4連勝の愛媛がJ2復帰に王手! 続く鹿児島は足踏みで2位争いが混沌【明治安田J3第34節】

2023.11.05 21:25 Sun
5日、明治安田生命J3リーグ第34節の7試合が各地で行われた。

あと2勝すればJ2復帰が決まる首位・愛媛FC(勝ち点64)は、9位・Y.S.C.C.横浜(勝ち点48)とホームで対戦。試合が動いたのは前半アディショナルタイム。茂木駿佑が味方からのパスを右足ダイレクトで決め、愛媛が先制に成功する。
後半は追加点こそ奪うことこそできなかったものの、1点のリードを守りきったホームチームが1-0で完封勝利。好調だったYS横浜の連勝が「4」でストップした一方、愛媛が4連勝を達成し、J2昇格まであと1勝に迫っている。

首位チームの後を追う2位・鹿児島ユナイテッドFC(勝ち点57)は、10位・奈良クラブ(勝ち点47)をホームに迎えた。先にスコアを動かしたのは鹿児島。76分、味方のPKが相手GKに防がれると、この跳ね返りに素早く反応した山口卓己がきっちりと押し込んだ。

しかし、終盤には奈良の山本宗太朗が左足ボレーを叩き込み、結局試合は1-1で終了。鹿児島は前日に勝利を飾っていた3位・カターレ富山との勝ち点差を「2」に縮めてしまった。
その他、4位・FC今治(勝ち点50)は残留争い中の19位・SC相模原(勝ち点33)に1-3で敗北。今治に続く5位・FC大阪(勝ち点49)と6位・松本山雅FC(勝ち点49)は共に1-0で勝利という結果に終わり、それぞれ4位と5位に順位を上げた。

松本に敗れた最下位・ギラヴァンツ北九州(勝ち点24)は19位・相模原との勝ち点差が広がってしまい、残留から一歩後退。18位・テゲバジャーロ宮崎(勝ち点34)はアスルクラロ沼津(勝ち点48)に1-0で勝利し、相模原の1つ上の順位をキープしている。

◆明治安田生命J3リーグ第34節
▽11/5(日)
FC今治 1-3 SC相模原
鹿児島ユナイテッドFC 1-1 奈良クラブ
愛媛FC 1-0 Y.S.C.C.横浜
アスルクラロ沼津 0-1 テゲバジャーロ宮崎
カマタマーレ讃岐 2-3 AC長野パルセイロ
松本山雅FC 1-0 ギラヴァンツ北九州
FC大阪 1-0 福島ユナイテッドFC

▽11/4(土)
いわてグルージャ盛岡 1-1 ガイナーレ鳥取
FC岐阜 3-1 ヴァンラーレ八戸
FC琉球 1-3 カターレ富山

◆明治安田生命J3リーグ順位表
1位:愛媛FC|勝ち点67/+13
2位:鹿児島ユナイテッドFC|勝ち点58/+18
ーーーーーJ2昇格
3位:カターレ富山|勝ち点56/+7
4位:FC大阪|勝ち点52/+11
5位:松本山雅FC|勝ち点52/+7
6位:FC今治|勝ち点50/+9
7位:ガイナーレ鳥取|勝ち点49/+4
8位:奈良クラブ|勝ち点48/+10
9位:FC岐阜|勝ち点48/+9
10位:アスルクラロ沼津|勝ち点48/+3
11位:Y.S.C.C.横浜|勝ち点48/-2
12位:いわてグルージャ盛岡|勝ち点47/+2
13位:ヴァンラーレ八戸|勝ち点46/-1
14位:AC長野パルセイロ|勝ち点44/-9
15位:カマタマーレ讃岐|勝ち点40/-15
16位:福島ユナイテッドFC|勝ち点39/-9
17位:FC琉球|勝ち点39/-18
18位:テゲバジャーロ宮崎|勝ち点37/-14
19位:SC相模原|勝ち点36/-8
ーーーーーJFL降格圏
20位:ギラヴァンツ北九州|勝ち点24/-17
関連ニュース

今治が選手のゴールパフォーマンスを謝罪…アウェイで相手サポーター前での行為に複数指摘「配慮に欠けた行動」

FC今治は12日、選手のゴールパフォーマンスについて謝罪した。 ことの発端は10日に行われた明治安田J3リーグ第9節のテゲバジャーロ宮崎vsFC今治の一戦だ。 開始5分、今治は自陣からのロングボールをつなぐと、ボックス内右で拾ったマルクス・ヴィニシウスが左足で流し込みゴール。先制した。 宮崎のゴール裏に攻めて行っていたため、マルクス・ヴィニシウスはコーナー付近に寄っていき喜びを露わに。その後、駆け寄ってきたチームメイトとメインスタンド側に移動してカメラの前に行き、ゆりかごダンスを披露していた。 しかし、このパフォーマンスについてクラブには複数の指摘が入ったとのこと。配慮に欠ける行為だったとして謝罪した。 「2024明治安田J3リーグ第9節 vsテゲバジャーロ宮崎において、1点目のマルクス ヴィニシウス選手の得点時のゴールパフォーマンスについて、クラブに複数のご指摘をいただきました」 「得点時のパフォーマンスをテゲバジャーロ宮崎のゴール前で行った事により、試合を観戦いただいた方々に不快な思いをさせてしまいました」 「宮崎のサポーターの皆様への配慮に欠けた行動だったと、クラブとして認識しております。誠に申し訳ありませんでした」 「今回の件に関して、本日、選手全員にクラブから指導を行いました」 「今後はより一層、試合に関わる全ての人々にリスペクトの精神を持って、スタッフ・選手一同取り組んでまいります。引き続きご支援ご声援のほど、よろしくお願い致します」 なお、試合は宮崎がすぐに追いつくも、今治が日野友貴のゴールで勝ち越し、1-2で勝利している。 <span class="paragraph-title">【動画】指摘を受けたマルクス・ヴィニシウスのゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Fd2GJzx-BN0";var video_start = 59;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.12 16:37 Fri

横浜FC生え抜きのDF林賢吾が宮崎へ育成型期限付き移籍「難しい決断でした」

テゲバジャーロ宮崎は12日、横浜FCのDF林賢吾(18)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 移籍期間は2025年1月31日までとなり、横浜FCとの公式戦には出場できない。 林はジュニアユースから横浜FCに所属。今シーズンから昇格するも出番はここまでなかった。 武者修行に出る林は両クラブを通じてコメントしている。 ◆テゲバジャーロ宮崎 「この度、横浜FCから育成型期限付き移籍してきました、林賢吾です。チームの勝利に貢献できるように全力で戦います」 「ファン、サポーターの皆様の期待に応えられるように頑張ります。宮崎ファミリーの皆様、応援をよろしくお願いします」 ◆横浜FC 「横浜FCに関わる全ての方々へ、いつも応援ありがとうございます。この度、テゲバジャーロ宮崎に育成型期限付き移籍することになりました」 「アカデミーの時からお世話になったこのクラブを離れるのは難しい決断でしたが、更なる成長のために決断しました。引き続き応援していただけると嬉しいです。大きく成長して帰ってきます」 2024.04.12 15:12 Fri

岩手が東国大学校MFキム・ジェヨンの加入を発表、プロ生活スタートに「目標のために努力」

いわてグルージャ盛岡は12日、韓国の東国大学校からMFキム・ジェヨン(21)が加入することを発表した。背番号は「88」となる。 キム・ジェヨンは、韓国出身で、仁川ユナイテッドの下部組織育ち。U-12、U-15、U-18と昇格し、ソウル東国大学校に進学した。 Jリーグでプロキャリアをスタートさせるキム・ジェヨンはクラブを通じてコメントしている。 「プロの舞台でプレーできるように機会をくださったいわてグルージャ盛岡の関係者の方々、そしていつも支えてくれている家族に感謝します 。今年一年、チームが成し遂げようとする目標のために努力します」 岩手は韓国人DFイ・ビョンチャン(18)の加入も発表しており、2人の韓国人選手が加わることとなる。 2024.04.12 13:35 Fri

宮崎生え抜きのMF新城暖基が今季も武者修行、東海1部のFC刈谷に育成型期限付き移籍「JFL昇格しましょう!」

テゲバジャーロ宮崎は12日、MF新城暖基(19)が東海社会人サッカーリーグ1部のFC刈谷に育成型期限付き移籍することを発表した。 なお、期限付き移籍期間は2025年1月31日までとなり、宮崎との公式戦には出場できない。 新城は宮崎県出身で、テゲバジャーロの下部組織育ち。U-12からチームに在籍し、2023年にトップチームに昇格した。 プロ1年目はシーズン途中に関西サッカーリーグのアルテリーヴォ和歌山に育成型期限付き移籍を経験。リーグ戦1試合で1ゴールに終わっていた。 宮崎ではこれまで天皇杯で1試合の出場に終わっており、今シーズンは出番がなかった。 新城は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC刈谷 「この度、テゲバジャーロ宮崎から育成型期限付き移籍で加入することになりました新城暖基です。結果に貪欲にたくさん勝利を皆さんに届けれるように頑張ります」 「JFL昇格しましょう!応援よろしくお願いします」 ◆テゲバジャーロ宮崎 「この度、FC刈谷に育成型期限付き移籍で行くことになりました新城暖基です。去年のレンタルではすごく悔しい結果になってしまったので、今年は日々もっともっと貪欲に結果を求めて行きたいです。これからも応援をよろしくお願いします!」 2024.04.12 13:12 Fri

岩手が韓国人DFイ・ビョンチャンの加入を発表! プロキャリアを日本でスタート「本当に栄光です」

いわてグルージャ盛岡は12日、韓国の富川FC1995U-18に所属する韓国人DFイ・ビョンチャン(18)の加入を発表した。背番号は「33」となる。 イ・ビョンチャンは、富川FCの下部組織出身で、U-12からU-18まで在籍。プロキャリアのスタートを日本で切ることとなる。 イ・ビョンチャンはクラブを通じてコメントしている。 「このたび、韓国のKユースからいわてグルージャ盛岡に加入することになりました、イビョンチャンです。プロサッカー選手としての夢をいわてグルー ジャ盛岡で叶えることができて本当に栄光です」 「J2昇格に向けて、 自分の持っているものを全て出し、勝利に貢献できるように頑張ります」 2024.04.12 12:20 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly