本間至恩が圧巻のドリブル! 相手を切り裂き最後はワンツーで仕留め今季初ゴール

2023.11.28 17:10 Tue
ベルギー2部で今季初ゴールを記録した本間至恩
Getty Images
ベルギー2部で今季初ゴールを記録した本間至恩
Club NXTのMF本間至恩が圧巻のゴールを記録した。
PR
25日、チャレンジャー・プロ・リーグ第13節でClub NXT vs オーステンデが行われた。
ファーストチームに所属しながら出番がもらえない本田は、この日もボランチで先発出場。すると1-1で迎えた66分に圧巻のゴールを記録した。

右サイドでスローインを得たClub NXT。相手に潰されながらもボールを繋ぐと、こぼれ球を受けた本間がドリブルをスタートさせる。

細かいステップと切れ味鋭いドリブルで持ち上がると、ボックス右手前で味方にパス。これをワンツーで裏抜けし、ボックス内右からGKとの一対一を沈めた。
本間にとってはこれが今シーズンの初ゴールに。味方も大喜びして祝福した。

なお、試合は3-3のドローに終わっている。




PR
1 2
関連ニュース

アストン・ビラがリールに先勝! 本間至恩ベンチ入りのクラブ・ブルージュも先勝【ECL】

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準々決勝の1stレグが11日に行われた。 UEFAコンペティションで無類の強さを誇るウナイ・エメリ率いるアストン・ビラとリーグ・アンで4位に位置するリールの最注目カードは、ホームのアストン・ビラが2-1で先勝した。 互いに現状のベストメンバーを起用して臨んだ一戦は一進一退の攻防に。開始13分にはマッギンの右CKをファーのワトキンスが頭で合わせてアストン・ビラが先制に成功する。 だが、効果的にハイラインの背後を突いたリールは前半にシェグロヴァ、ディアキテ、デイビッドとボックス内で4度の決定機が訪れたが、いずれも守護神マルティネスの圧巻の一対一でのファインセーブに阻まれた。 迎えた後半は再び良い入りを見せたホームチームが、56分に左CKのショートコーナーからマッギンが見事なミドルシュートをゴール左隅に突き刺し、追加点を挙げた。以降はリールが攻勢に転じると、63分のグズムンドソンのゴールは際どいオフサイド判定で取り消されたものの、84分にはカベラの左CKをニアのディアキテが頭で合わせて1点を返した。 その後、リールの猛攻を凌いだアストン・ビラが2-1で先勝したが、リールにも十分にチャンスがある状況で1週間後の2ndレグを迎えることになった。 昨季準優勝のフィオレンティーナが、チェコの強豪ビクトリア・プルゼニのホームに乗り込んだ一戦は、0-0のドローに終わった。 下馬評ではフィオレンティーナ優位と見られた一戦だったが、試合は序盤から拮抗。ボールの主導権を握ったヴィオラだったが、コンパクトな相手の守備に手を焼き、試合を通して多くの決定機を作り出すことができず。そして、攻撃面でやや見せ場を欠いた試合はゴールレスの決着となり、イーブンの状態でフィオレンティーナホームの2ndレグを戦うことになった。 MF本間至恩を擁するクラブ・ブルージュは、PAOKとのホームゲームに臨み、1-0で勝利した。なお、本間はベンチ入りも出場機会はなかった。 開始6分にヴェトレセンのゴールで幸先よく先制に成功したホームチームは、以降も冷静にゲームをコントロールし、1点リードで試合を折り返す。後半は互いに交代カードを切って戦局に変化を加えていく中、後半半ば過ぎの78分にはブルージュがPKを獲得。しかし、キッカーのイゴール・チアゴが痛恨の失敗で追加点を得られず。その後、リードを守り切ったが、終盤にディフェンスラインの主力2人が相次いでイエローカードをもらった結果、累積警告で次節の不在が決定するなど、敵地での2ndレグへやや不安を抱える形で試合を終えた。 また、オリンピアコスvsフェネルバフチェは、ホームのオリンピアコスが3-2で先勝した。 下馬評ではアウェイチーム優勢と見られたが、蓋を開けてみればオリンピアコスが序盤から圧倒。前半序盤に相手のビルドアップのミスを突いてフォルトゥニスが見事なミドルシュートで先制点を挙げると、前半半ばにも左サイドを崩してヨベティッチが追加点。さらに、後半序盤にもシキーニョが3点目を奪取した。 これで厳しくなったトルコの名門だったが、68分にタディッチがPKを決めて反撃の狼煙を上げると、74分には左サイドを崩してボックス右でシマンスキのフリックに反応したイルファンが鋭いシュートを突き刺した。その後の猛攻は同点ゴールに繋がらなかったが、ホームでの2ndレグに望みを繋ぐ形となった。 ◆ECL準々決勝1stレグ結果 オリンピアコス 3-2 フェネルバフチェ ビクトリア・プルゼニ 0-0 フィオレンティーナ クラブ・ブルージュ 1-0 PAOK アストン・ビラ 2-1 リール 2024.04.12 06:40 Fri

【ECL準々決勝プレビュー】最注目はアストン・ビラvsリール…ベスト4進出懸けた重要な初戦

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準々決勝の1stレグが11日に開催される。ベスト4進出を懸けた準々決勝初戦の展望を紹介していく。 ◆ECL準々決勝1stレグ ▽4/11(木) 《25:45》 オリンピアコス vs フェネルバフチェ ビクトリア・プルゼニ vs フィオレンティーナ 《28:00》 クラブ・ブルージュ vs PAOK アストン・ビラ vs リール ◆最注目はアストン・ビラvsリール! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240410_101_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2クラブを輩出したギリシャを含め7カ国の強豪が出そろった準々決勝では、UEFAコンペティションで無類の強さを誇るウナイ・エメリ率いるアストン・ビラとリーグ・アンで4位に位置するリールの一戦が最注目カードとなる。 前ラウンドでアヤックスを退けたアストン・ビラは、プレミアリーグでもトップ4争いで健闘。前節、ブレントフォード相手のドローでトッテナムに4位の座を譲ったが、残り試合での逆転は十分に可能。また、今大会で勝ち進むことでUEFAカントリーランキングに貢献できるため、リーグ5位でのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得も見えてくる状況だ。 今週末にアーセナルとのリーグ戦を控える中、ホーム開催となる今回の1stレグでは幾つかのポジションでターンオーバーも見込まれるが、リール下部組織出身のDFディーニュ、ローマ時代に敵将フォンセカの薫陶を受けたMFザニオーロの2選手のパフォーマンスに注目したい。また、ボールを持たされると苦戦傾向にあるが、相手はポゼッションスタイルのチームだけに得意のカウンターが機能する展開となりそうだ。 一方、今大会ここまで無敗を継続するリールは、直近のリーグ戦でもマルセイユを破るなど5戦無敗と好調を維持。スカッド全体の質を考えると、苦戦は必至と見られるが、レアル・マドリーが関心を寄せる逸材DFヨロを筆頭にフランス代表入りも期待される若き守護神シュヴァリエ、MFシェグロヴァ、FWデイビッドと各ポジションに強力なタレントを擁しており、安定したボール保持、堅守を武器に難敵撃破といきたい。 昨季準優勝のフィオレンティーナは、ビクトリア・プルゼニ相手にベスト4進出を狙う。シーズン序盤はセリエA上位争いに食い込んでいたものの、ここ最近の失速によって10位に甘んじるイタリアーノのチームは、準決勝1stレグを制したコッパ・イタリアを含めカップ戦でのタイトル獲得へプライオリティを置き始めている。そのため、今回の一戦ではチェコの強豪相手にきっちり敵地で勝ち切りたい。 MF本間至恩を擁するクラブ・ブルージュは、ギリシャのPAOKを相手に突破を目指す。ベルギーリーグではプレーオフ1で3位に甘んじており、逆転でのリーグ制覇は厳しい状況にある。そのため、前述のフィオレンティーナ同様に今大会に全力を注ぎたい。なお、本間は今季ここまでトップチームで4試合の出場にとどまっており、今回の試合で出番を得ることは難しいか。 優勝候補のフェネルバフチェは、昨季セビージャをヨーロッパリーグ(EL)制覇に導いたメンディリバル監督が率いるオリンピアコスと対戦する。国内リーグでガラタサライと熾烈なタイトルレースを繰り広げるトルコの名門は、7日に行われたそのガラタサライとのスーパーカップでトルコサッカー連盟(TFF)への抗議目的でU-19チームを出場させた上、開始2分で試合放棄する前代未聞の対応で大きな話題を集めた。幸い、今回の試合に向けて主力のコンディションは万全だが、ここで不甲斐ない戦いを見せようものならばさらなる批判を招く可能性もあるだけに結果・内容にこだわりたい。 2024.04.11 18:30 Thu

本間至恩のクラブ・ブルージュはPAOKと、昨季ファイナリストのフィオレンティーナはビクトリア・プルゼニと対戦!【ECL】

15日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の組み合わせ抽選会が15日にスイスのニヨンで行われた。 14日にラウンド16が終了。ベスト8が決まった中、日本人選手所属クラブではMF本間至恩のクラブ・ブルージュが唯一勝ち残っている。 また、昨シーズンのファイナリストであるフィオレンティーナも勝ち上がり。その他、アストン・ビラ、フェネルバフチェ、オリンピアコスなど力のあるクラブも残った。 本間が所属するクラブ・ブルージュはPAOKテッサロニキと対戦。2年連続ファイナル行きを目指すフィオレンティーナは、ビクトリア・プルゼニと対戦する。 準々決勝1stレグは4月11日、2ndレグは同18日。準決勝1stレグは5月2日、2ndレグは同9日。決勝は5月29日に行われる。 ◆準々決勝 クラブ・ブルージュ(ベルギー) vs PAOKテッサロニキ(ギリシャ)ー【1】 オリンピアコス(ギリシャ) vs フェネルバフチェ(トルコ)ー【2】 アストン・ビラ(イングランド) vs リール(フランス)ー【3】 ビクトリア・プルゼニ(チェコ) vs フィオレンティーナ(イタリア)ー【4】 ◆準決勝 【3】の勝者 vs 【2】の勝者ー【5】 【4】の勝者 vs 【1】の勝者ー【6】 ◆決勝 【1】の勝者 vs 【2】の勝者 2024.03.15 22:22 Fri

ECLベスト8が決定! 本間至恩在籍のクラブ・ブルージュが日本人所属クラブ唯一の勝ち上がり…アストン・ビラや昨季準優勝チームも

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・ラウンド16が14日にヨーロッパ各地で行われ、ベスト8進出チームが出揃った。 今ラウンドにはDF町田浩樹、MF金子拓郎、DF荻原拓也、DF常本佳吾、MF本間至恩と5人の日本人選手が参戦。 その中で唯一勝ち上がりを決めたのは、本間の所属するクラブ・ブルージュ。本間自身は2試合共に出場機会がなかったが、チームは1stレグを1-2で落としていた中、ホームでの2ndレグではスコフ・オルセンの2ゴールの活躍などで3-0の快勝。2戦合計4-2で逆転での突破を決めた。 金子、荻原がいずれも2ndレグに途中出場したディナモ・ザグレブは、ホームでの1stレグを2-0で勝利していたが、2ndレグではPAOKに1-5の大敗。逆転負けでの敗退となった。 町田が2試合共に先発出場したユニオン・サン=ジロワーズはホームでの1stレグを0-3で落としていた中、敵地での2ndレグでは1-0の勝利を収めて意地を見せたが、逆転までは持っていけなかった。 常本の所属するセルヴェットはビクトリア・プルゼニとの2試合をいずれも0-0のスコアで終え、延長戦でもスコアが動かずにPK戦での決着となった。2試合を通してフル出場し、好パフォーマンスを見せていた常本だったが、このPK戦では味方2人がすでにPKを失敗していた中、5人目のキッカーを務めたが、大きく枠の左に外してしまい、自身のPK失敗と共に敗退が決定するほろ苦い経験となった。 アヤックスとの強豪対決に臨んだアストン・ビラが初戦を0-0のドローで終えていた中、ホームでの2ndレグではワトキンス、ベイリー、デュラン、ディアビと攻撃陣揃い踏みの活躍で4-0の完勝。UEFAのカップ戦で驚異的な勝負強さを誇るエメリのチームらしい戦いぶりで勝ち上がりを決めた。 その他では昨季ファイナリストのフィオレンティーナ、リール、オリンピアコスが準々決勝進出を果たした。 なお、準々決勝の組み合わせ抽選会は15日にスイスのニヨンで開催。今ラウンドからはフリードローとなり、同じ国のサッカー協会に属する同国勢対決も行われる。そして、準々決勝は4月11日に1stレグ、4月18日に2ndレグが開催される予定だ。 ◆ベスト8進出チーム ビクトリア・プルゼニ(チェコ) フェネルバフチェ(トルコ) PAOK(ギリシャ) フィオレンティーナ(イタリア) アストン・ビラ(イングランド) クラブ・ブルージュ(ベルギー) リール(フランス) オリンピアコス(ギリシャ) ◆ラウンド16結果 ビクトリア・プルゼニ 0-0(PK:3-1) セルヴェット フェネルバフチェ 3-1 ユニオン・サン=ジロワーズ PAOK 5-3 ディナモ・ザグレブ フィオレンティーナ 5-4 マッカビ・ハイファ アストン・ビラ 4-0 アヤックス クラブ・ブルージュ 4-2 モルデ リール 4-1 シュトゥルム・グラーツ マッカビ・テルアビブ 5-7 オリンピアコス 2024.03.15 07:54 Fri

【ECLラウンド16 プレビュー】8強進出を懸けた運命の第2戦! 先勝D・ザグレブに常本&本間はチャンス十分

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・ラウンド16の2ndレグが14日に開催される。ECLグループステージ首位通過8チームと、プレーオフ突破8チームで争われる第2戦の展望を、注目カードを中心に紹介していく。 ◆ラウンド16 2ndレグ ▽3/14(木) 《26:45》 ビクトリア・プルゼニ vs(AGG:0-0) セルヴェット フェネルバフチェ vs(AGG:3-0) ユニオン・サン=ジロワーズ PAOK vs(AGG:0-2) ディナモ・ザグレブ フィオレンティーナ vs(AGG:4-3) マッカビ・ハイファ 《29:00》 アストン・ビラ vs(AGG:0-0) アヤックス クラブ・ブルージュ vs(AGG:1-2) モルデ リール vs(AGG:3-0) シュトゥルム・グラーツ マッカビ・テルアビブ vs(AGG:4-1) オリンピアコス ◆唯一先勝D・ザグレブに常本&本間はチャンス十分 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240313_101_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今ラウンドにはDF町田浩樹、MF金子拓郎、DF荻原拓也、DF常本佳吾、MF本間至恩と5人の日本人選手が参戦する。なお、常本のセルヴェットの同僚であるFW西村拓真は登録メンバー外となっている。 金子と荻原の所属するディナモ・ザグレブは初戦で唯一先勝に成功。ギリシャの強豪PAOKをホームで迎え撃った1stレグは、主砲ブルーノ・ペトコビッチが前後半に1ゴールずつを挙げて2-0の勝利を飾った。金子は後半終盤の途中出場となった中、攻撃面で見せ場は訪れなかったが、献身的な守備できっちり逃げ切りに貢献した。なお、荻原はケガの影響で初戦も2ndレグも欠場となる見込みだ。 敵地で逃げ切りを図る2ndレグで金子は初戦同様にベンチスタートが濃厚か。スタメン起用で5-2の勝利を飾った直近のスラヴェン・ベルポ戦では控え中心のメンバー構成で臨んでおり、金子は後半途中にFWシュピキッチとの交代でピッチを後にしている。ただ、プレータイムは60分程度となっており、ヤキロビッチ監督はジョーカー役も献身的な守備やボールキープでクローザー役もこなせる、金子を2ndレグに向けた重要な戦力とみなしているはずだ。 常本のセルヴェットはビクトリア・プルゼニとのホームでの初戦を0-0のドローで終えており、ディナモ・ザグレブと共にベスト8進出へ十二分な可能性を有している。その初戦では右サイドバックでフル出場し、クリーンシートに貢献した常本は、ECLの公式インスタグラムが「ケイゴ・ツネモトによるソリッドなパフォーマンス」とプレー集を投稿するなど、同チームのキーマンとみなす。そういった形で注目を集める中、敵地でのリターンレグでは持ち味の守備と共にスイスの地で磨きをかける攻撃面でも正確なクロス、タイミングの良い攻撃参加で勝利に繋がる貢献を見せたい。 本間の所属するクラブ・ブルージュは、敵地でのモルデとの初戦を1-2で落とした。本間はベンチ入りを果たしたが、この試合でプレー機会を得ることはできなかった。ホームで逆転突破を目指す一戦では主砲イゴール・チアゴを引き続き欠く中、FWジュグラやFWスコフ・オルセンの活躍が必須となるが、その大一番で本間に出番は訪れるか…。 町田のユニオン・サン=ジロワーズは、ホームで行われた優勝候補フェネルバフチェとの初戦を0-3で落としており、逆転突破は非常に厳しい状況だ。フル出場した町田自身に大きなミスはなかったが、チームはセットプレーとロングカウンターによって3失点を喫した上、幾つかのチャンスモノにできず。地力の違いを示される形での敗戦となった。難所イスタンブールでの逆転突破は非常に厳しいが、町田ら3バックがチーム全体をうまく押し上げながら、初戦で仕事ができなかったFWアムーラ、FWニルソンの2トップの奮起によって奇跡を起こしたい。 今ラウンド屈指の強豪対決となったアストン・ビラvsアヤックスは、完全にイーブンな状況でビラ・パークでの決着を目指す。共に退場者を出した実力拮抗の1stレグは中盤でのバトルがメインとなった中、ホームのアヤックスがやや優勢に進めたものの、最後まで互いの集中した守備を上回ることができなかった。 なお、アストン・ビラは直近のリーグ戦でトッテナムに0-4の惨敗、アヤックスは格下フォルトゥナ・シッタートに2-2のドローと、いずれも弾みを付けられず。今回の一戦では共にリバウンドメンタリティを示したい。 また、昨季準優勝のフィオレンティーナは壮絶な撃ち合いとなったマッカビ・ハイファとの1stレグを4-3で制したが、直近のリーグ戦ではローマ相手にタフな2-2のドローゲームを演じており、全体的に重さが出てしまうと、初戦以上に難しい戦いを強いられるかもしれない。 2024.03.14 18:30 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly