モーガンとブロンズが6度目! W杯準優勝のイングランドが最多7名選出の女子ワールドイレブンが発表!

2024.01.16 11:05 Tue
女子ワールドイレブンに選ばれた選手たちがドレスアップ
Getty Images
女子ワールドイレブンに選ばれた選手たちがドレスアップ
国際サッカー連盟(FIFA)は15日、国際プロサッカー選手会(FIFPro)と共同主催する2023年の女子ワールドイレブンを発表した。FIFA/FIFProワールドイレブンは2005年からスタート。女子は2015年から始まっていた。
世界69カ国、2万8000人以上のプロフットボーラーが投票。2022年8月1日から、2023年8月20日までの成績に基づいて投票され、GK1人、DF、MF、FWが3人選ばれ、残りの1人はそれ以外の最も票を集めた選手となった。

15日に開催された『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』で11人のメンバーが発表。女子最優秀選手のスペん女子代表MFアイタナ・ボンマティや最優秀女子GKのイングランド代表GKメアリー・アープスなどが選出された。

2023年に行われたオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップで優勝したスペイン女子代表からはわずか2名。一方で、準優勝だったイングランド女子代表からは最多の7名が選出される事態となった。
スペインとイングランド以外では、アメリカ女子代表FWアレックス・モーガン、そしてオーストラリア女子代表FWサマンサ・カーが選出されている。

また、アープスの他、アレックス・グリーンウッドエラ・トゥーン、アレッシア・ルッソ、ローレン・ジェームズが初めてベストイレブン入り。モーガンとルーシー・ブロンズは6度目の受賞となり、フランス女子代表DFワンディ・ルナールの7回まで、あと1回と迫っている。

◆2023 女子ワールドイレブン
GK
メアリー・アープス(イングランド/マンチェスター・ユナイテッド)

DF
アレックス・グリーンウッド(イングランド/マンチェスター・シティ)
ルーシー・ブロンズ(イングランド/バルセロナ)
オルガ・カルモナ(スペイン/レアル・マドリー)

MF
アイタナ・ボンマティ(スペイン/バルセロナ)
エラ・トゥーン(イングランド/マンチェスター・ユナイテッド)
キーラ・ウォルシュ(イングランド/マンチェスター・シティ→バルセロナ)

FW
アレックス・モーガン(アメリカ/サンディエゴ・ウェーブ)
アレッシア・ルッソ(イングランド/マンチェスター・ユナイテッド→アーセナル)
ローレン・ジェームズ(イングランド/チェルシー)
サマンサ・カー(オーストラリア/チェルシー)

1 2
関連ニュース

政治介入はアウトですが…カメルーンのスポーツ省がサッカーA代表監督任命を正当化する文書公表

サッカーカメルーン代表新監督が政府側によって任命された件が論争を呼んでいるが…。フランス『RFI』が伝えている。 3日、カメルーンサッカー連盟(CMR)は、カメルーン代表の新監督としてマルク・ブリス氏(61)がカメルーン政府(スポーツ省)によって任命された件について、情報共有さえない独断人事であるとして批判する声明を発表した。 サッカー界への政治介入をFIFA(国際サッカー連盟)が禁じているのは、サッカーファンなら誰もが理解するところだが、このカメルーンではそれが通用せず。 同国は世界最高齢の国家元首、ポール・ビヤ大統領(91)が40年以上君臨。1990年イタリアW杯と94年米国W杯の活躍で有名になった元カメルーン代表FWロジェ・ミラ氏は、それぞれ38歳、42歳にして挑んだ2大会で通算5得点をマークしているが、どちらもビヤ大統領からの電話一本で現役復帰を促され、決断したもの。 また、カメルーン代表監督がスポーツ省によって任命されたケースは過去にも多数。偉大なるクラレンス・セードルフ氏、2020年に日本代表と対戦した際の指揮官トニ・コンセイソン氏、前任のリコベール・ソング前監督…彼らがこれに当たる。 そのため、スポーツ省は今回のブリス氏も、“英雄”サミュエル・エトー会長率いるCMRに一切相談せず任命。5日、スポーツ大臣ナルシス・ムエル・コンビ氏が署名した法的根拠なる文書が世間に公表された。 「スポーツ省は、新しい監督であるマーク・ブリス氏および技術スタッフの就任に向け、有用かつ必要なあらゆる手配を講じています」 これはCMRエトー会長がスポーツ省に対し抗議文書を送付したことに対する、いわば“反撃”。前述のようにカメルーンは過去にも同様の手法で代表監督が決まっており、これを覆すのは難しいか。 スポーツ省公表の文書には、セードルフ氏やソング前監督の任命にもつながった「条約第9条」なる法制度も言及されており、これによって「少しの論争も引き起こさない」ものと位置付けられている。 自分たちによるサッカーA代表監督任命を完全に正当化したスポーツ省と、本心はともかくこれまでそれを容認してきたサッカー協会。ちょっと我々には理解し難い世界がカメルーンにはある。 2024.04.06 15:15 Sat

FIFAが日本戦を中止にした北朝鮮に罰金処分…試合は3-0で日本の不戦勝

国際サッカー連盟(FIFA)は2日、日本代表戦を突如中止とした朝鮮民主主義人民共和国サッカー協会に対しての罰金処分を発表した。 2026年の北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選を戦っていた日本。3月21日に国立競技場で北朝鮮代表と対戦し、1-0で勝利を収めていた。 26日にはアウェイの平壌での試合が予定されており、13年ぶりの開催として大きな注目を集めていたが、21日に突如として北朝鮮側が試合の中止を要請し混乱を招くこととなった。 その後、アジアサッカー連盟(AFC)、FIFA共に試合の中止を正式決定。3月30日には没収試合になることが決定し、日本が3-0で不戦勝になることが決定していた。 そんな中2日、FIFAの規律委員会が裁定を発表。日本の3-0勝利とすると共に、1万スイスフラン(約167万円)の罰金処分を下すことを発表した。 中止を要請した理由については明らかにはされていないものの、試合直前の一方的で身勝手な決断への処分が決定することとなった。 2024.04.02 19:17 Tue

FIFAも北朝鮮vs日本の中止を決定「開催も再スケジュールも行わない」、試合結果は規律委員会に委ねられることに

国際サッカー連盟(FIFA)は23日、突如中止となった北朝鮮代表vs日本代表の試合について、正式に中止となることを発表した。 2026年の北中米ワールドカップ(W杯)のアジア2次予選が行われており、3月のインターナショナルウィークでは日本は北朝鮮との連戦が予定されていた。 21日には国立競技場で対戦し、1-0で日本が勝利。26日には平壌で13年ぶりとなる北朝鮮戦が予定されていた。 しかし、21日になり北朝鮮側が突如として平壌開催の中止を申し出。アジアサッカー連盟(AFC)に対して開催できない旨を伝えると、中立地開催を準備するように求められたが、期限までに準備が整わなかった。 その後、試合中には日本サッカー協会(JFA)に対して日本での開催が打診されたが、滞在許可の期間などが定められており、調整に時間を要するために拒否していたことをJFAの田嶋幸三会長が試合後に明かしていた。 22日にはAFCも試合の中止を正式に発表。FIFAへ委ねられるとしていた中、FIFAも試合の中止を正式に発表する声明を出した。 「朝鮮民主主義人民共和国サッカー協会(DPRK FA)が、3月26日に予定されていた日本との予選の試合を北朝鮮で開催できなくなったと発表した後、この問題はFIFAワールドカップ予選事務局に付託された」 「DPRK FAによって確認された代替のホーム会場がなく、カレンダーにもこの試合を延期するスペースがないため、事務局は予選の開催も再スケジュールも行わないことを決定した」 「さらに、この件と試合の結果は、FIFA規律委員会に付託される」 AFCから委ねられたFIFAも試合の開催が不可能であることを発表。試合結果の結論はまだ出ていないが、日本の不戦勝になる可能性が高く、そうなれば2次予選を突破することが確定する。 2024.03.24 11:30 Sun

横浜FCが移籍金トラブル…昨夏退団のサウロ・ミネイロの移籍金が未払い、FIFAがセアラーに補強禁止処分

横浜FCが選手の移籍金問題を抱えていることが発覚した。ブラジル『グローボ』によれば、セアラーとの間に問題が残っているとのことだ。 報道によれば、昨シーズン途中まで横浜FCでプレーしていたブラジル人FWサウロ・ミネイロの移籍金を巡り、移籍先のセアラーとの間で問題が発生。移籍金が支払われていないという。 カンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)に所属するセアラーは、横浜FCに対して移籍金が未払いの状態ながら、サウロ・ミネイロを12日選手登録。横浜FCは未払いであることを国際サッカー連盟(FIFA)に訴え、補強禁止処分が下されたという。 セアラーは報道を受けて声明を発表。問題解決に向かっているとした。 「セアラーは、最近の移籍禁止措置は数週間以内に解決され、将来の遺跡やプロサッカー部門の機能に影響が及ばないことを明らかにする」 「当クラブは、透明性と組織の継続的な発展の名の下、事態の進展に応じて最新情報を提供することに尽力している」 「財政再建の取り組みには、全員の献身とナサオン・ルビネグラのサポートが必要だ」 サウロ・ミネイロは、今シーズンの公式戦で9試合に出場し1ゴールを記録している。なお、横浜FCでは公式戦44試合で10ゴールを記録していた。 ブラジルクラブとJリーグクラブの問題では、過去に名古屋グランパスがFWジョーの移籍、アルビレックス新潟がMFホニの移籍で問題となっており、最近ではV・ファーレン長崎がファビオ・カリーレ監督の契約でサントスと揉めていた。 2024.03.22 17:15 Fri

W杯開催地はサウジアラビア一択に? 2034年の開催に唯一の立候補

サウジアラビアが唯一のワールドカップ(W杯)開催地として残ることになるようだ。 2026年のW杯はアメリカ、カナダ、メキシコの北中米3カ国で共催。2030年のW杯はアルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイで開幕し、モロッコ、ポルトガル、スペインの3カ国で共催となることが決まっている。 そんな中、2034年のW杯の開催地にも立候補している国があった中、2023年10月にオーストラリアが撤退を表明。現在残っているのは、サウジアラビア一択となる。なお、2024年の終わりに決定される予定となっている。 先日までアジアカップを開催したが、ついに悲願のW杯開催に前進中。2021年からスポーツにより多くの資金を国として投じており、サッカーだけでなくF1やゴルフなどの主要なスポーツイベントを開催してきた。 一方で、「スポーツウォッシング」として知られる手法とも揶揄されており、人権侵害や殺害事件、女性の権利侵害、同性愛の犯罪化、言論の自由の制限など、負のイメージを払拭するための策という声も上がっている。 国際サッカー連盟(FIFA)のガイドラインでは、W杯開催地に立候補する国は、人権を尊重する国でなければならないとされており、懸念を示す声もあがっている。 サウジアラビアサッカー連盟(SAFF)のヤセル・アル・ミセハル会長は、今回のW杯招致について言及している。 「我々のサッカーの歴史を世界に伝えることは非常に重要だ」 「我々は男子と女子の両方の競技において、前例のない進歩を遂げており、我々の入札は、このエキサイティングな旅に我々と一緒に参加するように世界にオープンに招待するものだ」 サウジ・プロ・リーグは、2022年12月のクリスティアーノ・ロナウドのアル・ナスル加入を発端とし、2023年夏にはヨーロッパの様々なクラブからワールドクラスの選手が大量に加入。大きなリーグへと変貌を遂げようとしている。 また、政治的に迫害されていた女子の代表チームも発足させるなど、サッカーへ強く熱を入れており、更なる発展を目指してW杯招致にも動くこととなった。 2024.03.02 22:30 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly