ブラント流出のレバークーゼン、D・ザグレブのダニ・オルモに関心2019.06.08 15:09 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レバークーゼンがディナモ・ザグレブに所属するU-21スペイン代表MFダニ・オルモ(21)の獲得に関心を示しているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。バルセロナのラ・マシア出身の攻撃的MFであるオルモは、同クラブのトップチームでプレーするU-21スペイン代表MFカルレス・アレーニャと鎬を削ってきた逸材MFだ。しかし、2014年には将来的なトップレベルでの出場機会を求めてクロアチア屈指の名門ディナモ・ザグレブに完全移籍。今シーズンは公式戦44試合に出場し、12ゴール9アシストの数字を残している。

その逸材MFには古巣バルセロナを始め、以前からレアル・マドリー、バイエルン、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、ミランなど錚々たるビッグクラブが関心を集めてきた。

だが、今回『キッカー』が伝えるところによれば、先日にドイツ代表MFユリアン・ブラントをドルトムントに引き抜かれたレバークーゼンがその後釜としてリストアップしているという。その一方、同じくドルトムントにベルギー代表MFトルガン・アザールを引き抜かれたボルシアMGも獲得に動いているようだ。

なお、ディナモ・ザグレブはオルモの移籍金を2500万ユーロ(約30億6000万円)前後に設定している。
コメント
関連ニュース
thumb

ローマ、ファラオーネ後釜に2選手をリストアップか?

ローマは上海申花に移籍したイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(26)の後釜に2選手をリストアップしているようだ。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。 ローマは2020年夏に契約が終了するエル・シャーラウィの慰留を目指していたもののサラリー面の問題で交渉が難航した結果、最終的に総額1800万ユーロ(約21億9000万円)の移籍金で上海申花に放出することになった。 そのため、昨季セリエAでチーム最多の11ゴールを記録したファラオーネの後釜探しが今夏の補強ポイントの1つとなっている。 その中で現在、最有力候補の1人に挙がっているのが、昨夏にも獲得に動いた経緯があるレバークーゼンのジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(21)だ。 爆発的な加速力とドリブルテクニックに加え、ここ最近はアタッキングサードでの判断力、決定力向上が著しい左利きのウイングに関して、ローマは今夏も獲得交渉を行っているという。 しかし、『スカイ・スポルト』が伝えるところによれば、レバークーゼンはチェコ代表FWパトリック・シック(23)の譲渡+移籍金1000万ユーロ(約12億2000万円)を要求しているという。 ローマとしては加入以降、思うようにフィットしていないシックの放出自体に異論はないものの、サンプドリアからの獲得時の契約条項が問題になっているという。 2017年に総額4200万ユーロ(約51億1000万円)でローマに加入したシックに関しては、複雑な契約が結ばれており、現時点でローマは1年間の有償レンタルの金額として500万ユーロ、昨夏に完全移籍への切り替えの一時金として900万ユーロをすでに支払っている。その一方、最大800万ユーロと言われるボーナスに関しては同選手のパフォーマンスが微妙なこともあり、大きな問題とはなっていないようだ。 ただ、ベイリーの交渉に関して問題になっているのは、2020年2月1日までにローマがシックを売却した場合、移籍金の50パーセントをサンプドリアに支払わなければならないという条項だ。今回レバークーゼンはシック+移籍金でのベイリー放出を望んでいるためにシックの移籍金の取り扱いに関して複雑な手続きが必要になる可能性がある。 仮に、この形での交渉が難しい場合、ローマは2020年2月に予定されている2000万ユーロの移籍金をサンプドリアに先払いし、保有権をハッキリとさせた状態でシックをトレードでレバークーゼンに放出する形を取ることになるかもしれない。 その一方でローマはベイリー以外の候補としてクラブ・ブルージュに所属するオランダ代表FWアルノー・ダンジュマ(22)にも関心を示しているという。 PSVの下部組織出身でNECナイメヘンを経て2018年夏にクラブ・ブルージュに加入したダンジュマは、左ウイングを主戦場に2列目の複数ポジションでプレー可能な右利きのドリブラー。 優れたスプリント能力と卓越したボールスキルを生かしたドリブル突破を最大の特長とする22歳は、昨シーズンに足首のケガで長期離脱を強いられながらも公式戦24試合で6ゴール4アシストを記録。さらに、昨年10月にはオランダ代表デビューも飾り、2キャップ目となったベルギー代表戦では初ゴールも記録している。 なお、ベイリーに比べて実績で劣るダンジュマの移籍金に関しては1200万~1400万ユーロ(約14億6000万~17億円)程度とみられている。 2019.07.14 16:19 Sun
twitterfacebook
thumb

湘南、レバークーゼンU-19からFWトカチを完全移籍で獲得

湘南ベルマーレは5日、レバークーゼンU-19からドイツ人FWトカチ(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「36」。 U-12時代からレバークーゼンの下部組織でプレーしてきたトカチは昨シーズン、U-19ブンデスリーガウエストで23試合7ゴール3アシストを記録。身長170㎝、体重71㎏のフォワード。U-15トルコ代表への招集歴もある。 クラブはトカチの特長について、「ゴールに向かう姿勢に溢れ、献身的なプレーでチームに貢献できる選手」と説明している。 湘南への完全移籍が決定したトカチは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「湘南ベルマーレの一員になれて大変嬉しく思います。サポーターの皆さんの前でプレーするのを大変楽しみにしています。常に全力でプレーしクラブの力になっていきたいと思います。熱い応援よろしくお願いします」 2019.07.05 16:40 Fri
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、レバークーゼンMFドミニク・コールを5年契約で獲得!

フランクフルトは3日、レバークーゼンからドイツ人MFドミニク・コール(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となる。 レバークーゼンの下部組織出身のコールは、2012年にトップチームに昇格。しかし、その後は出場機会に恵まれず、2014年1月にアウグスブルクへレンタル移籍で加入すると、翌年に完全移籍。アウグスブルクでは在籍2年半で公式戦102試合で3ゴール8アシストをマーク。 この活躍が認められ、2017の夏に古巣レバークーゼンに復帰を果たすと、2シーズンで公式戦57試合に出場し4ゴール7アシストを記録。今シーズンは主にカップ戦要因としてブンデスで18試合を含む公式戦25試合に出場していた。 2019.07.04 03:25 Thu
twitterfacebook
thumb

堂安にライバル出現!?フローニンヘンがU-20ドイツ代表MFシュレックの獲得を発表

フローニンヘンは28日、レバークーゼンからU-20ドイツ代表MFサム・シュレック(20)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までの4年間となる。 2016年にザンクト・パウリの下部組織からレバークーゼンの下部組織へ移籍したシュレックは、2018年11月のヨーロッパリーグでトップチームデビューを飾った。トップ下を主戦場とするシュレックは、両足の技術に加え、巧みな戦術眼とパスセンスを持ち合わせているパサー。 U-16から各年代のドイツ代表に選出されるなど高いポテンシャルを誇る逸材には、かつてマンチェスター・シティやインテルが関心を示しており、シュレックの加入はフローニンヘンで攻撃的MFを担っている日本代表MF堂安律にとってはライバル出現となった。 2019.06.29 01:06 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリー、レンタル移籍前にウーデゴールと契約延長へ

レアル・マドリーのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(20)がマドリーと契約を延長するようだ。スペイン『アス』が報じた。 2015年1月に鳴り物入りでマドリーへと入団したウーデゴール。しかし、トップチームでは目立った活躍ができず、2017年1月から2018年6月はヘーレンフェーンへ、2018年8月からはフィテッセへとレンタル移籍していた。 エールディビジでは2シーズン半プレーし、69試合に出場し10ゴール15アシストを記録。2018-19シーズンは31試合に出場し8ゴール11アシストと結果を残していた。 しかし、新シーズンもマドリーの構想には入っておらず、レンタル移籍することが濃厚。しかし、マドリーとの契約は2019年6月30日までとなっており、マドリーとしてはレンタルに出す前に契約を更新するようだ。 レンタル先の有力候補は、レアル・ソシエダかレバークーゼンと見られており、興味を持っていたアヤックスは2000万ユーロ(約24億4700万円)のオファーを出すも撤退した様子。ソシエダには買い取りオプション無しの2年ローンの可能性が報じられているが、マドリーはレバークーゼン行きを支持しているとも言われている。 何れにしてもマドリーに残ることはないと見られるウーデゴール。かつて”ノルウェーの神童”と呼ばれた男はどうなるのだろうか。 2019.06.28 11:35 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース