ウェストハムも“アストン・ビラ化”? 指揮官人事への関心高まる「ロペテギ就任なら大きな変化」

2024.02.21 16:15 Wed
今季開幕直前にウルブスを去ったフレン・ロペテギ氏(57)
Getty Images
今季開幕直前にウルブスを去ったフレン・ロペテギ氏(57)
ウェストハムの指揮官人事に対する関心が高まっている。
PR
昨シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)王者、ウェストハム。クラブ史上初の欧州主要タイトル獲得をもたらしたのは、スコットランド人指揮官のデイビッド・モイーズ監督(60)だ。
エバートンを率いた青年指揮官時代から、ロングボールを多用したブレないサッカー哲学を持つモイーズ監督。ウェストハムを率いて通算6年目となる今季が契約最終年のなか、ここまでプレミアリーグ9位と中位につける。

ウェストハムにとってこの順位はまさに可もなく不可もなくといったところだが、11日にはアーセナルに本拠地で0-6と大敗するなど、6試合未勝利かつ3連敗中…モイーズ監督の解任orシーズン後退任が現実味を増しているのだ。

後任候補の1人に挙がる前ウォルバーハンプトン指揮官のフレン・ロペテギ氏(57)は、先日クリスタル・パレスの指揮官就任を正式に断り、来季からのウェストハム指揮を希望と伝えられる。
イギリス『フットボール・インサイダー』のコラムニストを務める元イングランド代表GKポール・ロビンソン氏はまず、プレミアリーグの中でも槍玉に“挙げられやすい”指揮官と言えるモイーズ監督へのリスペクトを呼びかける。

「モイーズへの敬意を欠くのだけはやめよう。彼は欧州のタイトルをもたらした男だぞ。『モイーズ・アウト』キャンペーンなるものが行われているらしいが、ひどい状況はチームの成績ではなく、そのキャンペーンを指している」

ウェストハムの今後を展望する上では、ロペテギ氏就任ならウェストハムが「エメリ・ビラ」のようになると期待を寄せる。

ウナイ・エメリのアストン・ビラでの見事な仕事を、多くの人たちが目の当たりにしてきた。完全に一緒というわけではないが、ウェストハムにもビラに近い攻撃陣のクオリティがあると私はみている。ロペテギとエメリ? 2人のスペイン人指揮官は大差なくどちらも優秀だ」

「だから、もしロペテギがウェストハムにサインするならファンは興奮するはずだ。現在と異なるスタイルのフットボールを展開し、それは大きな変化をもたらすことになる」

アストン・ビラはエメリ監督就任から目に見えてチーム力がアップし、現在はプレミアリーグ4位。ウェストハムもチャンピオンズリーグ(CL)争いに加わるチームとなれるだろうか。

PR
関連ニュース

レバークーゼンが欧州5大リーグ新の44戦無敗! ユーベ抜く最長記録

レバークーゼンの連続無敗がついに欧州5大リーグの歴史をも動かした。 今季も終盤に入ったが、いまだ負け知らずのレバークーゼン。クラブとして初のブンデスリーガ制覇を成し遂げた先週末に43戦無敗とし、18日にヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのウェストハム戦に挑んだ。 敵地でのリターンレグでは13分に先制を許し、その1点が重くのしかかったが、後半から出場したジェレミー・フリンポンが89分に同点弾。1-1のドローに持ち込み、1stレグを含め、3-1で4強入りを果たした。 新時代の指揮官として手腕が注目されるシャビ・アロンソ監督のもと、またも粘り強さを発揮したレバークーゼンはこれで開幕から44試合無敗に。『Opta』によると、欧州5大リーグの新記録を樹立したという。 欧州5大リーグで見ると、43試合無敗は2011年5月から2012年5月にかけてのユベントスが作った最長記録に並ぶものだったが、ウェストハム戦でのドローにより、それをも抜き去る新記録を打ち立てたそうだ。 このELにプラスして、DFBポカールでも決勝に勝ち残り、まだ2つのタイトルチャンスを残すレバークーゼン。シーズンも残りわずかだが、連続無敗とともに、どこまでこの歩みを続けられるか注目だ。 2024.04.19 18:15 Fri

「追い詰めたが…」今季無敗のレバークーゼンに善戦したウェストハム、モイーズ監督は勝てたと悔しさ滲ませる「前半で3点取るべきだった」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督が、レバークーゼン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 18日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグでウェストハムはホームにレバークーゼンを迎えた。 無敗でブンデスリーガを初制覇したレバークーゼンを迎えたウェストハム。なりたての王者には1stレグで0-2と敗れており、最低でも2点が必要な状況だった。 試合は13分にマイケル・アントニオがゴールを奪い1点差に。勢いに乗りたいところだったが、チャンスを決めきれず、追加点を奪えない。 すると後半もゴールが遠く、徐々にレバークーゼンが盛り返すことに。シーズン無敗を維持していたドイツ王者は、その強さを見せつけ89分に同点ゴール。1-1のドローに終わり、2戦合計1-3でウェストハムは敗退となった。 試合後、モイーズ監督は選手たちのパフォーマンスを称える中、前半のチャンスを活かせなかったことを悔やんだ。 「選手たちは素晴らしく、そのパフォーマンスは称賛に値する。最初から最後まで素晴らしかった」 「後半はエネルギーを維持することができなかったが、功績は大きい」 「どちらかといえば、前半で3点取るべきだった。チャンスをものにすべき時に、ものにできなかった。それが我々が勝利できなかった最大の理由だ」 無敗のドイツ王者を迎えての一戦。今シーズン無敗という偉業を続けている相手は強かったと振り返るモイーズ監督だが、普段からビッグクラブと対戦しており、ファン・サポーターにレベルの高い試合を見せたかったとした。 「ここにはマンチェスター・シティやリバプールのようなチームが何年にもわたってきており、ビッグチームとの試合をやりたいと常々言ってきた」 「今夜、本当に良い試合を見せられたと思う。ただ十分ではなかった。それが違いとなった」 「彼らは恐らくより高いレベルにあり、ベンチからの出場からさらに多くのものを得ることができるのは間違いなく、今夜もそれが見られた。そのため、前半と同じレベルのエネルギーを維持することが難しくなった」 それでも結果は敗退。負けはしていないものの、1stレグでの結果が影響したウェストハム。ヨーロッパの舞台では、2021-22シーズンはELでベスト4、2022-23シーズンはヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)で優勝と、ヨーロッパでも結果を残している中、さらに上を目指したいと今後に意気込んだ。 「我々はこの3年間を本当に楽しんできたが、これが3度目の準々決勝だった。我々はウェストハムのサポーターに良いレベルのヨーロッパのサッカーを提供し、これまで所属してきた全てのグループで勝利し、今夜は準々決勝に進出するところまで近づいた」 「我々は本当に優れたチームを追い詰めたが、違いを生むにはあと1つ、2つ足りなかった」 2024.04.19 12:40 Fri

ブンデス初制覇だけでは満足せず! ジャカ「僕らはもっと多くを求めている」

レバークーゼンのスイス代表MFグラニト・ジャカがヨーロッパリーグ(EL)4強入りに満足した。 先週末のブンデスリーガで初優勝のレバークーゼンは18日のEL準々決勝2ndレグでウェストハムのホームに乗り込み、1-1のドロー。前半に許した失点が重くのしかかる展開だったが、89分にジェレミー・フリンポンの一発が生まれ、1-1のドローに持ち込んだ。 だいぶ苦しみはしたが、またも粘り強さを発揮して、2戦合計3-1でローマとの準決勝へ。これで今季開幕からの連続無敗も44試合に伸ばした。 このウェストハムとのリターンレグでも中盤の一角としてフル出場し、ベスト4入りに貢献したジャカはイギリス『TNT Sports』でこう振り返った。 「観客が信じられないぐらいウェストハムをプッシュしていたね。正直に言うと、前半はラッキーだった。後半はまた違うフェーズになって、僕らが試合の主導権を握ったね。全体的に乗り切れて満足だ」 「前半と後半ではまったく異なる試合だった。僕らは競り合えず、すべてのデュエルでウェストハム優勢だったし、ハーフタイムの時点で、同じようなパフォーマンスでは不十分だという認識だったんだ」 「180分で見たら、より優れたチームが勝ち上がったんじゃないかな」 31歳MFはまた、DFBポカールを含め、あと2つのタイトルチャンスに「信じられないこと」とし、全力で挑戦していくと話している。 「クラブ初のリーグトロフィーも信じられないものだったけど、僕らはもっと多くを求めている。この集団には何事にも挑戦するハングリー精神と信念があって、後半に示されたはずだ」 「準決勝に進出して、ここまできたら、(決勝の舞台である)ダブリンに行きたいね。それこそが僕らのやりたい次のステップだ」 2024.04.19 10:25 Fri

「いつも運が良いからとは限らない」 ELでも負けずで4強入りのシャビ・アロンソ監督がチームを誇る

ブンデスリーガ王者がヨーロッパリーグ(EL)のベスト4に駒を進めた。 先週末のブンデスリーガで初優勝のレバークーゼンは18日のEL準々決勝2ndレグでウェストハムのホームに乗り込み、1-1のドロー。前半に先制を許して試合を折り返したが、89分にジェレミー・フリンポンの一発が生まれ、1-1のドローに持ち込んだ。 これで今季開幕からの連続無敗を44試合に伸ばしたレバークーゼンは2戦合計3-1でローマとの準決勝へ。シャビ・アロンソ監督は『UEFA.com』でとにかく負けない戦いぶりをこう評している。 「運によるものもあるだろうが、何度も起こっているのだから、いつも運が良いからとは限らない。それはゴールに値するから。進み続けるなかで、どうすれば良いか明確なアイデアがある」 スペイン人指揮官はまた、ウェストハムとのリターンレグを振り返り、交代カードも切りながら修正を図った後半の戦いに満足感を示した。 「最初の45分は多くの問題があった。相手がプレッシャーをかけ続けてくるなかで、我々もボールを握ったが、適切なタイミングで適切な選手を見つけられずにいたんだ」 「あの難しい時間帯を乗り切るのは容易じゃなかったが、キャラクターを発揮したね。後半はパーソナリティを取り戻し、準決勝に勝ち進む上で正しいプレーをやれた」 決勝まで勝ち進むDFBポカールを含め、2つのタイトルがかかるシーズン終盤に向けても決意を新たにし、昨季と同じく準決勝で対戦するローマ戦にも言及した。 「できる限り上に行きたいし、目標を達成するのが最も大事。大きなチャレンジだ。ブンデスリーガは終わったかもしれないが、終わったとは言いたくない」 「ELに大きなモチベーションがある。昨季はローマと対戦し、彼らがファイナルに進出した。(ローマと対戦する)歴史が再びだ。面白くなるだろうね」 2024.04.19 09:25 Fri

土壇場弾で無敗記録を継続のレバークーゼンがウェストハムを下して準決勝進出!【EL】

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのウェストハムvsレバークーゼンが18日に行われ、1-1の引き分け。2戦合計スコア1-3でレバークーゼンが準決勝進出を決めた。 先週行われた1stレグを0-2で敗れたウェストハムは、直近のフルアム戦から先発を4人変更。イングスやパケタ、エメルソンらに代えてボーウェンやエドソン・アルバレス、ズマらを先発で起用した。 一方、1stレグで先勝したレバークーゼンは、リーグ優勝を決めた直近のブレーメン戦から先発を6人変更。ボニフェイスやホフマン、GKフラデツキーらに代えてシック、ヴィルツ、パラシオスらを先発で起用した。 試合は立ち上がりからリスクを冒して前に出るウェストハムペースで進むと、早い時間にスコアが動く。13分、バイタルエリア右手前でボールを受けたボーウェンがゴール前へクロスを供給すると、走り込んだアントニオがヘディングでゴールネットを揺らした。 先制点で勢いづくウェストハムは、25分にもクドゥスの左クロスをファーサイドに走り込んだボーウェンに決定機が訪れたが、右足ボレーで合わせたシュートはGKコヴァルの好セーブに防がれた。 立ち上がりから劣勢の時間が続くレバークーゼンは、29分にすでにイエローカードを受けていたコスヌを下げてタプソバを投入し、守備にテコ入れを図る。 ハーフタイムにかけても主導権を握ったウェストハムは、何度かゴールに迫る場面を演出したが、追加点は生まれず。前半は1-0で終了した。 迎えた後半、レバークーゼンはシックとテラを下げてボニフェイスとフリンポンを投入。すると66分、ボックス右横でパスを受けたフリンポンが直接ゴールを狙ったが、これはGKファビアンスキに弾かれた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。このまま試合終了かと思われたが、レバークーゼンは終盤に試合を振り出しに戻す。 89分、ドリブルで持ち上がったスタニシッチのスルーパスに反応したフリンポンがボックス右から侵入。相手DFとの駆け引きから鋭くカットインし左足を振り抜くと、クレスウェルにディフレクトしたボールがゴール左に吸い込まれた。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。土壇場で追いつき無敗記録を継続したレバークーゼンが、2戦合計3-1で準決勝へ駒を進めた。 2024.04.19 06:15 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly