ミラクル・ジローナで躍動する生え抜きDFがデイビスの対抗馬に レアルは今夏約13億円で買い戻し可能

2024.02.09 18:12 Fri
マドリー復帰の可能性があるグティエレス
Getty Images
マドリー復帰の可能性があるグティエレス
レアル・マドリーにはジローナのU-21スペイン代表DFミゲル・グティエレス(22)を買い戻すという選択肢も存在するようだ。イギリス『The Athletic』が報じた。
PR
今夏の左サイドバック補強に向け、バイエルンのカナダ代表DFアルフォンソ・デイビスへの関心が取り沙汰されているマドリー。バイエルンとデイビスの契約は2025年6月までとなっているが、両者の契約延長交渉は滞っている。
デイビスを気に入っているというマドリーは代理人と話し合いを重ね、契約を更新しないよう要請しているとのこと。契約期間が残り1年という状況で夏を迎え、バイエルンに安値での売却を強いる算段のようだ。

さらに、ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールはデイビスと非常に良好な関係にあり、クラブと街の良さを本人に伝えているという。

一方、デイビス以外で新戦力候補して挙がっているのが、2022年夏にジローナへ売却した下部組織出身のグティエレス。今シーズン、マドリーと首位争いを繰り広げるチームでインパクトを残しているこの22歳は、左サイドバックや左ウイングバックとしてフル稼働を続けている。
他クラブがグティエレスの獲得に動く場合、契約解除金は3500万ユーロ(約56億4000万円)に設定されているものの、マドリーは今夏800万ユーロ(約12億9000万円)での買い戻しが可能とのこと。2025年夏には900万ユーロ(約14億5000万円)、2026年夏には1000万ユーロ(約16億1000万円)での買い戻しが可能な条項を取り付けていたようだ。

カルロ・アンチェロッティ監督も移籍先で成長を遂げたグティエレスを高評価。10日のラ・リーガ第24節ではマドリーvsジローナの首位決戦が控えており、ここでのグティエレスのパフォーマンスはマドリーの補強方針も左右するかもしれない。

PR
関連ニュース

疲労骨折のチュアメニはCL決勝間に合わずか…ユーロに臨むデシャン監督はブランBも準備

レアル・マドリーのフランス代表MFオーレリアン・チュアメニの状態が懸念されている。 マドリーは9日、チュアメニの左足の負傷を報告。検査の結果、中足骨の疲労骨折があることが確認されたと発表している。 マドリーではラ・リーガのラスト2試合と6月1日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝のドルトムント戦を残しており、フランス代表の一員として戦うユーロ2024も間近。代表指揮官のディディエ・デシャン監督はユーロに間に合うと判断し、16日に発表した25名のメンバーの中にチュアメニを加えている。 しかし、フランス『レキップ』によると、チュアメニはアメリカの専門医の診察を受けるため大西洋を横断。CL決勝のドルトムント戦には間に合わない見込みで、6月17日に行われるユーロ開幕節のオーストリア代表戦も欠場する可能性があるという。 現状ではフランス代表メンバーにとどまる予定のようだが、デシャン監督は大会でのフル稼働が叶わない場合に備えてプランBも準備。マルセイユのMFジョルダン・ヴェレトゥの招集を検討しているようだ。 2024.05.18 13:34 Sat

モドリッチは来季もレアル残留に傾く? クラブ幹部との会話で役割を再認識…去就はクラブ次第に

レアル・マドリーの中心選手としてプレーを続けてきたクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(38)だが、自身はクラブに残るつもりのようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ディナモ・ザグレブ、トッテナムとプレーし、2012年8月にマドリーへと完全移籍で加入したモドリッチ。加入当初はそこまで大きな期待はなく、懐疑的な目を向けられた時期もあった。 しかし、類稀なる戦術眼、サッカーセンス、豊富な運動量と中盤を支える存在となると、これまでマドリーで公式戦531試合に出場し39ゴール86アシストを記録した。 今年9月には39歳になるモドリッチだが、以前ほどのフル稼働はできていない近年の状況があり、去就が常に騒がしい。今シーズン限りで契約が満了する中、残留なのか、移籍なのかが騒がれているが、マドリーのファンの多くは残留を望んでいる。 そんな中、モドリッチはクラブの幹部らと会談を行ったとされており、本人はもう1年マドリーでプレーすることに意欲があるとされ、マドリーで現役を引退する意向もあるという。 出番が限られ、チームに必要とされていないと感じる時期もあったが、ベテランにしかできない新たな役割も再確認。自分がまだチームに貢献できることも、分析の結果理解しているという。 今シーズンも半分以上の試合では先発しており、抜群の安定感を見せている。また、サウジアラビアなどからのオファーもあるが、全く興味をそそれられてないようで、マドリーに忠誠を尽くすつもり。あとはクラブがどういう決断をクダスカに委ねられたようだ。 2024.05.17 23:42 Fri

ドルトムントvsレアル・マドリーのCL決勝をイオンシネマでライブビューイング! 板橋会場では林陵平氏、坪井慶介氏が生解説のイベントも

2023-24シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)決勝のドルトムントvsレアル・マドリーを映画館で全国ライブビューイングするWOWOW。17日、イオンシネマ板橋での解説者が発表された。 WOWOWは全国に「イオンシネマ」96劇場を運営するイオンエンターテイメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 藤原信幸)とタッグ。全国の「イオンシネマ」32劇場で6月2日(日)の3時30分に開催されるUCL決勝をライブビューイングすることを発表していた。 17日、10会場では追加スクリーンが決定したことを発表。チケットの完売が相次いでいるという。 また、 イオンシネマ板橋ではドルトムント応援スクリーンに林陵平氏、レアル・マドリー応援スクリーンに坪井慶介氏を迎えて開設が行われる。 両解説者は今回の決勝に際してコメントしている。 ◆林陵平/ボルシア・ドルトムント応援スクリーン 「決勝の見どころは、”魂のぶつかり合い”です!ドルトムントは、クラブのレジェンド・ロイスがドルトムントでの集大成をどう飾るのか、R・マドリードは、クロースがどのようにゲームメイクをするのかを楽しみにしています。素晴らしい決勝になることを心から願っています」 ◆坪井慶介/レアル・マドリード応援スクリーン 「決勝の見どころは、フンメルス&シュロッターベックを中心にしたドルトムントの堅守をレアル・マドリードが誇る攻撃陣がどのようにして破るのか、です。特に、神出鬼没な前線3人!ベリンガム&ヴィニシウス&ロドリゴには期待しています。”魂のぶつかり合い”をぜひ、会場で!!!」 ロンドンのウェンブリー・スタジアムで行われる決勝。映画館の大スクリーンと迫力のサウンドで、スタジアムの熱狂をライブで体感できる珠玉の空間が実現する。 また全てのライブビューイング開催劇場で、来場者限定特典として、オリジナルのデジタルチケットを配布することも決まった。 チケット料金は、イオンシネマ板橋は5000円、その他のイオンシネマは4000円となる。なお、イオンシネマ板橋での実況、解説者は決定次第発表される。 当日は、1日(土)の23時半以降に入場が開始。24時半からは2022-23シーズンのCL決勝のマンチェスター・シティvsインテルを上映。その後決勝が28時から上映されることとなる。 ★「 UEFAチャンピオンズリーグ 2023-24 FINAL ライブビューイング」実施劇場一覧 ※は追加スクリーンの対象会場 【青森】 イオンシネマ弘前 【秋田】 イオンシネマ大曲 【岩手】 イオンシネマ北上 【宮城】 イオンシネマ名取 イオンシネマ新利府 【山形】 イオンシネマ米沢 【福島】 イオンシネマ福島 【群馬】 イオンシネマ高崎※ 【埼玉】 イオンシネマ春日部※ 【東京】 イオンシネマ シアタス調布※ イオンシネマ多摩センター イオンシネマ板橋※ 【千葉】 イオンシネマ市川妙典※ イオンシネマ幕張新都心※ 【神奈川】 イオンシネマ新百合ヶ丘 イオンシネマ港北ニュータウン イオンシネマみなとみらい イオンシネマ座間 【新潟】 イオンシネマ新潟西 イオンシネマ新潟南 【石川】 イオンシネマ金沢フォーラス イオンシネマ白山 【愛知】 イオンシネマ豊田KiTARA※ 【岐阜】 イオンシネマ各務原※ 【大阪】 イオンシネマ シアタス心斎橋※ 【和歌山】 イオンシネマ和歌山 【兵庫】 イオンシネマ加古川 【広島】 イオンシネマ広島 【山口】 イオンシネマ防府 【香川】 イオンシネマ宇多津 【福岡】 イオンシネマ福岡※ 【熊本】 イオンシネマ熊本 2024.05.17 20:00 Fri

レアルはDFデイビスへの興味薄れる…狙いはジローナDFミゲル・グティエレスの買い戻しか

今シーズンはラ・リーガを制し、チャンピオンズリーグ(CL)も決勝まで駒を進めているレアル・マドリー。今夏の移籍市場でも多くの選手の去就が注目されている。 カルロ・アンチェロッティ監督の下、36度目のリーグ制覇したチームだが、すでに夏にはパウメイラスのブラジル代表FWエンドリッキの加入が決定。また、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペの加入も濃厚と見られている。 一方で、ベテランのドイツ代表MFトニ・クロース、クロアチア代表のMFルカ・モドリッチの去就が注目されることに。両者とも契約満了となるが、再び延長するのかどうかを検討しているとされている。 そんな中で注目を集めるのがサイドバックの補強だ。 スペイン『COPE』によると、左サイドバックの補強として筆頭と見られていたバイエルンのカナダ代表DFアルフォンソ・デイビス(23)だが、現在は興味を持っていないという。 デイビスは2025年夏にバイエルンとの契約が満了を迎え、フリーで獲得が可能に。本人もバイエルンとの契約を更新する気がないことから、本人との間には障壁はない状況。1年待つ形になるという。 一方で、左サイドバックにはジローナのDFミゲル・グティエレス(22)を連れ戻したい意向があるとのこと。マドリーのアカデミーで育ち、2022年7月にファーストチーム昇格。その後すぐにジローナに完全移籍していた。 今シーズンはラ・リーガで34試合に出場し2ゴール6アシストを記録。ラ・リーガで最も傑出したSBの1人として名を馳せているが、マドリーは買い戻しのオプションをプレシーズンに行使する可能性があるという。 今の左サイドバックにはフランス代表DFフェルラン・メンディ(28)がおり、DFフラン・ガルシア(24)とのポジションを争わせる可能性もあるようだ。 いずれにしても、夏は忙しくなりそうなマドリー。どういった動きそ見せるのか注目だ。 2024.05.17 18:05 Fri

CL決勝進出のレアルがチェルシーに約10億円支払い… 昨年引退のアザールの影響

今シーズンのラ・リーガを制し、36度目の優勝を果たしたレアル・マドリー。チャンピオンズリーグ(CL)でもバイエルンを下して決勝に進出し、ドルトムントと対戦する。 今シーズン2冠目を目指すマドリーだが、CL決勝に進出したことにより、チェルシーに500万ポンド(約9億9000万円)を支払わなければいけなくなるという。イギリス『テレグラフ』が伝えた。 一見すると意味不明な構図だが、これに関わるのが元ベルギー代表MFエデン・アザール。2023年10月に現役引退を発表したが、アザールの契約が関係しているという。 ベルギー代表の黄金世代を支えた1人で、チェルシーでも多くのタイトルを獲得。2019年7月に大きな期待を寄せられてマドリーに完全移籍した。 最大1億3000万ポンド(約256億4000万円)の移籍金で加入したアザール。チームの中心としての活躍が期待されたが、マドリー移籍後はケガばかりの日々が続き、4シーズンで6ゴール9アシストと悲惨な結果に。補強の失敗例として常に話題に上がる。 その失敗ぶりは、引退した後にも影響が。昨シーズン限りで契約解除となりマドリーを退団したアザールだったが、契約は今シーズン終了まであり、チェルシーから移籍した際の契約は有効だという。 その条件の1つが、マドリーがCL決勝に進出した場合のボーナスの支払い。チェルシーに対して上記の500万ポンドを支払うというものだった。 アザールは引退し、今シーズンのマドリーには一切関与していないものの、契約は有効とのこと。何もしていない元選手のために、無駄金を支払う結果となってしまったようだ。 2024.05.17 14:20 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly