【ブンデスリーガ日本人選手】浅野が王者相手にゴールを挙げ大金星に貢献!今季リーグ初先発の長谷部vs堂安はドロー決着…

2024.02.19 07:30 Mon
Getty Images
ブンデスリーガ第22節が週末にドイツ各所で行われた。
PR
今シーズンのブンデスリーガには、日本代表で活躍するボルシアMGのDF板倉滉、シュツットガルトのDF伊藤洋輝、フライブルクのMF堂安律、ボーフムFW浅野拓磨に加え、フランクフルトでクラブ史上最年長出場記録を保持するDF長谷部誠が在籍している。
今シーズンも多くの選手が活躍する中、第22節では浅野、板倉、堂安、長谷部、伊藤が先発出場した。


浅野が先発したボーフムはホームでバイエルンと対戦。ボーフムは14分にムジアラのゴールでバイエルンに先制を許したが、38分に

浅野の今季6ゴール目で追いついたボーフムは、44分にもシュテーガーの右CKをシュロッターベックのヘディングで流し込み、逆転に成功した。
迎えた後半、開始直後に浅野がディフェンスライン裏を取って牽制したボーフムが前がかるバイエルンを受け止める展開で立ち上がる。すると78分、CKの際にボックス内でシュロッターベックがウパメカノのヒジ打ちを受けると、ウパメカノは2枚目のイエローカードで退場。このPKをシュテーガーがPKを決めてボーフムが3点目を奪った。

その後、ケインのゴールで1点を返されたボーフムだったが、そのまま3-2で逃げ切り、王者から大金星を挙げた。

また、堂安の先発したフライブルクは、長谷部が今季リーグ初先発したフランクフルトと対戦。

日本人対決となった一戦は、互角の攻防で立ち上がりとなったが、27分にマーモウシュのゴールでフランクフルトが先制。しかし、フライブルクはその3分後にサライのミドルシュートをGKトラップが弾いたルーズボールを堂安が押し込み、追いつく。

堂安の今季リーグ2点目で試合を振り出しに戻したフライブルクだったが、35分にクナウフのゴールで勝ち越しを許す。それでも前半終了間際にボックス内でホーラーが長谷部に足を踏まれてPKを獲得。これをグリフォが決め、2-2で前半を終えた。

迎えた後半、フランクフルトは72分にクナウフのゴールで三度リードを奪う。それでも、フライブルクは試合終了間際の90分にCKの流れからグレゴリッチュがヘディングシュートを流し込み、試合はそのまま3-3で終了した。

その他、伊藤がフル出場したシュツットガルトはアウェイでダルムシュタットに2-1で勝利。板倉が先発したボルシアMGはRBライプツィヒとと対戦し0-2で敗戦した。

★板倉滉[ボルシアMG]
▽2/17
ライプツィヒ 2-0 ボルシアMG
◆69分までプレー

★長谷部誠[フランクフルト]
▽2/18
フライブルク 2-3 フランクフルト
◆フル出場

★堂安律[フライブルク]
▽2/18
フライブルク 2-3 フランクフルト
◆フル出場、今季2点目を記録

★伊藤洋輝[シュツットガルト]
▽2/17
ダルムシュタット 1-2 シュツットガルト
◆フル出場

原口元気[シュツットガルト]
▽2/17
ダルムシュタット 1-2 シュツットガルト
◆ベンチ入りせず

★浅野拓磨[ボーフム]
▽2/18
ボーフム 3-2 バイエルン
◆89分までプレー、今季6点目を記録

PR
関連ニュース

シュツットガルト、バイエルン戦で移籍後初弾のDFステルギウの買取OP行使

シュツットガルトは15日、ザンクト・ガレンの元スイス代表DFレオニダス・ステルギウ(22)の買い取りオプションを行使し、2028年6月まで契約を結んだことを発表した。 スイス代表として1キャップを持つステルギウは昨夏、シュツットガルトに10万ユーロのレンタル料で加入した右サイドバック兼センターバック。ここまでブンデスリーガ15試合に出場し、4日のバイエルン戦では移籍後初ゴールをマークしていた。 不動の右サイドバックDFヨシュア・ヴァグノマンの負傷を受けて、ここ5試合連続でスタメンとシーズン最終盤に存在感を高めていたステルギウに対し、シュツットガルトは200万ユーロ(約3億4000万円)の買い取りオプションを行使。4年契約を結び、来季以降の更なる飛躍に期待していることを窺わせた。 2024.05.16 07:45 Thu

伊藤フル出場のシュツットガルト、ギラシー弾でアウグスブルクを退け暫定2位浮上【ブンデスリーガ】

シュツットガルトは10日、ブンデスリーガ第33節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。シュツットガルトのDF伊藤洋輝はフル出場、MF原口元気はベンチ入りも出場しなかった。 前節バイエルンに勝利した3位シュツットガルト(勝ち点67)は勝利すれば暫定でバイエルンをかわし2位浮上となる中、伊藤が[4-4-2]の左センターバックでスタメンとなった。 欧州カップ戦出場を目指す9位アウグスブルク(勝ち点39)に対し、立ち上がりから押し込んだシュツットガルトは12分、ウンダブのスルーパスに抜け出したヒューリッヒがボックス左から際どいシュートを浴びせる。 その後も攻勢のシュツットガルトは30分、ウンダブのミドルで牽制すると36分には決定機。ロングカウンターの流れからボックス左まで持ち上がったルウェリングのシュートがGKの手を弾いてボールがポストに直撃した。 そして迎えた後半開始3分、シュツットガルトが押し切る。ミロのロングフィードでディフェンスライン裏を取ったギラシーがGKとの一対一を制した。 ギラシーの今季26ゴール目で先制した後も押し込みつつ主導権を握るシュツットガルトが試合を掌握。 アウグスブルクに付け入る隙を見せずにリードを保つと、終盤の87分にはディフェンスライン裏を取ったサイラスがGK強襲のシュートで追加点に迫った。 結局、1-0でシャットアウト勝利としたシュツットガルトがバイエルンをかわして暫定2位に浮上している。 2024.05.11 05:25 Sat

日本代表DF伊藤洋輝ら所属のシュツットガルトの来日決定! 「Jリーグインターナショナルシリーズ」で7月28日に京都、8月1日に広島と対戦

Jリーグは9日、シュツットガルトが7月に来日することを発表した。 日本代表DF伊藤洋輝やMF原口元気、U-21チームにはU-23日本代表DFチェイス・アンリ、MF花城琳斗が所属するシュツットガルト。今シーズンはブンデスリーガで好調を維持し、現在3位。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)も決まっている。 そのシュツットガルトは、Jリーグが行う「Jリーグインターナショナルシリーズ2024 powered by docomo」の開催に合わせて来日。2試合を行い、7月28日(日)に京都サンガF.C.と、8月1日(木)にサンフレッチェ広島と対戦することが決定した。 なお、試合のキックオフ時間は未定。京都戦はサンガスタジアム by KYOCERAで、広島戦はエディオンピースウイング広島で開催される。 いずれもdポイントクラブ会員に対してチケットの第一次 先行抽選販売が行われ、どちらの試合も24日(金)の18時からスタートする。 その後、第二次先行抽選販売として、両クラブの会員を対象に先行販売。京都は6月4日(火)の18時から、広島はプレミアム会員が6月10日(月)の12時、その他有料会員は6月12日(水)の12時からスタートする。なお、一般販売はいずれの試合も6月14日(金)からとなる。 今夏は、すでにドルトムントとトッテナムの来日が決定。そのほかにも来日の予定が噂されている。 2024.05.09 12:15 Thu

多くのクラブが関心寄せるMF鈴木唯人、シュツットガルトも関心…ネックは33.3億円の移籍金か

ブレンビーに所属するU-23日本代表MF鈴木唯人(22)に対し、シュツットガルトが強い関心を寄せているという。ドイツ『キッカー』が伝えた。 シュツットガルトは近年ブンデスリーガで残留争いを繰り広げていた中、今シーズンはシーズン序盤から好調を維持。残り2節で3位につけており、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を確保した。 日本代表DF伊藤洋輝やMF原口元気、U-23日本代表DFチェイス・アンリと日本人も3人在籍。昨シーズンまでは日本代表MF遠藤航が所属し、キャプテンを務め、過去にもFW岡崎慎司(シント=トロイデン)やDF酒井高徳(ヴィッセル神戸)らが所属するなど、日本人との関わりも深い。 一方で、来シーズンに向けて選手層には不安を持っており、その中で関心を寄せているのが鈴木とのこと。昨シーズンは後半戦をストラスブールで過ごした中、清水エスパルスに復帰したものの、今シーズンからブレンビーへと完全移籍。スーペルリーガで16試合5ゴール2アシスト、チャンピオンシップ・ラウンドで6試合3ゴール5アシストを記録。チームの攻撃を牽引している。 鈴木にはリバプールなどヨーロッパの多くのクラブが関心を持っている状況。さらに、契約は2027年6月まで残っており、1500〜2000万ユーロ(約25億円〜33億3000万ユーロ)の移籍金が予想されている。 今夏はパリ・オリンピックの出場も期待される鈴木。引く手数多の状態となりそうだが、どのクラブが射止めるのか。注目が止まらない。 <span class="paragraph-title">【動画】鈴木唯人は優勝争うミッティラン戦で圧巻の2ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="i-N077BXeWo";var video_start = 7;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.08 13:05 Wed

ストライカー探すドルトムント、今季ブンデスリーガで大暴れのギニア代表FWに関心

ドルトムントは来シーズンに向け、ストライカーの補強に動き出しているようだ。 今シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)で準決勝進出を果たしており、1stレグではパリ・サンジェルマン(PSG)相手にホームで白星を挙げたドルトムント。一方で、ブンデスリーガでは首位レバークーゼンに24ポイント差をつけられての5位となっており、昨シーズンは獲得寸前にまで迫っていたマイスターシャーレが遠のく結果となっている。 ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、クラブは新シーズンに向けたスカッド強化を計画しており、特にストライカー獲得を優先したい模様。今シーズンいまだブンデスリーガで得点のないセバスティアン・アラーやベンチスタートの多いユスファ・ムココの去就は不透明となっており、即戦力の確保を望んでいるようだ。 そんなドルトムントが作成したリストの中でも、上位に位置しているのがシュツットガルトのギニア代表FWセール・ギラシー(28)。今シーズンは開幕5試合で10ゴールと大暴れの活躍を見せてその名を轟かせると、その後もコンスタントに得点を重ねブンデスリーガ26試合25ゴール2アシストと並外れた成績を残している。 現在3位につけるチームの得点源であるギラシーとシュツットガルトの契約は2026年夏まで残るが、今夏に移籍する可能性は否定できず。ギラシー自身もステップアップを希望とも報じられており、ドルトムントのほかアトレティコ・マドリーやプレミアリーグのクラブが獲得に動くと見られている。 2024.05.07 11:50 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly