ベスト8懸けた韓国勢同士の一戦は、全北現代が浦項を退け準々決勝進出!蔚山vs甲府の勝者との対戦に【ACL2023-24】

2024.02.20 21:17 Tue
競り合う全北現代モーターズのホン・ジョンホ(右)と浦項スティーラーズのパク・チャンヨン(左)
Getty Images
競り合う全北現代モーターズのホン・ジョンホ(右)と浦項スティーラーズのパク・チャンヨン(左)
20日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2023-24ラウンド16の2ndレグ、浦項スティーラースvs全北現代モータースが浦項スティールヤードで行われ、1-1で試合終了。2戦合計スコアを3-1とした全北現代が、ベスト8進出を決めた。

優勝3回を誇る浦項、2回の全北現代。韓国勢同士の対決となった1stレグは、全北現代が2-0で先勝していた。
猛烈な雨が降りしきる中で行われた一戦は互いに好機を作る中で、12分に浦項が試合を動かす。敵陣で相手の横パスをさらったヴァンデルソンのシュートがブロックされると、こぼれ球を拾ったパク・チャニョンが右足を一閃。無回転の長距離砲は、キャッチにいったGKキム・ジョンフンの手を弾いてネットを揺らした。

浦項は前半終了間際にもイ・ホジェが右ポストを叩く強烈な右足シュートを放つが、折り返しての後半には全北現代もゴールを奪う。76分、セットプレーの2次攻撃から左クロスをファーのチアゴ・オロボが頭で落とし、途中出場のチョン・テウクが押し込んだ。

終盤にはフラストレーションを溜めた浦項のジョルジェ・ルイスと全北現代のキム・テファンが額を突き合わせるシーンも見られたが、以降スコアは動かず、1-1でタイムアップ。2戦合計スコア3-1で、全北現代が準々決勝進出を果たした。
なお全北現代は、蔚山HDvsヴァンフォーレ甲府の勝者と対戦する。

浦項スティーラース 1-1(AGG:1-3) 全北現代モータース

【浦項】
パク・チャニョン(12分)
【全北現代】
チョン・テウク(76分)

ヴァンデルソンの関連記事

浦和レッズのマチェイ・スコルジャ監督が、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)第3節の浦項スティーラース戦に向けて前日会見に臨んだ。 ディフェンディングチャンピオンとして今シーズンのACLに臨む浦和。初戦はアウェイで武漢三鎮と引き分けた中第2戦はホームでハノイFC相手に6-0と大勝を収めた。 対戦する浦項は開幕2連勝中。浦和としてはホームとアウェイでの連戦で連勝し、首位の座を奪いたいところだ。 Jリーグでも優勝争いに踏みとどまり、YBCルヴァンカップでは決勝に勝ち残った浦和。スコルジャ監督はシーズン終盤でも多くの試合を戦う中で、浦項戦の位置付けにコメントした。 「浦項戦はこのグループステージにおいて最も重要な試合だと思う。浦項は今勝ち点6、我々は武漢戦での勝ち点取りこぼしがあったので、この試合に勝つことが非常に重要になる」 「今回のレギュレーションでは2位でもグループ突破ができない状況がある。今季で最もタフな試合になるかもしれないため、できる限りのことをして勝利を目指したいと思う」 「浦項は非常に強く、まとまったチームであり、良い選手が揃っている。そしてACLでの経験も豊富なチームだ。でも私は選手のこと、チームのことを信じている。非常にタフなチャレンジになると思うが、この2試合は選手たちがコンディションが良いところを見せているので彼らを信じている」 2021年のACLでは決勝に勝ち進んでいる浦項。過去3どの優勝は浦和と同じ回数だ。 この連戦で今季のACLの行方が決まる状況の中、「我々は非常に厳しい日程の中で戦っている。今季のターゲットが3つ残っている」とスコルジャ監督はコメント。「ここはしっかりマネジメントしなければいけない。明日の試合は柏戦と全く同じ11人で戦うことはない。選手たちの疲労度も分析しているし、そのようなデータを使ってメンバーを選んでいく」と、直近の柏レイソル戦からはメンバーを入れ替えて臨むとした。 前日練習はホセ・カンテが別メニューの一方で、負傷離脱中のMF中島翔哉が復帰していた。スコルジャ監督は「非常に申し訳ないが、あまり細かく話したくはない」と明言はしなかったが、「ケガをしていた選手が戻ってきたという嬉しい状況はある。何人かはピッチに立つ可能性があるということは言える」と、ケガ人が復帰する可能性を示唆した。 一方で柏戦で負傷したMF関根貴大については「タカ(関根)は明日の試合に出ることはない」と浦項戦の欠場を明言。ただ、「メディカルスタッフが良い仕事をしているので、次のリーグ戦で復帰できればと思っている」と、週末の鹿島アントラーズ戦では起用できる見込みがあるとした。 浦項については「非常に良いチームだが、特にこの選手に気をつけなければいけないという1人の選手がいるわけではない」とし、「浦項の強みは組織プレーだと思う」とチームとして警戒したいとコメント。ただ、「その中でも攻撃陣のゼカは非常にクオリティが高い選手。トップ下の11番の選手(コ・ヨンジュン)は韓国U-23代表でプレーする気になる選手だ」と、警戒した。 一方で、MFオベルダンとFWヴァンデルソンは負傷離脱中。「浦項のアウェイの初戦を見たときにこの2人のブラジル人選手が中心選手としてプレーしていたので、彼らがいないことは浦項にとっては良くない状況かもしれない」と語り、「ただ、直近のリーグ戦でも2人がいなくてもクオリティを見せていたので、彼らがいなくても気をつけなければいけない」と、助っ人が不在でも警戒しなければいけない相手だとした。 2023.10.23 18:40 Mon
thumb いわてグルージャ盛岡は25日、ブラジル人MFヴァンデルソン(26)の退団を発表した。 ヴァンデルソンは過去、ギリシャや南アフリカ、ブルガリアでプレー。今季から岩手に加入したが、新型コロナウイルスの影響で明治安田生命J3リーグの開幕が先延ばしとなり、デビューできずにいた。双方合意による契約解除での退団を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「いわてグルージャ盛岡のサポーターの皆さん、短い間でしたが皆様と共に過ごせて本当に楽しかったです。心から感謝申し上げます。今年必ず「J2昇格・J3優勝」ができると信じています。応援しています。本当にありがとうございました」 2020.05.25 18:05 Mon
いわてグルージャ盛岡は15日、ブルガリアのベロエからブラジル人MFヴァンデルソン(25)が完全移籍で加入することを発表した。 ヴァンデルソンは、南アフリカのアヤックス・ケープタウンやギリシャのアポロン・スミニス、ラミーアでプレーした後、ベロエでプレーしていた。 クラブは「テクニック、スピードを持ち合わせるレフティー。ドリブル突破、パスを駆使しチャンスメイクが可能」とヴァンデルソンについて紹介している。ヴァンデルソンはクラブを通じてコメントしている。 「いわて盛岡の皆様、はじめまして。今回の機会をいただき、非常に嬉しく思っております」 「2020年シーズンを特別なシーズンにするため、自らの力を最大限に発揮し貢献する事をお約束します。もうすぐ皆様にお会い出来る事をとても楽しみにしております。いわてグルージャ盛岡の関係者の方々、サポーターの皆様に心より感謝いたします」 [写真はアヤックス・ケープタウン時代] 2020.01.15 18:47 Wed
清水エスパルスは10日、ブラジル人DFヴァンデルソン(28)のアトレチコ・パラナエンセからの移籍を解除し、ECバイーアへ完全移籍することを発表した。9日のバイーアの発表によれば、契約期間は2021年12月31日まで。 AAフランカナでキャリアをスタートさせたヴァンデルソンは、セントンジーニョFC、SCコリンチャンス・パウリスタ、トレーゼFC、ECサンベント、クリシューマEC、アソシアソン・フェロヴィアリア・ジ・エスポルテスとブラジル国内のクラブを渡り歩き、2016年5月からアトレチコ・パラナエンセに加入。ブラジル1部通算では50試合2ゴールを記録しており、昨シーズンは15試合に出場した。 今冬に加入した清水では、明治安田生命J1リーグの開幕スタメンに名を連ねたが、J1第2節のガンバ大阪戦では自らのパスミスから失点を喫し、ヤン・ヨンソン前監督の信頼を失うと、以降はカップ戦要員としてYBCルヴァンカップ4試合の出場にとどまっていた。 バイーアへの完全移籍が決定したヴァンデルソンは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「自分が来日してからクラブ、選手、サポーターの皆さんが温かく迎えてくれて本当に感謝しています。残念ながら試合にはあまり絡むことができませんでしたが、日本の文化、組織に触れたことは非常に貴重な経験であり、自分自身を成長させてもらったと思います。チームは離れますが、たくさんの仲間もできましたし、エスパルスファミリーの一員として、これからもずっと応援しています」 2019.07.10 14:40 Wed
ECバイーアは9日、清水エスパルスへ期限付き移籍中のブラジル人DFヴァンデルソン(28)を保有元のアトレチコ・パラナエンセから完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年12月31日までとなる。 AAフランカナでキャリアをスタートさせたヴァンデルソンは、セントンジーニョFC、SCコリンチャンス・パウリスタ、トレーゼFC、ECサンベント、クリシューマEC、アソシアソン・フェロヴィアリア・ジ・エスポルテスとブラジル国内のクラブを渡り歩き、2016年5月からアトレチコ・パラナエンセに加入。ブラジル1部通算では50試合2ゴールを記録しており、昨シーズンは15試合に出場した。 今冬に加入した清水では、開幕スタメンに名を連ねたが、第2節のガンバ大阪戦では自らのパスミスから失点を喫し、ヤン・ヨンソン前監督の信頼を失うと以降はカップ戦要員としてYBCルヴァンカップ4試合の出場にとどまっていた。 2019.07.10 02:56 Wed

記事をさがす

浦項スティーラースの人気記事ランキング

1

ACLエリート、ACL2の出場クラブ決定! 神戸、川崎F、横浜FMが出場するACLエリートは、GS廃止で異なる8クラブと対戦するリーグステージからスタート

アジアサッカー連盟(AFC)は19日、2024-25シーズンから新設されるAFCチャンピオンズリーグ エリート(ACLエリート)、AFCチャンピオンズリーグ2(ACL2)の出場クラブを発表した。 これまでACLとAFCカップとして開催されていた中、2024-25シーズンからはACLエリート、ACL2、AFCチャレンジリーグ(ACGL)として3つのカテゴリーに分かれて開催される。 これまでのACLにあたるACLエリートには、西地区、東地区のそれぞれ6つのサッカー協会から合計27チームが参加することが決定。予選ステージに6チームが参加し、敗退した3チームは、ACL2の本大会に出場することとなる。 ACLエリートは、リーグステージが9月16日から2025年2月19日まで開催され、24チームがアジアの王者を決定することとなる。 大会方式も大きく変更となり、これまでは4チームのグループを勝ち抜き、東西でベスト8が決定。それぞれの王者が決勝で対戦するというものだったが、新たなACLエリートは、12クラブずつが東西で1つのリーグとなり、異なる8チームとホームで4試合、アウェイで4試合戦うというもの。従来よりも多くのチームとの対戦が行われることとなる。 JリーグからはACLエリートには、J1王者のヴィッセル神戸、天皇杯王者の川崎フロンターレ、2位の横浜F・マリノスが参戦。 その他、王者のアル・アインンや、サウジアラビアのアル・ヒラル、アル・ナスル、アル・アハリ、アル・サッドや日本代表DF谷口彰悟が所属するアル・ラーヤンなどが西地区で出場。東地区では、韓国の蔚山HD FCや浦項スティーラース、中国の上海海港、上海申花、タイのブリーラム・ユナイテッド、オーストラリアのセントラルコースト・マリナーズなどが参加する。 リーグステージの抽選会は8月16日に開催され、上位8チームがラウンド16に進出。準々決勝以降の全ての試合は、サウジアラビアで集中開催されることが決定している。決勝は2025年4月25日、5月4日に開催され、初代王者を決める。 なお、リーグステージに参加するチームは最低80万ドル(約1億2600万円)が賞金として与えられ、優勝チームは最低でも1200万ドル(約18億9500万円)を手にすることになる。 またACL2は32チームが本大会に出場。ACLエリートの予選で敗れた3チームの他、予選からも勝ち上がるクラブが加わる。 こちらは8つのグループに分けられてホーム&アウェイ方式でグループステージが開催。各グループの上位2チームがラウンド16に進出。決勝は2025年5月17日に一発勝負で行われる。 ACL2にはJ1で3位のサンフレッチェ広島が出場。韓国の全北現代モータースや中国の浙江職業FC、オーストラリアのシドニーFCなどが出場する。 ◆ACLエリート出場チーム 【東地区】 ヴィッセル神戸(日本) 川崎フロンターレ(日本) 横浜F・マリノス(日本) 蔚山HD FC(韓国) 浦項スティーラース(韓国) 光州FC(韓国) 上海海港(中国) 上海申花(中国) ブリーラム・ユナイテッド(タイ) セントラルコースト・マリナーズ(オーストラリア) ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) ※予選 山東泰山(中国)vsバンコク・ユナイテッド(タイ)の勝者 【西地区】 アル・ヒラル(サウジアラビア) アル・ナスル(サウジアラビア) アル・アハリ(サウジアラビア) アル・サッド(カタール) アル・ラーヤン(カタール) ペルセポリス(イラン) エステグラル(イラン) アル・アイン(UAE) アル・ワスル(UAE) FCパフタコール・タシケント(ウズベキスタン) 未定(イラク) ※予選 未定(イラン)/アル・アハリ・ドバイ(UAE) vs アル・ガラファ(カタール)の勝者 ◆ACL2出場チーム 【東地区】 サンフレッチェ広島(日本) 全北現代モータース(韓国) 浙江職業FC(中国) ポートFC(タイ) シドニーFC(オーストラリア) セランゴール(マレーシア) 未定(ベトナム) 未定(ベトナム) 理文(香港) 東方SC(香港) 未定(フィリピン) 未定(フィリピン) ライオン・シティ・セーラーズFC(シンガポール) タンピネス・ローバースFC(シンガポール) ペルシブ・バンドン(インドネシア) ▼西地区 アル・タアーウンFC(サウジアラビア) アル・ワクラSC(カタール) 未定(イラン) シャールジャFC(UAE) ナサフ・カルシFC(ウズベキスタン) 未定(イラク) アル・フセイン・イルビド(ヨルダン) 未定(ヨルダン) FCイスティクロル(タジキスタン) FCラフシャン・クリャーブ(タジキスタン) モフン・バガン・スーパージャイアント(インド) アル・ハルディヤSC(バーレーン) ※予選 イースト・ベンガルFC(インド) vs アルティン・アシル(トルクメニスタン)の勝者 アル・アハリ・マナーマ(バーレーン) vs クウェートSC(クウェート)の勝者 2024.06.19 22:45 Wed
2

明本考浩が一発退場の浦和、浦項に逆転負けで首位突破がなくなる…監督も退席処分と後味悪く【ACL2023-24】

浦和レッズは8日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2023-24グループJ第4節で浦項スティーラース(韓国)のホームに乗り込み、1-2で敗戦した。 3試合を戦って1勝1分け1敗の3位で折り返しの浦和。勝ち点9で首位を走る浦項にリベンジを期すこの試合ではアレクサンダー・ショルツら一部主力が欠場となるなか、エカニット・パンヤが加入後初先発した。 直近のルヴァンカップで準優勝とあって、リバウンドメンタリティも求められる浦和。始まって1分も経たないうちに右サイドからのクロスにホセ・カンテが頭で合わせたりとアグレッシブな入りをみせる。 徐々に浦項が押し返し始めるが、浦和は36分に小泉とエカニット・パンヤで左サイドからの攻撃を作り、ボックス左からの折り返しを受けたホセ・カンテが左足をひと振り。ゴール右に決まり、先制する。 うまく先取点をもぎ取った浦和はそこから浦項の攻撃を凌ぐ時間が続いたが、いくつかのピンチ時に最後のところで身体を張った守りを光らせ、1点リードでハーフタイムを迎えることに成功した。 その浦和は後半も攻守のバランスを保ちながら試合を進めていったが、64分にボックス左からのクロスがマリウス・ホイブラーテンの腕に当たり、VAR検証に。主審は浦項にPKチャンスを告げる。 これを後半から出場のゼカに決められ、振り出しの浦和は高橋とブライアン・リンセンの勝負手に出るが、72分に明本が相手選手の足首を踏みつける形で止めてしまい、VARの末に退場。数的不利に陥る。 劣勢の浦和は残る交代で大畑と興梠を送り込むが、90+5分にボックス右を崩され、GK西川が折り返しを弾くが、途中出場のキム・インソンに跳ね返しをうまく押し込まれ、逆転を許す。 敗れるようだと突破がより遠ざかる浦和は何とか勝ち点1でもと反撃に出るが、マチェイ・スコルジャ監督も退席処分を命じられ、浦項に連敗。4連勝の浦項との勝ち点差が「8」に広がった。 浦和はこれで首位突破の可能性がなくなり、各組のなかで2位通過を目指す戦いに。29日の次節、武漢三鎮(中国)をホームに迎え撃つ。 浦項スティーラース 2-1 浦和レッズ 【浦項】 ゼカ(後21) キム・インソン(後45+4) 【浦和】 ホセ・カンテ(前36) <span class="paragraph-title">【動画】浦和が逆転負け…後半ATに勝ち越し許す</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>浦和、痛恨……<br>\<br><br>1対1で迎えた90+4分<br>左サイドを崩され逆転弾を許す<br><br>AFCチャンピオンズリーグ2023/24<br>浦項×浦和<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中 <a href="https://t.co/L0umCrbl81">pic.twitter.com/L0umCrbl81</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1722223645513355424?ref_src=twsrc%5Etfw">November 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.11.08 21:05 Wed

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly