何人ぶんの働き求められる? 世界最高額DFファン・ダイクはバルサなど強豪8クラブの最終ラインより高い!

2018.01.03 00:18 Wed
(C)Liverpoolfc.tv
▽今冬の移籍市場でサウサンプトンからDF史上最高額の7500万ポンド(約114億円)でリバプールに加入したオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(26)だが、同クラブで求められる働きはかなり大きなものかもしれない。
PR
▽近年、プレミアリーグ屈指のセンターバックと評されるファン・ダイクは、今夏にも加入寸前まで迫ったリバプールに今冬の移籍市場でようやく加入。長年、守備面に問題を抱えるリバプールにとって最高の解決策となることが期待される同選手だが、その超高額な移籍金も大きな話題になっている。
▽スペイン『アス』はファン・ダイクのリバプール移籍に際して、同選手の高額な移籍金とヨーロッパ強豪クラブ8チームの最終ライン獲得に投じた資金を比較する記事を掲載。ファン・ダイクの移籍金がいかに高額であるかを証明する結果となった。

▽『ファン・ダイクよりも安い8つのクラブのディフェンスライン』と題された記事では、レアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリー、バイエルン、インテル、ナポリ、ローマ、ユベントスという、錚々たる8つのビッグクラブのディフェンスラインが紹介された。(最終ラインのチョイスおよび獲得費用は『アス』独自のもの)

▽その8クラブの中で最も高額だったのは、獲得費用が総額6500万ユーロとなったアトレティコ。その内訳は、DFステファン・サビッチ(2500万ユーロ)、DFフィリペ・ルイス(1600万ユーロ)、DFシメ・ヴルサリコ(1600万ユーロ)、DFディエゴ・ゴディン(800万ユーロ)。
▽逆に、最も低額だったのは総額2980万ユーロのナポリ。その内訳は、DFラウール・アルビオル(1200万ユーロ)、DFカリドゥ・クリバリ(780万ユーロ)、DFエルセイド・ヒサイ(500万ユーロ)、DFファウジ・グラム(500万ユーロ)。

▽その他では、世界屈指のメガクラブであるレアル・マドリーが5000万ユーロ、バルセロナが4400万ユーロ、バイエルンが5700万ユーロとなった。なお、ファン・ダイクの移籍金は現在のレートでユーロに換算すると、約8430万ユーロとなる。

▽今回の移籍金に関しては、ここ数年の大幅な移籍金高騰の結果であるため、前述の8クラブの最終ラインとの比較は必ずしも適当ではない。だが、ファン・ダイクに求められる役割が非常に大きなものであることは間違いないはずだ。『アス』で紹介された8つのクラブの最終ラインは以下の通り。

★ファン・ダイクよりも安い8つのクラブのディフェンスライン

◆レアル・マドリー(5000万)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180102_29_tw1.jpg" style="max-width: 100%;">div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images
div>カルバハル(650万)、S・ラモス(2700万)、ヴァラン(1000万)、マルセロ(650万)

◆バイエルン(5700万)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180102_29_tw2.jpg" style="max-width: 100%;">div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images
div>キミッヒ(850万)、J・ボアテング(1350万)、フンメルス(3500万)、アラバ(0)

◆バルセロナ(4400万)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180102_29_tw3.jpg" style="max-width: 100%;">div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images
div>S・ロベルト(0)、ユムティティ(2500万)、ピケ(500万)、J・アルバ(1400万)

◆アトレティコ・マドリー(6500万)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180102_29_tw4.jpg" style="max-width: 100%;">div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images
div>サビッチ(2500万)、F・ルイス(1600万)、ヴルサリコ(1600万)、ゴディン(800万)

◆インテル(4050万)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180102_29_tw5.jpg" style="max-width: 100%;">div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images
div>ダンブロージオ(400万)、シュクリニアル(2300万)、ミランダ(900万)、長友(450万)

◆ナポリ(2980万ユーロ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180102_29_tw6.jpg" style="max-width: 100%;">div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images
div>アルビオル(1200万)、クリバリ(780万)、ヒサイ(500万)、グラム(500万)

◆ローマ(3700万)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180102_29_tw7.jpg" style="max-width: 100%;">div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images
div>B・ペレス(1350万)、ファシオ(450万)、マノラス(1300万)、コラロフ(500万)

◆ユベントス(6000万)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180102_29_tw8.jpg" style="max-width: 100%;">div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images
div>リヒトシュタイナー(1000万)、ベナティア(1700万)、バルザーリ(30万)、キエッリーニ(700万)、A・サンドロ(2600万)

※()内は全てユーロ

PR
関連ニュース

「ワタルとマッカは…」精彩欠いたリバプールの選手たち、クロップ監督は一部の選手への負担増も「答えが見つかっても興味深くない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、一部の選手への負担が増えていることについて言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 14日、プレミアリーグ第33節でリバプールはホームにクリスタル・パレスを迎えた。 マンチェスター・シティが暫定首位に立つ中、勝利が必要なリバプール。前節はマンチェスター・ユナイテッドと引き分けており、チャンピオンズリーグ(CL)ではアンフィールドでアタランタに完敗を喫しているだけに、バウンスバックを示したかった。 日本代表MF遠藤航も先発した中、チームは早々に失点。遠藤はCKから決定機を迎えたが、シュートはクロスバーを直撃。さらに精彩を欠いたプレーが目立った中、前半のみで交代となり、チームも後半盛り返したもののゴールが遠く、0-1で敗れた。 手痛い敗戦となったリバプール。3試合続けて結果が出ないことにファンは不満を募らせている中、試合後の記者会見で「疲労」について問われたクロップ監督は、遠藤やアルゼンチン代表MFアレクシス・マク・アリスターの名前を出し、ケガ人等の影響で一部の選手が多くプレーしていることを認めたが、意味のないことだと語った。 「ワタルとマッカ(アレクシス・マク・アリスター)は、ここ数週間でプレーし過ぎたか? 恐らく、彼らは最も良く起用された2人の選手だ。特にマッカはそうだろう」 「他の選手たちはケガから復帰している。今日のカーティス(・ジョーンズ)は良かったと思う。ドム(トミニク・ソボスライ)はケガから復帰し、このようなリズムになった。トレント(・アレクサンダー=アーノルド)はが置かれている状況を考えると、本当に良かったと思うが、今の彼が120分間プレーできるとは思えない」 「ロボ(アンドリュー・ロバートソン)がケガから復帰した。このようなことがあり、数人の選手がたくさんプレーしなければならず、常に数人の選手が離脱しているという状況だった」 「本当の答えが今見つかったとしても、我々にとってはそれほど興味深いことではない。ただ、自分たちがどこから来たのか、彼らが負傷しているかどうかなどを考えないようにし、目の前の特定の相手を倒す方法を確実に見つけなければならない。いつもそのような感じだ」 <span class="paragraph-title">【動画】悔しい45分間に終わった遠藤航のクリスタル・パレス戦プレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="KO_5HAGzwHk";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.15 11:30 Mon

「観衆からの怒りが増大」「衝撃的な45分間」リバプールの遠藤航が酷評…精彩欠き45分間のプレーに低評価「当然の交代」

リバプールの日本代表MF遠藤航が酷評されている。 14日、プレミアリーグ第33節でリバプールはホームにクリスタル・パレスを迎えた。 マンチェスター・シティが暫定首位に立つ中、勝利が必要なリバプール。前節はマンチェスター・ユナイテッドと引き分けており、チャンピオンズリーグ(CL)ではアンフィールドでアタランタに完敗を喫しているだけに、バウンスバックを示したかった。 遠藤も先発した中、チームは早々に失点。遠藤はCKから決定機を迎えたが、シュートはクロスバーを直撃。精彩を欠いたプレーが目立った中、前半のみで交代となり、チームも0-1で敗れた。 手痛い敗戦となったリバプール。45分間の出場に終わった遠藤に対し、イギリス『リバプール・エコー』は4点(10点満点)と低い評価をつけた。 「バーの下を叩くことはあったが、プレスバックが遅すぎたり、ボールを保持した際に不安定なプレーが多かったため、 不満を抱いた観衆からの怒りが増大していった」 また、リバプール専門メディアの『This is Anfield』は3点(10点満点)と手厳しい評価となった。 「遠藤は素晴らしい契約を結んだが、他の多くの選手と同様に、数週間彼に負担がかかっているようだ」 「31歳の彼は、衝撃的な45分間を過ごし、ボールを失い続け、エネルギーもほとんど示さず、観衆が彼に対して不満を募らせていることが感じられた。ハーフタイムに当然の交代」 『ESPN』は5点(10点満点)を与えている。 「前半に何度か追いつかれ、2度のカウンター攻撃につながった。ボールを使ったプレーは納得いくものではなく、ハーフタイムに交代した」 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航が大チャンス!ボックス内のこぼれ球をシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="BTLuLUW-ego";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.15 10:35 Mon

「我々がどう対応するか」痛恨敗戦のリバプール、2試合で勝ち点5を失ったクロップ監督は批判に「全く問題なく正しいこと」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、クリスタル・パレス戦の敗戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 14日、プレミアリーグ第33節でリバプールはホームにクリスタル・パレスを迎えた。 マンチェスター・シティが暫定首位に立つ中、勝利が必要なリバプール。しかし、開始14分にエベレチ・エゼにネットを揺らされ、失点してしまう。 前半はなかなかパフォーマンスが上がらずにリードを許したまま終わると、後半はパフォーマンスが向上。しかし、ゴールが遠く、0-1で痛恨の敗戦となった。 前節はマンチェスター・ユナイテッド相手に2-2のドロー、直近のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのアタランタ戦では0-3で惨敗と、公式戦3試合連続で勝利なし。リーグ戦2試合で勝ち点5を落としたことについて、クロップ監督は試合後の記者会見で言及した。 「それは簡単なことだ。私は100%理解している。もちろん、タイトル争いにとって、何を意味するのか。そうした疑問を持つものだろう。私は愚かではない。それは理解している」 「答えはとても簡単だ。もし前半と同じようにプレーしたのであれば、なぜリーグで勝てるのか?後半のようにプレーすれば、我々は試合に勝つことができるということだ。つまり、サッカーの試合に勝つことができれば、どれだけ優勝できるかがわかる」 「他の選手たちが苦しんでいる時、彼らが苦しんでいるのなら、我々はそばにいなければならない。それが現状だ。我々にとって、とにかくサッっカーの試合に勝たなければいけないことは明らかだ」 「これからアウェイで4試合続くが、もし私の言っていることが正しければ、いずれにしても厳しい試合になるだろうし、それは理解している。我々が今それに対処しなければいけないことは明らかであり、簡単なことだ。他に言うことはない」 「このような瞬間における批判は全く問題なく、絶対に正しいものであり、全ては我々がそれにどう対処するかにかかっている」 「前半はシチュエーションにあまり上手く対応できなかったが、後半は気を取り直して、勝てるはずだったのに勝てなかったという結果がわかった。それで終わりだ」 <span class="paragraph-title">【動画】リバプールがホームで痛恨の敗戦…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="a9nppBTu8RY";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.15 09:25 Mon

決定力欠いたリバプールが“傑出”のC・パレスにアンフィールドで敗戦…遠藤航は前半のみの出場に【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第33節、リバプールvsクリスタル・パレスが14日にアンフィールドで行われ、アウェイのパレスが0-1で勝利した。なお、リバプールのMF遠藤航は前半のみの出場となった。 前節、マンチェスター・ユナイテッド戦を2-2のドローで終え、アーセナルに得失点差で抜かれて2位に転落したリバプール。さらに、直近のヨーロッパリーグ(EL)では要塞アンフィールドでアタランタにまさかの0-3の惨敗。昨年2月のレアル・マドリー戦以来、約14カ月ぶりとなるホームでの黒星を喫した。 週明けに逆転突破を目指すアタランタとの重要なリターンレグを控える中、このホームゲームでは14位のクリスタル・パレス相手に公式戦3試合ぶりの白星を狙った。クロップ監督はアタランタ戦から先発5人を変更。守護神アリソン、サラー、ルイス・ディアスが復帰し、両サイドバックはブラッドリー、ロバートソンのコンビとなった。 “ヒルズボロの悲劇”の犠牲者に対するキックオフ前の追悼セレモニーを経て、アタランタ戦での惨敗を払しょくするため勢いを持って入ったリバプール。プレス強度、プレーの連続性を含めて気持ちを感じさせたが、先にゴールを挙げたのはアウェイチームだった。 14分、相手陣内左サイドでの細かい繋ぎからミッチェルがボックス左に抜け出してゴールライン際からマイナスに折り返すと、スライディングでのブロックを試みた遠藤の股間を抜けたボールにフリーで反応したゴール前のエゼが冷静に右足ワンタッチでゴールネットに流し込んだ。 さらに、畳みかけるイーグルスは18分、エゼの背後へのスルーパスに反応したマテタが足を滑らせたDFファン・ダイクを振り切ってボックス内でGKアリソンと一対一のビッグチャンスを迎える。冷静にチップキックで流し込む形となったが、これはフルスプリントで戻ったDFロバートソンにゴールライン上でかき出された。 ロバートソンのスーパークリアによって連続失点を辛くも回避したリバプールは、徐々に落ち着きを取り戻して反撃に出ていく。そして、前半半ば過ぎに続けてビッグチャンスを創出。 まずは27分、CKの二次攻撃からゴール前で混戦を作ると、遠藤が左足で反転シュートを試みるが、これは惜しくもクロスバーを叩く。直後の29分には再三深い位置まで攻め上がっていたロバートソンの左クロスにファーで反応したディアスのジャンピングボレー、34分にはサラーが右からのカットインで左足を振るが、いずれもGKヘンダーソンのビッグセーブに阻まれる。 前半終盤にかけては一進一退の攻防となり、ボールは引き続きリバプールが握ったものの、パレスも3トップを起点とした狙いを持ったカウンターから際どいシーンを作るなどほぼ互角の内容でハーフタイムを迎えた。 リバプールはハーフタイム明けにマイボール時にやや苦戦していた遠藤を下げてソボスライを投入。マク・アリスターをアンカーに移す。さらに、48分には左足首を痛めたブラッドリーがプレー続行不可能となり、アレクサンダー=アーノルドがアリソンに続いて戦列復帰を果たす。 後半はより押し込む展開を作り出したリバプールは、厚みのある攻撃を仕掛け続ける。55分にはセットプレーの流れからゴール前のヌニェスがゴール至近距離から強烈なシュートを放つが、これはGKヘンダーソンのビッグセーブに阻まれた。 ゴールまであと一歩という状況が続く中、クロップ監督は66分に2枚替えを敢行。ヌニェスとディアスを下げてガクポ、ジョタをピッチに送り込む。この交代から数分後の72分にはボックス付近での連携からボックス右に抜け出したソボスライの丁寧な折り返しからジョタにビッグチャンスも、ゴール前でのシュートは古巣対戦のDFクラインの見事なブロックに阻まれた。 その後、パレスも交代カードを切って試合がオープンになり始めると、パレスはセットプレーからゴール前のマテタに、リバプールはカウンターから背後へ抜け出したカーティス・ジョーンズにビッグチャンスが舞い込むが、前者はGKアリソンの驚異的な左腕のセーブ。後者は痛恨のシュートミスでスコアは変わらず。 その後、カーティス・ジョーンズを下げてエリオットを最後のカードとして切って決死の猛攻に打って出るホームチーム。さすがに疲労が見受けられるアウェイチームを一気呵成に攻め立てるが、最後の局面で傑出した集中力を示す相手の守備をこじ開けることはできなかった。 この結果、要塞アンフィールドでまさかの公式戦連敗となったリバプールは3位転落となり、心身ともに疲労を抱える中でアタランタとのアウェイゲームに臨むことになった。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航が大チャンス!ボックス内のこぼれ球をシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="BTLuLUW-ego";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.15 00:02 Mon

チェルシーが1年間で代理人に支払った額は143億円超! 総額782億円のプレミアリーグで圧倒的首位も成績は2年連続で低迷

世界最高峰のリーグとしても知られ、最も裕福なリーグともされるプレミアリーグ。2023年1月の移籍市場から、2024年1月までの移籍市場で、代理人や仲介業者へ各クラブが支払った金額が明らかになった。 イングランドサッカー協会(FA)によれば、プレミリーグのクラブが支払った合計額は4億950万ポンド(約782億円)とのこと。最も支払っているのは、チェルシーで7514万524ポンド(約143億4500万円)だったとのことだ。 チェルシーは2022年夏にトッド・ベーリー氏がオーナーになってから選手の移籍に10億ポンド(約1909億3500万円)以上を支払っている。 2位はマンチェスター・シティで6062万6025ポンド(約115億7500万円)、3位がマンチェスター・ユナイテッドで3405万4001ポンド(約65億円)を支払っている。3位のユナイテッドの時点で、チェルシーの半分以下の金額となっている。 なお、4位はリバプールで3150万211ポンド(約60億円)、5位はアーセナルで2476万875ポンド(約47億2500万円)となっており、チェルシーの支出がいかに結果につながっていないかを示すランキングとなってしまっている。 ◆代理人手数料ランキング 1位:チェルシー/7514万524ポンド(約143億4500万円) 2位:マンチェスター・シティ/6062万6025ポンド(約115億7500万円) 3位:マンチェスター・ユナイテッド/3405万4001ポンド(約65億円) 4位:リバプール/3150万211ポンド(約60億円) 5位:アーセナル/2476万875ポンド(約47億2500万円) 6位:アストン ヴィラ/2116万122ポンド(約40億3500万円) 7位:トッテナム/1973万1099ポンド(約37億7000万円) 8位:ニューカッスル/1888万1923ポンド(約36億円) 9位:ボーンマス/1599万9925ポンド(約30億5500万円) 10位:ウェストハム/1388万365ポンド(約26億5000万円) 11位:ウォルバーハンプトン/1339万2541ポンド(約25億6000万円) 12位:ノッティンガム・フォレスト/1306万3455ポンド(約25億円) 13位:フルアム/1206万2906ポンド(約23億円) 14位:ブライトン&ホーヴ・アルビン/1139万3102ポンド(約21億7500万円) 15位:クリスタル・パレス/1108万2430ポンド(約21億1500万円) 16位:エバートン/1062万3224ポンド(約20億3000万円) 17位:ブレントフォード/814万7957ポンド(約15億5500万円) 18位:バーンリー/694万4589ポンド(約13億2500万円) 19位:シェフィールド・ユナイテッド/512万7509ポンド(約9億8000万円) 20位:ルートン・タウン/202万146ポンド(約3億8500万円) 2024.04.13 15:15 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly