韓国代表OA組にソン・フンミン、チョ・ヒョヌ、ファン・ウィジョ! 豪華面々に《アジア競技大会》

2018.07.16 13:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
▽韓国サッカー協会(KFA)は16日、第18回アジア競技大会に臨む同国代表メンバー20名を発表した。▽優勝を目指す韓国代表は、ザルツブルグのFWファン・ヒチャンや、ヴェローナ所属のFWイ・スンウのほか、オーバーエイジ枠として、トッテナムのFWソン・フンミンや、大邱FでプレーするGKチョ・ヒョヌらロシア・ワールドカップ組を招集。さらに、ガンバ大阪の主砲であるFWファン・ウィジョをJリーグ勢から唯一選出した。

▽第18回アジア競技大会は、8月にインドネシアのジャカルタで開幕。男子サッカーのスケジュールは8月14日〜9月1日までとなる。


◆韓国代表メンバー
GK
チョ・ヒョヌ(大邱FC)※OA
ソン・ボムグン(全北現代モータース)

DF
ファン・ヒョンス(FCソウル)
チョン・テウク(済州ユナイテッドFC)
キム・ミンジェ(全北現代モータース)
キム・ジンヤ(仁川ユナイテッドFC)
チョ・ユミン(水原FC)
キム・ムンファン(釜山アイパーク)
イ・シヨン(城南FC)

MF
イ・スンモ(光州FC)
チャン・ユンホ(全北現代モータース)
イ・ゴヌン(蔚山現代FC)
ファン・インボム(牙山ムグンファFC)
キム・ジョンミン(FCリーフェリング/オーストリア)
イ・ジンヒョン(浦項スティーラース)

FW
ファン・ウィジョ(ガンバ大阪/日本)※OA
ソン・フンミン(トッテナム/イングランド)※OA
ナ・サンホ(光州FC)
ファン・ヒチャン(ザルツブルグ/オーストリア)
イ・スンウ(ヴェローナ/イタリア)
関連ニュース
thumb

韓国が一時逆転も、中国が延長戦を制し東京オリンピック出場決定!2大会連続6度目

東京オリンピックの女子サッカーのアジア予選プレーオフの2ndレグが行われ、中国女子代表vs韓国女子代表が対戦。2戦合計4-3で中国女子代表が勝利し、2大会連続6度目のオリンピック出場を決めた。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて予選の日程が大幅にずれ込んでいたアジア予選。3次予選終了後にオーストラリアで開催される予定だったが、2020年2月に4月に延期が決定。その後、6月、2021年2月と延期になり、今年2月に4月に行われることが決定していた。 1stレグでは韓国で行われ、1-2で中国が勝利。2ndレグは中国で行われた。 試合は31分にINAC神戸レオネッサでもプレーしたMFチョ・ソヒョンがドリブルを仕掛けボックス内左からクロスをあげると、カン・チェリムがボックス中央でダイレクトボレー。これが決まり、韓国が2戦合計2-2とする。 さらに44分には韓国がビッグチャンス。ボックス内での折り返しをチェ・ユーリが押し込んだが、中国のDFがラインぎりぎりでクリアを見せてゴールを許さない。 それでも45分にはCKからのクロスをヘッド。これはGKペン・シメンが横っ飛びでセーブ。しかし、こぼれ球をチェ・ユーリが思い切りケルト、DFリー・メンウェンに当たって入り、オウンゴール。韓国が0-2として2戦合計2-3と逆転する。 ホームで敗れる可能性が出てきた中国だったが、そこから猛攻に出る。69分には、右サイドのFKからワン・シュアンがゴール前にクロスを送ると、ヤン・マンが合わせて2戦合計3-3に。そのまま90分が終了し、延長戦にもつれ込む。 すると延長前半14分に韓国は自陣のボックス付近でミスパス。これが中国に渡ると、ボックス手前中央でパスを受けたワン・シュアンが左足でゴール右に蹴り込み値千金の逆転ゴール。そのまま試合は終了し、2-2で終了。2戦合計4-3で中国が勝利を収め、東京オリンピック出場を決めた。 なお、アジアからは開催国の日本をはじめオーストラリアと中国が出場することとなる。 中国女子代表 2-2(AGG:4-3) 韓国女子代表 31分 0-1(AGG:2-2):カン・チェリム(韓国) 45分 0-2(AGG:2-3):オウンゴール(韓国) 69分 1-2(AGG:3-3):ヤン・マン(中国) 104分 2-2 (AGG:4-3):ワン・シュアン(中国) 2021.04.13 22:49 Tue
twitterfacebook
thumb

韓国戦でヒジ打ちを受けた冨安健洋が相手からの謝罪を報告「故意的にやった事ではないと信じています」

日本代表のDF冨安健洋が、韓国代表戦で起こったアクシデントについて言及した。 日本代表は25日、国際親善試合で韓国代表と対戦。DF山根視来のデビュー戦ゴールで先制した日本は、MF鎌田大地、MF遠藤航のゴールで3-0と快勝を収めていた。 この試合、センターバックの一角として先発フル出場を果たした冨安。チームのクリーンシートに貢献していたが、試合途中にアクシデントに見舞われた。 67分、ボールとは関係ないところで冨安がイ・ドンジュンにマークにつくと、振り払おうとしたイ・ドンジュンの左ヒジが冨安の顔面にヒット。口の中を切った冨安は流血し、一時的にピッチを離れていた。 この試合ではVARが導入されておらず、主審も全く見ていなかったこともあり、イ・ドンジュンにはカードも出ない状況だった。 このプレーには大きな反響があり、カードではないかと様々な意見が出たなか、冨安が自身のインスタグラムを更新。イ・ドンジュンから謝罪もあったとし、試合中には起こることだと見解を述べた。 「応援ありがとうございました!しっかり勝つことができ良かったです!」 「相手選手からの肘打ちの件ですが試合中には起こり得ることで、彼が故意的にやった事ではないと信じています」 「もうすでに謝罪のメッセージも受け取っていますし、大きな問題にならない事を願っています!」 <span class="paragraph-title">【SNS】冨安が相手からの謝罪を報告</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CM3bCK1sj04/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CM3bCK1sj04/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CM3bCK1sj04/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">冨安健洋/Takehiro Tomiyasu(@tomiyasu.t)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.03.26 19:25 Fri
twitterfacebook
thumb

3-0完敗の韓国代表、パウロ・ベント監督は「相手が我々を上回った」と評価、「この負けから学ぶべき」と分析

韓国代表のパウロ・ベント監督が、日本代表との一戦を振り返った。 日本代表は25日、国際親善試合で韓国代表と対戦。10年ぶりとなる国際親善試合での対戦となったが、前半17分に前線に抜け出ていた山根視来が大迫勇也からのヒールパスに反応し、豪快にゴール。史上34人目の快挙を成し遂げた。 試合は27分に鎌田大地が追加点を奪うと、後半にはCKから遠藤航がヘディングでゴールを奪い、日本が3-0で勝利した。 韓国は立ち上がりから日本に押される展開となったが、パウロ・ベント監督は「まずは良い試合になっていないと話した。特に競り合えていないと」とコメント。「多くのミスを犯していたこともある。前半にはいくつか非常に危険なゾーンでミスをしてチャンスを与えてしまった」と語り、前半の出来を悔やんだ。 また、「日本は試合を通じて良かったが、後半は我々はもう少しアグレッシブにプレーしたかったが十分ではなかった。スコアをタイに持って行きたかったができなかった。フェアな結果だと思う」と語り、敗れたことは妥当だと見解を述べた。 韓国としての狙いは「マッチメイクがされた時に、ある1つのアイデアがあった。ただ時間が経過するとともに、試合が違う状況に変わっていった。良い試合ができなかった」とコメント。「この試合の重要性も知っている。ただ、やりたいことができなかった。相手が我々を上回ったということで称賛すべきであり、良いプレーをし、勝つに値した」と語り、日本が上であったことを認めた。 また、「我々はこの負けから学ぶべきであり、分析すべきであり、それぞれの代表チームの状況は同じではなかったと言える」と語り、敗戦から学ぶ必要があるとした。 この試合では、MFイ・ガンイン(バレンシア)をゼロトップに近い位置で起用していたベント監督。その狙いについては「イ・ガンインはゼロトップに置いたが、それは我々の戦略だ。日本のディフェンスラインを撹乱するというか、そこで隙を突いて、引き寄せて、スペースを作って後ろの選手が入っていく。あるいは、ナム・テヒも使えればと思っていた」とコメント。日本の最終ラインを困らせる作戦だったと語った。 しかし「それができず、内側のスペースを使わざるを得なくて、縦を使うことができなくなった。後半は多少縦に攻撃できるようになったが、それが考えていたことだ。それはオプションだったが、効果を得られなかったということだ」と語り、狙いがハマらなかったと明かした。 また、FWソン・フンミン(トッテナム)やFWファン・ウィジョ(ボルドー)、FWファン・ヒチャン(RBライプツィヒ)などヨーロッパでプレーする選手の一部が合流できなかったが「ヨーロッパ組について。もし彼らがいたら結果が違ったかということは言うべきではない。それは我々の真摯な姿勢ではない。そういったことを言うのは真摯ではない」と語り、招集できない選手のことを話すべきではないとコメントした。 さらに「全ての選手が能力があるべきであり、11月の親善試合の時もそうだが、こういった状況で我々は戦っている。常に選手が揃わない」とコロナ禍での試合開催が難しいものだとコメント。「もちろん、試合に影響は大きくある。我々の代表のプロセスにおいても影響を及ぼす。良い結果を得るには、どんどん難しくなっている状況になっているが、ヨーロッパ組がいれば勝てたと言うことを言うべきではない。今揃っている選手に対して、これが原因、あれが原因、唯一の責任は私にある。選手たちは全力でプレーしたと思う」と語り、今回招集されたメンバー以外が居たかどうかは関係ないと語った。 2021.03.26 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

1トップで存在感を見せたFW大迫勇也「自分のプレーが出せた」、2ゴールに絡む活躍も「次に切り替えて得点は狙いたい」

1トップで先発出場を果たし、2ゴールに絡んだブレーメンのFW大迫勇也が、試合後に喜びを語った。 日本代表は25日、国際親善試合で韓国代表と対戦。10年ぶりとなる国際親善試合での対戦となったが、前半17分に前線に抜け出ていた山根視来が大迫勇也からのヒールパスに反応し、豪快にゴール。史上34人目の快挙を成し遂げた。 試合は27分に鎌田大地が追加点を奪うと、後半にはCKから遠藤航がヘディングでゴールを奪い、日本が3-0で勝利した。 試合後、大迫は「得点を獲れれば良かったですが、今日は僕がチャンスメイクというか、起点を作る場面が多かったので仕方ないなと。次に切り替えて得点は狙いたいと思います」とコメント。ゴールが欲しかったとしながらも、チャンスメイクで貢献できたことは良かったとした。 アシストした1点目については「切り替えの部分でしっかりと素早く味方もしっかり見えていたので、良いところに流せたかなと」と振り返り、鎌田のゴールに繋がるタメを作った2点目は「3人に囲まれることがわかっていたので、時間を作るようにしました」と振り返った。 2点目の起点は大迫らしさが出たプレーだったが「大地もしっかりスプリントしてくれたので、そういった意味でもお互いが良い距離感で生きたかなと思います」とコメント。意思疎通も取れていたと手応えを感じているようだった。 強度が高かった点については、「モチベーションというのはチーム全体としてありましたし、韓国戦というのもあります」とコメント。「この環境を作ってくれた人たちのためにも、色々な人がこの環境作りをしてくれたので、その想いを込めて、自然と良いプレーができたかなと思います」と語り、この状況で試合ができたことへの想いもあったという。 3-0で韓国に快勝を収めたが「素直に試合で勝てたことが嬉しいです。終わってから嬉しさはあり、次にまた試合があるので、切り替えないといけないという思いもあり、楽しかったです。楽しい試合でした」と語り、満足感がある試合だったと語った。 2列目の南野拓実や鎌田との関係性については「距離感としては良かったと思います。拓実の良さである中に入ってくるということ、サイドに張ると良さが消えるので、みんなんがお互いの良さを引き出せるようにしました」とコメント。ワイドなポジションは、「サイドバックをしっかり上げて、僕らが主導権を握れるように意識してやりました」と語り、選手の特徴を出せたと語った。 試合に臨むにあたり意識した点については「チームとしては立ち上がりはしっかりと球際負けずに行こうという話はしていましたし、ポジショニングが被らないように前の選手は意識していました」とコメント。「個人としては1トップでできたので、何も考えずにできたというか、自分のプレーが出せたと思います」と語り、本来の力を発揮できた感覚があるようだ。 ただ、韓国相手だからと特別意識したことはないと語る大迫。「僕はそこまで意識してというか、普段通りに球際しっかり行かないといけないので、いつもしていることをやっていましたが、そう見てもらえたなら嬉しいです」と語り、球際を強くいけた部分が伝わったことを喜んだ。 2021.03.25 23:44 Thu
twitterfacebook
thumb

森保監督、日韓戦快勝の要因は「昨年のヨーロッパ遠征」選手らのアドリブ力も称賛

日本代表の森保一監督が、25日の韓国代表戦を振り返った。 国際親善試合では10年ぶりの対戦となった日本と韓国。今回は多くの初招集選手がチームに加わった中で、日本は17分にその一人であるDF山根視来のゴールで先制する。その10分後には、カウンターからMF鎌田大地が追加点。終盤の83分には、CKからMF遠藤航のダメ押しゴールも決まり、3-0の快勝を収めた。 試合後の会見に出席した森保監督はまず、「励ましのエールになるような戦いを選手たちに見せて欲しかったですし、選手たちも多くの方達に思いを感じてもらおうと頑張ってくれたと思います」と、新型コロナウイルス禍で試合を行えたことと、試合前に話していたその意義に選手たちが応えてくれたくれたことへの感謝を語った。 「2011年からまたこうして日本で韓国代表と試合をさせてもらって勝てたということは凄く嬉しいです。ただ2011年とではチームも変わっていますし、今回は選手たちもスタッフも困難な準備を強いられる中、日本の国民の皆さんに勝利を届けようと、最善の準備をしてくれて、試合でチーム一丸となってハードワークして勝ってくれたことが、何よりも嬉しいです」 また、3ゴール無失点と会心の結果だったことにも触れた指揮官は、攻撃が上手く機能した要因は、昨年のヨーロッパ遠征にあると話した。 「まずは選手たちがアグレッシブに球際で戦ってくれたこと、良い守備から攻撃に繋げていくことをトライしてくれたことが、攻撃が上手くいった要因だと思います。攻撃を仕掛けるにあたって、カウンターで単発の攻撃ではなく、ボール保持者に対して多くの選手が勇気を持ってボールに関わる、そしてチャンスを作ってゴールに向かっていくという姿勢が素晴らしかったと思います」 「去年の10月、11月とヨーロッパで強豪相手に試合をさせてもらうことができて、世界で勝つための基準を持ちながら、またアジアでも戦っていこうということが今日の試合に生きたのかなと思っています。韓国も素晴らしい相手ですけど、選手たちが積極的にプレーしてくれたことが結果につながったんだと思います」 また、守備面に関してスカウティングの結果なのか、選手たちのアドリブなのか問われると、「両方です」と答えつつ、選手たちの修正力を称賛した。 「両方ともありました。韓国の情報として、今の監督さんになられてから、2019年にE-1で対戦した時のスカウティングや、去年11月に韓国がヨーロッパ遠征した時に行ったメキシコ代表戦とカタール代表戦の3試合をもとに韓国の分析をしました」 「システム的に韓国が4バックと3バックを併用することは選手たちには伝えていました。しかしながら、試合が始まってみないとわからないので、選手たちはその情報を持ちながらも、自分たちでコミュニケーションをとって修正しながら戦ってくれました。選手たちの力です」 2021.03.25 23:25 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly