【欧州4大リーグ日本人選手総括&評価】乾、長谷部、伊藤が奮闘も軒並み厳しいシーズンに

2018.05.24 19:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州4大リーグの2017-18シーズンが終了しました。そこで本稿では4大リーグに所属する日本人12選手のパフォーマンスを5段階で独自に評価してみました。総括とともにご覧ください。
★★★★★が最高、☆が最低

岡崎慎司[レスター・シティ]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180523_50_tw.jpg" style="max-width: 100%;">
Getty Images
プレミアリーグ出場試合数:27(先発:17)ゴール数:6
FAカップ出場試合数:3(先発:0)ゴール数:0
EFLカップ出場試合数:2(先発:1)ゴール数:1
評価: ★★☆☆☆

◆前半戦でキャリアハイも後半戦ノーゴール
▽レスターでの3シーズン目を終えた岡崎。前半戦では監督交代があった中、キャリアハイとなる6ゴールをマークした。2桁ゴールを目指せるペースだったが、後半戦はピュエル監督の信頼を掴めず徐々に出場機会を減らし、まさかのノーゴールに終わってしまった。4月には足首を負傷し、そのまま復帰できずにシーズンが終了。チームは残留争いに巻き込まれることはなかったが、岡崎にとっては尻すぼみの消化不良なシーズンとなってしまった。なお、今季限りでのレスター退団が濃厚との報道で活躍の場をスペインに移す模様だ。

吉田麻也[サウサンプトン]
Getty Images
プレミアリーグ出場試合数:24(先発:23)ゴール数:2
FAカップ出場試合数:3(先発:2)ゴール数:0
EFLカップ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ★★☆☆☆
◆ディフェンスリーダー移籍で初の残留争い
▽サウサンプトンでの6シーズン目はチーム共々苦しいシーズンとなった。ディフェンスリーダーのファン・ダイクを欠いたチームは低空飛行を続け、吉田加入後では初となる残留争いに巻き込まれた。3月には監督交代もあった中、シーズン終盤にレギュラーの座を取り戻した吉田だが、残り3試合となったエバートン戦で退場するなどチームの力になりきることはできなかった。

乾貴士[エイバル]
Getty Images
リーガエスパニョーラ出場試合数:34(先発:31)ゴール数:5
コパ・デル・レイ出場試合数:1(先発:0)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆
◆絶対的レギュラーの座を確立
▽エイバルでの3シーズン目を迎えた乾は、絶対的レギュラーの座を確立した。不動の左サイドとして君臨した乾は、守備のタスクをこなしつつ、ゴールに絡むプレーを続けた。乾の活躍もあってエイバルはシーズン序盤の躓きをものともせず、楽々と残留。目標を果たした乾は来季、ヨーロッパリーグに出場するベティスへの移籍が濃厚となっている。

柴崎岳[ヘタフェ]
Getty Images
リーガエスパニョーラ出場試合数:22(先発:12)ゴール数:1
コパ・デル・レイ出場試合数:0
評価: ☆☆☆☆

◆バルサ戦でゴラッソも悔しい長期離脱
▽昇格プレーオフを戦った相手のヘタフェに加入してプリメーラ初挑戦となった柴崎は、トップ下の位置で開幕スタメンの座をつかむと、第4節バルセロナ戦で強烈な左足ボレーによるゴラッソを叩き込んだ。華々しいスタートを切った柴崎だったが、そのバルセロナ戦で左足中足骨を骨折し、約2カ月半戦列を離れることになってしまった。この負傷が響き、シーズンを通してコンスタントに出場機会を得ることができなかった。チームはヨーロッパリーグ出場権争いに絡む良いシーズンを過ごしたが、柴崎にとっては悔しいシーズンとなった。

香川真司[ドルトムント]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:19(先発:12)ゴール数:5
チャンピオンズリーグ出場試合数:5(先発:5)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:3(先発:2)ゴール数:1
評価: ★★☆☆☆
◆負傷でシーズン終盤を棒に
▽12月に就任したシュティーガー監督によってゴールにつながるプレーが増え、復調した感のあった香川。だが、2月に左足首を負傷すると、そこから復帰までにかなりの時間を要してしまった。結局、復帰できたのが最終節と、チャンピオンズリーグ出場権争いをしていたチームを助ける働きはできなかった。ワールドカップに向けて大きな不安の残るシーズンとなっている。

大迫勇也[ケルン]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:25(先発:23)ゴール数:4
ヨーロッパリーグ出場試合数:6(先発:3)ゴール数:2
DFBポカール出場試合数:1(先発:0)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆
◆ストライカーの役割果たせず
▽ケルンでの4シーズン目を終えた大迫は、チームを降格の危機から救うことができなかった。昨季までの点取り屋であったモデストを失ったチームの中で大迫がエースストライカーとしての役割を果たして欲しかったところだが、わずか4ゴールと失望の結果に終わってしまった。シーズン終了後、ブレーメンへの移籍が発表された。

長谷部誠[フランクフルト]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:24(先発:23)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:5(先発:5)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆
◆DFBポカール優勝
▽フランクフルトでの4シーズン目となった今季も、昨季同様にリベロでハイレベルなプレーを見せた。長谷部の安定感あるプレーによって押し上げられたチームはシーズン終盤までCL出場権争いを繰り広げ、DFBポカールでは30年ぶりの優勝を果たした。34歳と円熟味を増した長谷部に対して、クラブが1年の契約延長オファーを打診したことが、長谷部の価値を物語っている。

鎌田大地[フランクフルト]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:3(先発:2)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価:☆☆☆☆☆
◆何もできず
▽ここまで出場機会を得られないとは予想していなかった。鎌田の攻撃センスを持ってすればブンデスで十分に通用するかと思われたが、壁は高かったようだ。シーズン序盤にチャンスをもらったのみで、その後は見切られてしまった。来季、新監督のもとで挽回のチャンスを得られるか。

武藤嘉紀[マインツ]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:27(先発:20)ゴール数:8
DFBポカール出場試合数:3(先発:1)ゴール数:2
評価: ★★★☆☆
◆キャリアハイの8ゴールで残留に導く
▽マインツでの3シーズン目を迎えた今季、武藤はエースストライカーの役割を果たしたと言えるだろう。ブンデス初挑戦のシーズンに記録した7ゴールを越える8ゴールを記録した武藤は、シーズン終盤の痺れる残留争いの試合でゴールに直結するプレーを連発し、チームを残留に導いた。この活躍が認められ、ワールドカップの候補メンバーにも滑り込んでいる。

酒井高徳[ハンブルガーSV]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:28(先発:26)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ★★☆☆☆
◆2年連続キャプテンもチームは史上初の降格
▽ハンブルガーSVでの3シーズン目を迎えた酒井高は、今季もキャプテンの重責を任された。しかし、チームは低空飛行を続け、泥沼の状態が続いた。今季3人目の指揮官となったティッツ監督によって最終節まで残留の可能性を残したが、55年守った1部の舞台からついに姿を消した。そのチームのキャプテンという不名誉な称号を負った酒井高だが、降格直後に残留宣言をし、クラブへの忠誠を誓っている。

伊藤達哉[ハンブルガーSV]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:20(先発:12)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆
◆降格チームの希望に
▽2015年夏に柏レイソルのユースからハンブルガーSVのユースに加入した伊藤は、ギズドル監督の下、第6節レバークーゼン戦でトップチームデビュー。2人目のホラーバッハ監督には評価されなかった伊藤だが、U-21チームで指導を受けていたティッツ監督の就任によって風向きが変わる。シーズン終盤、ティッツ監督の存在によってスタメンのチャンスを得た伊藤はゴールに直結するアシストを記録し、期待に応えていった。伊藤の活躍がなければもっと早く降格が決まっていたことだろう。

浅野拓磨[シュツットガルト]
Getty Images
ブンデスリーガ出場試合数:15(先発:7)ゴール数:1
DFBポカール出場試合数:3(先発:2)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆
◆シーズン後半は戦力外に
▽アーセナルからのレンタル期間が延長となって1部に復帰したシュツットガルトに残留した浅野。シーズン前半戦は出場機会をコンスタントにもらい、ブンデス1部初ゴールも記録したが、FWゴメスが加わった後半戦は全く出場機会を得られなかった。実質戦力外の扱いを受けた浅野はハノーファーへの加入を決断した。

関連ニュース
thumb

モチーフは“キュウリ”、柴崎岳が所属するレガネスのアウェイキット発表動画で熱演

日本代表MF柴崎岳が所属するレガネスが、2021-22シーズンのアウェイキットを発表した。 レガネスのアウェイキットは特徴的な緑色。クラブのニックネームでもある“キュウリ”の皮の雰囲気をデザインに取り込んだとのことだ。 レガネスは、かつては首都のマドリッドに届けるための野菜や果物を栽培する農業の街として栄えたとのこと。クラブのニックネームも「Los Pepineros(キュウリ栽培者)」というから、キュウリとは切っても切れない縁がある。 また、クラブマスコットも「SUPER PEPINO(スーパー・キュウリ)」というキュウリをモチーフとしたものだ。 今回のアウェイキット発表に関しては、レガネスの選手たちがキュウリを使ってのものとなっており、柴崎も熱演。その姿にも注目してもらいたい。 柴崎はクラブの顔としてラ・リーガ昇格を目指すチームを牽引してもらいたいものだ。 <span class="paragraph-title">【動画】柴崎岳も熱演!? “キュウリ”をモチーフとしたアウェイキット発表ムービー</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJDN2ZGYkdMMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.27 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

「能力に疑いの余地はない」セルティックOBが古橋亨梧を絶賛「我々は今彼を必要としている」

かつてセルティックで活躍した元スコットランド代表FWフランク・マカヴェニー氏が、日本代表FW古橋亨梧を絶賛した。 マカヴェニー氏は、セルティックの他、セント・ミレンやウェストハムで活躍したストライカー。新たにチームに加わった日本人ストライカーを絶賛している。 古橋は16日にセルティック加入が発表。4年契約を結んだが、現在はチームに合流する前の隔離措置を取っている。 FC岐阜でプロキャリアをスタートさせた古橋はヴィッセル神戸へと完全移籍。今シーズンは明治安田J1で21試合に出場し15ゴールを記録し、得点ランキングで1位に位置している。 マカヴェニー氏は、イギリス『フットボール・インサイダー』でチームに加わる古橋について言及。チームに合流すれば、しっかりと力になってくれるだろうと太鼓判を押し、能力に疑いがないと主張した。 「我々が早く彼を手にできれば、それだけ良くなる」 「彼が世間で言われている半分の出来であれば、私は喜ぶ。神戸のファンは彼を愛していたようだ」 「セルティックにとっては、また1つユニフォームが売れることになる。彼は日本でとても人気がある」 「前回は中村だったが、それは最も重要なことではない」 「それもチームの助けになるが、何よりもパフォーマンスが必要だ。彼は自信に満ちた若者であり、新しい風を吹き込んでくれる可能性がある」 「我々はそれが必要であり、彼は一流のサッカー選手に見える。能力に疑いの余地はない」 「彼に会うのが待ちきれない。特に最近の結果を見ると、我々は今彼を必要としている」 セルティックはチャンピオンズリーグ(CL)の予選2回戦でデンマークのミッティランと対戦。1stレグは1-1のドローとなり、2ndレグは28日に行われる。 2021.07.27 14:40 Tue
twitterfacebook
thumb

シティ所属のFW食野亮太郎、新シーズンもポルトガル1部でプレーへ

マンチェスター・シティに所属するFW食野亮太郎(23)だが、新シーズンもポルトガルでプレーを続けるようだ。ポルトガル『O Jogo』が報じた。 ガンバ大阪の下部組織出身の食野は、2017年2月にトップチーム昇格。2019年8月にその才能が認められ、マンチェスター・シティへと移籍した。 移籍加入と同時にスコットランドのハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)へとレンタル移籍。公式戦21試合に出場し3ゴール1アシストを記録すると、2020-21シーズンはプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)のリオ・アヴェへとレンタル移籍する。 リオ・アヴェでは公式戦24試合で4ゴールを記録。チームは残留争いをする中、プレーオフで敗れて降格が決定。食野はハーツに続き2年連続で降格を味わった。 東京オリンピック世代の食野は最終選考となった6月のU-24日本代表の活動に招集されるも、五輪メンバーからは落選。新シーズンの去就が注目されていた。 『O Jogo』によると、食野の獲得に動いているのは新シーズンから昇格するエストリルとのこと。すでにシティとエストリルは食野のレンタル移籍で合意しているとのこと。近日中に正式発表されるとのことだ。 2021.07.27 11:37 Tue
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀はギリシャに? 香川真司所属のPAOKのライバルクラブが狙う

ニューカッスルの元日本代表FW武藤嘉紀(29)に対して、ギリシャクラブが興味を示しているようだ。ギリシャ『Sportime』が報じた。 武藤の獲得を目指しているのは、アリス・テッサロニキとのこと。ギリシャ・スーパーリーグも3度優勝経験があるクラブ。過去には横浜F・マリノス、FC東京、アビスパ福岡で活躍したFW坂田大輔も所属していた。 また、元日本代表FW香川真司が所属するPAOKと同じテッサロニキを本拠地とするクラブでもある。 報道によると、すでにアリスは武藤と交渉を進めているとのことだ。 武藤はFC東京でキャリアをスタート。2015年7月にマインツへと移籍すると、そこでの活躍が認められ2018年8月にニューカッスルへと移籍。しかし、プレミアリーグでは結果を残せず、2020-21シーズンはエイバルへとレンタル移籍した。 スペインでのプレーとなったが、ラ・リーガでは26試合で1ゴール2アシストとここでも結果を残せず、チームもセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)に降格。武藤はニューカッスルへと戻り、プレシーズンを過ごしている。 ニューカッスルでは元イングランド代表FWアンディ・キャロルが退団。そのため、武藤がポジションを奪う可能性も少なくなく、18日に行われたヨーク・シティとのプレシーズンマッチでも後半起用されていた。 それでもニューカッスルでは評価は高くないため、退団する可能性もあるが、果たしてどこでプレーするのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】武藤嘉紀がコパ・デル・レイで決めたゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJVaHVZdlhzVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.26 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデンが2021-22シーズン初戦を逆転勝利で飾る!《ジュピラー・プロリーグ》

シント=トロイデンは25日、ジュピラー・プロリーグ開幕節でヘントとホームで対戦し2-1で勝利した。 シント=トロイデンのDF松原后とGKシュミット・ダニエルがフル出場。FW鈴木優磨、MF伊藤達哉、DF橋岡大樹はベンチ外となった。 試合は開始早々の2分に動く。左CKをファーサイドに走り込んだヌガドゥ=ヌガジュイが体に当て折り返すと、最後はハンチェ=オルセンが胸トラップからボレーシュートをゴールに突き刺した。 先制を許したシント=トロイデンは12分に反撃。左サイドから仕掛けた松原がDFとGKの間へ高速クロスを供給すると、ゴール前に抜け出したムボヨがこれを押し込んだ。 同点で迎えた後半、シント=トロイデンは57分に左CKからチャンス。デッセルがグラウンダーをボールを入れると走り込んだラヴァレーがダイレクトで合わせたが、このシュートは相手DFのブロックに阻まれた。 するとシント=トロイデンは、67分にヤンセンスの落としをバイタルエリア手前で受けたブルースが左足一閃。強烈なミドルシュートをゴール左に突き刺した。 結局、このゴールが決勝点となりシント=トロイデンが開幕戦を逆転勝利で飾った。 シント=トロイデン 2-1 ヘント 【シント=トロイデン】 ムボヨ(前12) ブルース(後22) 【ヘント】 ハンチェ=オルセン(前2) 2021.07.26 05:59 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly