モイーズ監督の後任探すウェストハム、現在は2人の指揮官をリストアップか

2024.04.24 12:55 Wed
フレン・ロペテギ氏はウェストハムの考える後任候補に
Getty Images
フレン・ロペテギ氏はウェストハムの考える後任候補に
ウェストハムはデイビッド・モイーズ監督(60)の退任を見据え、数名の後任候補をリストアップしているようだ。
PR
今シーズン、プレミアリーグ34試合を消化して8位につけるウェストハム。ヨーロッパリーグは準々決勝敗退に終わり、徐々に来シーズンへ目を向け始めているチームでは、監督人事が注目されている。
モイーズ監督とウェストハムの契約は今シーズンまでとなるが、クラブは最近のチームパフォーマンスに満足していないこともあり、指揮官交代を検討。ただし、交渉も噂されたスポルティングCPのルベン・アモリム監督については、招へいの可能性は低いようだ。

イギリス『スカイ・スポーツ』によると、現在ウェストハムは指揮官のリストを作成中。かつてシャフタールやローマで指揮を執り、現在はリールの指揮官を務めるパウロ・フォンセカ監督(51)と、スペイン代表やレアル・マドリー、ウォルバーハンプトンの指揮官を歴任し、現在はフリーのフレン・ロペテギ氏(57)が有力な候補になっているとのことだ。

いずれの人物とも正式な交渉はまだ行っていないと報じられているが、クラブはモイーズ監督の退任が確定となり次第、具体的な動きに移ることが予想されている。

PR
関連ニュース

FAがパケタを賭博違反で告発、本人は容疑を否定

イングランドサッカー協会(FA)は23日、ウェストハムのブラジル代表MFルーカス・パケタを賭博違反で告発したことを発表した。 容疑がかけられた試合は2022年11月12日のレスター・シティ戦、2023年3月12日のアストン・ビラ戦、5月21日のリーズ・ユナイテッド戦、8月12日のボーンマス戦の4試合。 FAは声明にて「パケタ氏は賭博市場に影響を与え、1人もしくは複数人が賭博で利益を得るという不正な目的で審判から意図的にイエローカードをもらうよう努め、これらの試合で実行した」と発表。 容疑をかけられたパケタは「とても驚き、動揺している。あらゆる捜査に協力するし、できる限りの情報を提供する。全ての容疑を全面的に否定し、汚名を晴らすために全力で戦う」と否認した。 またウェストハムもパケタを支援する声明を出している。なお、6月3日までに容疑に対する回答を提出する必要があるとのことだ。 2024.05.24 07:00 Fri

ウェストハムがロペテギ新監督招へいを発表…「このクラブに名を刻めるよう努力する」

ウェストハムは23日、フレン・ロペテギ氏(57)の新監督就任を発表した。同氏は7月1日から正式にクラブを率いることになる。 昨シーズンはクラブ史上初のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)制覇を成し遂げたウェストハム。しかし、今シーズンのプレミアリーグでの9位という戦績や、74失点という脆弱な守備といった振るわないチームパフォーマンスを鑑みて、デイビッド・モイーズ監督の今季限りでの退任を決断。 その後任に関しては一時スポルティングCPのルベン・アモリム監督が最有力候補に挙がっていたが、最終的には前ウォルバーハンプトン指揮官となった。 これまでポルトやスペイン代表、レアル・マドリー、セビージャなどの指揮官を歴任したロペテギ氏は、2023年8月まではウルブスを指揮。しかし、今シーズンはフリーの状態が続き、今夏はステファノ・ピオリ監督の後任として、ミランが招へいに動いていたが、ミラニスタの強い反発も影響して交渉は破談に終わっていた。 紆余曲折の末に1年ぶりにプレミアリーグで指揮を執ることになったスペイン人指揮官は、クラブ公式チャンネルを通じて意気込みを語った。 「まず第一に、このビッグクラブの未来の一部になれることをとても嬉しく思っている。我々はこのクラブに名を刻めるよう努力するつもりだ」 「我々は素晴らしいプラットフォームを持っていると感じている。もちろん、ここ数年はこの基盤を築くのに非常に良い時期だったと思う。監督としての私の野心は常により強く、より多く、より大きな目標を達成し、プレーヤー、チームを成長させ、フットボールの本質である競争に勝つことだ。我々は、とりわけこの部分に関して非常に野心的だ」 「私は自分が行きたい場所にいる。ここに今いるのは、ここにいたいと思ったからだ。契約を結んだ日は、我々にとって素晴らしい日となった。なぜなら、我々はここに来ることへの100%の決意を抱いているからだ。他にもチャンスはあったが、ウェストハムが私を選んでくれたのはとても嬉しいし、私もウェストハムを選んだのだから、本当に嬉しいよ」 「我々は大きな衝撃を与えるというアイデアを持ってここに来た。それこそここに来た理由であり、この挑戦に興奮している。もちろん、クラブとチームが最高のレベルを達成し、目標を達成できるよう全力を尽くす。また、彼らが我々のすべての成果のカギとなることをファンに保証する」 なお、ロペテギ新体制の始動は7月上旬のプレシーズントレーニングからとなり、同月下旬にはアメリカのフロリダへプレシーズンツアーに赴き、同地で指揮官の古巣ウルブスやクリスタル・パレスと対戦予定だ。 2024.05.23 19:47 Thu

“38試合74失点”のウェストハムにOBが嘆き「史上最悪…4バック全員売却を…ドーソンが懐かしい」

ウェストハムの「38試合74失点」に対し、クラブOBが改善を呼びかけた。 昨季ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)を制したウェストハム。プレミアリーグでは中位が定位置の彼らだが、ボランチの主将デクラン・ライスが攻守で奮闘しまくり、欧州タイトル獲得という大きな成果を上げた。 迎えた今季、ライス放出でスカッド全体が再編を迫られた結果、プレミア最終順位こそ妥当な9位も、表題の通り38試合74失点。ライスの後釜となったエドソン・アルバレスは31試合出場で11枚ものイエローカードを頂戴した。 国際キャリアも豊富なメキシコ代表アルバレスについては「来季のプレミア順応に期待」として、イギリス『フットボール・インサイダー』でコラムを執筆する元スコットランド代表FWフランク・マカベニー氏は、古巣に対して最終ラインの一掃を訴える。 「38試合で74失点、1試合平均1.9失点…今夏まず最初に手をつけるべきは、4バック全員の売却以外にない。“完全に”新しい4バックにすべきだ」 「ウェストハム史上最悪の守備陣だよ。私なら真っ先にクル・ズマを排除する。まあ最後は必ず全員排除するがね。グレイグ・ドーソン(現ウルブス)が懐かしいよ。彼はここ数年で最高のディフェンダー…できないことは無理にやらないし、そのぶんプレーに無駄がなかった」 「それ(最終ライン)以外の選手を保持し、いまリストアップしている選手を獲得できれば、それなりに良いチームになると思うが、どうだろう」 ウェストハムはプレミア38試合でクリーンシートわずか「5」回。シーズンを象徴する試合としてアーセナル戦の0-6大惨敗が記憶に新しいが、チェルシー、フルアム、クリスタル・パレスにも5失点を喫して敗れている。 おそらくフレン・ロペテギ氏を新監督に迎えるであろう来季は果たして。フラメンゴからブラジル代表DFファブリシオ・ブルーノ(28)の獲得に近づいているとも伝えられる。 2024.05.23 15:55 Thu

ウェストハム、3月セレソンデビューの28歳CB獲得に迫る

ウェストハムが、ブラジル代表DFファブリシオ・ブルーノ(28)の獲得へ順調に交渉を進めているようだ。 ファブリシオ・ブルーノはクルゼイロ、シャペコエンセ、レッドブル・ブラガンチーノでプレーした後、2022年初めにフラメンゴへ完全移籍で加入。加入1年目は出場機会に恵まれずにいたが、翌シーズンに主力へ定着した。 そして、数人の負傷者の影響で今年3月のインターナショナルマッチウィークでセレソン初招集となると、イングランド代表とスペイン代表との国際親善試合でいずれもフル出場。192cmの恵まれた体躯を活かした対人の強さに加え、サイズを感じさせないスピードでも欧州クラブのスカウトを驚かせた。 この活躍もあって一気に評価を高めた28歳DFは、今夏のヨーロッパ移籍の可能性が取り沙汰されていた。 そういったなか、ブラジル『グローボ・エスポルチ』はフラメンゴとウェストハムの間で、ファブリシオ・ブルーノを巡る交渉が行われており、1500万ポンド(約29億9000万円)程度の金額で交渉が完了する見通しであると報じた。 選手自身も以前からヨーロッパ挑戦へ前向きな姿勢を示しており、ウエストロンドン行きの可能性は高いようだ。 デイビッド・モイーズ監督の退任によって大幅なスカッド刷新も見込まれるハマーズは、今季リーグ74失点の守備改善が急務となっており、名門フラメンゴのザゲイロの活躍は重要となるはずだ。 2024.05.23 15:40 Thu

「言葉で言い表すことはとても難しい」圧巻2ゴールで優勝貢献、MVPのフォーデンが4連覇達成に「まだ飽きることはない」

マンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンが、プレミアリーグ4連覇を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 19日、プレミアリーグ最終節が行われ、シティはホームにウェストハムを迎えた。 勝利すれば前人未到のプレミアリーグ4連覇を達成するシティ。試合は今シーズンのMVPを受賞したフォーデンが圧巻のパフォーマンス。開始2分にボックス手前でパスを受けたフォーデンが左足を一閃。先制ゴールを奪うと、18分には左サイドからのグラウンダーのクロスをダイレクトで蹴り込み追加点を奪う。 その後も得点を重ねると、3-1で勝利。見事に4連覇を達成することとなった。 今シーズンはMVPを受賞し、最終節でも優勝に導く2ゴールを記録したフォーデンは、改めてこの優勝を振り返った。 「今日のことを言葉で言い表すことはとても難しい。僕たちは歴史に名を残すこととなった。これまでにやってのけたチームはない。それがファンにとって何を意味するのか。そして僕たちにとって何を意味するのかわかるだろう」 「僕たちはここでこの瞬間のために一生懸命働いてきたし、これをファンと共有できるのはとても特別な気持ちだ」 「プレミアリーグではこれまで4連覇したチームはなく、それを達成したのは僕たちが初めてだから、より大きな意味を持つ。正直に言うと、言葉を失っているし、完全に打ちのめされているよ」 「僕だけじゃなく、選手全員が長年にわたり重要な試合をプレーしている、このシナリオも何度かプレーしてきた」 「あの経験が緊張を和らげてくれた。今日は僕たちが自信を持って見えたと思うし、ただ自分たちのサッカーをしただけだった。そして、最終的にそれが報われた」 これまでやってきたことをやり続けた結果が4連覇というフォーデン。試合を振り返り、速い時間にゴールを奪えたことが良かったとし、まだまだ貪欲に勝利を求めていくとした。 「完璧なスタートだったね。時にゴールが早すぎると思うこともあるから、スイッチを入れ続けなければならなかった。そして幸運にも2点目を決められ、お膳立てができた」 「(プレミアの優勝に)まだ飽きることはないよ。毎回こうした気分が欲しいし、何かに勝った時はこれ以上の気分はない。できるだけ、勝ち続けたいと思っている」 <span class="paragraph-title">【動画】前人未到の4連覇! フォーデンが圧巻の2ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="_Yn-UXopvbs";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.20 21:15 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly