アトレティコ退団のヴルサリコがオリンピアコス加入!

2022.07.02 22:29 Sat
Getty Images
オリンピアコスは2日、アトレティコ・マドリーを退団したクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコ(30)の加入を発表した。契約期間は2025年6月30日までの3年となる。
PR
2009年にディナモ・ザグレブでプロデビューしたヴルサリコは、ロコモティヴァ、ジェノア、サッスオーロでのプレーを経て、2016年夏からアトレティコに加入。
アトレティコでは、度重なるケガに悩まされるなど、準主力の域を超えられず、在籍6年間で公式戦99試合に出場。それでも2017-18シーズンのヨーロッパリーグ優勝や、2020-21シーズンのラ・リーガ優勝に貢献した。

PR
関連ニュース

オリンピアコス、2月に就任したメンディリバル監督との契約を2025年まで延長!

オリンピアコスは13日、ホセ・ルイス・メンディリバル監督(63)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 これまでエイバルやアスレティック・ビルバオ、レアル・バジャドリー、オサスナ、レバンテ、アラベス、セビージャで指揮を執ってきたメンディリバル監督は、今年2月に解任されたカルロス・カルヴァリャル前監督(58)の後任として、オリンピアコス指揮官に就任。 オリンピアコスでは、これまで公式戦24試合を指揮し12勝4分け8敗の戦績を残しており、ギリシャ・スーパーリーグでは優勝プレーオフ進出、ヨーロッパリーグ(EL)では準々決勝進出を果たした。 この手腕を評価したオリンピアコス首脳陣は、今季終了までの契約となっていたメンディリバル監督に続投を要請。クラブは13日に公式サイトで以下のような声明を発表している。 「スペイン人監督は契約延長にサインした。来シーズンはより素晴らしいチームを作り上げるだろう」 2024.04.14 07:30 Sun

本間至恩のクラブ・ブルージュはPAOKと、昨季ファイナリストのフィオレンティーナはビクトリア・プルゼニと対戦!【ECL】

15日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の組み合わせ抽選会が15日にスイスのニヨンで行われた。 14日にラウンド16が終了。ベスト8が決まった中、日本人選手所属クラブではMF本間至恩のクラブ・ブルージュが唯一勝ち残っている。 また、昨シーズンのファイナリストであるフィオレンティーナも勝ち上がり。その他、アストン・ビラ、フェネルバフチェ、オリンピアコスなど力のあるクラブも残った。 本間が所属するクラブ・ブルージュはPAOKテッサロニキと対戦。2年連続ファイナル行きを目指すフィオレンティーナは、ビクトリア・プルゼニと対戦する。 準々決勝1stレグは4月11日、2ndレグは同18日。準決勝1stレグは5月2日、2ndレグは同9日。決勝は5月29日に行われる。 ◆準々決勝 クラブ・ブルージュ(ベルギー) vs PAOKテッサロニキ(ギリシャ)ー【1】 オリンピアコス(ギリシャ) vs フェネルバフチェ(トルコ)ー【2】 アストン・ビラ(イングランド) vs リール(フランス)ー【3】 ビクトリア・プルゼニ(チェコ) vs フィオレンティーナ(イタリア)ー【4】 ◆準決勝 【3】の勝者 vs 【2】の勝者ー【5】 【4】の勝者 vs 【1】の勝者ー【6】 ◆決勝 【1】の勝者 vs 【2】の勝者 2024.03.15 22:22 Fri

元フランス代表MFエムビラがWBAへフリーで加入

チャンピオンシップ(イングランド2部)のWBAは19日、元フランス代表MFヤン・エムビラ(33)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は今季終了までとなる。 サンダーランドに在籍した2015-16シーズン以来のイングランド挑戦となるエムビラは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「カルロス・コルベラン監督のことはよく知っているし、彼も僕のことをよく知っている。以前ギリシャのオリンピアコスで一緒に仕事をしたからね」 「監督との仕事は楽しかったし、今また彼と一緒に仕事ができることを本当に嬉しく思っている」 「彼から連絡をもらって、ここに来ないかと誘われたから、すぐにイエスと答えたよ」 フランス代表として22試合の出場歴を持つセントラルMFのエムビラは、レンヌの下部組織出身。レンヌで頭角を現し、これまでルビン・カザンやインテル、サンダーランド、サンテチェンヌでプレーした。 2020年の夏に3年契約で加入したオリンピアコスでは、中盤の主力として公式戦140試合に出場し8ゴール7アシストを記録。オリンピアコスとの契約は昨季限りで満了しており、半年間フリーの状態が続いていた。 2024.02.20 00:50 Tue

オリンピアコスが今季3人目の監督にメンディリバル氏を招へい…昨季はEL制覇、エイバル時代には乾貴士や武藤嘉紀も指揮

オリンピアコスは11日、スペイン人指揮官のホセ・ルイス・メンディリバル氏(62)が監督に就任することを発表した。 メンディリバル氏は、これまでエイバルやアスレティック・ビルバオ、レアル・バジャドリー、オサスナ、レバンテ、アラベス、セビージャで指揮を執ってきた。 エイバル時代にはMF乾貴士(清水エスパルス)やFW武藤嘉紀(ヴィッセル神戸)を指導した経験も持っている。 セビージャを指揮しては、2022-23シーズンのヨーロッパリーグで見事に優勝を果たす功績を残したが、今シーズンは開幕から低迷。2023年10月に解任されており、以降はフリーだった。 オリンピアコスは今シーズンのギリシャ・スーパーリーグでここまで22試合を戦い勝ち点44の4位に位置。首位のPAOKテッサロニキとは勝ち点差6となっている状況。今シーズンから指揮を執っていたディエゴ・マルティネス監督を5カ月で解任すると、後任のカルロス・カルヴァリャル監督(58)も2月8日に解任していた。 2024.02.11 22:15 Sun

アウグスブルク、オリンピアコスからMFペップ・ビエルをレンタルで獲得

アウグスブルクは1日、オリンピアコスからスペイン人MFペップ・ビエル(27)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。 ラージョ・バジェカーノの下部組織で育ったペップ・ビエルは、スペイン国内の下部リーグクラブを渡り歩き、2017年の夏にサラゴサに加入。 加入初年度はサラゴサBでのプレーが続いたが、翌年にトップチームに昇格すると、セグンダ(スペイン2部)で21試合に出場し6ゴールをマーク。 この活躍が認められ、2019年夏にデンマークの強豪コペンハーゲンへ活躍の場を移すと、2022年夏にオリンピアコスへ完全移籍。ギリシャの強豪クラブでは、これまで公式戦59試合に出場し12ゴール8アシストを記録していた。 なお、アウグスブルクを率いるジェス・トルップ監督とは、コペンハーゲン時代に指導を受けており、2021-22シーズンにはリーグ優勝に貢献した。 アウグスブルクへの移籍が決まったペップ・ビエルは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今回の移籍がうまくいったことを嬉しく思う。FCアウクスブルクは野心的でアットホームなクラブだ。僕はここで、コペンハーゲンでの経験を生かして活躍したいとは思っている」 2024.02.02 16:20 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly