メキシコ代表の登録メンバー23名が決定! 快足MFダムら5選手が落選…《ロシアW杯》

2018.06.04 16:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メキシコサッカー連盟(FMF)は3日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたメキシコ代表登録メンバー23名を発表した。

北中米カリブ海予選を首位で通過し、7大会連続16回目のW杯出場を決めたメキシコ。チームを率いるフアン・カルロス・オソリオ監督は、先月13日に発表した28名の予備登録メンバーからDFオスワルド・アラニス(ヘタフェ)とMFユルゲン・ダム(ティグレス)ら国内組4選手を外した。

▽その一方でFWハビエル・エルナンデス(ウェストハム)や、MFジョナタン・ドス・サントス(ロサンゼルス・ギャラクシー)、MFジョバニ・ドス・サントス(ロサンゼルス・ギャラクシー)、GKギジェルモ・オチョア(スタンダール・リエージュ)などが順当に選出された。

▽ロシアW杯でグループFに属するメキシコは、ドイツ代表、スウェーデン代表、韓国代表と同居。6月17日にドイツと、同23日に韓国と、同27日にスウェーデンと対戦する。今回発表されたメキシコ代表メンバーは以下のとおり。

◆メキシコ代表メンバー 23名
GK
ギジェルモ・オチョア(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
ホセ・デ・ヘスス・コロナ(クルス・アスル)
アルフレード・タラベラ(トルーカ)

DF
ネストル・アラウホ(サントス・ラグーナ)※落選
ウーゴ・アジャラ(ティグレス)
エドソン・アルバレス(クラブ・アメリカ)
ヘスス・ガジャルド(プマス)
ディエゴ・レジェス(ポルト/ポルトガル)
カルロス・サルセード(フランクフルト/ドイツ)
オスワルド・アラニス(ヘタフェ/スペイン)※落選
ミゲル・ラユン(セビージャ/スペイン)
エクトル・モレーノ(ソシエダ/スペイン)

MF
ラファエル・マルケス(アトラス)
ヘスス・モリーナ(モンテレイ)※落選
エリック・グティエレス(パチューカ)※落選
ユルゲン・ダム(ティグレス)※落選
ジョナタン・ドス・サントス(ロサンゼルス・ギャラクシー/アメリカ)
ジョバニ・ドス・サントス(ロサンゼルス・ギャラクシー/アメリカ)
エクトル・エレーラ(ポルト/ポルトガル)
マルコ・ファビアン(フランクフルト/ドイツ)
ホセ・アンドレス・グアルダード(ベティス/スペイン)

FW
ハビエル・エルナンデス(ウェストハム/イングランド)
ラウール・ヒメネス(ベンフィカ/ポルトガル)
マヌエル・コロナ(ポルト/ポルトガル)
イルビング・ロサーノ(PSV/オランダ)
カルロス・ベラ(ロサンゼルスFC/アメリカ)
オリベ・ペラルタ(クラブ・アメリカ)
ハビエル・アキーノ(ティグレス)


関連ニュース
thumb

大会最大の8万人収容スタジアムで2度戦うアルゼンチン、指揮官がジョークを交えて意気込み「アルゼンチン人を呼ばなければ」

アルゼンチン代表のリオネル・スカローニ監督が、カタールW杯の抽選結果にコメントした。アルゼンチン『TyC Sports』が伝えた。 1日、カタールのドーハでカタールW杯の組み合わせ抽選会が行われた。 アルゼンチンは抽選の結果、グループCに入り、ポーランド代表、メキシコ代表、サウジアラビア代表と同居した。 スカローニ監督は抽選結果についてコメント。難しいグループだと語ったが、突破に自信を窺わせた。 「我々はどんな結果でも受け入れるつもりだった。それは難しいチームがいるグループになったね。メキシコは我々がよく知るライバルであり、難しい。ポーランドはスウェーデンを上手く破り、サウジアラビアは非常に強い予選を見せた」 「我々はみんなをリスペクトする。ただ、自分たちを信じるし、上手くいくだろう。良いグループステージになると思うが、リスペクトは最大だ」 また、アルゼンチンはグループステージの2試合を、今大会の最大のスタジアムであるルサイル・アイコニック・スタジアムで開催。8万人を収容できるスタジアムだ。 その事実を知ったスカローニ監督は、アルゼンチン人を呼ぼうと冗談を言いつつ、ファンには冷静に楽しんでもらいたいとした。 「それが最大のスタジアムであるならば、アルゼンチン人を呼ばなければいけない。そうすれば、彼らはそこで強さを増し、地元にいるように感じられる」 「我々は文句を言えないが、幸せということでもない。上手くいっている」 「4年に1度のW杯だから、国民が冷静に楽しんでくれれば良いと思う。願わくば、最後までアルゼンチンと共にいてもらいたい」 2022.04.02 22:15 Sat
twitterfacebook
thumb

日本との対戦データから見る、最良の組み合わせはベルギーとウルグアイ!? 避けたいのはブラジルとメキシコ?

1日、カタール・ワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選会が行われる。 日本代表も7大会連続7度目の出場を決めている中、すでに29カ国の出場が決まっており、残り3カ国はプレーオフで決定。6月には出場全32カ国が決定することとなる。 3月31日に発表されたFIFAランキングをもとに、抽選順を決めるポット分けも決定。日本はポット3に入り、FIFAランキング上位15カ国のうちの2カ国との対戦が決定した。 開催国のカタールはアジアのために日本が同居することはなく、南米とヨーロッパの中から2カ国が同居することに。今回は、ポット1、ポット2の国との日本の対戦成績を整理した。 <span class="paragraph-title">◆ポット1:引きたくないのはブラジル、最善はベルギーか</span> ポット1を見ると、日本が最も対戦しているのはブラジル。過去12回対戦しており、日本は2分け10敗。W杯でも2006年のドイツ大会でグループで同居し、日本が先制したが、1-4で粉砕されてしまった。1度も勝てていないどころか、ゴールも12試合で5得点しか決められていないため、日本としては最も苦手と言っても良い国かもしれない。 また、フランスとアルゼンチンは6度対戦し、どちらも1勝5敗。アルゼンチンは1998年のフランス大会で日本が初めてW杯で対戦した国としても知られている。リオネル・メッシとの対戦は見てみたいところではあるが、ベスト8に向けては難しい相手だ。前回王者のフランスも避けたいところだ。 一方でクリスティアーノ・ロナウド擁するポルトガルは、過去に対戦経験がなく全くの未知数となる。 また、4年前の借りを返したい相手であるベルギーもポット1。ただ、過去6度対戦し2勝2分け2敗の5分の成績。ベルギーが力をつけている直近2試合は連敗しているが、グループステージで当たるには一番良いのかもしれない。 <span class="paragraph-title">◆ポット2:ベストはウルグアイ? ドイツは避けたいところ</span> 続いてポット2だが、ここには南米とヨーロッパの他、北中米カリブ海のアメリカとメキシコも入っている。 ポット2で最も戦っているのはウルグアイで2勝2分け3敗。直近では2019年のコパ・アメリカで対戦し2-2のドロー。2018年10月にホームで行った試合では勝利しており、森保体制で2度対戦している相手だ。 続いてはメキシコで1勝5敗。東京オリンピックではグループステージで勝ちながら、銅メダルをかけた戦いで敗れた相手。何かと比較されることも多いが、実は分は相当悪い。 オランダやドイツもポット2だが、やはり避けたいところだろう。 データだけを見れば、ブラジルとドイツを引くことが最悪の結果、最善ということはないが、成績だけ見ればベルギーとウルグアイが良いということになる。 いずれにしても強豪国が並ぶポット1とポット2。目標であるW杯ベスト8に向けては、まずはグループステージの突破が必要なだけに、抽選会の結果が重要視される。 <span class="paragraph-title">◆日本から見た対戦成績</span> 【ポット1】 ブラジル(22大会連続22回目) 2分け10敗 W杯成績:1敗(2006年ドイツ) ベルギー(3大会連続14回目) 2勝2分け2敗 W杯成績:1分け1敗(2002年日韓、2018年ロシア) フランス(7大会連続16回目) 1勝5敗 W杯成績:なし アルゼンチン(13大会連続18回目) 1勝5敗 W杯成績:1敗(1998年フランス) イングランド(7大会連続16回目) 1分け2敗 W杯成績:なし スペイン(12大会連続16回目) 1敗 W杯成績:なし ポルトガル(6大会連続8回目) なし W杯成績:なし 【ポット2】 メキシコ(8大会連続17度目) 1勝5敗 W杯成績:なし オランダ(2大会ぶり11回目) 1分け2敗 W杯成績:1敗(2010年南アフリカ) デンマーク(2大会連続6回目) 1勝 W杯成績:1勝(2010年南アフリカ) ドイツ(18大会連続20回目) 1分け1敗 W杯成績:なし ウルグアイ(4大会連続14回目) 2勝2分け3敗 W杯成績:なし スイス(5大会連続12回目) 1勝2敗 W杯成績:なし アメリカ(2大会ぶり11度目) 1勝1敗 W杯成績:なし クロアチア(3大会連続6回目) 1勝1分け1敗 W杯成績:1分け1敗(1998年フランス、2006年ドイツ) 2022.04.01 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

勝ったメキシコ&負けたアメリカがW杯出場権獲得! コスタリカは一歩及ばずNZとのPOへ《カタールW杯北中米カリブ海予選》

現地時間30日、カタール・ワールドカップ(W杯)北中米カリブ海予選の最終節が行われた。 3カ国がW杯の出場権を獲得し、1カ国がオセアニアとの大陸間プレーオフに臨むこととなる北中米カリブ海予選。すでにカナダが1986年のメキシコ大会以来36年ぶり2回目のW杯出場を決めている。 残り2つの出場枠を争うのは、2位のアメリカ代表(勝ち点25/+13)、3位のメキシコ代表(勝ち点25/+7)、4位のコスタリカ代表(勝ち点22/+3)の3チームに絞られた。 3位のメキシコは、6位のエル・サルバドルと対戦した。 引き分け以上でW杯出場が決まるメキシコ。すると17分にウリエル・アントゥナがゴールを決めて先制。43分にはPKを獲得すると、ラウール・ヒメネスが決めて2-0。そのまま逃げ切り勝利し、2位でW杯出場予選通過を決めた。 なお、メキシコは8大会連続17度目のW杯出場となった。 また3位以内を争う直接対決となったコスタリカvsアメリカ。コスタリカは5点差以上の勝利で3位以内を自力で確保できる状況だった。 試合はそのコスタリカが積極的に攻め込むことになるも、なかなかゴールを破れず。それでも51分にフアン・バルガスがゴールを決めて先制。さらに59分にはアントニー・コントレラスが追加点を奪い、連続ゴールで2点差とする。 勢いに乗って更なるゴールを目指しにいく一方で、アメリカもこれ以上の失点はゆるすまいと応戦。しかし、反撃することはできず、2-0で敗戦。この結果、アメリカは3位に転落も2大会ぶり11度目のW杯出場が決定。勝利したコスタリカは勝ち点で並ぶも、得失点差により4位が確定した。 なお、オセアニア予選は決勝でソロモン諸島代表に0-5で勝利したニュージーランド代表が勝ち上がり、コスタリカはニュージーランドと1枠を争って対戦する。 ◆カタールW杯北中米カリブ海予選最終戦 コスタリカ 2-0 アメリカ メキシコ 2-0 エル・サルバドル ジャマイカ 2-1 ホンジュラス パナマ 1-0 カナダ ◆順位表 1:カナダ 28pt/+16 2:メキシコ 28pt/+11 3:アメリカ 25pt/+11 ーーーーW杯出場 4:コスタリカ 25pt/+5 ーーーー大陸間プレーオフ 5:パナマ 21pt/-2 6:ジャマイカ 11pt/-10 7:エル・サルバドル 10pt/-10 8:ホンジュラス 4pt/-19 <span class="paragraph-title">【写真】メキシコのW杯出場を喜びピッチでキス&ハグ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">La afición celebra, los jugadores celebran, todo México celebra...<br><br>Una nueva aventura espera, esta vez en Qatar <a href="https://twitter.com/hashtag/CWCQ?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CWCQ</a> <a href="https://t.co/ZfP0hxwnx3">pic.twitter.com/ZfP0hxwnx3</a></p>&mdash; Concacaf (@Concacaf) <a href="https://twitter.com/Concacaf/status/1509377365033562113?ref_src=twsrc%5Etfw">March 31, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.03.31 12:10 Thu
twitterfacebook
thumb

カナダが36年ぶりW杯出場に王手、アメリカ、メキシコが続く《北中米カリブ海W杯予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)北中米カリブ海予選が大詰めを迎えている。 北中米カリブ海予選は、8チームによって行われ、3チームが出場権を獲得。4位チームが大陸間プレーオフに回ることとなる。 全14試合で行われる予選。1月から2月にかけては3試合が行われた。 首位に立っているのはカナダ代表。1986年のメキシコW杯以来、9大会ぶりの出場を目指している。 そのカナダは、1月28日にホンジュラス代表、1月30日にアメリカ代表、2月3日にエルサルバドル代表と対戦。いずれの試合も2-0で勝利し3連勝で勝ち点9を稼ぎ、勝ち点を25に伸ばして首位をキープした。 なお、アメリカ相手にW杯予選で勝利したのは1980年が最後となっており、偉業を成し遂げた。 2位はそのアメリカ。1月28日にエルサルバドルを1-0で下すと、1月30日にカナダに2-0で敗戦。2月3日にはホンジュラスに3-0で勝利を収めた。勝ち点は21となり2位をキープしている。 3位はメキシコ代表。1月28日にジャマイカ代表に1-2で勝利すると、1月31日にコスタリカ代表とゴールレスドロー、3日にパナマ代表に1-0で勝利を収めた。勝ち点7を稼ぎ、勝ち点は21となり3位につけている。 プレーオフに進む4位はパナマがキープ。コスタリカに1-0、メキシコに1-0で敗れたが、ジャマイカには3-2で勝利。勝ち点3の積み上げに終わったが4位をキープ。一方5位には、コスタリカが浮上。パナマに勝利したほか、メキシコとゴールレスドロー、ジャマイカに0-1で勝利し、勝ち点7を積み上げてパナマに勝ち点1差まで詰め寄った。 カナダは残り3試合がコスタリカ、ジャマイカ、パナマとなっており、プレーオフの行方を大きく左右すつ状況。ただ、勝ち点1を積み上げればW杯出場が確定する。 ◆北中米カリブ海W杯予選 順位表 1:カナダ 25pt(7/4/0/+14) 2:アメリカ 21pt(6/3/2/+9) 3:メキシコ 21pt(6/3/2/+6) ーーーW杯出場 4:パナマ 17pt(5/2/4/+1) ーーー大陸間PO 5:コスタリカ 16pt(4/4/3/+1) 6:エルサルバドル 9pt(2/3/6/-7) 7:ジャマイカ 7pt(1/4/6/-7) 8:ホンジュラス 3pt(0/3/8/-17) 2022.02.04 17:40 Fri
twitterfacebook
thumb

「これは素晴らしい」PA外からのアウトサイドループ弾がメキシコで誕生「どうやったら防げるのか」

リーガMX、グアダラハラのメキシコ人MFアラン・トーレスのループシュートが絶妙だ。 9日に行われたリーガMXの後期開幕節でマサトランをホームに迎えたグアダラハラは、45分にPKで先制点を挙げた。いい時間帯でリードを奪うと、直後にはA・トーレスにもファインゴールが飛び出した。 ボックス内へ侵入したアレクシス・ベガからボールが流れてくると、GKの位置を見ていたA・トーレスはペナルティアーク内から右足のアウトサイドでループシュート。これが鮮やかな弧を描いてゴールへと吸い込まれた。 実況もゴラッソだと繰り返した鮮やかなループ。ファンからも「これは素晴らしいゴール」、「彼にカップを与えよう」、「どうやったら防げるのかわからない」などの賛辞が送られた。 勢いづいたホームチームは前半アディショナルタイムにさらに加点。そのまま3-0と、快勝を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】PA外からアウトサイドで決めた絶妙ループはセーブ不可能</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/HzDbfKC3v-8" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2022.01.13 06:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly