ウェストハムがGKフォダリンガムを補強、シェフィールド・ユナイテッドの正守護神をフリーで獲得

2024.06.26 22:55 Wed
シェフィールド・ユナイテッドの正守護神だったフォダリンガム
Getty Images
シェフィールド・ユナイテッドの正守護神だったフォダリンガム
ウェストハムは26日、シェフィールド・ユナイテッドのイングランド人GKウェズ・フォダリンガム(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2年間となる。

フルアムの下部組織出身のフォダリンガムは、クリスタル・パレスの下部組織に移籍。スウィンドン・タウンやレンジャーズなどへの移籍を経て、2020年7月にシェフィールドユナイテッドへ完全移籍で加入した。
2023-24シーズンはプレミアリーグで正守護神としてプレーし、30試合に出場していたが、シェフィールドとは契約満了に。ウェストハムへフリートランスファーで加入することとなる。

スウィンドン・タウンでは191試合、レンジャーズでは143試合、シェフィールドでは112試合と経験は豊富。プレミアリーグこそ昨季が初挑戦となったが、ウェストハムは大きな補強となった。

すでにGKアルフォンス・アレオラ、GKウカシュ・ファビアンスキと経験豊富な選手がいる中。より競争が激化するtこととなる。

ウェズ・フォダリンガムの関連記事

ウェストハムがマンチェスター・ユナイテッドのイングランド人DFアーロン・ワン=ビサカ(26)の獲得に動いているようだ。イギリス『talkSPORT』が報じた。 デイビッド・モイーズ監督が退任し、フレン・ロペテギ氏に後を託したウェストハム。ウォルバーハンプトンからイングランド人DFマキシミリアン・キルマン(27)、パウメイラスからブラジル人MFルイス・ギリェルメ(18)、シェフィールド・ユナイテッドからイングランド人GKウェズ・フォダリンガム(33)を獲得するなど、積極的に補強を進めている。 アーセナルのイングランド人FWリース・ネルソン(24)への関心も取り沙汰され、ニースのフランス代表DFジャン=クレール・トディボ(24)の獲得合意も報じられたなか、ワン=ビサカも迎え入れるべくユナイテッドと交渉を行っているとのこと。ユナイテッドは売却する意向があり、1500万ポンド(約30億5000万円)以上の移籍金を望んでいるようだ。 ワン=ビサカは2019年夏、クリスタル・パレスから移籍金5000万ポンド(約101億7000万円)でユナイテッドに加入。一対一の局面では無類の強さを誇り、在籍5シーズンで戦通算190試合に出場、2ゴール13アシストをマークした。 ユナイテッドは1月、契約満了が迫っていたワン=ビサカの1年の契約延長オプションを行使。現行契約は2025年6月までとなっている。 2024.07.18 13:45 Thu
シェフィールド・ユナイテッドは16日、イングランド人DFクリス・バシャム(35)、ギリシャ代表DFジョージ・バルドック(31)、イングランド人GKウェズ・フォダリンガム(33)、元北アイルランド代表MFオリバー・ノーウッド(33)、イングランド人MFマックス・ロウ(27)の5選手の今シーズン限りでの退団を発表した。 バシャムはボルトン、ブラックプールを経て2014年に当時フットボール・リーグ1(イングランド3部)のブレイズに加入。以降は9シーズンに渡ってディフェンスラインの主軸に定着し、2016-17シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)昇格、2018–19シーズン、2022-23シーズンのプレミアリーグ昇格に貢献。2015年からキャプテンを務め、ここまで公式戦394試合に出場していた。ただ、今シーズンは昨年10月に左足首に重傷を負い、ここまで長期離脱を強いられていた。 ギリシャにルーツを持ちイングランドで生まれ育ったバルドックは、右サイドバックを主戦場とするバルドックは2017年にMKドンズからブレイズに加入。ここまで公式戦219試合に出場した。 2020年にレンジャーズから加入したフォダリンガムは、加入2年目に正GKに昇格すると、守護神として昨シーズンのプレミアリーグ昇格に貢献。今シーズンは終盤まで正GKを務めていた。 マンチェスター・ユナイテッドでプロキャリアをスタートしたノーウッドは、2016-17シーズンにブライトンのプレミアリーグ昇格に貢献したものの、出場機会を求めて2018-19シーズンにブレイズへレンタル加入。翌シーズンに完全移籍に移行すると、中盤の主力として活躍。今シーズンも公式戦30試合に出場していた。 左のサイドプレーヤーのロウは2020年にダービー・カウンティから加入。ノッティンガム・フォレストへのレンタルを経て、直近2シーズンは公式戦41試合に出場していた。 2024.05.17 16:40 Fri
シェフィールド・ユナイテッドのイングランド人GKウェズ・フォダリンガムが、トッテナム戦後にSNS上での人種差別的な誹謗中傷被害に遭っていたことが判明した。 フォダリンガムは16日にアウェイで行われたプレミアリーグ第5節のトッテナム戦にフル出場。チームは後半アディショナルタイムの連続失点で1-2の逆転負けを喫したが、個人としては再三のビッグセーブでホームチームの前に立ちはだかった。 その一方で、フォダリンガムは格上相手のアウェイゲームで勝ち点を持ち帰るためにチームメイトと共にやや目に余る遅延行為を繰り返し、ホームサポーターからの激しいブーイングに晒されていた。 そういった事実もあり、フラストレーションを募らせた一部トッテナムサポーターは試合後、同選手のSNSのアカウントに人種差別的な誹謗中傷コメントに加え、脅迫的なメッセージを送るという愚行を働いたようだ。 今回の事件を受け、シェフィールド・ユナイテッドとトッテナムはクラブ公式SNSを通じて声明を発表。フォダリンガムへの全面的なサポートを約束すると共に、当該行為者の特定に向けて関係各所と協力していく旨を発表した。 ◆シェフィールド・ユナイテッド 「シェフィールド・ユナイテッドは、昨日のスパーズとの試合後にウェズ・フォダリンガムに送られた人種差別的、虐待的かつ脅迫的なメッセージを非難します」 「クラブは今後、関連機関と協力して調査し、ウェズをサポートする予定です」 「私たちのゲームには人種差別が入る余地はありません」 ◆トッテナム 「昨日の試合後、ウェズ・フォダリンガムに人種差別的、虐待的、脅迫的なメッセージが送信されたと聞いて、私たちは失望しています」 「クラブはあらゆる形態の差別に対して断固として反対し、シェフィールド・ユナイテッドおよび関連機関の調査に全面的に協力します」 「私たちは、責任があると判明したいわゆるファンに対して、クラブの禁止を含む可能な限り強力な措置を講じることを躊躇しません」 2023.09.17 20:39 Sun
シェフィールド・ユナイテッドのクリス・ワイルダー監督が、イングランド代表GKディーン・ヘンダーソンの去就について語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 プレミアリーグに昇格して1年目のシェフィールド・ユナイテッドだが、現在は8位に位置。大きな躍進を遂げ、シーズンを通して安定した戦いを見せていた。 その立役者となった1人が、マンチェスター・ユナイテッドからレンタル移籍中のヘンダーソン。シェフィールド・ユナイテッドはリーグで2番目に少ない失点数を誇り、昨シーズンのプレミアリーグ昇格に続いてチームに貢献した。 そのヘンダーソンを巡っては、来シーズンはマンチェスター・ユナイテッドへ復帰するのではないかと報じられている状況。一方で、シェフィールド・ユナイテッドはレンジャーズからイングランド人GKウェズ・フォダリンガム(29)を獲得。そのため、ヘンダーソンの退団が決まったとの憶測が流れた。 しかし、ワイルダー監督はその噂を否定。ヘンダーソン本人とマンチェスター・ユナイテッドとの交渉を続けており、GKのメンバーに入れ替えがあるための獲得だと語った。 「ディーンとマンチェスター・ユナイテッドは、我々の見解を知っている。すでに選手とマンチェスター・ユナイテッドとは話し始めている」 「それは彼らの決断と、選手の決断に委ねられている。我々は次のシーズンも延長したいと思っている。その決定に関するニュースがあれば、お知らせする」 「ウェズ(・フォダリンガム)はやってきた。我々はGKのポジションを強化する必要があった。そのポジションではいくつかの変更があるだろう。彼はフリートランスファーであり、3年契約だ」 2020.07.19 12:10 Sun
シェフィールド・ユナイテッドは17日、レンジャーズを退団したイングランド人GKウェズ・フォダリンガム(29)をフリーで獲得したことを発表した。契約期間は3年間となる。 フォリンガムは、フルアムやクリスタル・パレスの下部組織で育つもファーストチームへ昇格できず。2011年10月にスウィンドン・タウンに完全移籍すると、2015年7月にレンジャーズへ完全移籍で加入していた。 レンジャーズでは、スコティッシュ・プレミアシップで74試合に出場。その他、リーグ1(イングランド3部)やリーグ2(イングランド4部)でプレー。チームは今シーズン、セルティックと優勝争いをしていたが、フォダリンガムは2試合の出場にとどまっていた。 フォダリンガムはクラブを通じ「シェフィールド・ユナイテッドに加入できて嬉しい」とコメント。「プレミアリーグに復帰した1年目のシーズンで信じられないほど結果を残し、クラブにとってはエキサイティングな瞬間だ。みんなに出会えることを楽しみにしているし、スタートが待ちきれない」とコメントした。 チャンピオンシップ(イングランド2部)から昇格したシェフィールド・ユナイテッドは、昇格1年目ながら現在プレミアリーグで8位に位置。シーズンを通して安定した戦いを見せている。 しかし、守護神を務めているGKディーン・ヘンダーソンはマンチェスター・ユナイテッドからのレンタル移籍中であり、来シーズンは復帰する予定。GKの補強が必須となるだけに、クリス・ワイルダー監督は素早く手を打った形となった。 2020.07.18 13:00 Sat

記事をさがす

ウェズ・フォダリンガムの人気記事ランキング

1

積極補強のウェストハムがワン=ビサカも狙う…ユナイテッドは約31億円以上で売却希望か

ウェストハムがマンチェスター・ユナイテッドのイングランド人DFアーロン・ワン=ビサカ(26)の獲得に動いているようだ。イギリス『talkSPORT』が報じた。 デイビッド・モイーズ監督が退任し、フレン・ロペテギ氏に後を託したウェストハム。ウォルバーハンプトンからイングランド人DFマキシミリアン・キルマン(27)、パウメイラスからブラジル人MFルイス・ギリェルメ(18)、シェフィールド・ユナイテッドからイングランド人GKウェズ・フォダリンガム(33)を獲得するなど、積極的に補強を進めている。 アーセナルのイングランド人FWリース・ネルソン(24)への関心も取り沙汰され、ニースのフランス代表DFジャン=クレール・トディボ(24)の獲得合意も報じられたなか、ワン=ビサカも迎え入れるべくユナイテッドと交渉を行っているとのこと。ユナイテッドは売却する意向があり、1500万ポンド(約30億5000万円)以上の移籍金を望んでいるようだ。 ワン=ビサカは2019年夏、クリスタル・パレスから移籍金5000万ポンド(約101億7000万円)でユナイテッドに加入。一対一の局面では無類の強さを誇り、在籍5シーズンで戦通算190試合に出場、2ゴール13アシストをマークした。 ユナイテッドは1月、契約満了が迫っていたワン=ビサカの1年の契約延長オプションを行使。現行契約は2025年6月までとなっている。 2024.07.18 13:45 Thu
2

ウェストハムがGKフォダリンガムを補強、シェフィールド・ユナイテッドの正守護神をフリーで獲得

ウェストハムは26日、シェフィールド・ユナイテッドのイングランド人GKウェズ・フォダリンガム(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2年間となる。 フルアムの下部組織出身のフォダリンガムは、クリスタル・パレスの下部組織に移籍。スウィンドン・タウンやレンジャーズなどへの移籍を経て、2020年7月にシェフィールドユナイテッドへ完全移籍で加入した。 2023-24シーズンはプレミアリーグで正守護神としてプレーし、30試合に出場していたが、シェフィールドとは契約満了に。ウェストハムへフリートランスファーで加入することとなる。 スウィンドン・タウンでは191試合、レンジャーズでは143試合、シェフィールドでは112試合と経験は豊富。プレミアリーグこそ昨季が初挑戦となったが、ウェストハムは大きな補強となった。 すでにGKアルフォンス・アレオラ、GKウカシュ・ファビアンスキと経験豊富な選手がいる中。より競争が激化するtこととなる。 2024.06.26 22:55 Wed
3

シェフィールド・ユナイテッド、重鎮DFバシャムら5選手が今季限りで退団…

シェフィールド・ユナイテッドは16日、イングランド人DFクリス・バシャム(35)、ギリシャ代表DFジョージ・バルドック(31)、イングランド人GKウェズ・フォダリンガム(33)、元北アイルランド代表MFオリバー・ノーウッド(33)、イングランド人MFマックス・ロウ(27)の5選手の今シーズン限りでの退団を発表した。 バシャムはボルトン、ブラックプールを経て2014年に当時フットボール・リーグ1(イングランド3部)のブレイズに加入。以降は9シーズンに渡ってディフェンスラインの主軸に定着し、2016-17シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)昇格、2018–19シーズン、2022-23シーズンのプレミアリーグ昇格に貢献。2015年からキャプテンを務め、ここまで公式戦394試合に出場していた。ただ、今シーズンは昨年10月に左足首に重傷を負い、ここまで長期離脱を強いられていた。 ギリシャにルーツを持ちイングランドで生まれ育ったバルドックは、右サイドバックを主戦場とするバルドックは2017年にMKドンズからブレイズに加入。ここまで公式戦219試合に出場した。 2020年にレンジャーズから加入したフォダリンガムは、加入2年目に正GKに昇格すると、守護神として昨シーズンのプレミアリーグ昇格に貢献。今シーズンは終盤まで正GKを務めていた。 マンチェスター・ユナイテッドでプロキャリアをスタートしたノーウッドは、2016-17シーズンにブライトンのプレミアリーグ昇格に貢献したものの、出場機会を求めて2018-19シーズンにブレイズへレンタル加入。翌シーズンに完全移籍に移行すると、中盤の主力として活躍。今シーズンも公式戦30試合に出場していた。 左のサイドプレーヤーのロウは2020年にダービー・カウンティから加入。ノッティンガム・フォレストへのレンタルを経て、直近2シーズンは公式戦41試合に出場していた。 2024.05.17 16:40 Fri

ウェストハムの人気記事ランキング

1

なでしこジャパンDF清水梨紗がマンチェスター・シティ加入…親友・長谷川唯と再共闘

なでしこジャパンDF清水梨紗(28)がマンチェスター・シティ・ウィメンへ加入した。背番号は「2」に決定。契約期間は2027年6月30日までの3年となる。 日テレ・東京ヴェルディベレーザの下部組織時代からの親友である、なでしこジャパンMF長谷川唯とのクラブチームでの再共闘が決定した多才な右サイドバックは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語った。 「まず第一に、これは挑戦になりますが、覚悟はできています。シティはボールを多く保持するフットボールスタイルでプレーしていて、私はそれが気に入っています。私は技術的に優れ、ボールを保持しているときは落ち着いてプレーできるので、シティのスタイルでうまくプレーできると思います」 「早くスタートして、新しいチームメイトと一緒にトロフィーを掲げるのが待ちきれません」 一方、チームを率いるガレス・テイラー監督は「リサはチームに知性と技術的な質をもたらす。彼女はWSLで豊富な経験を持つ定評のある国際選手であり、我々は彼女をクラブに迎えることができて嬉しく思っている」と、経験豊富な右サイドバックの加入を喜んでいる。 日テレ・東京ヴェルディベレーザの下部組織から長谷川と共にトップチームに昇格した清水は、なでしこリーグ、WEリーグで長らく主力として活躍。2022年夏にはウェストハム・ウィメンに完全移籍し、海外初挑戦を果たした。 その新天地では本職のサイドバックだけでなくボランチで新境地を開き、2シーズン連続で主力として活躍。ただ、昨シーズン終了までとなっていたクラブからの延長オファーを断り、ハマーズでは1カ月被っていたものの、共演は果たせなかった長谷川と再共演となるシティ行きを決断した。 共にパリ・オリンピックを戦うなでしこジャパンに招集中の2人は、パリでの成功を収めたのち、クラブではチェルシーに僅差で屈したFA女子スーパーカップ(FAWSL)のタイトルを目指すことになる。 <span class="paragraph-title">【動画】シティの清水梨紗が初お披露目!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">A new addition in defence! <br><br>Welcome to City, Risa! <a href="https://t.co/nrLtT4njC9">pic.twitter.com/nrLtT4njC9</a></p>&mdash; Manchester City (@ManCity) <a href="https://twitter.com/ManCity/status/1811717139025317958?ref_src=twsrc%5Etfw">July 12, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.12 21:27 Fri
2

菅原由勢に追い風 サウサンプトンが主軸右SBのカイル・ウォーカー=ピーターズをまもなく売却へ

サウサンプトンが元イングランド代表DFカイル・ウォーカー=ピータース(27)を売却する。 カイル・ウォーカー=ピータースはトッテナム育ちの右サイドバック(SB)で、サウサンプトン移籍後は主軸に君臨。イングランド2部を戦った昨季もリーグ戦46試合中43試合にほぼ全て右SBとして出場、全てスタメンだ。 今季はそこへ日本代表右サイドバックのDF菅原由勢(23)が加入し、ポジション争いへ…という流れだったが、契約が残り1年となっているためか、クラブは今夏の売却を決断。 イギリス『フットボール・インサイダー』によると、ウェストハムがカイル・ウォーカー=ピータース獲得まであと一歩。仮に交渉が成立せずとも、サウサンプトンはウェストハム以外のプレミアリーグクラブに同選手を売却できるメドがあるとのことだ。 2024.07.16 20:40 Tue
3

市場で人気のCBトディボ、多くの関心集める中でウェストハムが獲得合意か

今夏の移籍市場で人気銘柄の1人であったニースのフランス代表DFジャン=クレール・トディボ(24)だが、射止めたのはウェストハムだったようだ。 今夏はセンターバックの移籍が各クラブで発生。多くの選手が市場で注目を集めている。 その中の1人がトディボ。トゥールーズの下部組織出身のトディボは、2019年1月にバルセロナへと完全移籍。しかし、バルセロナではポジションを掴めず、シャルケ、ベンフィカ、ニースと武者修行に出た結果、2021年7月にニースへと完全移籍した。 バルセロナでは評価が上がらず、公式戦5試合の出場に終わったが、ニースでは主軸センターバックに成長。公式戦136試合に出場し2ゴール3アシスト。リーグ・アンで125試合に出場し、2023年9月にはフランス代表デビューも果たしている。 ユーロ2024には招集されなかったトディボだが、その評価は高く、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシー、トッテナムなどプレミアリーグの複数クラブが関心を寄せていた。そんな中、イギリス『BBC』によれば、ウェストハムが合意したという。 『BBC』によると、約2700万ポンド(約54億9000万円)の買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入するとのこと。ただ、ボローニャのイタリア代表DFリッカルド・カラフィオーリ(22)の獲得が不透明なユベントスが熱心に狙っており、余談は許さないという。 ユナイテッドもセンターバック補強に熱心に動いているが、共同オーナーとなったジム・ラトクリフ氏が保有する『INEOS』がニースの株式も保有しているため、欧州サッカー連盟(UEFA)のルールにより獲得が不可能という状況だ。 2024.07.18 12:40 Thu
4

アーセナルで出番増やせぬ生え抜きリース・ネルソン、ロペテギ新監督率いるウェストハムが獲得交渉開始か

ウェストハムがアーセナルのイングランド人FWリース・ネルソン(24)の獲得に動いているようだ。イギリス『フットボール・インサイダー』が報じた。 9歳の頃からアーセナル・アカデミーに在籍し、2017年9月にファーストチームデビューを飾ったネルソン。ホッフェンハイムとフェイエノールトへの2度のレンタル移籍を経験しながら、アーセナルで通算89試合に出場し、8ゴール9アシストを記録している。 2023年夏には新たに2027年6月までの契約を交わしたが、プレミアリーグ優勝も争うチームの前線の選択肢は豊富。2023-24シーズンは出場したリーグ戦15試合中、先発は1度のみで、新シーズンも多くのプレータイムの確保は困難と予想される。 そんななか、ウェストハムが移籍の可能性を探るべく、アーセナルと初期段階の交渉を開始したとのこと。フレン・ロペテギ新監督がより攻撃的なスタイルを志向することから、攻撃の幅を広げる新たなオプションとして期待されているようだ。 3月にはブライトン&ホーヴ・アルビオンからの関心も浮上。この時点では、売却するのであればアーセナルが2500万〜3000万ポンド(約51億1000万〜61億4000万円)を希望すると報じられていた。 2023-24シーズンは、トップハーフのチームのなかでマンチェスター・ユナイテッドとクリスタル・パレスに次いで得点数が少なかったウェストハム。まだまだ成長の余地があり、プレミアリーグにも慣れている24歳が、攻撃力改善の一端を担うのだろうか。 2024.07.17 19:36 Wed
5

積極補強のウェストハムがワン=ビサカも狙う…ユナイテッドは約31億円以上で売却希望か

ウェストハムがマンチェスター・ユナイテッドのイングランド人DFアーロン・ワン=ビサカ(26)の獲得に動いているようだ。イギリス『talkSPORT』が報じた。 デイビッド・モイーズ監督が退任し、フレン・ロペテギ氏に後を託したウェストハム。ウォルバーハンプトンからイングランド人DFマキシミリアン・キルマン(27)、パウメイラスからブラジル人MFルイス・ギリェルメ(18)、シェフィールド・ユナイテッドからイングランド人GKウェズ・フォダリンガム(33)を獲得するなど、積極的に補強を進めている。 アーセナルのイングランド人FWリース・ネルソン(24)への関心も取り沙汰され、ニースのフランス代表DFジャン=クレール・トディボ(24)の獲得合意も報じられたなか、ワン=ビサカも迎え入れるべくユナイテッドと交渉を行っているとのこと。ユナイテッドは売却する意向があり、1500万ポンド(約30億5000万円)以上の移籍金を望んでいるようだ。 ワン=ビサカは2019年夏、クリスタル・パレスから移籍金5000万ポンド(約101億7000万円)でユナイテッドに加入。一対一の局面では無類の強さを誇り、在籍5シーズンで戦通算190試合に出場、2ゴール13アシストをマークした。 ユナイテッドは1月、契約満了が迫っていたワン=ビサカの1年の契約延長オプションを行使。現行契約は2025年6月までとなっている。 2024.07.18 13:45 Thu

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly