シェフィールド・Uの190cmCBアフメドジッチにナポリ&アタランタが関心…約37億円提示なら今冬中に移籍成立へ

2024.01.21 19:15 Sun
セリエA行き浮上のアネル・アフメドジッチ(中央)
Getty Images
セリエA行き浮上のアネル・アフメドジッチ(中央)
シェフィールド・ユナイテッドのボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFアネル・アフメドジッチ(24)に、ナポリとアタランタが関心を寄せているようだ。

アフメドジッチは190cmの右利きセンターバック。生まれ故郷スウェーデンの名門マルメでプロデビュー後、2度にわたる武者修行の末に定位置を掴み、2022-23シーズンにシェフィールド・Uへと移籍する。
加入1年目は即座に定位置を安泰とし、チャンピオンシップ(イングランド2部)34試合に出場、セットプレーを中心に6得点をマーク。チームもプレミアリーグ復帰を果たし、迎えた今季もここまで14試合でプレーする一方。昨年12月以降はゲーム主将を担うことも珍しくない。

そんなアフメドジッチだが、イギリス『サン』などによると、以前からセリエAでのプレーを夢見てきたとされ、シェフィールド・Uも今冬中のイタリアへの売却を視野に。照会を依頼してきたナポリとアタランタに対し、移籍金2000万ポンド(約37億6000万円)を要求しているという。

どうやらプレミアリーグ残留に向けて即席補強に動く思惑のようで、アフメドジッチ売却なら、売却益を元手にGK1人、センターバック2人を獲得する方針。現段階でエバートン(※1)から元U-21イングランド代表DFメイソン・ホルゲート(27)、ボーンマスからウェールズ代表DFクリス・メファム(26)の獲得に動いていることが判明している。
(※1)ホルゲートは2部サウサンプトンにレンタル移籍中
関連ニュース

後半ATに勝ち星逃す…ポチェッティーノ監督「引き分けは両チームにとってフェア」

チェルシーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が振り返った。イギリス『BBC』が報じている。 プレミアリーグ10位のチェルシーは7日の第32節で最下位のシェフィールド・ユナイテッドとアウェイで対戦。先制、勝ち越しと2度のリードがあったが、後半アディショナルタイムに崩れ、2-2の引き分けに終わった。 マンチェスター・ユナイテッドとの前節を後半アディショナルタイムの2発で劇的に制した直後の一戦だったが、その勢い続かず。連勝ならずのポチェッティーノ監督はイギリス『スカイ・スポーツ』で課題を指摘した。 「試合後に振り返れば、この引き分けは両チームにとってフェアなもの。プレミアリーグでは良いプレーをするとともに、ゲームをコントロールするよう努める必要がある」 「プレミアリーグのチームはどこも良いチーム。今日は最後の数分で失点してしまった。失点の形が本当に悪かったが、動き続けないと。そして、より冷静であるべきだ」 「多くのゴールを決めている一方で、失点が多すぎる。バランスを見つけないといけない。ゴールを決める部分と失点を少なくする部分の正しいバランスが取れていない」 「そこでもがいているところで、順位表でまた違ったポジションにいたいのなら、改善していく必要がある」 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】シェフィールド・ユナイテッドvsチェルシー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="hQ9ymsCQvL0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.08 09:35 Mon

チェルシーが最下位ブレイズに土壇場被弾で痛恨ドロー…【プレミアリーグ】

チェルシーは7日、プレミアリーグ第32節でシェフィールド・ユナイテッドと対戦し2-2の引き分けに終わった。 3日前に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦を壮絶な打ち合いの末に勝利した9位チェルシー(勝ち点43)は、その試合からスタメンを3人変更。ムドリクやバディアシル、グストに代えてマドゥエケ、チアゴ・シウバ、チャロバーをスタメンで起用した。 6試合未勝利の最下位ブレイズ(勝ち点15)に対し、立ち上がりから圧力をかけたチェルシーは11分にセットプレーで先制する。ギャラガーの右CKをボックス中央に走り込んだチアゴ・シウバが右足でゴール左隅にシュートを流し込んだ。 幸先良く先制したチェルシーだったが、22分に不用意なミスパスからピンチを迎える。自陣右サイド深くでボールを回収したチアゴ・シウバがGKにバックパスを送るも、これをボックス左でマクバーニーがカット。マイナスに折り返したボールをブレレトン・ディアスが右足で合わせたが、シュートはカイセドに当たり、枠を外れた。 ややホームチームに押し込まれる時間の続いたチェルシーは、32分に失点を許す。ハメルのスルーパスからボックス右深くまで駆け上がったボーグルがクロスと見せかけてダイレクトシュート。GKペトロビッチは左足に当てるも弾ききれず、ボールはゴールに吸い込まれた。 1-1で迎えた後半、先にチャンスを作ったのは積極的な入りを見せたブレイズ。54分、ボックス左のアルブラスターがマイナスに落としたボールをボックス左手前のハメルがダイレクトシュート。右足アウトサイドで放たれたシュートは左サイドネットを叩いた。 後手に回ったチェルシーだったが、66分に勝ち越しゴールが生まれる。中盤でのボール奪取から素早くボールをつなぐと、パーマーのパスを右サイドで受けたマドゥエケがドリブルでボックス右から侵入。カットインから左足を振り抜くと、強烈なシュートがゴールに突き刺さった。 勝ち越したチェルシーは72分にも、ボックス左手前からパーマーがミドルシュートでゴールを脅かしたが、このシュートはGKグルビッチが右手で弾き出した。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。試合終盤に差し掛かり、チェルシーは93分にジャクソンとククレジャを下げてカサデイとバディアシルを投入しを投入し逃げ切りを図ったが、直後に失点する。 右クロスのこぼれ球をペナルティアーク手前のハメルが弾き返すと、ボックス内のアーチャーが頭で繋いだボールをゴール前の抜け出したマクバーニーが右足で流し込んだ。 結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。土壇場被弾で追いつかれたチェルシーは、最下位相手に痛恨のドローとなった。 2024.04.08 03:50 Mon

「今日のコントロールは適切ではなかった」苦戦したリバプール、クロップ監督は勝利に繋がる試合中の修正に言及「60分後に気がついた」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、シェフィールド・ユナイテッド戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 4日、プレミアリーグ第31節でリバプールはホームにシェフィールド・ユナイテッドを迎えた。 敗れれば首位陥落となってしまう一戦。試合は17分にダルウィン・ヌニェスのゴールで先制するも、後半にオウンゴールで失点。苦しい展開となって居た中、徐々に盛り返し始めると、76分にアレクシス・マク・アリスターが衝撃的なミドルシュートを叩き込み勝ち越しに成功。90分にはコーディ・ガクポもネットを揺らし、3-1で勝利を収め首位を守った。 なかなかペースが上がらなかった試合。立ち上がりにセットプレーから立て続けにピンチを迎えるなど苦戦した中で、クロップ監督はチームに求めたプレーでのヌニェスの先制ゴールを称えた。 「監督として、自分が理解したように勝ち方を受け止めなければならない。すでに5-0で勝っている状況なら良かったが、それは難しいこと。我々はこれまでで一番好きなゴールの1つで1-0とした」 「ストライカーとしてそういうことが必要な事もあると思う。私は彼に相手にプレスをかけることをよく求めているが、この種のゲームは難しい。低いブロック、明らかに彼らのセットプレーが難しいことを学んだのは、1-0でリードできたかもしれない20秒後だった」 「それはまた本当に興味深いことだった。そして次のCKで再びボールが通過し、誰もいない遠いポストを通過した。神に感謝する。そうでなければ、再び大きなチャンスがあったはずだ」 ピンチをなんとか凌いだ中でもチームは苦戦。必要な戦い方に気がついたのは60分過ぎだったという。 「そこからは明らかに我々が試合をコントロールできたが、フットボールの試合をコントロールするには様々な方法があり、今日の我々のコントロールの仕方は適切なものではなく、創造力が十分ではなかった」 「私が正しければ、カウンターアタックさえせず、今ではチャンスが次から次へと訪れることなど予想もして居なかった。選手たちにカウンタープレスを求めていれば、どうせボールを奪い返して居たのでその必要はなかったが、そういう瞬間すらなかった」 「何をしなければいけないか60分後にわかった。加速しなければならず、スピードを上げなければならず、オーバーラップしなければならず、アンダーラップしなければならなかった。それが我々が突然やったことだ」 「ロボ(アンドリュー・ロバートソン)が常にラインを下りていくという動きは本当に役に立った。そこが問題であり、リズムを掴むのが難しい試合だったが、良いリズムを掴むべきだった。それが60分以降に得られたものだった」 「明らかに勝ち越すには、マッカ(アレクシス・マク・アリスター)のゴールが必要だったが、3点目はまさにそうなるべき瞬間だった。ロボの全速力、素晴らしいクロス、センセーショナルなヘッド。そして我々は試合に勝利した」 後半途中からはペースを握れたリバプール。ただ、この先の優勝を懸けたシーズン終盤んお戦いの中では似たような状況も起こる可能性はある。ただ、チームは選手たちが戻って来ているため良い戦いがこの先はできるだろうと振り返った。 「結局のところ、全てが良かった。次、同じような課題にいつ直面するか分からない。おそらく他の全ての試合、特に次の試合は今とは異なるだろう」 「選手たちはとてもポジティブで、カーティス(・ジョーンズ)が戻り、ロボは3日ほど練習し、本当に助かった。ハーヴェイ(・エリオット)もだ。コーディ(・ガクポ)はアウトではなかったが、本当に良い試合をしたし、彼もそれを必要としていた」 「本当に満足しているし、明らかにチームに貢献した。今日私が知る限り、すでにケガをした人間はいない。回復が始まっており、再び出発する」 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】序盤はピンチの連続も衝撃のゴールでリバプールが勝利</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Mfh46oO_mUY";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.05 10:40 Fri

「どっちか分からない」初ゴールも圧巻ミドルだったマク・アリスターが比較、ラッキーと言われた中でのリベンジ「間違っていると証明しなければ」

リバプールのアルゼンチン代表MFアレクシス・マク・アリスターがシェフィールド・ユナイテッド戦のゴールを振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 4日、プレミアリーグ第31節でリバプールはホームにシェフィールド・ユナイテッドを迎えた。敗れれば首位陥落となってしまう一戦。試合は17分にダルウィン・ヌニェスのゴールで先制するも、後半にオウンゴールで失点する。 1-1のまま試合は推移した中、なかなかゴールを奪えず。それでも76分にマク・アリスターが衝撃的なミドルシュートを叩き込み勝ち越しに成功。90分にはコーディ・ガクポもゴールを決め、3-1で勝利を収めた。 衝撃的なミドルシュートでチームを救ったマク・アリスター。『TNT Sports』のインタビューでゴールを振り返り、初ゴールとなった第14節のフルアム戦のミドルシュートとの比較について「(どっちのゴールが良かったのか)分からないよ。僕たちはそのことについて話し合っていた。どちらもとても良かったと思う」とコメント。どちらも良いゴールだとし、勝利に貢献できたことを喜んだ。 「最も重要なことは、それが試合の勝利に貢献したということであり、それがとても重要だ。フルアム戦では、彼らは幸運だったと僕に言っていたので、僕は彼らが間違っていることを証明しなければならなかった」 フルアム戦のゴールは少し離れた位置から糸を引くような右隅に決まるミドルシュートだったが、いずれも素晴らしいゴール。そんな中、週末にはマンチェスター・ユナイテッドとのビッグマッチを控えている。 リーグ優勝を掴むには負けられない一戦。FAカップでは3月17日の準々決勝で4-3と敗れた相手。優勝のためにもしっかりと勝利したいとした。 「リベンジかどうかは分からないけど、僕たちにとって重要な試合になるのは確かだ。何かを勝ち得たいのなら、全ての試合に勝たなければいけないからね。それが目的だよ」 <span class="paragraph-title">【動画】目にも止まらぬ一撃! スタジアムが揺れたマク・アリスターの神ミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="5Oxk0DDYeGc";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】リバプール初ゴールも衝撃のミドルだったマク・アリスター</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="h8bprjzjuxg";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.05 09:50 Fri

「マンガみたい」「ジェラード降臨」リバプールを救う衝撃の1発! スタジアムが揺れたマク・アリスターのスーパーミドルが大騒ぎに「これは感動する」

リバプールのアルゼンチン代表MFアレクシス・マク・アリスターの衝撃ゴールが話題を呼んでいる。 4日、プレミアリーグ第31節でリバプールはホームにシェフィールド・ユナイテッドを迎えた。 敗れれば首位陥落となってしまう一戦。試合は17分にダルウィン・ヌニェスのゴールで先制するも、後半にオウンゴールで失点する。 1-1のまま試合は推移した中、なかなかゴールを奪えず。それでも76分にアレクシス・マク・アリスターが衝撃的なミドルシュートを叩き込んだ。 左サイドを崩すと、クロスボールを相手がクリア。これがルイス・ディアスにあたって溢れると、ボックス手前で幕・アリスターが右足でダイレクトミドル。アウトに少しかかったシュートがゴール右隅に吸い込まれ、勝ち越しに成功。90分にはコーディ・ガクポもゴールを奪い、3-1で勝利。首位をキープした。 この試合は日本代表MF遠藤航が欠場した中、マク・アリスターが衝撃的な1発。クラブのレジェンドであるスティーブン・ジェラード氏を彷彿とさせる弾丸ミドルにスタンドのファンは大いに沸き上がった。 圧巻のゴールにファンは「キャノン砲が炸裂した」、「マジで神」、「悪い流れを一気に変えた」、「これは感動する」、「ジェラード降臨」、「スピードもコースも完璧」、「マンガみたいだな」とコメントが集まった。 <span class="paragraph-title">【動画】目にも止まらぬ一撃! スタジアムが揺れたマク・アリスターの神ミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="5Oxk0DDYeGc";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.05 08:20 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly