「何を話してる?」…フレッジがフルアム移籍? 今季最終節後のとある一幕がSNSで拡散 「理に叶う補強」

2023.05.29 17:41 Mon
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表MFフレッジ(30)がフルアム戦後に敵将と何らかの会話を交わしたようだ。イギリス『サン』が伝えている。
すでに来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場を決めているユナイテッド。28日にホームで行われたプレミアリーグ最終節のフルアム戦では2-1で勝利し、エリク・テン・ハグ監督就任1年目を3位でフィニッシュすることとなった。
一方、この一戦で先発から66分までプレーし、同点弾のお膳立てと逆転弾のアシストで勝利に貢献したフレッジ。試合後にオールド・トラッフォードの外でフルアムのマルコ・シウバ監督と立ち話をしている様子がファンによって撮影、SNSに投稿され、今夏のフルアム移籍が噂される状況となっている。

というのも、ユナイテッドはテン・ハグ監督がセントラルハーフの補強を熱望していることが広く知られており、既存戦力のスコットランド代表MFスコット・マクトミネイ(26)や元オランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク(26)、そしてフレッジは売却も取り沙汰されている。

対するフルアムもチームの要であるポルトガル代表MFジョアン・パリーニャ(27)に引き抜きの噂が絶えず、後釜の確保を目論んでいるとされる状況。既存のMFを削りたいユナイテッド、MFを求めるフルアム、両クラブの思惑が近いこともあり、フレッジがフルアムへ?という憶測に繋がったようだ。
もちろん憶測の域を出ないものだが、SNS上では議論が活性化。あるファンが「フルアムにとってフレッジは理に叶う補強だ」と投稿すれば、「プレミアは莫大なお金が動く…中堅クラブに行くのも不思議はない」「マルコ・シウバに金銭面の希望を聞かれていたのでは?」という意見も出ている。

今回のフルアム戦で勝利の立役者となったフレッジ。フルアム移籍の真相のほどはわからないが、ウェストハムが退団濃厚なイングランド代表MFデクラン・ライス(24)の後釜としてフレッジに注目していることは明らかになっている。



1 2

関連ニュース

「何かが間違っている」エブラ氏が古巣ユナイテッドに抱く懸念とは?「CL4度制覇のセンターバックが…」

元フランス代表DFパトリス・エブラ氏が、古巣マンチェスター・ユナイテッドへの懸念を口にした。イギリス『ミラー』が伝えている。 サー・アレックス・ファーガソン監督時代晩年のユナイテッドにおいて、不動の左サイドバックとして輝きを放ったエブラ氏。抜群の安定感に効果的な攻撃参加…クラブ通算379試合に出場し、プレミアリーグを5度、チャンピオンズリーグ(CL)を1度制した紛れもないレジェンドだ。 そんなエブラ氏がオールド・トラッフォードを去って9年余り、ユナイテッドは6日、プレミアリーグ第15節でチェルシーに2-1と勝利。『Amazon Prime』のコメンテーターとしてこの試合を見守ったエブラ氏は試合後、こんなことを語った。 「何かが間違っている…ルーク・ショー。彼のプレーが良かろうが悪かろうが、私は彼がセンターバック(CB)としてプレーする姿など見たくない。彼は正真正銘の左サイドバックだ。ヴァランやマグワイア、リンデロフがいるのに…」 「今日は左サイドバックだったが、時折彼がCBでプレーする姿を見る。私もユナイテッドでCBを務めたことがあるが、それは緊急事態が発生した時のみ…ユベントスでもCBをやったが、それも年齢を重ねていたから。ショーはCBをやるにはまだ若い」 ユナイテッドはチェルシー戦前の第14節でニューカッスルと対戦した際、本職CBのラファエル・ヴァランを90分間ベンチに置き、ショーがCBとしてフル出場。エブラ氏としては、フランス代表で共闘したこともあるヴァランを差し置いてショーがCB起用されることを疑問視しているようだ。 「今日はショーが本来の左サイドバックで見れて本当に嬉しい。個人的にはこの方が最終ラインのバランスが安定すると考えているんだ。もしショーがCBだったら、そのプレーが良くても悪くても称賛する気になれない」 「CLを4度制したCB(ヴァラン)がいるのに、その選手は11人にいない…」 2023.12.08 14:35 Fri

2023年は46試合14ゴール...得点力に磨きかけるマクトミネイ「常にボックス内へ走れと両親から(笑)」

マンチェスター・ユナイテッドのスコットランド代表MFスコット・マクトミネイがチェルシー戦を振り返った。 6日、ユナイテッドはプレミアリーグ第15節でチェルシーと対戦。相手の決定力不足にも助けられた感は否めないが、果敢なバイタルエリア侵入から2点を奪ったマクトミネイの活躍により、2-1と勝利...リーグ戦2試合ぶりの白星となり、暫定ながらも6位に浮上した。 勝利の立役者マクトミネイは今季ユナイテッドでプレミア5ゴール、公式戦全体では6ゴールとし、2023年に入ってからは代表活動も含めて46試合14ゴール。20代中盤を迎えて得点力に磨きをかけている印象だ。 攻撃参加への意識についてクラブ公式チャンネル『MUTV』で問われると、「常にゴールを積み上げたいと思っているよ。周囲の人たちから『キミはもっとできる、もっとゴールを決められる、自分を信じればいい』と言ってもらっているんだ」と語る。 「両親もいつも僕に『常にボックス内へ走れ。ゴールを決めろ』と言う(笑) チームが良いプレーをし、そこで自分も貢献できている限りは幸せだよ。今日はハットトリックもできたんじゃないかって? ちょっと信じられないな(笑) まあでも何が起こるかわからないのがフットボール...いずれ達成すると信じているよ」 残念ながらハットトリックはならなかったわけだが、ライバル・チェルシーを自身の2発で撃破。試合後にロッカールームへ退く際はオールド・トラッフォードの観衆から割れんばかりの大歓声と拍手がマクトミネイへ注がれた。 「今日は両親にいとこ、いとこのガールフレンドまで観に来てくれていたんだ。全てが特別な時間だったよ。最後まで応援してくれたファンにただただ感謝しているよ」 2023.12.07 16:41 Thu

ユナイテッド戦敗北認めるも「我々は準備期間が1日少ない」 チェルシー指揮官が日程に不満げ

チェルシーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が肩を落とした。 6日のプレミアリーグ第15節でマンチェスター・ユナイテッドのホームに乗り込んだチェルシー。前半のうちにコール・パーマーのゴールで追いついたが、後半に勝ち越され、1-2で敗戦した。 イギリス『BBC』によると、ユナイテッドに攻守で上回られての2試合ぶり黒星にチェルシー指揮官も敗北を認めたが、日程面の差が影響した試合と評した。 「相手チームは勝利に値した。立ち上がりが難しいものになってしまったが、彼らは大きなエネルギーを示してくれたよ」 「我々は準備期間が1日少ない日曜日にプレーしたんだ。望む形で試合を始めるのは難しかった。勝つチャンスもあったがね」 「後半の立ち上がりはとても良かったが、失点してしまった」 2023.12.07 11:25 Thu

雑音一蹴のチェルシー撃破にテン・ハグも満足 「このチームもこのプロジェクトも良くなる」

マンチェスター・ユナイテッドが大きな1勝を掴んだ。 6日のプレミアリーグ第15節でチェルシーをホームに迎え撃ったユナイテッド。この試合では一時追いつかれてしまったが、スコット・マクトミネイの2ゴールで2-1と勝利した。 前半早々に巡ったPKチャンスを名手のブルーノ・フェルナンデスが失敗して嫌なムードもあったが、前からの守備やそこからの攻撃も機能し、会心の勝利を掴んだ。 ニューカッスル・ユナイテッドとの前節を落とし、3連勝が止まっての今節だったが、バウンスバックに成功。イギリス『BBC』によると、テン・ハグ監督はこう振り返っている。 「文句は常にあるが、結果とパフォーマンスに満足だ。我々はそれに値する。観客にこのメッセージを送りたかったが、これが我々のスタイルでもある。最初の30分間はピッチ上で完璧だった」 「失点は余計だった。スイッチを切ってしまったね。だが、我々はステップを踏んでいるし、正しい方向に向かってもいる。このチームは良くなっていくし、このプロジェクトも良いものになる」 このチェルシーとのビッグマッチを迎えるにあたり、急進力の低下が叫ばれたりもしたが、「雑音は気にしない。選手も慣れっ子だ」と話すと、殊勲のマクトミネイに言及した。 「彼は素晴らしかった。重要な役割を果たしたよ。とても良い選手だ。アントニーと一緒にチェルシーを止めたね。ポゼッションでも非常にダイナミックだった。2ゴールを決めたが、もっと得点できたはずだ」 2023.12.07 10:50 Thu

レーティング:マンチェスター・ユナイテッド 2-1 チェルシー【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第15節、マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシーが6日にオールド・トラッフォードで行われ、ホームのユナイテッドが2-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽マンチェスター・ユナイテッド採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20231207_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 24 オナナ 6.0 失点はノーチャンス。ジャクソンとの一対一を冷静に止めるなど、セーブ機会こそ多くなかったが、安定したパフォーマンスだった DF 20 ダロト 6.0 左サイドが攻撃の起点となっていたことで、バランス重視のプレー。ムドリクのスピードにやや手を焼いたが、要所を締める守備 5 マグワイア 6.5 ハイプレスの戦いを機能させるためリスクを背負ったライン設定。相手をスピードに乗せる前にスピードダウンさせ、対人戦でも強さを見せた。決勝点の起点になるなどマイボール時も危なげなくプレー 2 リンデロフ 5.5 際どい場面のスリップや失点場面の対応など個人としては悔しい一戦に。前半のみの出場となった (→レギロン 6.5) 先発起用も想定された中、悔しいベンチスタート。その鬱憤を晴らすかのように効果的な攻撃参加でガルナチョと共にサイドを制圧。守備でもしっかりと身体を張った 23 ショー 7.0 前半はホイルンドへの見事なスルーパスを始め、効果的な攻撃への絡みで存在感。後半はチーム事情もあってかセンターバックにスライドし、リスク管理の部分でチームを支えた MF 21 アントニー 6.5 決定力こそ欠いたが、それ以外の部分では攻守両面でハイパフォーマンスを披露。恩師の窮地において躍動した 39 マクトミネイ 7.5 殊勲の2ゴールで勝利の立役者に。それ以外でも攻守両面で持ち味のインテンシティの高いプレーで相手の脅威となった 8 ブルーノ・フェルナンデス 6.5 PK失敗は痛恨だったが、メンタルでぶれることなくその後は多くの決定機を創出。強度の高い守備も素晴らしかった 4 アムラバト 6.5 前半のバックパスのミスは頂けなかったが、ターンオーバーの応酬となった試合で持ち味の機動力、ボール奪取能力を遺憾なく発揮 17 ガルナチョ 7.0 決勝点をアシスト。アントニー同様に決定力の部分で課題を出したが、再三の鋭い仕掛けと献身的な守備をみせ、マクトミネイに比肩する勝利への貢献度だった (→エバンス -) FW 11 ホイルンド 5.5 幾度かチャンスはあったものの、プレミア初ゴールはまたしてもお預け。前線での起点作りや守備の貢献はまずまず (→ラッシュフォード -) 監督 テン・ハグ 6.5 試合直前のネガティブな報道を結果と内容で黙らす会心の勝利を掴んだ ▽チェルシー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/get20231207_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ロベルト・サンチェス 6.5 ビルドアップのミスでピンチを招く場面もあったが、圧巻のPKストップを含めて再三のビッグセーブで試合への興味を最後まで繋いだ DF 3 ククレジャ 5.0 想定外の右サイドバック起用で攻守両面で持ち味を発揮できず。前半のみのプレーに (→リース・ジェームズ 5.5) 攻撃面ではククレジャに比べて良さを見せたが、守備では個人の問題ではないが終始劣勢に。それでも、カウンターのピンチで良い戻りもあった 2 ディザジ 5.0 守備ではサンチェスの助けで大崩れはしなかったが、ビルドアップの場面での判断や立ち位置の問題を露呈 6 チアゴ・シウバ 5.5 サンチェスと共に再三の好守で崩壊しかけたけた守備を何とか持たせた 26 コルウィル 5.0 2失点目ではマクトミネイに出し抜かれる。なかなか攻撃にも出られず、試合を通して窮屈なプレーを強いられた MF 7 スターリング 5.0 前半に2度の良い形での抜け出しがあったが、以降は完全に沈黙。相性が悪い相手に輝きを放てず 25 カイセド 5.0 守備では最後のところで身体を張ったが、相手の強烈なプレスに手を焼いて効果的にボールを前進させられず 20 パーマー 6.0 元シティの選手として意地の1ゴール。ただ、それ以外の局面では危ういロストを含め難しいプレーを強いられた 8 エンソ・フェルナンデス 5.0 サンチェスに救われたもののPK献上。カイセドと共にプレス回避や起点づくりの部分で貢献できなかった 10 ムドリク 5.5 前向きな仕掛けで相手の脅威にはなったが、最後の局面でのプレー判断や精度は依然として課題 (→ブロヤ 5.5) 土壇場にチャンスが訪れたが、渾身のヘディングシュートは無情にもポストに阻まれる FW 15 ジャクソン 5.0 1失点目に繋がるロストに前半の決定機逸とチームの足を引っ張る結果に。要所でポテンシャルは示したが、やはり主力ストライカーとして物足りない 監督 ポチェッティーノ 4.5 ギャラガー不在の影響は大きかったが、ククレジャの右サイドバック起用の不発や修正策が全く嵌らずに完敗 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マクトミネイ(マンチェスター・ユナイテッド) ガルナチョらの活躍も見事だったが、戦前の期待値が高くない中でチームを勝利に導く働きを見せたスコットランド代表MFをMOMに選出。比較的自身の特長が出やすい戦いとなったことで、ダイナミックなプレーを90分間継続できた。 マンチェスター・ユナイテッド 2-1 チェルシー 【マンチェスター・ユナイテッド】 マクトミネイ(前19) マクトミネイ(後24) 【チェルシー】 パーマー(前45) 2023.12.07 07:27 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly