グリーンウッドが自身への侮辱発言疑惑のベリンガムを擁護姿勢…処分望まずも発言そのものは事実か

2024.02.27 17:20 Tue
ラ・リーガで22年ぶり実現のイングランド人対決だったが...
Getty Images
ラ・リーガで22年ぶり実現のイングランド人対決だったが...
ヘタフェの元イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドは、同胞ジュード・ベリンガムへの処分を望んでいないという。
PR
パートナーに対する性的暴行容疑などでキャリアが一時中断したグリーンウッド。イングランド代表からフェードアウトし、マンチェスター・ユナイテッドにも居場所がなくなり、今季は1年レンタルでヘタフェに所属する。
ことの発端となった件については不起訴が決まり、最近は新生ユナイテッドへの復帰も取り沙汰されるなど、公私ともども”やり直し”に精進中。そんななか、ある出来事に見舞われた。

それは、今月1日のレアル・マドリー戦に出場した際、対戦相手の同胞ベリンガムから「レイプ犯」などと呼ばれたのではないかというものだ。

グリーンウッドの経歴はともかく、事実ならベリンガムの行いが放っておかれるはずもなく、ヘタフェの問題提起を受けたラ・リーガ側が調査を開始。ベリンガムは最大20試合の出場停止処分もあり得る状況だ。
ただ、イギリス『サン』の取材に応じた関係筋によると、グリーンウッドはベリンガムへの調査を取り下げるよう求めているという。

「グリーンウッドは自らがそういった標的であり続けることを受け入れている。自分自身で処理すべきことと割り切っているようだ」

この関係筋いわく、ベリンガムが侮辱発言に及んだことはどうやら事実。グリーンウッドは当初、同胞の行いに動揺を隠せなかったというが、何らかの処分が下るのは望んでいないとのことだ。

PR
関連ニュース

後半投入の久保建英は仕掛けでいくつか見せ場…ソシエダは消化不良の2戦連続ドロー…【ラ・リーガ】

ラ・リーガ第32節、ヘタフェvsレアル・ソシエダが21日にコリセウムで行われ、1-1のドローに終わった。なお、ソシエダのMF久保建英は後半から出場した。 4連勝を狙った前節は最下位のアルメリア相手に、後半最終盤のPK献上によって土壇場で追いつかれて2-2のドローに終わった6位のソシエダ。2試合ぶりの白星を狙った10位のヘタフェとのアウェイゲームでは、その試合から先発2人を変更。いずれもサスペンションのスベルディアとスビメンディの代役にパチェコ、トゥリエンテスを起用。久保は前節に続いてベンチスタートとなった。 日曜のランチタイムキックオフとなった一戦は球際のバトルが強調される激しい展開に。その中で序盤からボールを握るソシエダ、堅守速攻で応戦するヘタフェという明確な構図の下で進んでいく。 すると、アウェイのラ・レアルがファーストチャンスを活かして先制に成功する。13分、自陣からのビルドアップで右のハーフスペースでボールを引き出したザハリャンが右サイドで背後を狙うベッカーへのスルーパスを通す。そのまま深い位置まで運んで上げた完璧なクロスを大外にフリーで走り込んだバレネチェアがダイビングヘッドで合わせた。 鮮やかなチームプレーから早々にリードを手にしたソシエダは、以降も危なげなくゲームをコントロール。だが、前半半ばを過ぎて押し返されると、同点に追いつかれる。 29分、左サイドをフリーで持ち上がったディエゴ・リコが余裕を持って正確なクロスを上げると、ゴール前のマクシモビッチが叩きつけるヘディングシュート。これはGKレミロが圧巻の反応ではじき出し、こぼれ球に詰めたオスカルのシュートもはじき出す。だが、右サイドでこぼれを回収したグリーンウッドの正確なクロスを、最後はラタサがヘディングで左隅に流し込んだ。なお、リプレーを確認すると、オスカルのシュート時点でゴールラインを完全に割っていたように見えたが、得点者はラタサとなった。 一瞬の隙を突かれて相手の波状攻撃に屈したソシエダは、前半のうちに勝ち越し点を奪うべく攻撃に重きを置いていく。ただ、相手の強度の高いコンパクトな守備を前になかなか決定機まで持ち込めず。前半アディショナルタイムにはボックス手前で巧みなボールコントロールからゴール前に持ち込んだザハリャンが良い形で右足を振り抜くが、ややコースが甘くなったシュートはGKソリアの好守に阻まれた。 1-1のイーブンで試合を折り返したラ・レアルはハーフタイムに2枚替え。アマリ・トラオレとバレネチェアを下げてオドリオソラ、久保を投入。久保は右ウイングに入り、ベッカーが左に立ち位置を変えた。 後半は拮抗した展開が続く中、最初の決定機はホームのヘタフェ。55分、ボックス手前中央で得たFKをキッカーのオスカルが直接右足で狙うと、右ポストを叩いたボールがゴールライン上に転がるが、これはDFル・ノルマンが見事にかき出した。 ディフェンスリーダーのビッグプレーで何とか失点を回避したソシエダ。61分には右サイドで味方とパス交換した久保がゴールライン際をえぐって際どいクロスを供給するが、これはGKに直接キャッチされる。 膠着状態が続く中、ソシエダは68分に再び2枚替え。ザハリャン、ベッカーを下げてエルストンド、サディクを投入。[3-5-2]に近い布陣に変更し、久保はトップ下に配置換えした。 これで攻撃に変化を加えると、78分には左に流れた久保が鋭い仕掛けから再びゴールライン際をえぐって完璧なプルバック。これを中央のサディクがワントラップから左足でシュートするが、枠を外してしまった。 その後、1-1のイーブンで試合は最終盤に突入。ただ、互いに相手の集中した守備を前に攻撃面で見せ場を作ることはできず。妥当なドローでタイムアップを迎え、勝ち切れなかったラ・レアルは2戦連続の勝ち点1獲得にとどまった。 2024.04.21 23:04 Sun

前線強化図るユベントス、ヘタフェで復活中のグリーンウッドに関心か

ユベントスが、ヘタフェの元イングランド代表FWメイソン・グリーンウッド(22)に興味を示しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 現在セリエAで3位と来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)復帰が現実味を帯びてきているユベントス。新フォーマットで開催されるFIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2025への出場も先日決まり、選手層拡大の必要性が高まっている。 前線の選手では、イタリア代表FWフェデリコ・キエーザとの契約更新に動いている他、今夏ラツィオとの契約が切れる元ブラジル代表FWフェリペ・アンデルソンのフリーでの獲得を模索。そんな中、ヘタフェで復活の兆しを見せるグリーンウッドにも注目しているという。 マンチェスター・ユナイテッド生え抜きのグリーンウッドは、将来を嘱望される存在ながら強姦未遂などの容疑で2022年1月から活動停止。その後、2023年2月に訴訟が取り下げられると、今シーズンはヘタフェへのレンタル移籍が実現し、スペインの地で再起を図っている。 ヘタフェでレギュラーに定着し、ここまで公式戦27試合8ゴール5アシストを記録しているアタッカーにはバルセロナなどが関心。ユベントスもこの列に加わり、ここ数週間は状況の把握や調査に動いている模様だ。 現在マッシミリアーノ・アッレグリ監督が採用している[3-5-2]であれば、2トップの一角での起用も考えられるグリーンウッドだが、ユベントスは[4-3-3]や[3-4-3]といった新たなオプションを増やしたい意向とのこと。そのため、一対一に強く、キレ味鋭いウインガーを複数探しているという。 なお、ユナイテッドとグリーンウッドの契約は2025年6月まで。現時点で、ユベントスのグリーンウッド獲得はアイデア以上のものと見られており、今後の進展に注目が集まる。 2024.03.23 20:35 Sat

パナシナイコス、今季限りでヘタフェ退団のセルビア代表MFマクシモビッチを来季加入で獲得!

パナシナイコスは21日、ヘタフェのセルビア代表MFネマニャ・マクシモビッチ(29)の獲得合意を発表した。契約期間は2027年6月30日までで、7月1日から加入する。 ツルヴェナ・ズヴェズダやヴェローナの下部組織を経てスロベニアのNKドムジャレでプロデビューしたマクシモビッチ。その後、カザフスタンのアスタナやバレンシアでのプレーを経て、2018年7月にヘタフェに加入。 加入初年度からセントラルMFの主力として活躍したヘタフェでは、在籍6シーズンで公式戦213試合に出場し9ゴール3アシストを記録。契約最終年となった今季もこれまで公式戦31試合に出場している。 また、セルビア代表としてはこれまで48試合に出場。2022年に行われたカタール・ワールドカップのメンバーにも選出され、グループステージ全試合に出場していた。 2024.03.22 00:20 Fri

ジローナが不調ヘタフェに敵地で惜敗…首位マドリーとの勝ち点が「10」に広がる【ラ・リーガ】

ジローナは16日、ラ・リーガ第29節でヘタフェと対戦し0-1で敗戦した。 前節のオサスナ戦を2-0と競り勝ってバウンスバックに成功した2位ジローナ(勝ち点62)が、リーグ戦4試合勝利のない12位ヘタフェ(勝ち点35)のホームに乗り込んだ一戦。 試合は立ち上がりから一進一退の展開が続き、互いになかなかシュートまでボールを運ぶことができず時間が経過。それでもジローナは20分、パブロ・トーレとのパス交換でボックス左に侵入したイバン・マルティンがファーストシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。 膠着状態が続く中、ジローナは33分に失点を許す。右サイドからダイアゴナルドリブルで切り込んだミジャのパスをペナルティアーク内のマクシモビッチが落とすと、モリバのラストパスをボックス右で受けたジェジュがシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ハーフタイムにかけては、1点を追うジローナが反撃に出る。すると43分、ポルトゥのパスに反応したドフビクがチャンスを迎えたが、シュートはゴール右に外れる。さらに45分にも、ボックス左深くまで侵入したポルトゥの高速クロスからドフビクが決定機を迎えたが、このシュートもゴール右に外れた。 0-1で迎えた後半も立ち上がりから拮抗した展開が続く中、ジローナは80分にピンチ。ソリスが自陣でオスカルにボールを奪われると、ラストパスを受けたマタにGKとの一対一を許したが、シュートはGKガッサニーガがファインセーブ。 ピンチを凌いだジローナは85分、ボックス右から侵入したサヴィオのクロスをドフビクがヘディングシュートで合わせたが、これはGKソリアの好セーブに阻まれた。 結局、ジローナはそのまま0-1で敗戦。同日開催となった首位レアル・マドリーはオサスナに勝利したため、ジローナとの勝ち点差は「10」に広がった。 2024.03.17 04:46 Sun

地に足つけてキャリア再構築中のグリーンウッド、自らの会社も精算へ

ヘタフェの元イングランド代表FWメイソン・グリーンウッド(22)が、取締役を務める会社の精算手続きに入った。イギリス『ミラー』が伝えている。 パートナーに対する行いで逮捕・起訴(不起訴で決着)、マンチェスター・ユナイテッドに居場所がなくなり、今シーズン1年レンタルでヘタフェに身を置くグリーンウッド。中堅ヘタフェにおける貢献度は小さくなく、公私ともどもリスタートは順調だ。 それでも、『ミラー』いわく「自身のパブリックイメージが事件前ほど回復することはないと割り切っている模様」とのこと。グリーンウッドは自身の肖像権管理を担う会社を自主清算する動きが確認されたという。 公表された情報によると、グリーンウッド自らが取締役を務めるイギリス「TSM」に1日、精算人が入り、選手は50万ポンド(約9500万円)の最終売上を申告したうえで、これから会社をたたむ流れになるとのことだ。 グリーンウッドは逮捕後に「NIKE」などからパートナーシップを打ち切られており、現在でも会社には少なからず売り上げがあったようだが、今後は不要と判断したとみられている。 へタフェからは完全移籍を望まれ、ジム・ラトクリフ氏が言及したようにユナイテッド復帰についてもまだ扉が開かれているグリーンウッド。地に足つけてキャリア再構築を進めているようだ。 2024.03.05 14:00 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly