フォーデン&グリーンウッドが愚行…アイスランド戦の宿泊先に女性を連れ込み懲戒処分へ

2020.09.07 21:03 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランド代表デビューを飾ったばかりのマンチェスター・シティMFフィル・フォーデンと、マンチェスター・ユナイテッドFWメイソン・グリーンウッドが愚行を犯した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

イングランド代表期待の若手であるフォーデンとグリーンウッドは、5日に行われたUEFAネーションズリーグのアイスランドとのアウェイゲームでA代表デビューを飾り、1-0の勝利に貢献した。

しかし、待望のスリーライオンズデビューの裏で許しがたい愚行を犯していたことが判明した。

アイスランド『DV』が伝えるところによれば、フォーデンとグリーンウッドの2選手は、代表チームが滞在していたアイスランドの宿泊先に2人の女性を招き入れていた疑いがあるという。

その女性のうちの1人がホテルの一室で撮影されたと思われる『Snapchat』のビデオでは、両選手の姿がハッキリと映されており、動画に加工などの形跡もなく本物と見て間違いないと見られている。

さらに、女性は『DV』の取材に対して、数日前に両選手の片方と知り合い、宿泊先に招き入れられたこと、新型コロナウイルス(COVID-19)に関するプロトコルを知らなかったことや、写真や動画の撮影を許可されていたなど、細かなやり取りを語っていた。

ほぼ確実に“クロ”だと思われる両選手は、イングランドサッカー協会(FA)が定める代表活動中の行動規則、新型コロナウイルスのプロトコルのいずれも違反しており、今後懲戒処分が科される可能性が極めて高いと思われる。

なお、代表チームはすでに両選手の違反行為を確認しているようで、トレーニング参加を禁じられているようだ。

また、ガレス・サウスゲイト監督は現地時間の7日午後に公式会見に出席する予定となっており、その場で両者に関する何らかの説明がある模様だ。

ちなみにフォーデンには長年交際しているパートナーとの間に2歳の息子がいる。一方、グリーンウッドは今年5月にモデルの女性と破局したばかりだった。

関連ニュース
thumb

「私がトレントなら代表から引退する」TAA冷遇のサウスゲイト監督に代表OBの不満爆発

元イングランド代表FWのガブリエル・アグボンラホール氏が、リバプールの同代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドの状況に憤った。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 リバプール不動の右サイドバックとして、23歳の若さながらすでに多くのタイトルを手にしているアレクサンダー=アーノルド。しかし、イングランド代表では多くの有力選手との激しいポジション争いもあり、ポジションを掴むまでには至っていない。 9月に行われたインターナショナルマッチウィークでは、代表に招集されながらも試合出場はなし。こうした扱いに批判の声が上がると、ガレス・サウスゲイト監督は「キーラン・トリッピアーの万能性はアレクサンダー=アーノルドより優れている」と発言し、自身の采配を正当化した。 しかし、この指揮官の発言が火に油を注ぐ事態に。イギリス『Talksport』に出演したアグボンラホール氏は、アレクサンダー=アーノルドへの侮辱だと非難しており、指揮官が交代するまで選手は代表から退くべきだと持論を展開した。 「もし私がトレントなら、ワールドカップのメンバーから外されたときに代表から引退するだろう。新しい監督がイングランドの指揮を執り、私にチャンスを与えてくれるとわかるまではね。それは100パーセント確実だ」 「こうしたインターナショナルマッチウィークで、プレーもしないのに遠出することの意味があるだろうか? 自分のクラブに残って休み、リバプールでの試合に向けて準備もできたのだからね」 「サウスゲイト監督が、トレントよりトリッピアーが優れていると言い出したのは侮辱だろう。私はトリッピアーも好きだが、トレントの方がオールラウンドに優れている。私の中でカイル・ウォーカーやリース・ジェームズはトレントより上だが、トリッピアーとはね。冗談はいい加減にしてほしい」 「もし本当に彼が代表から引退しても、私は驚かないよ。過去にイングランド代表から引退した選手を見ても、出場機会に恵まれなかったという理由が多かったからね」 2022.09.29 15:07 Thu
twitterfacebook
thumb

UNL未勝利のイングランド…OBはCBの問題指摘 「経験も質も不足している」

元イングランド代表DFのダニー・ミルズ氏が現在の同代表はセンターバックに問題を抱えていると指摘した。イギリス『ミラー』が伝えている。 2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)ではベスト4、昨夏に開催されたユーロ2020では準優勝と、近年の主要大会で結果を出してきたイングランド。11月から開催されるカタールW杯では、1966年以来となる大会優勝が期待されている。 しかし、今年6月から始まったUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23では、グループステージ6試合3分け3敗の未勝利に。ガレス・サウスゲイト監督への批判は強まり、W杯本大会に向けて懐疑的な声も増加中だ。 イギリス『talkSPORT』に出演したミルズ氏もUNL6試合で10失点の守備を問題視し、現状では国際舞台で活躍できるセンターバックが少ないことを憂えた。 「センターバックのクオリティが低いのは大きな問題だ。チームには経験も質も不足していると思う。一方で、(批判を浴びる)ハリー・マグワイアには、大きな大会で活躍した経験が備わっている」 「(ジョン・)ストーンズはまた負傷した。彼が大会までにフィットしないなら、エリック・ダイアーを選ばなければならないだろう。(ベン・)ホワイトはアーセナルのセンターバックすら十分に務められていない。そして、フィカヨ・トモリとマーク・グエイはまだ代表で6試合に出場しているだけだ」 「メジャーな大会に参加するなら、華麗なフットボールではなく試合に負けないことが重要だ。イングランドはグループリーグを突破し、その後はビッグチームを倒す必要がある。そのためには、経験豊富な選手がいなければならない。トモリとグエイをその中に入れることはできないだろう」 「ディフェンス面を見ると、我々は弱いと言わざるを得ない。マグワイアが代表でプレーする必要があるのは、チームに他のオプションがないからだ。他のオプションは、国際的なレベルになく、ステップアップが求められる」 2022.09.28 15:36 Wed
twitterfacebook
thumb

成長著しいベリンガムを代表の同僚も絶賛 「19歳で彼ほど優秀な選手は見たことがない」

ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライスが、ドルトムントの同代表MFジュード・ベリンガムを称賛した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 2020年夏にバーミンガムから17歳の若さでドルトムント入りしたベリンガム。初年度からボックス・トゥ・ボックスのプレーヤーとしての力を認めさせ、早くも通算100試合の出場数を誇る。 瞬く間にビッグクラブが注目する存在となるなか、イングランド代表でも日増しに存在感を高め、今活動でもしっかりとレギュラーでプレー。代表の中盤でコンビを組むライスも称賛している。 「彼はまだ19歳だけど、まるで28歳のような肉体なんだ。大人の男という感じだね。そして、彼は成人の選手と同じように考え、プレーし、キャラクターと個性を発揮している。彼が望むなら、今後15年間はイングランドサッカーの未来であり続けるだろう」 「彼はまた、最高の若者でもあるね。ピッチの上で、味方を本当に後押ししてくれるんだ。彼の隣でプレーできて光栄だよ。僕は彼よりずっと多くの試合に出場してきた。だからこそ、19歳の彼がすでにチームにもたらすものや、彼の持つエネルギーがわかるんだ」 「ジュードはホールディングMFとしても、8番でも10番でもプレーができる。中盤のどこでもプレー可能で、僕らにとって重要な存在になるのは明らかだね。ジュードと一緒にプレーするたび、僕たちはつながりを深めているよ」 「彼がこのまま活躍し続けることを願っている。僕は彼にはこう言っているんだ。『君はどんどん攻めていってくれ。僕はここにいて君のためディフェンスをするよ!』とね」 「彼は若いのに老成している。チームの若手はみんな、彼のことが大好きなんだ。19歳にして、彼ほど優秀な選手は見たことがないよ。選手としてすべてを兼ね備えていると思う」 2022.09.28 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

デルフが32歳の若さで現役に別れ…アストン・ビラやシティ、エバートンでプレー

元イングランド代表MFファビアン・デルフ(32)が現役引退を発表した。 昨シーズン限りでエバートンを退団して以降、フリーの状態が続いていた32歳は、27日に自身の公式インスタグラムを通じて現役に別れを告げた。 「今日、僕はこの美しいゲームが自分に与えてくれた幸せと感謝だけを伝え、引退を発表するよ」 「家族と友人。これまで在籍してきた素晴らしいクラブで共に働いたプレーヤー、スタッフに対して、声を大にして感謝を伝えたい。同様に僕は幸運にもそのクラブの代表としてプレーするだけでなく、ファンから素晴らしいサポートを受けた。それに対しても感謝を伝えるよ」 ブラッドフォードとリーズ・ユナイテッドの下部組織でプレーしたデルフは、リーズでプロキャリアをスタート。その後、2009年にプレミアリーグに所属するアストン・ビラにステップアップを図ると、豊富な運動量と戦術眼、複数のポジションをカバーするユーティリティー性を武器に中盤の主力として台頭した。 2015年夏からはマンチェスター・シティでプレー。本職の中盤だけでなく、左サイドバックをこなすマルチロールな働きを見せ、多才なバックアッパーとして合計7個のタイトル獲得に貢献した。 2019年夏には出場機会を求めてエバートンに加入したが、度重なるケガの影響もあり、在籍3シーズンで41試合の出場にとどまっていた。 これまでのキャリアを通じてはプレミアリーグ通算204試合に出場し、7ゴール10アシストの数字を残した。 また、2014年にデビューを飾ったイングランド代表では通算20キャップを記録していた。 2022.09.28 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

試合を観ても気が付けない!ケインの背番号が逆さまの「6」に

イングランド代表FWハリー・ケインの背番号にある異変が起こっていた。 26日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ3最終節で、ドイツ代表と対戦したイングランド。後半に2点を先取されながら逆転に成功する激しい点の取り合いとなり、最終的には3-3のドローに終わった。 ドイツ戦では、21日に正式発表されたばかりの新しいアウェイユニフォームを初めて着用していたイングランドだが、その影響もあるのか、ケインの背番号がささやかな関心を集めた。 これまで通り背番号「9」を背負って先発したケイン。シャツの背中部分と、ショーツにプリントされたものは間違いなく「9」だった。 しかし、『Footy Headlines』によるとシャツ前面の右胸部分にプリントされた背番号が「9」ではなく「6」を180度反対に回転させたものだったという。 実際、正しい「9」は最後に上に上がるフォントが用いられているが、ケインのシャツ右胸のものだけは左斜め下に下がっていたのだ。 この試合で83分にPKでゴールを決めていたケインだったが、思わぬところでも注目を集めることとなった。 <span class="paragraph-title">【写真】よくよく見ると気が付く!右胸にプリントされた逆さまの「6」とショーツにプリントされた正しい「9」</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/kane1.jpg" style="max-width:100%;"></div> <span class="paragraph-title">【写真】ホームユニでは正しい背番号「9」がプリントされていた</span> <span data-other-div="movie2"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/kane2.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2022.09.27 19:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly