ミラン指揮官、宿敵インテルとの一戦に意気込み 「過去のダービーには興味がない。土曜の試合が重要」

2023.09.16 14:31 Sat
Getty Images
ミランのステファノ・ピオリ監督がインテル戦を前にして自らの想いを語った。クラブ公式サイトが伝えている。
PR
既存戦力と新戦力がうまく噛み合い、今シーズンはセリエA開幕から3連勝スタートのミラン。16日に行われる第4節では同じく3連勝中の宿敵インテルとのミラノ・ダービーが待ち受けている。
インテル戦の前日会見に臨んだピオリ監督はここまでの好調ぶりを理由に勝利への自信を見せた。

「まだリーグ戦は序盤だが、我々は良いスタートを切ったし、抜け目なくこの調子で続けていきたい。チームがどのように準備してきたか、どのように試合に臨みたいか、どのようなプレーをしたいと思っているかは理解している。だが、実際に試合がどのように展開され、何が行われるのかは見てみよう」

「過去のダービーには興味がない。土曜日の試合が重要であり、最大限のチャンスだ。選手たちには勝てると思ってもらいたい」
また、選手個人にも焦点を当て、デンマーク代表DFシモン・ケアーやフランス代表FWオリヴィエ・ジルーといったベテラン組の重要性について語った。

「ケアーはこのような重要な試合に出場する準備ができている。彼は強いし、素晴らしいパーソナリティを持っている。ズラタン(・イブラヒモビッチ)は唯一無二の存在だが、チームはある特定のやり方で機能するよう成長している。ドレッシングルームには素晴らしい個性を持った選手がいて、ジルーもその1人だ」

今シーズンから背番号「10」を着用し、ここまで1ゴール1アシストを記録しているポルトガル代表FWラファエル・レオンには大きな期待を寄せていることも明かしている。

「ラファは大きく成長した。彼は圧倒的な存在になっているし、チームのために決意を固めている。そしてそれは、インテル戦のピッチでも彼がやらなければならないことだ」

最終ラインはイングランド代表DFフィカヨ・トモリが出場停止、U-21フランス代表DFピエール・カルルも負傷により出場が危ぶまれている状況にあるが、今夏アトレティコ・プラテンセから獲得したアルゼンチン人DFマルコ・ペジェグリーノに関しては、まだまだこれからの選手であることをほのめかしている。

「ペジェグリーノは非常に注意深く、規律正しいディフェンダーだ。サイドバックもできるが、彼は成長する必要がある。そして時が経てば、我々のためにたくさん貢献をしてくれるだろう」

PR
関連ニュース

セリエA帰還の可能性もあるジョルジーニョ、代理人は「ラツィオやユベントスが彼に合うと思うが…」

アーセナルのイタリア代表MFジョルジーニョ(32)の代理人であるジョアン・サントス氏は、選手がセリエA復帰に向かっていることを示唆した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ナポリやチェルシーで活躍してきたジョルジーニョは、2023年1月にアーセナルへ完全移籍で加入。チームの絶対的な主軸とまではならずとも、要所要所で存在感を示しており、今シーズンも公式戦25試合に出場している。 一方で、アーセナルとの契約は2024年6月で満了となり、クラブは延長オプションを保有するも行使するかは不透明に。こうした事情もあり、セリエA復帰の可能性もあるとこれまで複数メディアで報じられてきた。 そんな中で、『TvPlay』のインタビューに応じたジョアン・サントス氏は、セリエAのローマを除くビッグクラブに移籍する可能性はあると明言しており、今後そのいずれかと交渉を進めることを示唆している。 「彼の特徴を熟知しているサッリ監督の存在を考えると、ラツィオはより合うクラブになるだろう。だが、ナポリで何年も一緒に過ごしたクリスティアーノ・ジュントーリのような偉大なディレクターがいるユベントスも合うと思う」 「私としては、以前サッリ監督の下で働いていたカルツォーナ新監督のいるナポリに戻る選択肢も排除したくない。一方で、ローマはないと思う。彼らとこれまで接触したことはないからね。そして彼らの強さや伝統を考えれば、ミランやインテルでプレーしたくない人はいないだろう」 2024.02.29 12:40 Thu

ゴールよりも注目された笑顔、笑いながら圧巻のゴラッソを決めるミランの10番にファンも驚き「笑ってやがる」「サッカーを純粋に楽しんでいる」

ミランのポルトガル代表FWラファエル・レオンのゴラッソが話題だ。 25日、セリエA第26節でアタランタをホームに迎えたミラン。開始3分に先制に成功するも同点に追いつかれると、試合を優勢に進めながらも勝ち越しゴールは奪えず、1-1の引き分けで終えていた。 この試合でミランの先制ゴールをマークしたのがレオン。リーグ戦では実に約5カ月ぶりの一発となっていた。 左サイドから相手DF2人の間を割って強引に突破し、角度のないところからのシュートを見事に決め切っていたレオンだが、そのプレー中の表情が注目を集めている。 レオンは、ゴールが決まる前から笑顔でプレー。サッカーを楽しんでいるような表情はSNS上でも話題になり、「彼はサッカーを純粋に楽しんでいる」、「いつも笑っている」、「笑ってやがるぞ」、「この笑顔がもっと見たい」と反響が寄せられている。 そんなレオンが出版する自伝のタイトルは「Smile」。サッカーだけでなく人生でも笑顔をモットーに生きている。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】レオンが笑いながらゴラッソを決める!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C32Qy_xIEw_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C32Qy_xIEw_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C32Qy_xIEw_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>“ミランの10番”に待望の1発‼<br>\<br><br>ミランのエース、ラファエウ レオンが<br>リーグ戦約5カ月ぶりのゴール<br><br>左サイドから得意のドリブルでDF2人を置き去り<br>最後は角度のない位置から豪快に突き刺した<br><br>セリエA第26節<br>ミラン×アタランタ<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中 <a href="https://t.co/VQoeykk4ZQ">pic.twitter.com/VQoeykk4ZQ</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1761944897844572302?ref_src=twsrc%5Etfw">February 26, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.28 18:20 Wed

ミラン、アタランタとの上位対決を優勢に進めるもPKの一撃でドロー【セリエA】

ミランは25日、セリエA第26節でアタランタをホームに迎え、1-1で引き分けた。 前節はヨビッチが退場してモンツァに2-4と敗戦した3位ミラン(勝ち点52)は、3日前に行われたヨーロッパリーグでは1stレグのアドバンテージを生かしてレンヌを退けた中、3選手を変更。ジルーやロフタス=チークがスタメンに戻り、アドリをアンカーとする[4-3-3]で臨んだ。 5連勝中の5位アタランタ(勝ち点45/1試合未消化)に対し、ミランは開始3分に先制する。左サイドで仕掛けたレオンがDF2人の間を割って突破しボックス内へ。見事にシュートを決めきった。 良いスタートを切ったミランがボールを持つ中、20分にはフロレンツィの右クロスからロフタス=チークが際どいヘディングシュートを浴びせた。 前半半ば以降もミランが敵陣でボールを持つ展開としていたが、39分にPKを献上。CKをクリアにかかったジルーの足がホルンの頭に接触すると、VARの末にPKとなった。これをコープマイネルスに決められ、試合を振り出しに戻された。 迎えた後半、前がかるアタランタに対し、ミランは61分に勝ち越しの好機。4分前に投入されていたカラブリアがボックス右からシュートに持ち込んだが、GKカルネセッキの好守に阻まれた。 さらに69分、レオンのフィードを受けたボックス右のプリシックがシュートに持ち込むもわずかに枠を捉えきれなかった。 攻勢のミランは77分、ロフタス=チークの強烈なミドルがGKを強襲すれば、80分にはレオン、ジルーと立て続けに決定的なシュートを放つもGKカルネセッキとザッパコスタの好守に阻まれ、1-1でタイムアップ。優勢に試合を進めたが勝ち切るには至らなかった。 2024.02.26 06:48 Mon

ミランが若き才能の宝庫・ボローニャから“看板3枚抜き”?

ボローニャは、言わば若き才能の宝庫だ。 24日現在、セリエAでチャンピオンズリーグ(CL)圏内の暫定4位につけるボローニャ。資金力に乏しいプロヴィンチャだが、その安定感はインテルら強豪に勝るとも劣らない。 率いるは就任2年目のチアゴ・モッタ監督(41)。現役時代にバルセロナとインテルでCL制覇を経験し、キャリア晩年はパリ・サンジェルマン(PSG)でプレー。地味ながらもチームに欠かせぬリンクマンだった名役者だ。 そんな男はボローニャでの舵取りも高く評価され、古巣バルセロナが次期指揮官にリストアップしているとも。また、それ以上に有力視されているのは、古巣インテルの宿敵・ミランの次期指揮官職だ。 モッタ監督の下で大きく成長した選手も多数。 バイエルンでの伸び悩みはもはや過去、U-21オランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(22)。自国の偉大な指揮官と同じ姓を持つスコットランド代表MFルイス・ファーガソン(24)。2人は揃ってモッタ監督と共にミラン行きが噂されている人気銘柄だ。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ザークツィーは前所属バイエルンが4000万ユーロ(約65億2000万円)の買い戻しオプションを保有。ファーガソンも2027年6月までの契約+1年延長オプションがあり、2500万ユーロ(約40億7000万円)程度で獲得できる選手ではない。 ミランとしては、モッタ監督をポスト・ピオリの筆頭に据えるなか、カギを握りそうなのがボローニャへ貸し出し中のベルギー代表MFアレクシス・サーレマーケルス(24)。この男を交渉に含めることにより、“最大操作”=モッタ+ザークツィー+ファーガソンの3者同時獲得へ、というプランがあるとみられている。 3者同時獲得…もちろん現段階ではミランにとってアイデアのひとつに過ぎないようだが、実現なら素晴らしい補強に。優秀な青年指揮官、若き攻撃的タレント2枚…その腕に疑いの余地はない。 2024.02.24 17:50 Sat

バイエルンは今夏のデイビス退団を覚悟? 後釜として狙うはミランのフランス代表DFか

バイエルンがカナダ代表DFアルフォンソ・デイビス(23)の退団に備え、左サイドバックの補強を計画しているようだ。 2019年1月にバイエルンへ加入して以来、左サイドバックの主力としてチームに貢献してきたデイビス。今シーズンも公式戦27試合に出場する同選手だが、クラブとの契約は2025年6月までとなっている。 バイエルンはデイビスとの契約延長を望むも、選手側が要求する大幅な昇給に応じるつもりはなし。今夏に契約が残り1年となるカナダ代表DFに対しては、かねてより関心を示してきたレアル・マドリーがオファーする可能性が高いと報じられている。 ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、バイエルンのクラブ関係者も夏にデイビスが去るのを覚悟しているとのこと。すでに後釜のリストアップが始まっており、ミランのフランス代表DFテオ・エルナンデス(26)が有力な候補になっている模様だ。 テオ・エルナンデスはミランの絶対的な左サイドバックであり、今シーズンも公式戦32試合4ゴール8アシストを記録。オファーするとなればミランの徹底抗戦も予想される中、バイエルンがどのような決断を下すかが注目される。 2024.02.24 17:40 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly