ケガ人多発のアーセナル、アルテタ監督は目の前の試合だけに集中 「1試合1試合をこなしていくしかない」

2023.09.27 18:26 Wed
Getty Images
EFLカップ(カラバオカップ)3回戦のブレントフォード戦を前に、アーセナルのミケル・アルテタ監督が意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。
PR
今シーズンは未だ無敗を継続しているものの、24日に行われたプレミアリーグ第6節トッテナム戦は2-2のドローで終えていたアーセナル。それから中2日、今度はEFLカップのブレントフォード戦に臨む。
アルテタ監督は試合前日の記者会見で、ノースロンドン・ダービーでの失点に繋がったイタリア代表MFジョルジーニョの痛恨のミスに言及。切り替えなければならないとコメントした。

「ミスやエラーはサッカーの一部であり、避けられないこと、実際に起こりうることだ。時には、相手に罰せられないように幸運であることも必要だが、そうではなかった。(ジェームズ・)マディソンがボールを確保し、その前にソン(・フンミン)がいる。これ以上悪い状況はない」

「彼らはその一連の流れからフィニッシュに至るクオリティがあることを証明した。あれが試合のターニングポイントだったし、うまく対処すべき瞬間だったから残念だ。おそらくこの試合で最高の瞬間だったから、そのことも受け入れなければならない。あのようなことが起きた背景には他の要因もあったはずだし、前に進んでいかなければならない」
トッテナム戦で負傷交代したイングランド代表MFデクラン・ライスを始め、ケガ人が続出しているアーセナルだが、アルテタ監督はそのような状況にあっても勝利を目指すことが重要だと述べた。

「今日は全員でトレーニングを行った。出場できるかどうか怪しい選手が何人かいるから先発のラインナップを決めることはまだできていないが、明日には決めてベストチームを送り込むつもりだ。結局は1試合1試合をこなしていくしかない。重要なのは、次の試合で良いパフォーマンスを発揮して勝つことだ。それがその次の試合で勝つことに繋がるから、そこに集中するだけだ」

また、4-0で勝利したチャンピオンズリーグ(CL)のPSV戦を引き合いに出し、チームの今後の方向性も示している。

「もっと良くしていきたいと思っているが、水曜日(20日)の夜の我々は信じられないほど素晴らしかった。見ていて楽しかったし、素晴らしかった。しかし、そのような状態にありながらその3日後は引き分けたから、改善する必要がある。確かなのは、一貫性を持ち、毎日望むレベルに達するために向上していく必要があるということだ。我々はもっと良くなりたいと思っている」

PR
関連ニュース

アジアカップ後欠場続く冨安健洋は「まだもう少しかかる」、アルテタ監督がケガ人の状態明かす

アーセナルのミケル・アルテタ監督が負傷者の状況を明らかにした。クラブ公式サイトが伝えた。 プレミアリーグでは5連勝を飾っている一方、先日行われたチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16・1stレグではポルトに0-1で敗れたアーセナル。立て直しに向け、24日のプレミアリーグ第26節ニューカッスル戦に臨む。 前日会見に臨んだアルテタ監督は、複数抱えているケガ人の状態についてコメント。まずはガーナ代表DFトーマス・パルティについて語った。 「まだ様子を見なければならない。今日は別のトレーニングセッションがあるが、彼は何カ月も戦線離脱している。いつ彼が出場できる状態になるか、そのタイミングを見極める必要がある。しかし、私が思うに彼の復帰はかなり近いと思う」 また、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスやウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコ、日本代表DF冨安健洋にも言及。冨安以外は復帰が近いと示唆している。 「ギャビー(ジェズス)も(トーマスと)同様だ。少しずつ状態を上げている。アレックス(ジンチェンコ)もそう遠くない。冨安はまだもう少しかかる」 さらに、開幕節で右ヒザ前十字じん帯損傷の大ケガを負ったオランダ代表DFユリエン・ティンバーにも触れ、回復具合次第では今シーズン中の復帰もあり得ると述べた。 「(シーズン終了前の復帰を)本当に願っている。彼はとてもよくやっている。ピッチ上で何人かの選手たちとプレーしているし、来週には我々(チーム)と一緒に少しずついくつかのことを始めていくつもりだ」 「それから彼がどのように進歩していくかや、彼の自信のレベル、フィットネスレベルを確認していく必要がある。うまくいけば、今シーズン中の復帰が可能になる」 2024.02.23 21:19 Fri

「もっとうまくマネジメントしないといけなかった」 1stレグ劇的敗戦のアーセナル指揮官が反省

今年に入ってのプレミアリーグで5戦全勝中だったアーセナルだが、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグで先勝を許した。 21日にポルトのホームで1stレグを迎えたアーセナルだが、ポルトの守りに苦しめられ、枠内シュートなしで最終盤に。90+5分にガレーノのミドルでゴールを割られ、0-1の黒星を喫した。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ミケル・アルテタ監督は『TNT Sports』で「もっとうまくマネジメントしないといけなかった」と反省の弁。ただ、12日にホームで行われるリターンレグに前向きだ。 「今はハーフタイムだ。準々決勝に勝ち進みたければ、相手を倒す必要がある。エミレーツではそうしなければならない」 また、ポルトとの1stマッチが終わり、「守備が非常に組織されたチーム。この試合では35、37回のファウルがあって、我々のリズムを崩してくる」と振り返りを続け、逆転突破を誓った。 「だから、あのプレーでは十分じゃないし、もっと改善しないといけないことがいくつかある。次はホームでの試合だし、今や彼らのことをもうわかっている。予想もつく」 「すべてFKからで、誰も触れられなかった。それを教訓にして、もっと良い準備をし、やり遂げるつもりだ」 2024.02.22 11:20 Thu

アーセナル相手に劇的先勝のポルト指揮官「プランを完璧に遂行した選手を祝福」

ポルトがチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16突破に一歩前進した。 ポルトは21日の1stレグをホームで迎え、アーセナルと対戦。相手の枠内シュートを0本に抑え込む守りで粘るなか、90+5分のガレーノ弾で劇的に先勝した。 3月12日に敵地で行われるリターンレグにアドバンテージをもって挑むポルトのセルジオ・コンセイソン監督も『UEFA.com』によると、選手を労った。 「選手は自分たちがやったことに満足しているに違いない。仕事をする時間はほとんどなかったが、多大な決意があった。チームは相手をコントロールするために必要なスペースに入り込んだり、相手を苦しめるために前で何をすべきかを完璧に理解していたね」 「良い試合だったし、CLらしい試合だったよ。相手の方がボールを握ったが、ポルトの方が常に危険だった。ウィングにボールを供給するのがとてもうまくいったし、中盤もコントロールできたね。準備したすべてがピッチで見てとれた。セットプレーでもだ」 「プランを完璧に遂行してくれた選手たちを祝福したい」 2024.02.22 10:30 Thu

レーティング:ポルト 1-0 アーセナル【CL】

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、ポルトvsアーセナルが、21日にエスタディオ・ド・ドラゴンで行われ、ホームのポルトが1-0で先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ポルト採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240222_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 99 ジオゴ・コスタ 6.0 被枠内シュートは0本。ただ、安定したスペースケアに相手のセットプレーに対しても常に良い判断を見せた DF 23 ジョアン・マリオ 6.5 対面のマルティネッリに決定的な仕事を許さず。前半はタイミングの良い攻撃参加も見せた 3 ペペ 6.5 素晴らしくオーガナイズされた守備によって無理な対応を強いられる場面は少なかった。そのなかで抜群のプレーリード、力強さを示した 31 オタヴィオ 6.5 ペペと共にソリッドな守備を90分間継続。さらに、決勝点アシストのおまけつき 18 ヴェンデウ 6.5 相手のキーマンであるサカを見事に封じ切った。それだけに後半終盤のケガは気がかり (→エウスタキオ -) MF 10 コンセイソン 6.0 攻撃面では違いを生むには至らずも、カード覚悟のプロフェッショナルファウルなど父が仕込んだ守備をきっちり完遂 (→ボルジェス -) 22 バレラ 7.0 アンカー気味の立ち位置で気の利いたプレーを90分間に渡って見せた。とりわけ、守備時の的確なスペースケア、カバーリングは圧巻だった 11 ペペー 6.0 持ち味の局面打開やチャンスメークには至らずも、チームプレーヤーとして守備面の貢献は非常に大きかった 16 ニコ 6.0 後半はややバテたが、バレラやペペーと共に守備面の貢献は大きかった。繋ぎの局面ではもう少し工夫がほしかった (→イバン・ハイメ -) 13 ガレーノ 7.0 前半の決定機は決め切れなかったが、土壇場でチームを勝利に導く圧巻のゴールを決めた FW 30 エヴァニウソン 6.0 決定的な仕事には至らずもフィニッシュの局面にしっかりと顔を出した。守備の貢献も上々 (→トニ・マルティネス -) 監督 コンセイソン 7.0 絶好調のアーセナルを枠内シュート0本に封じる見事なゲームプランだった。さらに、勝ち切る勝負強さも発揮 ▽アーセナル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20240222_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 22 ラヤ 5.5 失点はノーチャンス。良いポジショニングでのシュートストップや勇気を持ったクロス対応を見せた DF 4 ホワイト 5.5 守備は最低限こなしたが、攻撃面では効果的なプレーができず。クロスも相手に引っかけられた 12 サリバ 6.0 セットプレーで決め切れなかったが、守備ではガブリエウと共にソリッドな対応だった 6 ガブリエウ 6.5 焦れる展開のなかで冷静に相手のカウンターに対応。対人対応でも強さを見せた 15 キヴィオル 5.0 できることはやっていたが、チーム全体の機能不全によって個人として粗が目立つ形に。やはりトップレベルの舞台では厳しいか MF 8 ウーデゴール 5.5 ボールを捌きながら何とか変化を加えようとしていたが、チームと共に難しい試合に 41 ライス 6.0 失点場面では寄せ切りたかったが、相手を褒めるべき。それ以外の局面では球際の勝負、守備面でチームをよく助けた 29 ハヴァーツ 5.5 中盤と前線でプレー。もう一工夫ほしいところだったが、個人としては及第点の出来 FW 7 サカ 5.0 勤続疲労もあってか全体的に重さが目立った。相手守備も素晴らしかったが、本来の出来ではなかった 19 トロサール 5.0 見せ場は後半序盤のボレーシュートのみ。なかなか良い形でボールに絡めず、消える時間が長かった (→ジョルジーニョ 5.5) 若干リズム、テンポを改善させた 11 マルティネッリ 5.0 サカ同様に相手守備陣に封じ込まれた。判断、切れの部分でいまひとつだった 監督 アルテタ 5.0 引き分けも視野に入れた上での采配は理解できるが、攻撃面でほぼ修正できず ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ガレーノ(ポルト) バレラを含めチーム全体で素晴らしい戦いを見せたが、やはり勝利に導く見事なゴールを決めた主役をMOTMに選出。かなり疲労を強いられる戦いの中、土壇場でのあの正確無比な一撃は圧巻の一言。 ポルト 1-0 アーセナル 【ポルト】 ガレーノ(後49) 2024.02.22 07:10 Thu

ポルトが後半ATのガレーノ芸術弾で劇的先勝! アーセナルは枠内シュート0本での敗戦に…【CL】

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、ポルトvsアーセナルが、21日にエスタディオ・ド・ドラゴンで行われ、ホームのポルトが1-0で先勝した。なお、アーセナルのDF冨安健洋はベンチ外となった。 ポルトは今季CLグループステージでバルセロナ、シャフタール、アントワープと同居したグループHを本命バルサに次ぐ2位通過。2シーズン連続でベスト16進出を果たした。直近のエストレラ戦を2-0の快勝で飾って3試合ぶりの白星を挙げたプリメイラ・リーガ3位チームは負傷のタレミら一部主力を除き現状のベストメンバーを起用。重鎮ペペやガレーノ、コンセイソン、ペペーらがスタメンに並んだ。 一方、7年ぶりに欧州最高の舞台に返り咲いたアーセナルは、PSV、RCランス、セビージャと同居したグループBを首位通過した。熾烈な三つ巴の争いにおいて首位と2ポイント差の3位をキープするプレミアリーグでは、直近2試合で11得点無失点と圧巻のパフォーマンスを披露。5連勝という最高の状態で初攻略目指す難所ドラゴンに乗り込んだ。アルテタ監督はこの一戦に向け、直近2試合と全く同じスタメンを選択した。 ポルトガル屈指の強豪と、欧州の舞台での復権目指すイングランドの強豪による14年ぶりの対戦。試合は立ち上がりからボールを保持するアーセナル、[4-5-1]のコンパクトなブロックで迎え撃つポルトという構図の下で拮抗した展開が続く。 圧倒的にボールを握るアーセナルだが、絶妙な立ち位置と連動性でスペースと人をケアするポルトののらりくらりのミドルプレスに苦戦。流れの中では効果的にボールを前進させられず、決定機はおろかフィニッシュまで持ち込めない。頼みのセットプレーも不発で攻撃は完全に停滞してしまう。 一方、うまく相手にボールを持たせたポルトは狙いとするカウンターに持ち込むまでには至らなかったが、前半半ばの21分にビッグチャンスを創出。右サイドでオフサイドラインの味方と入れ替わる形で深い位置に抜け出したコンセイソンのクロスのこぼれに反応したガレーノがゴール前で鋭いダイレクトシュート。左ポストを叩いた撥ね返りを再びガレーノが合わせるが、これも枠の右に外れた。 前半半ばから終盤にかけても睨み合いの状況が続く。攻撃回数は少ないものの、際どい形でフィニッシュまで持ち込むポルトに対して、アーセナルは完全にボールを“持たされる”形に。終盤にかけてはセットプレーからようやくフィニッシュに繋げたが、フラストレーションが溜まる前半45分となった。 ポルトペースもクローズな前半を経て両者は同じメンバーで後半45分の戦いに臨んだ。互いに前半出た課題を修正したものの、後半もゲームバランスが変わることなく睨み合いの展開となる。 ポルトはカウンター、アーセナルはセットプレーでチャンスを窺うが、後半もバトルの主戦場は常に中盤で互いにフィニッシュの数が増えていかない。 後半半ばを過ぎても均衡が保たれるなか、アーセナルは70分過ぎにトロサールを下げてジョルジーニョを投入。このままでのタイムアップやむなしの姿勢を見せる。一方、失点を喫するようなリスクは冒したくないものの、ゴールはほしいポルトは80分を過ぎてトニ・マルティネスやボルジェスといったフレッシュなアタッカーを投入した。 しかし、一連の交代も試合に変化を与えることはなくこのまま0-0でタイムアップかに思われたが、最後の最後にドラマが待っていた。94分、ターンオーバーの応酬からポルトのガレーノにボールが渡ると、ボックス手前左から見事な右足のコントロールシュートをゴール右隅に突き刺した。 そして、ガレーノのゴラッソで劇的勝利を収めたポルトが先勝に成功した。一方、枠内シュート0と攻撃が停滞したなか、割り切って引き分けで初戦を終えようとしたアーセナルだが、その目論見が土壇場で崩れ去るもったいない負けとなった。 なお、アーセナルホームの2ndレグは3月12日に行われる予定だ。 2024.02.22 07:01 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly