女子"エル・クラシコ"は首位バルサが2位マドリーを圧倒!ボンマティの先制弾など5ゴールの貫録勝ち【リーガF】

2023.11.19 22:25 Sun
好調を維持するバルセロナMFアイタナ・ボンマティ
Getty Images
好調を維持するバルセロナMFアイタナ・ボンマティ
19日、リーガF(スペイン女子1部)第9節ではバルセロナvsレアル・マドリーの"エル・クラシコ"がエスタディ・オリンピック・リュイス・コンパニスで行われ、ホームのバルセロナが5-0で勝利を収めた。
PR
現在のリーガFを牽引する両クラブ。開幕8連勝で首位に立つバルセロナが、7勝1敗で2位に付けるマドリーを本拠地に迎えた。
ここまで34得点2失点と今季も無類の強さを発揮するバルセロナは、アイタナ・ボンマティサルマ・パラジュエロといった複数のスペイン女子代表勢に加え、ルーシー・ブロンズキーラ・ウォルシュのイングランド女子代表2人も先発。[4-3-3]の右ウイングにはノルウェー女子代表FWキャロライン・グラハム・ハンセンが入った。

なお、アレクシア・プテジャスはヒザの違和感、イレーネ・パレデスは扁桃炎のためにメンバーから外れている。

対するマドリーは[4-4-2]でセット。オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)でも活躍したコロンビア女子代表FWリンダ・カイセドが、デンマーク女子代表FWシグネ・ブルーンと縦関係のツートップを組み、左サイドバックには先のW杯で鮮烈なゴールを決めたスペイン女子代表DFオルガ・カルモナが入った。
序盤はマドリーもボールを保持して前進したが、バルセロナは奪取後に自陣で冷静にプレスをいなし、攻め込んだマドリーの背後を突く。

17分にはまさにその形でバルセロナが先制する。自陣深い位置でマドリーのチェックをかいくぐり、右サイドの広大なスペースを使うと、ブロンズ、グラハム・ハンセンとつないで、仕上げはボンマティ。ここしかないというコースを左足で射抜き、ゴール左下隅へと流し込んだ。

この1点を機にバルセロナの保持率が上がると、23分にはボンマティが左からのクロスを収めて左足のフィニッシュ。これは左ポストを叩く。

以降は完全に主導権を握ったバルセロナ。36分にはグラハム・ハンセンのクロスをマリオナ・カルデンティが落としてパトリシア・ギハーロが狙うも、GKの正面を突く。その3分後にはグラハム・ハンセンが変幻自在のドリブルでカルモナを手玉に取り、左足を振るがクロスバーに嫌われた。

今季は6得点5アシストと、リーグで最も得点に直接関与しているグラハム・ハンセンは、42分の好機もふかしてしまったが、1分後についにネットを揺らす。

パラジュエロのミドルシュートがバーを叩き、跳ね返りが詰めていたグラハム・ハンセンの下へこぼれると、今度はワントラップからきっちりと蹴り込んだ。

リードを広げたバルセロナはさらに畳みかけ、45+1分にはCKのこぼれ球を拾ったカルデンティが左ポケットから鮮やかなコントロールショットを右上隅へ流し込み、3点を奪って前半を終えた。

後半も流れはバルセロナに偏り、開始早々にはパラジュエロが裏を取ってGKとの一対一に。だが、マドリーも守護神ミサ・ロドリゲスが好セーブを披露し、辛うじて凌ぐ。

61分のバルセロナはボンマティが守備陣の隙間を縫うようなドリブルで左ポケットへ侵入。自らも狙えた場面だったが、パラジュエロへの横パスを選択し、結果としてシュートは打ち切れず。追加点には至らない。

一方のマドリーも守勢から脱却できず。数薄くない82分の貴重なチャンスもカイセドはオフサイドを取られ、シュートブロックに来たカタ・コルのチャージが右足首へ入り、悶絶。プレー続行不可となる。

スコアのゆとりが仇になったか、攻勢は続くも後半はネットを揺らせずにいたバルセロナだったが、終わりも見えた後半のアディショナルタイムにダメ押し弾を2つ挙げる。

90+1分、ボンマティが中央を切り裂いてのラストパスから途中出場のクラウディア・ピナが流し込み、その2分後にはこちらも途中出場、2022年U-17女子W杯のMVPヴィッキー・ロペスが加点した。

終わってみればバルセロナが大量5ゴールを奪っての快勝。3万8707人の観衆の前で、首位の座を確かなものとした。

バルセロナ 5-0 レアル・マドリー
【バルセロナ】
アイタナ・ボンマティ(前17)
キャロライン・グラハム・ハンセン(前43)
マリオナ・カルデンティ(前45+1)
クラウディア・ピナ(後45+1)
ヴィッキー・ロペス(後45+3)



PR
1 2
関連ニュース

イニエスタがプロキャリア1000試合出場の偉業達成! リーグ10連敗も偉業達成に「こんなに長く美しいキャリアを過ごすとは」

元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、キャリア通算1000試合出場を達成した。 バルセロナでキャリアをスタートさせたイニエスタ。バルセロナのカンテラ育ちで、バルセロナB(現:バルサ・アトレティック)から昇格すると、瞬く間に主軸選手にまで成長した。 その後、海を渡りJリーグに挑戦。ヴィッセル神戸でプレーをし、その能力を端々に見せつけ、多くの日本のファンを魅了した。 そのイニエスタは2023夏に神戸を退団し、UAEのエミレーツ・クラブに加入。1日に行われたUAEプロリーグ第15節のアジュマーン戦で5試合ぶりに出場を果たした。 チームは泥沼の9連敗中となっていた中、アジュマーン戦も2-0で敗れリーグ戦10連敗。イニエスタにとって、キャリアで最も苦しい時期を過ごしている。 そのアジュマーン戦が、イニエスタにとってキャリア通算1000試合目の出場となり、自身のSNSで喜びを綴った。 「1000試合…フエンテアルビージャやアルバセテでプレーしていた頃、プロサッカー選手としてこんなに長く美しいキャリアを過ごすとは想像もしていなかった。たくさんの愛をありがとう。サッカー、バンザイ!」 イニエスタはバルセロナBで49試合、バルセロナで674試合に出場すると、神戸で134試合、エミレーツ・クラブで12試合に出場。スペイン代表としても131試合に出場し、合計1000試合出場を達成。ゴールは104ゴールを記録している。 偉業を達成したイニエスタには、バルセロナやアルバセテ、ラ・リーガからも祝福が届いている。 バルセロナB:49試合5ゴール バルセロナ:674試合57ゴール ヴィッセル神戸:134試合26ゴール エミレーツ・クラブ:12試合2ゴール スペイン代表:131試合14ゴール <span class="paragraph-title">【動画】イニエスタの1000試合出場を振り返る特別ムービー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="es" dir="ltr">1000 partidos... Cuando jugaba en Fuentealbilla o Albacete nunca imaginé que tendría una carrera como futbolista profesional tan larga y tan bonita. Gracias por tanto cariño. Viva el fútbol!! <br><br>1000 matches... When I played in Fuentealbilla or Albacete I never imagined that I… <a href="https://t.co/PMkIqcDGad">pic.twitter.com/PMkIqcDGad</a></p>&mdash; Andrés Iniesta (@andresiniesta8) <a href="https://twitter.com/andresiniesta8/status/1763834490550354037?ref_src=twsrc%5Etfw">March 2, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.02 22:56 Sat

【ラ・リーガ第27節プレビュー】アスレティックvsバルサの上位対決! ヴィニシウスは因縁メスタージャに乗り込む

先週末に行われた第26節では競り勝ったレアル・マドリーを始め、ジローナ、バルセロナと上位3チームが揃って勝利。その一方で、アトレティコ・マドリー、アスレティック・ビルバオ、レアル・ソシエダと第2集団が揃って勝ち点を取りこぼす結果となった。 3月最初に行われる今節では5位のアスレティック・ビルバオと3位のバルセロナによる上位対決、FWヴィニシウスが因縁のメスタージャに乗り込む首位のレアル・マドリーと、9位のバレンシアが対峙する2つの名門対決に注目が集まる。 バルセロナは前節、難敵ヘタフェのハイライン・ハイプレスをものの見事に攻略して4-0の圧勝。主砲レヴァンドフスキの連続ゴールこそストップしたが、得点力不足の改善に守護神テア・シュテーゲン復帰後初のクリーンシートと最高の内容でのリーグ連勝となった。コパ・デル・レイ準々決勝で敗戦した難所サン・マメスでのタフなアウェイゲームとなるが、対戦相手は3日前にアトレティコとのコパ準決勝の激闘を戦っており、3-0の勝利での決勝進出で勢いはあるものの、コンディション面、メンタル面の部分で優位に進められる可能性は高い。改善傾向のある攻撃に加え、ウィリアムズ兄弟を中心に強烈な相手のサイドアタック、カウンターに対応したい。 首位のレアル・マドリーは前節、徐々に安定してきたセビージャ相手に苦戦を強いられながらも、途中投入のMFモドリッチのスーペルゴラッソを守り切ってウノセロ勝利。きっちりと白星を取り戻した。週明けにRBライプツィヒとのチャンピオンズリーグ(CL)のリターンレグを控えるなかで臨むアウェイゲームでは、難所メスタージャに乗り込む。いくつかのポジションでのターンオーバーが見込まれるが、きっちり勝ち切りたい。なお、昨年5月に行われた同カードではヴィニシウスに対する再三の人種差別行為が大きな騒動に発展し、改めてフットボール界の差別撲滅への契機となる一戦となった。ヴィニシウスのパフォーマンスに注目しつつ、問題が発生しないことを願いたいところだ。 2位のジローナはコパ決勝進出に沸く16位のマジョルカ相手にに連勝を狙う。前節のラージョ戦は前半に相手の堅守攻略に手を焼いたが、後半立ち上がりのMFツィガンコフの先制点、後半半ばの相手の退場によって一気に優位に試合を運ぶと、後半アディショナルタイムにはFWサヴィオがトドメのドブレーテを記録し、3-0の完勝となった。残留争い脱出へ勝ち点がほしいマジョルカとのアウェイゲームは決してラクではないが、連敗ストップの良い流れにのってきっちり連勝を達成したい。 公式戦3試合未勝利と失速傾向にある4位のアトレティコは、前節アスレティックに完勝した6位のベティスとのアウェイゲームに臨む。前節、最下位のアルメリア相手に2度のリードを守り切れず、厳しい2-2のドローに終わったシメオネのチームは、逆転突破を目指したコパ準決勝でもアスレティックに0-3で完敗。エースFWグリーズマンの不在が響いた攻撃面の停滞に加え、直近2試合連続複数失点と守備面にも問題を抱える。その厳しい敗戦から中2日で臨むベティス戦も難しい試合になることは間違いないが、逆境でこそ力を発揮するコルチョネロスらしい戦いぶりで公式戦4試合ぶりの白星を手にしたい。 MF久保建英を擁する7位のレアル・ソシエダは、コパ準決勝敗退からのバウンスバックを期して15位のセビージャ戦に臨む。前節のビジャレアル戦で1-3の完敗を喫したラ・レアルは、コパのマジョルカ戦をPK戦の末に敗戦。復帰したFWオヤルサバルのゴールで同点に追いつき、延長戦ではDFティアニーによる勝ち越しゴール奪取かに思われたが、ゴールラインを割ったか否かの微妙な判定によって“幻”に終わる不運もあって厳しい敗退となった。週明けには0-2からの逆転を目指すCLのパリ・サンジェルマン(PSG)を控えるが、まずは公式戦連敗をストップしたい。久保のベンチスタートの可能性を含めイマノル監督の用兵にも注目だ。 その他では開幕未勝利が続くアルメリアと17位のセルタによる残留争い直接対決、激戦必至のヘタフェvsラス・パルマスにも注目したい。 《ラ・リーガ第27節》 ▽3/1(金) 《29:00》 セルタ vs アルメリア ▽3/2(土) 《22:00》 セビージャ vs レアル・ソシエダ 《24:15》 ラージョ vs カディス 《26:30》 ヘタフェ vs ラス・パルマス 《29:00》 バレンシア vs レアル・マドリー ▽3/3(日) 《22:00》 ビジャレアル vs グラナダ 《24:15》 アトレティコ・マドリー vs ベティス 《26:30》 マジョルカ vs ジローナ 《29:00》 アスレティック・ビルバオ vs バルセロナ ▽3/4(月) 《29:00》 オサスナ vs アラベス 2024.03.01 19:00 Fri

バルサのシャツが独自ブランド製に? 共闘20年以上のナイキと決別か

バルセロナにナイキとの決別報道が浮上している。スペイン『スポルト』が報じた。 1998年からナイキのユニフォームとともに歩むバルセロナ。2016年にはナイキとの契約を2028年まで延長したが、数カ月前から不信感を抱き、新たなサプライヤーを模索しているという。 そのなかで、プーマから強い関心が示され、1シーズンあたり1億ユーロ(約162億5000万円)を上回る額の提示を受けているようで、額は8500万ユーロ(約138億2000万円)のナイキ以上だ。 事業規模を縮小中との報道もあるナイキとは最近、話し合いの場がもたれたが、良い感触を得られず。最終決断は3月中になされるとみられるが、早ければ来週にも下される可能性もあるそうだ。 だが、バルセロナの選択肢はプーマだけにあらずのようで、会長を務めるジョアン・ラポルタ氏は『RAC1』で独自ブランドの立ち上げ案を明らかにしており、それが第三の道としてある模様だ。 バルセロナではバルサ・ライセンス&マーチャンダイジング(BLM)を子会社にグッズなどを製造&販売。そのBLMを介して大手多国籍企業と提携し、シャツの製造&販売の絵を描くようだ。 それが実現すれば、シャツの販売利益がすべてバルセロナに。生産と流通にかかるコストこそ負担しなければならないが、財政面で問題を抱えるチームにとって新たな収入源となる。 ユニフォームの議論は2月28日に行われた取締役会の大部分を占め、独自ブランドで意向が強かったそう。バルセロナのユニフォームを巡る話はナイキとの契約問題も含め、今後も注目だ。 2024.03.01 13:25 Fri

再びサウジがバルセロナ選手に触手…レヴァンドフスキら3選手に関心か

サウジ・プロ・リーグがバルセロナの選手を注視しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 マンチェスター・ユナイテッドを退団したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを迎え入れ、その後も多くのスター選手をヨーロッパのトップクラブから獲得し続けているサウジアラビア。今夏の移籍市場でもその流れが続くのか、注目となっている。 当のサウジアラビア側は、勢いを止めるつもりなどさらさらないようで、バルセロナの3選手の獲得を検討。まずは、昨夏も獲得に動いたブラジル代表FWハフィーニャ(27)への再アタックが考えられるようだ。 バルセロナでの成功を求めているというハフィーニャは前回、年俸2000万ユーロ(約32億6000万円)のオファーを拒否。しかし、16歳のスペイン代表FWラミン・ヤマルが台頭した今も中東からの誘惑に負けないのかは不明となっている。 一方、2022年夏にリーズ・ユナイテッドからハフィーニャを獲得したバルセロナは、このウインガーとの契約期間が2027年6月まで。移籍金5800万ユーロ(約94億4000万円)+ボーナス最大900万ユーロ(約14億7000万円)の減価償却費がまだ半分以上も残っているが、サウジアラビアの有力クラブからのオファーであれば問題はないとみられている。 また、バルセロナとの契約が残り2年となるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(35)が獲得候補に。すでに代理人には接触を図っており、クラブ側もその事実を認識しているという。 バルセロナ側としては、このストライカーのパフォーマンスに満足しているだけでなく、加入したばかりの19歳ブラジル代表FWヴィトール・ロッキの指導役になってもらいたいとも考えている模様。少なくともあと1年は残ってほしいようで、レヴァンドフスキ本人や妻も、現時点ではカタルーニャを離れる意思がないようだ。 最後に、サウジ・プロ・リーグは一流のGKの獲得も熱望。バルセロナとの契約を2028年6月まで残すドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(32)に目をつけているという。 まだ正式なオファーはないものの、テア・シュテーゲンがキャリア終盤に大金を得たいと考える場合は、移籍の可能性が出てくるようだ。 2024.02.28 19:51 Wed

フリーで獲得可能なデ・ヘアをバルセロナが注視? 本人がスペインでのキャリア継続を希望か

バルセロナが元スペイン代表GKダビド・デ・ヘア(33)獲得の可能性を模索しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 昨シーズン限りでマンチェスター・ユナイテッドを退団し、フリーの状態が続いているデ・ヘア。本人はビッグクラブでの正守護神の座を望んでいるといわれており、プレミアリーグで残留争い中のノッティンガム・フォレストや、サウジ・プロ・リーグのアル・シャバブなどの関心が取り沙汰された今冬も新天地は決まらなかった。 そんなデ・ヘアは現在、母国スペインに残って次のステップを踏みたいと考えているとのこと。この状況を受け、バルセロナが動向を注視しているという。 慢性的な財政難に悩まされているバルセロナはフリーでのデ・ヘア獲得が費用対効果の高いGK補強になりうると考えている模様。デ・ヘアとしても、スペインのビッグクラブという点だけを見ればうってつけのクラブと言える。 しかし、バルセロナを選ぶのであれば、ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンのバックアッパーを受け入れる必要があり、正守護神確約の条件にはそぐわず。また、バルセロナがサラリーキャップ制限にも悩まされていることを踏まえれば、ユナイテッド時代からの大幅な減俸を受け入れる必要がありそうだ。 2024.02.28 18:09 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly