後半ATのワンプレーで明暗!熊本が2点のビハインドから追い付き千葉とドロー【明治安田J2第11節】

2023.04.21 21:10 Fri
明治安田生命J2リーグ第11節、ロアッソ熊本vsジェフユナイテッド千葉がえがお健康スタジアムで行われ、2-2の引き分けに終わった。

2戦連続ドロー中で13位の熊本と、前節は開幕戦以来となる今季2勝目を挙げた20位の千葉。最序盤は千葉が相手陣内に攻め入る回数が多かったが、先に大きな決定機を迎えたのは熊本だった。
9分、石川大地のポストプレーから島村拓弥がスルーパスを送り、完全に抜け出した平川怜がビッグチャンスを迎えたが、右足の一振りはGK新井章太に触れられ、クロスバーを叩いた。

次第に熊本がボールを握り、千葉が粘り強く対応する膠着状態へと入った中で、試合が動いたのは40分だった。千葉は奪ってからの速攻などでこの日4つ目のCKを獲得すると、田口泰士のキックに西久保駿介。頭で合わせると、ヘディングシュートはGK田代琉我に触れられながらも、ゴールへ吸い込まれた。

リードして折り返した千葉は61分に追加点を奪取。椿直起がバイタルエリア中央まで運び、右の見木友哉を使うと、さらに外の田中和樹へと渡ってグラウンダーで折り返す。ゴール前へ顔を出した椿が右足で流し込んだ。
だが、千葉は直後に田口が接触のないところで足を痛め、追加点の3分後に負傷交代するアクシデント。これに乗じた熊本が2枚替えで状況の打開を図ると、セットプレー崩れから江崎巧朗がボックス右から右足を振り、DFに当たってコースの変わったシュートがネットを揺らして1点を返す。

押し返され始めた千葉は81分に3枚替えを行い、最終ラインも5枚に変更して逃げ切りを図ったが、アディショナルタイムも目安の7分に迫ろうかといったタイミングで小林祐介がボックス内でハンド。熊本にPKが与えられた。

これを途中出場の粟飯原尚平が冷静に左隅へ決め、土壇場でホームチームが同点に追いつくと、そのままタイムアップ。最終盤のワンプレーが結果に大きな影響を与えることとなった。

◆明治安田生命J2リーグ 第11節
▽4月21日
ロアッソ熊本 2-2 ジェフユナイテッド千葉

▽4月22日
《14:00》
大宮アルディージャ vs 清水エスパルス
ヴァンフォーレ甲府 vs FC町田ゼルビア
ファジアーノ岡山 vs レノファ山口FC
V・ファーレン長崎 vs ブラウブリッツ秋田
《15:00》
東京ヴェルディ vs モンテディオ山形

▽4月23日
《14:00》
栃木SC vs いわきFC
ザスパクサツ群馬 vs 徳島ヴォルティス
ツエーゲン金沢 vs ジュビロ磐田
藤枝MYFC vs ベガルタ仙台
大分トリニータ vs 水戸ホーリーホック
関連ニュース

カタールW杯で日本vsクロアチアを担当した審判団3名がJリーグなどを担当! アメリカとイングランドから6名の審判員が「審判員交流研修プログラム」で来日

日本サッカー協会(JFA)は29日、アメリカサッカー連盟および PGMOL(プレミアリーグのプロ審判協会)との「審判員交流研修プログラム」として、6名の審判員を招へいしたことを発表した。 2008年から、JAFは各国の審判員を招へいし、審判員やインストラクターの国際経験を積むための「審判員交流研修プログラム」をスタート。日本からも海外に行くことがある一方で、海外から招へいした審判員が、JリーグやWEリーグ、国際試合を担当するものだ。 今回はアメリカとイングランドから3名ずつが来日。アメリカからはエルファス・イスマイル氏、パーカー・コーリー・マイケル氏、アトキンス・カイル・トーマス氏が2月28日(水)から3月11日(月)にかけて来日する。 また、イングランドからはスミス・ルイス・ディーン氏、フィニー・ウィリアム・ジェームス氏に加え、FA女子スーパーリーグを担当する女性審判員のインペイ・ローレン・エリザベス氏も3月6日(水)から3月26日(火)まで来日する。 アメリカのトリオは、2022年のカタール・ワールドカップにも参加しており、ラウンド16の日本代表vsクロアチア代表も担当。また、決勝のアルゼンチン代表vsフランス代表ではイスマイル氏が第4審を務めていた。 6名は明治安田J1リーグ第2節から4節、明治安田J2リーグ第3節から5節、U-23日本代表の国際親善試合、WEリーグの第9節から12節、YBCルヴァンカップ1回戦で割り当てられる予定となっている。 なお、5月15日(水)から6月11日(火)にはドイツから1名、5月22日(水)から6月17日(月)にはポーランドから3名、6月12日(水)から7月1日(月)にhあイングランドから1名、9月11日(水)から9月30日(月)にメキシコから1名。現時点で時期は未定だが、カタールからも招へいが予定されている。 2024.02.29 18:35 Thu

秋田が金沢退団のMF大石竜平を完全移籍で獲得!「感謝の気持ちでいっぱいです」

ブラウブリッツ秋田は29日、昨シーズンまでツエーゲン金沢に所属していたMF大石竜平(27)の完全移籍加入を発表した。 ジュビロ磐田U-15の出身である大石は、2019年に国士舘大学から金沢へ加入。初年度から明治安田J2リーグ38試合6得点の成績を残した。 その後もコンスタントに出場機会を得ていた大石だったが、昨シーズンは出場機会が減少。J2リーグ12試合1得点の結果に終わると、シーズン終了後に契約満了が発表されていた。 新天地が決定した大石は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆ブラウブリッツ秋田 「はじめまして、大石竜平です。秋田に加入できて嬉しく思うと同時に、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。謙虚に、直向きに、感謝の気持ちを忘れずに、チームの勝利の為に熱く闘いたいと思います。今シーズンよろしくお願いします!」 ◆ツエーゲン金沢 「お久しぶりです。ブラウブリッツ秋田に加入することになりました。ツエーゲン金沢というクラブでサッカーができたこと、素晴らしい方々に出会えたこと、金沢での全てが一生の財産です。これからは金沢のファンとして、J2昇格を願いながら応援させていただきます。またいつかどこかで会える日を楽しみにしています。5年間本当にありがとうございました」 2024.02.29 15:30 Thu

「事実は確認できなかった」チーム内でのハラスメント報道を受けた群馬が声明、「事実が確認されれば厳正に対処」と今後も調査

ザスパ群馬は29日、「一部報道について」と題し、チーム内のハラスメント報道に声明を発表した。 今シーズンは明治安田J2リーグを戦う群馬。開幕直後である中、一部メディアがトップチーム内のハラスメント行為を報じた。 群馬は事実関係の確認を行っているとしながら、現時点で判明していることを発表している。 「1.クラブにて保管している当日のトレーニングの映像を確認し、当該の発言については確認出来ましたが、こちらのやりとりは当該メディアに情報提供をされたスタッフ(掲載記事内におけるAさん)とは別のスタッフ(Bさん)とのものです。前後のやりとりを見ると決して高圧的な内容ではなく、発言を受けた当該のスタッフ(Bさん)にも確認したところ「ハラスメントとは思っていない」との回答を得ております」 「2.並行して昨シーズンより在籍している選手複数名およびスタッフ全員にヒアリングをしたところ、「お前らスタッフは奴隷契約だから」といった発言、「トレーニングに遅刻した選手への管理不足という理由でスタッフを全員の前で叱責」という事実は確認出来ませんでした」 クラブ内でのパワーハラスメントと捉えられる行動が報じられたが、いずれも現在のところ事実はないとのこと。群馬は調査を進め、ハラスメント行為が確認された場合は厳正に対処するとした。 「弊クラブといたしましては、いかなる理由があってもハラスメントは絶対に許されない行為と考えており、そのような事実が確認されれば厳正に対処をして参ります」 「また、本件はJリーグならびにクラブの顧問弁護士にも情報を共有しながら調査を進めており、然るべき対応が決定した場合、改めてご報告させて頂きます」 「日頃より、ザスパ群馬を応援して下さる皆さま方にはご心配をお掛けしますが、何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます」 2024.02.29 15:10 Thu

藤枝の2選手が負傷離脱…MF水野泰輔、FWアンデルソンが右ヒザ内側側副じん帯を損傷

藤枝MYFCは28日、MF水野泰輔、FWアンデルソンの負傷を報告した。 水野は27日のトレーニング中、アンデルソンは11日の練習試合中に負傷。検査の結果、両者とも右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断されたとのことだ。全治は水野が約6週間、アンデルソンが6~8週間の見込みとなっている。 名古屋グランパスの下部組織出身である水野は、名古屋、FC岐阜でのプレーを経て2017年に藤枝へ加入。2021年にロアッソ熊本へ完全移籍するも翌年藤枝へ復帰すると、昨シーズンはJ2で36試合2得点を記録していた。 アンデルソンはブラジルのベロ・ジャルジンFC出身で、2023年に藤枝へ加入。日本ならび国外初挑戦となった昨シーズンは、J2で23試合3得点を記録した。 2024.02.28 17:25 Wed

昨季限りで岡山退団のヨルディ・バイスが母国復帰 2018年夏の長崎入りからJリーグでプレー

ファジアーノ岡山は28日、DFヨルディ・バイス(35)の新天地がオランダのRKSVハルステレンに決まったと発表した。 オランダ出身センターバックは2018年夏のV・ファーレン長崎入りからJリーグでプレー。徳島ヴォルティスや、京都サンガF.C.を経て、2022年から岡山に活躍の場を移した。 岡山でも1年目から闘志溢れる守りだけでなく、攻撃センスも光らせ、J2リーグ39試合で7ゴール。昨季も38試合の出場で4得点だったが、そのシーズンをもって契約が満了した。 ヨルディ・バイスにとって、ローダJC時代の2015-16シーズン以来となる母国復帰に。岡山の公式サイトを通じて、コメントを残した。 「私の人生のチャプター2が始まろうとしています。大好きなサッカーを選手としてプレーするだけでなく、コーチとして成長することを優先する時がきました。サッカーが好き過ぎるので、まだ完全には引退しません。プレーするレベルを落とすことにはなりますが、マインドは常にプロフェッショナルです」 「そして、必要なコーチングライセンスを取得し、適切な時期が来たら日本に戻り、選手だった時と同様にクラブに全てを捧げ、絶対に諦めない姿勢を持ち、私のサッカー哲学に則って選手とスタッフにピッチ内外でモチベーションを与えられる監督になりたいと思っています。その時は、またファジアーノ岡山で新たな歴史をつくり、勝利を喜び合いましょう」 「今は、ファジアーノを離れたところから応援しています。ホームでの3-0の勝利で素晴らしいスタートを切れたと思うので、これをシーズン終了まで続けることが次のタスクになると思います。改めて、ファジアーノファン・サポーターの皆さんの多大なる幸運と健康を祈ります。ファジアーノ岡山という美しいクラブは、私の心に残り続けます。また会いましょう」 2024.02.28 15:30 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly