマネが反転で相手DFをかわすとそのままドリブルで侵攻。ボックス左から切り込み右足を振り抜くと、右に逸れたシュートがタグリアフィコのオウンゴールを誘った。 先制を許したアヤックスは、44分に反撃。中盤でボールを拾ったネレスのロングパスでゴール左手前まで抜け出したタディッチがループシュートでゴールを狙ったが、これはカバーに戻ったファビーニョにゴールライン手前でクリアされた。 迎えた後半、C・ジョーンズを下げてヘンダーソンを投入したリバプールに対し、アヤックスが開始早々にゴールを脅かす。47分、ボックス内でボールを受けたタディッチの落としをボックス手前のクラーセンが右足アウトサイドでダイレクトシュート。相手GKから外に逃げるボールは右ポストを直撃した。 一進一退の攻防が続く中、リバプールは60分にサラー、マネ、フィルミノを下げて南野、ジョタ、シャキリを投入する3枚替えを敢行。すると70分、ボックス左手前でボールを受けた南野が素早く右足を振り抜くと、低い弾道のシュートがゴール左隅を捉えたが、これはGKオナナのセーブに阻まれた。 その後、アヤックスはフンテラールやトラオレ、ラブヤドなど攻撃的な選手を投入し同点ゴールを狙いにいく。すると後半アディショナルタイム5分、中盤左サイドでパスを受けたタグリアフィコがダイレクトでクロスを供給。このセカンドボールをボックス中央のエケレカンプがダイレクトシュートで狙ったが、これは枠に上に外れた。 結局、試合はそのまま0-1でタイムアップ。前半のオウンゴールが決勝点となり、リバプールがCL初戦を白星で飾った。 グループDもう一試合のミッティランvsアタランタは、0-4でアタランタが快勝した。26分にD・サパタのゴールで先制したアタランタは、36分にアレハンドロ・ゴメスが追加点を挙げると、42分にもムリエルがゴールネットを揺らし、3点のリードで前半を終える。 後半はホームで意地を見せるミッティランにボールを保持されたアタランタだったが、試合終了間際の89分にミランチュクが技ありシュートをゴール左に突き刺し、試合を決定づける4点目。快勝したアタランタが、今季のCL初勝利としている。 アヤックス 0-1 リバプール 【リバプール】 OG(前35) 2020.10.22 06:15 Thu
twitterfacebook
thumb

クロップ、ケガ人続出でCLに挑むチーム状況にも「言い訳はしない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、ケガ人が続出している現在の状況にも言い訳はしないと語った。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールはプレミアリーグ第5節、エバートンとのマージーサイド・ダービーにおいて、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクとスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが負傷。ファン・ダイクは手術を受けることが決まり、長期離脱は避けられない状況だ。 また、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節アヤックス戦を前に、元カメルーン代表DFジョエル・マティプが状態に不安を抱え欠場が決定するなど、不安材料が多いチーム状況となっている。 本職のセンターバックはイングランド代表DFジョー・ゴメスのみとなり、非常事態といっても過言ではないリバプール。CLの前日会見に臨んだクロップ監督は、この状況を素直に嘆いた。 「シーズン中は3人のセンターバックとファビーニョを軸にして、若い選手たちをカバー役に考えていた。通常なら十分な数だろう。クラブとして、ワールドクラスのセンターバックを4人揃えるのは難しい。(クラブからすれば)かなり高くつくし、(選手からすれば)プレー時間がなくなるからね。本来、あまり回転させるポジションではないんだ」 「問題が発生する前から解決策を用意しておくことはできない。マティプもここにいないのだから、完璧でないのは間違いないね。でもそれが今の我々の状況であり、対処しなければならない。どう対応するかはこれから決めるよ」 「副キャプテンであり、世界最高のセンターバックでもある彼(ファン・ダイク)が我々のためにプレーできないのは分かっている。将来のための解決策を見つけようとしているが、今のところはどうなるかは分からない」 また、クロップ監督はチアゴの離脱についても触れているが、こちらについてはカバーができると自信を見せている。同時に、ケガ人続出の状況で迎えるアヤックス戦だが、上手く対処してみせると語った。 「将来的に我々はチアゴをもう少し恋しく思うかもしれないが、今のところ我々が彼と一緒にプレーしたのは1度だけだ。彼が100%ワールドクラスのプレーヤーであるのはもちろんだが、彼なしでいくつかの試合に勝ってきた」 「皆にとっては、『明日のリバプールがどうなるか見てみよう』という気持ちかもしれない。それは誰にとっても楽しいことだろう。我々は(今の状況に)適切に対処すると約束する。言い訳はしない」 ケガ人に関する話題が多くを占める会見になってしまったが、それでもクロップ監督は対戦相手であるアヤックスの称賛を忘れない。 「彼らは素晴らしいユースシステムを持っていて、世界中に(選手を)大金で売っている。にもかかわらず、次の選手がすでに用意されているんだ。私は彼らに同情していないし、誰も同情する必要はないと思う。卓越した哲学を持ち、ワールドクラスの監督とタレントを擁するセンセーショナルなクラブだよ」 「ただ、私が外から見たところ、彼らは哲学を少し変えているね。より経験豊富な選手を連れてきたり、(以前所属していた選手が)戻ってきていたりする。彼らは野心的かつトップレベルで、2年前にはCL準決勝に進出した。何人かの選手を失ったが、今はまたトップ選手が揃っているし、残念には思わない。アヤックスのやり方は本当に素晴らしい」 「私たちはアヤックスがどれほど強力か知っているし、尊重もしている。1年半前に(CL決勝で)対戦する可能性もあったが、そうはならなかった。しかし、今はここに来て対戦を控えている。素晴らしい街、素晴らしいスタジアム、スーパーなチームだ。観客がいないことを除けば、CLはこうあるべきだね」 2020.10.21 20:27 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループD展望】一昨季王者リバプールにアヤックスとアタランタが挑む!初出場ミッティランには関門に

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが10月20日に開幕する。21日に第1節を迎えるグループDは、一昨シーズンの王者リバプールや、そのシーズンにベスト4入りしたアヤックス、さらには昨季のベスト8アタランタなど、リバプールを本命に、以下2チームがどこまで勝ち点を積めるかという展開が予想される。本戦初出場のデンマーク王者ミッティランにとっては非常に厳しいグループとなってしまったが、どこまで食い下がれるか。 ◆編集部予想 ◎本命:リバプール ○対抗:アタランタ △連下:アヤックス ☆大穴:ミッティラン ◆GS突破は至上命令! 見据えるはビッグイヤーのみ~リバプール~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_14_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループDの大本命に位置付けられるリバプール。一昨シーズンに同大会を制覇し、昨シーズンには30年ぶりにイングランドの頂に立った。現フットボール界の最強チームとの呼び声も高い中、今季リーグ戦では、第4節のアストン・ビラ戦で2-7という歴史的大敗を喫する一幕も。 燃え尽き症候群も指摘する声もあるが、今夏はバイエルンからMFチアゴ、ウォルバーハンプトンからFWジョッタを獲得し、不動のメンバーに新たな風が吹き込むことになった。とりわけチアゴは、改めて二冠以上を目指すチームに百戦錬磨の経験値を与えるとともに、リバプールに欠けていた生粋のパサーとして、チーム内外から大きな期待が寄せられている。 しかし懸念材料はDFファン・ダイクの怪我。直近のプレミアリーグのエバートン戦で足を挟まれる形でヒザを負傷。手術を余儀なくされ、離脱期間は半年以上とも言われており、グループステージはおろか、たとえ勝ち進んでも決勝トーナメントもろくに戦えない困難な状況になってしまった。実際にエバートン戦ではファン・ダイクの交代以降、クロスへの対応ミスから失点を重ねており、オランダ代表DFの不在は大きな戦力ダウンになることが証明されている。 ◆2年目のCL挑戦、昨季のベスト8超えなるか~アタランタ~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_14_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> アタランタは智将ガスペリーニ監督の下、初出場だった昨シーズンにベスト8進出という偉業を成し遂げた。ラウンド16ではバレンシアを合計スコア8-4で粉砕。準々決勝では決勝まで進んだパリ・サンジェルマン(PSG)に敗れてしまったものの、堂々の成績を残しイタリアに凱旋した。そして、今季のセリエAでも勢力は衰えず、開幕3試合までで13ゴールと自慢の攻撃陣が躍動し、快調なスタートを切っている。 今夏の移籍市場の動きとしては、主力MFパシャリッチを完全移籍に切り替えたほか、攻撃的MFのミランチュクや、FWサム・ラマースを補強。前者はハムストリングのケガで未デビューのままだが、後者はリーグ戦4試合で途中出場しており、2ゴール決めている。そのほか、ユベントスからDFロメロ、サンプドリアからDFデパオリをレンタルしている。 一方で、DFカルダーラが左ヒザの手術で10月から最大3カ月の離脱が決定。昨年の初出場から2大会連続の参加となるアタランタ。マンチェスター・シティやディナモ・ザグレブと同居した前回大会よりも厳しい戦いが予想されるが、果たして昨季の成績を超えることは出来るだろうか。直近のナポリ戦で1-4の大敗を喫したことは気がかりだが、初戦のミッティラン戦で良いスタートを切りたいところだ。 ◆新たな才能を見出し、2年前の再現を~アヤックス~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_14_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2シーズン連続でエールディビジを制覇し、11大会連続の出場となったアヤックス。上述したように一昨シーズンの同大会ではベスト4という見事な成績を残したが、当時のメンバーはごっそり引き抜かれ、今夏もMFツィエクやMFファン・デ・ベーク、DFデストを放出。明らかに2年前からは戦力ダウンしている。 それでも、今夏は新たな若手新戦力を補強。同組のミッティランとデンマークで鎬を削るノアシェランから獲得したガーナ代表MFモハメド・クドゥスは、昨季はティーンエイジャーながらリーグ戦21試合で9ゴールを記録。アヤックス加入後の今季も、3試合で1ゴール3アシストを記録している。また、ブラジルのサンパウロからは、U-23ブラジル代表FWアントニーを獲得。オランダではすでに5試合で3ゴールを挙げており、大器を予感させている。 なお、チームはここまでエールディビジ5試合を終えて4勝1敗と上々の滑り出し。大会初戦のリバプール戦が、現アヤックスの力量を計る試金石となりそうだ。 ◆初出場のデンマーク王者、強豪3チームを前に劣勢模様~ミッティラン~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_14_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 大会初出場のミッティラン。昨季は26勝4分け6敗という成績で、2位のコペンハーゲンに勝ち点差「14」つけ、2シーズンぶりのリーグ優勝を成し遂げた。率いたのは昨年8月に就任したブライアン・プリスケ監督。現役時代にはデンマーク代表でもプレーした人物で、前任者の解任に伴いアシスタントコーチから昇格すると、1年目でリーグ制覇に導いた。 注目選手は、今夏に4年ぶりに復帰したデンマーク代表MFピオネ・シスト。この4年間はセルタに在籍し、通算135試合で18ゴール14アシストをマークした。今季はここまで5試合で2ゴール1アシストを記録中だ。また、各年代の同代表に名を連ねてきた22歳のMFアンドレス・ドレイヤーも必見。右ウイングから切り込むドリブラーで、今季はここまで2ゴール2アシストの成績を残している。 だが、やはりこのグループでは実力が劣るのは事実。予選では見事に2回戦から3連勝で本戦出場を決めたが、まずは1勝することが目標か。 2020.10.21 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

CBに不安抱えるリバプール… CLアヤックス戦のマティプ欠場を明言

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が元カメルーン代表DFジョエル・マティプの離脱を明かした。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは、17日に行われたプレミアリーグ第5節のエバートン戦(2-2のドロー)で守備の要であるオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが負傷。検査の結果、右ヒザ前十字靭帯の損傷と診断され、手術を受けることとなった。 現時点で本職としてプレーできるのは、マティプとイングランド代表DFジョー・ゴメスしかいない状況となり、すでに薄かったセンターバックに不安を抱えることとなっている。 そんななか、21日に敵地で行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節でアヤックスと対戦するリバプールだが、クロップ監督は前日会見の席でマティプの欠場を明言。それでも、24日に行われるプレミアリーグ第6節のシェフィールド・ユナイテッド戦での起用を示唆した。 「我々は多くの選手を連れてきているが、来られていない選手もいる。ジョエル(・マティプ)はここにいないプレーヤーのひとりだ」 「彼がエバートン戦でフル出場したが、続けてプレーすることはないだろうということは、彼のこれまでを見れば明らかだ」 「彼をイングランドに置いてきたが、彼が週末にプレーする可能性は十分にあるよ」 2020.10.21 16:45 Wed
twitterfacebook