FKの名手・中村俊輔が前作に続き『FIFA 18』でトップ10入り! 首位は…

2017.09.21 18:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
▽日本が誇る名キッカーであるジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔(39)が、EAスポーツが製作しているサッカーゲーム『FIFAシリーズ』の最新作『FIFA 18』における、フリーキックの上位10選手にランクインした。EAの公式サイトが伝えている。

▽前作の『FIFA 17』でもフリーキッカーランキングで9位にランクインした中村は、今作でも9位にランクイン。今シーズンは磐田でもFK弾を記録しており、今なおその精度は高く評価されている。

▽なお、今作の1位は前作同様ニューヨーク・シティのアンドレア・ピルロ。2位はミランのハカン・チャルハノール、3位はユベントスのミラレム・ピャニッチと上位陣に変更はなかった。また、ヘルタ・ベルリンのマルヴィン・プラッテンハールトがランク外からトップ10入りを果たしている。『FIFA 18』のフリーキック上位10選手は以下のとおり。

◆『FIFA 18』フリーキック上位10選手
1位[→]アンドレア・ピルロ(ニューヨーク・シティ/イタリア)
レーティング:79

2位[→] ハカン・チャルハノール(ミラン/トルコ)
レーティング:79

3位[→] ミラレム・ピャニッチ(ユベントス/ボスニア・ヘルツェゴビナ)
レーティング:85

4位[→] ディミトリ・パイエ(マルセイユ/フランス)
レーティング:84

5位[↑] ダニエル・パレホ(バレンシア/スペイン)
レーティング:82

6位[→] リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン)
レーティング:93

7位[↑] マルヴィン・プラッテンハールト(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
レーティング:78

8位[↑] ギルフィ・シグルドソン(エバートン/アイスランド)
レーティング:82

9位[→] 中村俊輔(ジュビロ磐田/日本)
レーティング:71

10位[↓] メンフィス・デパイ(リヨン/オランダ)
レーティング:80

関連ニュース
thumb

世界中で人気のサッカーゲーム『FIFA』シリーズが終了…『EA』が2023年7月に新ゲーム誕生を発表

世界中で人気を誇るサッカービデオゲームの『FIFA』シリーズだが、新作の開発はもう行われないこととなった。『Electronic Arts(EA)』が発表した。 1994年に1作目である「FIFA インターナショナルサッカー」が発売されてからおよそ30年が経過しようとしている中、新たな一歩を踏み出すこととなる。 『EA』は声明で「2023年7月、新時代が始まる - EA SPORTSが送る過去最高に拡張されたFIFA体験 そののちに」とし、『FIFA』シリーズからの別れを発表。ファンへの感謝の気持ちを発表した。 「すべてのフットボールファンに贈る」 「世界最大のフットボールエンターテインメントプラットフォーム - EA SPORTS™ FIFAを築き上げる手助けをしてくださった、1.5億人以上のファンの皆さんを抱えるこの素晴らしいコミュニティにまずは、ありがとう、と言わせてください」 「インタラクティブフットボールのジャンル定義に30年近く携わり、私たちはいま、新しい時代を迎えようとしています」 国際サッカー連盟(FIFA)の公式ライセンスを持ち、プレミアリーグやラ・リーガ、ブンデスリーガなど多くのパートナーとともに作り上げられてきた『FIFA』シリーズだが、イギリス『BBC』によればFIFAとのライセンスのコストが、パートナーシップを破棄する決定がなされた理由の1つだという。 2023年7月からは、「EA Sports FC」というブランドで新たなゲームを開発していくとのこと。「来年、EA SPORTS FCはEA SPORTSが贈る未来のフットボールとなります。スポーツ界300以上に渡るライセンスパートナーとともに、全世界のフットボールファンに代わって、世界のフットボール体験を更なる高みへと進めてまいります」と、意気込みを声明で述べている。 今年の秋に発売される予定の『FIFA 23』が最後の『FIFA』シリーズになる見込み。一方で、FIFAが今後の『FIFA』シリーズを作っていくことになる。 FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は声明で「FIFAの名を冠した唯一の本物、本物のゲームは、ゲームプレーヤーとサッカーファンにとって最高のものになると断言できる」とし、「不変なものはFIFAのなであり、それは永遠に残り、最高であり続けるだろう」と、新作に強い意気込みを述べている。 人気を博したゲームが今後どのように変わっていくのか。そして、FIFAが作るゲームはどうなるのか。注目が集まる。 2022.05.11 22:49 Wed
twitterfacebook
thumb

『FIFA22』からロシア代表とロシアクラブが削除…EA Sportsが発表

世界的人気を博するサッカーゲーム『FIFA』シリーズの最新作『FIFA 22』から、ロシアの代表チームとクラブチームが削除されることになったようだ。開発を務める『EA Sports』が2日に発表した。 ロシアの軍事侵攻を機に激化の一途を辿るウクライナ情勢。同国内ではすでに2000人を超える民間人が犠牲になったと伝えられている。 サッカー界ではロシア関連のスポンサー契約解消が相次ぐ中、国際サッカー連盟(FIFA)や欧州サッカー連盟(UEFA)もロシア政府を糾弾。それを受けて、2つの連盟とパートナーシップを結んでいる『EA Sports』も上述の決定を下した。 『EA Sportsは、ウクライナの人々と連携し、サッカー界でも叫ばれているように、平和とウクライナ侵攻の終わりを望む姿勢です」 「FIFAとUEFAに倣い、EA Sportsは『FIFA 22』、『FIFA MOBILE』、『FIFA ONLINE』からロシアの代表チームとクラブチームを削除するプロセスを開始しました。また、その他の関連ゲームにも同様の変更を反映するか評議中です」 <span class="paragraph-title">【画像】EAが出した声明文</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A statement from EA SPORTS FIFA: <a href="https://t.co/v3pZvpblgS">pic.twitter.com/v3pZvpblgS</a></p>&mdash; EA SPORTS FIFA (@EASPORTSFIFA) <a href="https://twitter.com/EASPORTSFIFA/status/1499057030857777154?ref_src=twsrc%5Etfw">March 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.03.03 14:40 Thu
twitterfacebook
thumb

世界屈指の点取り屋ハーランド、自身の『FIFA 22』レーティングを見せられて微妙な反応「ノーコメントだ」

現代サッカーにおいて指折りのゴールスコアラーであるノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、自身の評価に反応した。 2020年1月にザルツブルクからドルトムントに完全移籍。加入後1年半で公式戦67試合に出場し68ゴールを記録するなど、圧倒的な得点力を見せている。 ザルツブルクに加入する前のモルデでは、50試合で20ゴール6アシストを記録していたハーランドだが、ザルツブルク加入後に一気にペースアップ。世界でも屈指の点取り屋となり、この2年でゴールを量産している。 そんな中、ドルトムントの同僚であるイングランド代表MFジュード・ベリンガムが、10月1日に発売された大人気サッカーゲームの『FIFA 22』の選手カードをハーランドに見せ、反応を確認した。 このカードは、選手の能力値が数値で示されており、「Pace(スピード)」、「Shooting(シュート)」、「Passing(パス)」、「Dribbling(ドリブル)」、「Defending(ディフェンス)」、「Physical(フィジカル)」の6つの大きな数値で選手のレーティングが決まる。 今作のハーランドは、レーティングが「88」と高くなっており、3年前の「58」からは大幅アップとなっている。 カードを見たハーランドは、「悪くないね」とコメント。あまりこの数値にピンときていない感じの反応だ。 そこでベリンガムが、ハーランドと並んでゴールスコアラーとして活躍するバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペのレーティングが「91」であることを伝え、「嬉しい?」と聞かれたハーランドは「ノーコメントだ」となんとも言えない表情を見せた。 <span class="paragraph-title">【動画】ハーランドが自身のレーティングを見たなんとも言えない反応</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJiTXZvQURBUSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.10.05 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

反応様々、ソン・フンミンがチームメイトに『FIFA』カードをお届け! ルーカスは「ハンサムじゃない?」と独特な視点

トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンがチームメイトの反応を楽しんだ。 今シーズンもトッテナムの攻撃の核としてチームを牽引するソン・フンミン。ここまでプレミアリーグ6試合で3ゴール1アシストを記録。そのうち2点が1-0勝利の決勝点になるなど、存在感を示している。 そのソン・フンミンだが、今回はピッチ外で活躍。クラブハウスの中を歩き回り、チームメイトにあるものを届けて反応を楽しんでいた。 それは10月1日に発売された大人気サッカーゲームの『FIFA 22』の選手カードだ。このカードは、選手の能力値が数値で示されており、「Pace(スピード)」、「Shooting(シュート)」、「Passing(パス)」、「Dribbling(ドリブル)」、「Defending(ディフェンス)」、「Physical(フィジカル)」の6つの大きな数値で選手のレーティングが決まる。一流の選手たちも自身の評価を楽しみにしているのが現状だ。 ソン・フンミンはまずキャプテンであるフランス代表GKウーゴ・ロリスの下へ。カードを見ると、ロリスのレーティングは「87」と高い数値に。これを見たロリスは「トレビアン、トレビアン、トレビアン」ととても満足した表情で笑顔が溢れていた。 次に訪れたのはFWルーカス・モウラ。レーティングは「81」となっている。ルーカス・モウラの第一声は「ハンサム」と、レーティングではなく、自身の顔写真に反応するという斜め上の対応に。「ハンサムじゃない?」と聞かれたソン・フンミンも困りながら「ハンサムボーイ」と同調していた。 さらにクラブハウス内を移動するソン・フンミン。すると、通路でエリック・ダイアー、デレ・アリ、マット・ドハーティに遭遇。ここではダイアーのカードを見せると、「53 Pace」とダイアーは渋い顔。スピードが53しかなく、つまり足が遅いという評価に。これにはデレ・アリとドハーティが爆笑していた。 その他にも、MFハリー・ウィンクスやMFピエール=エミール・ホイビュルク、MFタンギ・エンドンベレにカードを届けたソン・フンミン。やはり選手たちは、『FIFAシリーズ』のレーティングには敏感なようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】反応は様々!ソン・フンミンがチームメイトに『FIFA』のカードをお届け!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJoejRIY3VRYyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.10.05 11:40 Tue
twitterfacebook
thumb

強姦等の容疑で起訴中のメンディ、『FIFA 22』から削除される

マンチェスター・シティのフランス代表DFバンジャマン・メンディ(27)がビデオゲーム『FIFA 22』から削除されたようだ。 2017年夏にモナコからシティへと完全移籍したメンディだが、8月27日に4件の強姦と1件の性的暴行により起訴されたと報じられていた。現在は調査のためにクラブから出場停止の措置を受けている状況だ。 その影響は『FIFA 22』にも及んでいる模様。メンディが出廷したことを受け、開発元の『EA Sports』はゲーム内のシティやフランス代表からメンディを削除した。 だが、削除されたメンディを使用できる可能性があると、ゲーム情報紙『EURO GAMER』が報じている。削除される前にプレーしていたユーザーにはデータが残っているとのことだ。 『FIFA 22』の正式リリースは10月1日だが、現在は限定条件ながらもトライアル中だ。9月22日にトライアルがスタートし、メンディのデータを削除したのはその翌日。つまり、24時間はメンディのカードを使用可能だったとのことだ。 そのデータは現在も残っており、オンライントレードが可能。今後一部のユーザーにより、その価値が高騰する可能性があるとみられている。 なお、過去にはナチスのスローガンをオンエアで使ったとして、元オランダ代表FWマルコ・ファン・バステン氏が『FIFA 20』から削除された事例がある。 2021.09.29 18:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly