マルセロの去就決着! ギリシャの強豪オリンピアコスが獲得発表

2022.09.03 09:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オリンピアコスは2日、元ブラジル代表DFマルセロ(34)の獲得を発表した。

2007年1月にレアル・マドリー入りしたマルセロ。そのキャリアは通算546試合出場で38ゴール103アシストの数字にクラブ史上最多となる25個ものチームタイトルと輝かしいものだったが、昨季限りの契約をもって別れを選択した。

惜しまれながらレアル・マドリーから旅立った左サイドバックを巡ってはこれまでの実績もあって様々なクラブの関心が噂に。最近ではレスター・シティ入りに迫るとの報道もなされたが、新天地をギリシャの名門に選んだようだ。
オリンピアコスからは現時点で加入決定のリリースしかなされていないが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、契約は1年間。さらに1年間の延長オプションも付帯しているという。

オリンピアコスはギリシャ・スーパーリーグ3連覇中。クロアチア代表DFシメ・ヴルサリコや韓国代表FWファン・ウィジョらを獲得しての今季はチャンピオンズリーグ(CL)こそ予選敗退となったが、ヨーロッパリーグ(EL)に参戦する。

関連ニュース
thumb

ギリシャ代表FWミトログルがプロキャリアから退く…今後はドイツアマチュアで

ギリシャ代表FWコンスタンティノス・ミトログル(34)が、現役引退を決断したようだ。ポルトガル『Record』や『A Bola』が報じている。 ミトログルは母国の名門オリンピアコスをはじめ、フルアムやベンフィカ、マルセイユで活躍。2007年夏から在籍し、2015年までの間6度のリーグ優勝を経験したオリンピアコスでは、公式戦通算186試合82ゴール20アシストを記録した。 ここ数年はPSVやガラタサライでもプレーしていた中で、2021年1月に母国のアリス・テッサロニキに加入。1年半契約を結んだが、昨シーズンはヨーロッパカンファレンスリーグ予選の1試合のみの出場となり、昨夏に退団していた。 以降半年はフリーの状態が続いていたが、この度、プロキャリアから身を引くことを決断。同時に13日からはドイツのアマチュアクラブ、ラアート・シャエフイセンに加入しており、ギリシャ代表で65試合17ゴールの成績を持つFWは、第一線からは退きながらも、フットボーラーとしてのキャリアを続けていくようだ。 なお、ラアート・シャエフイセンの指揮官は、ミトログルのユース時代のチームメイトのようで、「また一緒にサッカーをしたいと言ってくれている親友なんだ」とコメントしている。 2023.01.14 18:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ファン・ウィジョがオリンピアコスとのレンタル早期解消へ…新天地候補にMLSクラブや神戸の名前

ノッティンガム・フォレストからオリンピアコスにレンタル中の韓国代表FWファン・ウィジョ(30)に移籍の可能性が浮上しているようだ。 昨年8月にボルドーからフォレストに完全移籍したファン・ウィジョは、即時オリンピアコスへレンタル移籍。しかし、ここまでは公式戦6試合の出場にとどまっており、カタール・ワールドカップから復帰後はベンチメンバーからも外れている。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、現在オリンピアコスとファン・ウィジョは今シーズン終了までとなっているレンタル契約を解消する話し合いを行っており、今冬に新天地を求める可能性が高いという。 ただ、前所属先のボルドーで今季の公式戦に出場している同選手は、同一シーズンに2クラブ以上でプレーできないという国際サッカー連盟(FIFA)の規則によって、保有元のフォレストを含め『秋春制』を採用するリーグではプレーできない。 そのため、現在は『春秋制』を採用し、春に新シーズンが開幕するリーグへのレンタル移籍を模索しているという。 報道によると、アメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)に属するミネソタ・ユナイテッドが公式オファーを掲示しているほか、同じMLSのロサンゼルスFC、シカゴ・ファイアー、バンクーバー・ホワイトキャップス。母国のFCソウル、Jリーグのヴィッセル神戸が関心を示しているようだ。 ファン・ウィジョは2017年7月に城南FCからガンバ大阪へと完全移籍。G大阪では70試合で30ゴール7アシストの成績を残すと、2019年7月にボルドーへと完全移籍した。 ボルドーでも点取り屋として活躍。公式戦97試合で29ゴール7アシストを記録。昨シーズンはリーグ・アンで32試合に出場し11ゴール2アシストを記録していたが、チームはリーグ・ドゥ(2部)に降格していた。 2023.01.13 00:29 Fri
twitterfacebook
thumb

マルセロが新天地でC・ロナウドのセレブレーションを披露! レアルで9年ともにプレー

オリンピアコスの元ブラジル代表DFマルセロが、ゴール後のセレブレーションでレアル・マドリー時代の旧友に敬意を示した。 今夏に新天地を求めたマルセロは11日、ギリシャ国内のカップ戦であるキペロ・エラーダスのラウンド16セカンドレグ、アウェイでのアトロミトス戦に左サイドバックで先発出場した。 昨年末のファーストレグでは、加入後初ゴールを含む2得点を挙げたマルセロは、この試合でもゴールを記録。1-1の同点で迎えた前半のアディショナルタイム1分。ボックス手前右から背後へ送られた浮き球に反応すると、走り込みながら見事なジャンピングボレーを沈めた。 ネット揺らしたマルセロはコーナーフラッグへ向かって駆け出すと、大きくジャンプして空中で回転し、両手を広げて着地。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(アル・ナスル)の代名詞となっているゴールセレブレーションを披露した。 マルセロとC・ロナウドはマドリー時代のチームメイト。15年半をマドリーで過ごしたマルセロは、この間クラブ最多となる25個ものタイトルを獲得した。 また、C・ロナウドも2009年夏から9年間マドリーに在籍し、クラブ最多となる451得点をマーク。16個のタイトルを手にしている。 ホットラインを築き、共に数々の栄光をつかんできた2。かつてのチームメイトのパフォーマンスを模倣したマルセロは、試合後に自身のSNSでも「Siiiiiuuuuu!!!!」と綴り、C・ロナウドへもメンションしている。 袂を分かった今でも"年上の後輩"を愛するマルセロ。試合は2-2で引き分けたものの、合計スコア6-3で準々決勝を決めている。 <span class="paragraph-title">【写真】C・ロナウドのゴールセレブレーションを披露するマルセロ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr">Siiiiiuuuuu!!!! <a href="https://twitter.com/Cristiano?ref_src=twsrc%5Etfw">@Cristiano</a> <a href="https://t.co/zVMe2Vm9lO">pic.twitter.com/zVMe2Vm9lO</a></p>&mdash; Marcelotwelve (@MarceloM12) <a href="https://twitter.com/MarceloM12/status/1613312603354284033?ref_src=twsrc%5Etfw">January 11, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.12 19:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ブレストがオリンピアコスからDFララを獲得! かつては仏国内屈指の攻撃的SBの評価

スタッド・ブレストは6日、オリンピアコスからフランス人DFケニー・ララ(31)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 ララは2023年1月1日付けでの加入となるが、すでにチームトレーニングに参加している。 これまでパリFC、ヴァランシエンヌ、RCランスと国内クラブを渡り歩いてきたララは、2017年に加入したストラスブールでブレイク。果敢な縦への仕掛けから繰り出す高精度のクロス、プレースキッカーを任されるほどの精度を持つ右足のキックを武器に、攻撃的な右サイドバック、ウイングバックとして評価を高めた。 その後、2021年1月に加入したオリンピアコスでは加入1年半は定期的にプレー機会を得て国内リーグ連覇に貢献したが、今シーズンは完全に構想外となり、ここまで一度の出場機会も与えられていなかった。 2022.12.06 22:50 Tue
twitterfacebook
thumb

マルセロ、ガラタサライに移籍か…太り過ぎが原因で新天地で輝けず

今夏にオリンピアコスに移籍した元レアル・マドリーのマルセロに、早くも移籍の噂が浮上している。 マルセロは今夏、15年半過ごしたマドリーを退団し、オリンピアコスに移籍した。マドリーでクラブ最多となる25個ものタイトルを手にしたサッカー界のレジェンドの新天地での活躍に期待があふれた。 しかし、蓋を開けると、ここまで出場したのは5試合のみで、どれも30分以下という数字に。その原因はまさかの太り過ぎで、満足にプレーできない体型となってしまっているようだ。 そのうえ、本人にフォームを取り戻そうとする意欲が見られないとのこと。また、チーム内でも屈指の高額年俸となっており、今夏にハメス・ロドリゲスも獲得したクラブにとって大きな負担となっているという。 そのため現地では移籍の噂が浮上しており、トルコやアメリカが候補として挙げられている。 その中でトルコ『FOTOSPOR』によると、ガラタサライのオカン・ブルク監督が、ここ最近ベンチ外が多くなっているパトリック・ファン・アーンホルトの代役として、元ブラジル代表DFに興味を持っているという。 かつてマドリーで栄華を極めた選手とは思えない体たらくぶりのマルセロだが、移籍するにせよしないにせよ、再びフットボールへの闘志を燃やすことはできるだろうか。 2022.11.20 19:35 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly