アストン・ビラはザニオーロの買取OPを行使せず? 選手はセリエA復帰を希望か

2024.02.20 10:40 Tue
FWニコロ・ザニオーロはイタリア復帰を希望?
Getty Images
FWニコロ・ザニオーロはイタリア復帰を希望?
現在アストン・ビラでプレーするイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(24)は、今夏にセリエAへ復帰する意思があるようだ。
PR
ザニオーロは昨夏の移籍市場で、ガラタサライからビラに買い取りオプションの付随したレンタル移籍の形で加入。初挑戦となるプレミアリーグでローマ時代に披露していたクオリティの発揮が期待されていた。
しかし、今シーズンはウナイ・エメリ監督の下で現在プレミアリーグ4位と躍進するチームで、思うような出場機会を確保できず。公式戦27試合出場2ゴールの成績を残すも、プレミアリーグでの先発は7試合にとどまっている。

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のアンドレア・ラマゾッティ記者によると、こうした状況もありビラはザニオーロの買い取りを見送る方針とのこと。選手は夏にガラタサライへ戻る可能性が濃厚なようだ。

ただし、ザニオーロはこれ以上トルコでプレーすることを望んでおらず、セリエA復帰を検討している模様。フィオレンティーナ、ミラン、ユベントスが獲得に関心と報じられている。
ただし、いずれのクラブも買い取りオプション付きのレンタル移籍のみ望んでいる様子。ガラタサライがこれ以上のレンタル移籍を望むかは不透明であり、その去就が注目されている。

PR
関連ニュース

アストン・ビラ、CL出場に導いたエメリ監督と2029年まで契約延長

アストン・ビラは27日、ウナイ・エメリ監督(52)と2029年6月まで契約延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 2022年10月、プレミアリーグで17位と低迷していたビラの指揮官に就任したエメリ監督は昨季7位と躍進させ、ビラにとって13シーズンぶりの欧州カップ戦参戦となるカンファレンスリーグ(ECL)出場に導いた。 そして今季はECLベスト4、プレミアリーグで4位とさらに好成績を挙げ、チャンピオンズリーグ出場を果たした。 新契約を結んだエメリ監督は「ビラを率いる責任を負えることをとても嬉しく思う。ビラとは素晴らしい相性がある。ファンの応援もまるで自分の家に居るような感覚だ。夢に向かって限界のない旅を続けることができて本当に興奮している」と喜んだ。 2024.05.28 06:00 Tue

ユナイテッドはFAカップ制覇でEL出場決定! 7位ニューカッスルは繰り下げで来季は欧州の大会なし

25日、FAカップ決勝が行われ、マンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドの“マンチェスター・ダービー”の決勝は2-1でユナイテッドが勝利した。 プレミアリーグ4連覇を果たしたシティはFAカップも連覇を目指し戦いに。昨シーズンと同じカードとなった決勝で、ユナイテッドはリベンジを果たしたいところだった。 すると、出だしからユナイテッドペースで試合が進むと、前半にアレハンドロ・ガルナチョ、コビー・メイヌーのゴールで2点を先行。終盤にジェレミー・ドクが1点を返すも、ユナイテッドが逃げ切り、見事に優勝を果たした。 プレミアリーグを8位で終えていたユナイテッド。来シーズンのヨーロッパの大会への出場権を手にしていなかったが、FAカップで優勝したことによりヨーロッパリーグ(EL)の出場権を獲得した。 これにより、来シーズンの全てのヨーロッパの大会の出場チームが確定した。 プレミアリーグを優勝したシティ、2位のアーセナル、3位のリバプール、4位のアストン・ビラが、新方式となるチャンピオンズリーグ(CL)に出場することが決定した。 そして、ELには5位でリーグ戦を終えたトッテナムがELに出場が決定。6位のチェルシーがカンファレンス・リーグ(ECL)に出場することに。7位のニューカッスルはECL予選に出場する予定だった。 しかし、8位のユナイテッドがFAカップを優勝したことでEL出場権を獲得。そのため、1つずつ繰り下がることとなり、ニューカッスルはヨーロッパの大会に出場できる可能性がなくなることとなった。 ◆2024-25シーズンの出場権 チャンピオンズリーグ:マンチェスター・シティ、アーセナル、リバプール、アストン・ビラ ヨーロッパリーグ:トッテナム、マンチェスター・ユナイテッド カンファレンス・リーグ:チェルシー 2024.05.26 08:50 Sun

ユベントス、イタリア代表DFカンビアーゾとの契約を2029年まで延長

ユベントスは24日、イタリア代表DFアンドレア・カンビアーゾ(24)との契約延長を発表した。新契約は2029年6月30日までとなる。 2022年夏にユベントス加入。初年度はボローニャへレンタル移籍で出されるも、今シーズンからチームに復帰すると完全に主力へと定着して、ここまでセリエAで34試合2ゴール3アシスト、コッパ・イタリアで5試合1ゴール3アシストの成績を残している。 また、今年3月にイタリア代表へ初選出されると、同月21日のベネズエラ代表との国際親善試合で代表デビュー。ここまで2試合に出場しており、先日発表されたユーロ2024に向けたイタリア代表候補メンバーにも選出されていた。 なお、カンビアーゾには戦力増強を目指すアストン・ビラが、今夏の獲得に向けて4000万ユーロ(約67億8000万円)のオファーを提示していたが、ユベントスはこれを拒否。選手本人もユベントスでのキャリア継続を希望しており、今回の契約延長によって来季以降も残留することが濃厚となった。 2024.05.25 06:30 Sat

ユーロ欠場のザニオーロ、中足骨骨折の手術敢行で全治6~8週間

アストン・ビラのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロがミラノで手術し、全治には6~8週間を要するとのことだ。イタリア『スカイ』が報じている。 ザニオーロは14日に行われたプレミアリーグ第37節のリバプール戦で65分から途中出場するも、接触プレーで足を痛め79分にピッチを退いていた。診断の結果は左足第5中足骨の骨折で、既に自身のインスタグラムでユーロ欠場を明言していた。 レンタル先のアストン・ビラでは思うような活躍ができなかったザニオーロ。最後には負傷にも泣かされ、ユーロ欠場と失意のシーズンとなってしまった。 なお、新シーズンは所属元のガラタサライに復帰する形となるが、ユース時代を過ごしたフィオレンティーナが獲得に乗り出すとの報道が出ている。 2024.05.23 07:00 Thu

6月中に主力売却が必要も…アストン・ビラはJ・ラムジー売却に消極的

アストン・ビラはビッグクラブからの関心受けるU-21イングランド代表MFジェイコブ・ラムジー(22)について、売却を拒否する方針のようだ。 今シーズン、ウナイ・エメリ監督の下で快進撃を見せ、プレミアリーグ4位フィニッシュを飾ったビラ。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を手にし、クラブやファンは歓喜に包まれた。 一方、ピッチ外では巨額の損失を抱えていることもあり、このままだとプレミアリーグの利益と持続可能性に関する規則(PSR)に抵触する可能性も。勝ち点はく奪など最悪なケースを回避するためにも、今年6月までに主力売却で資金を作る必要性が報じられている。 こうした中で、他クラブから高い人気を誇っているのがJ・ラムジーだ。今シーズンは度重なる負傷に苦しめられプレミアリーグ16試合1ゴール1アシストの成績にとどまっているが、巨大なポテンシャルへの評価は変わらず。トッテナム、ニューカッスル、リバプールなどのクラブが関心を示している。 しかし、イギリス『テレグラフ』によると、ビラはJ・ラムジーの売却を検討していない模様。クラブはまずDFジエゴ・カルロス(31)らの売却を進める方針であり、J・ラムジーへのオファーに耳を傾けるとすれば、他選手の売却がうまくいかなかった場合に限るようだ。 J・ラムジー自身は、下部組織時代から所属したビラに留まり、来シーズンCLの舞台に立つことを熱望。そのため、現時点では来シーズンもビラでプレーする可能性が高いと考えられる。 2024.05.22 12:50 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly