浦和L猶本光、W杯イヤー新年一発目はうさみみショット「とても可愛いウサギですね」

2023.01.01 21:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
三菱重工浦和レッズレディースMF猶本光
©︎CWS Brains, LTD.
三菱重工浦和レッズレディースMF猶本光
三菱重工浦和レッズレディースに所属するなでしこジャパンMF猶本光の家族がうさぎになった。2022年はなでしこジャパンの一員としてAFC女子アジアカップでワールドカップ(W杯)出場権を獲得し、クラブでは初の皇后杯制覇を達成した猶本。WEリーグカップでも優勝し、今季のYogibo WEリーグでも全試合でスタメン出場を果たしている。

猶本は昨年末に「たくさんの応援、サポートありがとうございました」と、感謝の言葉とともに思い思いのポーズをとる浦和レディースの集合写真を投稿。明けて新年一発目には今年の干支にちなみ、うさぎ化した家族の写真を公開した。
新年の挨拶とともに投稿されたうさみみ加工の愛犬の一枚には、声援のほかに「とても可愛いウサギですね」、「ウナギイヌ・・・じゃなくてウサギイヌ!?」などのコメントが寄せられている。

浦和レディースは年明け後も試合が続き、8日には第8節のジェフユナイテッド市原・千葉レディース戦。15日には皇后杯の準々決勝、リーグ戦では黒星を喫したINAC神戸レオネッサとの一戦が控えている。猶本が代表活動に招集されれば、2月にはアメリカ遠征も待っている。

佐々木則夫監督時代の2014年に初招集を受けながらも代表定着に至らなかった猶本だが、池田太監督の下では主軸の1人に。とはいえ、ライバルの多いポジションだけに、盤石のレギュラーとは言い難く、定位置争いはし烈を極める。

W杯イヤーとなる2023年。ドイツ仕込みのプレーメーカーはどのような活躍を見せてくれるだろうか。


関連ニュース
thumb

新天地デビュー後3戦連発の浜野まいか、SFでは不発も攻撃牽引で海外初タイトル獲得に王手

ハンマルビーIFに所属するなでしこジャパンのFW浜野まいかが、新天地でのタイトル獲得に近づいた。 浜野は今冬にINAC神戸レオネッサからチェルシーへと2027年夏までの完全移籍で加入。今季はハンマルビーへと期限付き移籍し、スウェーデン1部でプレーすることになっている。 リーグ戦の開幕に先立って行われているカップ戦、女子スヴェンスカカップではグループステージの全3試合に出場。いずれの試合でもゴールを挙げた。 19日に行われたピーテオIFとの準決勝にも先発出場。ハンマルビーは延長戦の末に4-1で勝利を収め、見事決勝進出を決めた。浜野自身は無得点に終わり、デビュー戦からの連続得点は途絶えたものの、セットプレーを含めて攻撃を牽引。前線の選手にもかかわらず、120分フル出場を果たしたことからも、指揮官からの信頼や期待がうかがえる。 決勝戦は5月18日に行われる予定で、ハンマルビーは1995年に連覇を達成して以来となる28年ぶりの優勝を目指す。対戦相手は2年ぶり2度目の頂点を狙う、昨季準優勝のBKヘッケン。浜野は新天地で早速のタイトルを勝ち取ることができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】試合後にチームメイトらと歓喜に沸く浜野まいか</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="sv" dir="ltr">Om en vecka inleder det här finallaget seriespelet på Tele2 Arena. Vi ses där! <br><br> Säkra premiärplåten här: <a href="https://t.co/ES5MHxYItB">https://t.co/ES5MHxYItB</a><a href="https://twitter.com/hashtag/Bajen?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Bajen</a> <a href="https://t.co/WoW7JBR38R">pic.twitter.com/WoW7JBR38R</a></p>&mdash; Hammarby Fotboll (@hammarbyfotboll) <a href="https://twitter.com/hammarbyfotboll/status/1637506285418553346?ref_src=twsrc%5Etfw">March 19, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.03.20 21:10 Mon
twitterfacebook
thumb

「可愛すぎ」「おめでとう」トッテナムFW岩渕真奈が30歳のバースデー、なでしこの先輩たちも反応「ぶっち30代。最高」

トッテナムのなでしこジャパンFW岩渕真奈が30歳の誕生日を報告した。 2011年に女子ワールドカップ(W杯)を制したメンバーの1人で、現在もなでしこジャパンでプレーする岩渕。アーセナルでプレーしていた中、出番が限られていたこともあり同じノースロンドンのトッテナムへとレンタル移籍している。 今シーズンのFA女子スーパーリーグ(FAWSL)では8試合で1アシストを記録。ただ、チーム状態は芳しくなく、9連敗の末にレハン・スキナー監督が13日に解任されていた。 そんな中、岩渕は3月18日にバースデー。30代の仲間入りを果たしたことをインスタグラムで報告した。 「ワオ!30歳になりました!みなさんありがとうございます」 「ちょうど30歳です。自分らしさを貫くだけです」 「30歳になりました」 W杯を制したのは19歳の時。そして30歳で再び女子W杯を迎える。 投稿された写真はボールに頭を乗せて満面の笑顔を見せている岩渕。30歳になっても、まだまだサッカーを楽しめそうだ。 この投稿には、なでしこジャパンでチームメイトだった川澄奈穂美(NJ/NY ゴッサム)が「ぶちお誕生日おめでとう」、近賀ゆかり(サンフレッチェ広島レジーナ)が「おめでとう。ぶっち30代。最高」と、かわいい後輩の誕生日を祝った。 国内外のファンからも「おめでとう」のコメントが集まり、投稿した写真にも「可愛すぎ」、「最高の1年になるように」、「応援している」とコメントが寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】30歳になった岩渕真奈、ボールと共に満面の笑み</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cp7ZaVLPpwv/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cp7ZaVLPpwv/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cp7ZaVLPpwv/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">岩渕真奈/Mana Iwabuchi(@iwabuchi.m_jp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.03.18 21:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「観衆を魅了した」PSMで1G1Aの杉田妃和、今季も主軸は確実視「特筆すべきパフォーマンス」

ポートランド・ソーンズFCに所属するなでしこジャパンのMF杉田妃和は、今季もチームの主軸となりそうだ。 ポートランドは現地時間15日、U-23アメリカ女子代表とのプレシーズンマッチ(PSM)を行い、4-1で勝利。杉田は後半頭から出場し、1得点1アシストの数字を残している。 2-1とポートランドのリードで迎えた90分、左サイドからのクロスに対してゴール前へ飛び込んだ杉田は、ボールが流れた後にポジションを修正。再びの折り返しを冷静につなぎ、FWモーガン・ウィーバーのゴールをお膳立てする。 2分後には自らゴールを奪取。ウィーバーのシュートがGKに弾かれたボールに詰め、右足で豪快に蹴り込んだ。 12日に行われたレーシング・ルイビルFCとのPSMでもGKベラ・ビックスビーと並んで「特筆すべきパフォーマンスだった」との高評価。クラブ公式サイトでは「出場した71分間、試合を通して素晴らしかった。日本代表はサイドを指揮し、素早いドリブルとボールコントロールで観衆を魅了した」と称えている。 2022年1月に海を渡った杉田は、昨季のナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)で23試合に出場し、5得点4アシストを記録。7月はアメリカ『Just Women's Sports』の月間ベストイレブンにも選出されるなど、レギュラーシーズン2位となったチームで新加入ながらも存在感を放っていた。 ポートランドは18日にOLレインとのPSMを経て、26日に開幕戦となるオーランド・プライド戦を迎える。なでしこジャパンの一員としてもオーストラリア&ニュージーランド・女子ワールドカップ(W杯)での活躍が期待される26歳は、2年目のシーズンでさらなる飛躍が期待される。 <span class="paragraph-title">【動画】杉田妃和がPSMでアシスト(2枚目)+ゴール(4枚目)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cp1mpnnu6TB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cp1mpnnu6TB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cp1mpnnu6TB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Portland Thorns FC(@thornsfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.03.17 21:55 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン勢ら4名も追加!EAが『FIFA23』内NWSL選手のレーティングを公開、日本女子トップは?

大人気サッカーゲーム『FIFA』シリーズを手がけるエレクトロニック・アーツ(EA)内のEA SPORTSは13日、発売中の『FIFA23』におけるアメリカのナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)全12チームのレーティングを公開した。 女子選手が初めてワールドワイド版のパッケージに採用され、大きな話題を呼んでいた『FIFA23』。今作では同シリーズ史上初めて女子クラブも登場し、イングランドのFA女子スーパーリーグ(FAWSL)、フランスのD1アルケマ、アメリカのナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)などのチームが追加される。 NWSLのチームは16日に追加され、ユニフォームや固有フェイス、セレブレーションも搭載。日本からはなでしこジャパンの遠藤純(エンジェル・シティFC)、永里優季(シカゴ・レッドスターズ)、川澄奈穂美(NJ/NYゴッサムFC)、杉田妃和(ポートランド・ソーンズFC)の4選手が登場する。 搭載される日本人女子選手の中で、総合値トップは「84」の永里。トータルでは49位に位置する。なお、ランキングトップはパッケージにも採用されたチェルシーのオーストラリア女子代表FWサム・カー(総合値91)。NWSL組のトップはサンディエゴ・ウェーブFCのアメリカ女子代表アレックス・モーガン(総合値90、トータルランク2位)と、日本にも馴染みのある顔ぶれが並ぶ。 NWSLは25日(日本時間26日)に開幕し、初戦ではエンジェル・シティvsゴッサムFCの日本人所属チームも相まみえる。各選手のプレー観戦はもちろん、ゲームでの使用やパラメータについて議論など、楽しみの幅は広がりそうだ。 ▽『FIFA23』に搭載された日本人女子選手 (選手名、所属、総合値、総合ランク) 永里優季(シカゴ・レッドスターズ/84/49) 遠藤純(エンジェル・シティFC/82/124) 杉田妃和(ポートランド・ソーンズFC/82/124) 長谷川唯(マンチェスター・シティ/81/157) 清水梨紗(ウェストハム/79/225) 林穂之香(ウェストハム/79/225) 川澄奈穂美(NJ/NYゴッサムFC/77/362) 岩渕真奈(トッテナム/76/411) ※レーティングは2022年9月30日時点のもの <span class="paragraph-title">【写真】「FIFA23」に登場する女子選手の固有フェイス、なでしこMFも</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/fifa20230313_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/fifa20230313_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/fifa20230313_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/fifa20230313_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/fifa20230313_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2023.03.13 18:55 Mon
twitterfacebook
thumb

長野風花が逆転勝利の立役者に!岩渕真奈との日本人対決で2点に絡み指揮官も絶賛「リバプールの中で史上最高」

リバプールに所属するなでしこジャパンのMF長野風花が、チームを勝利に導いた。 この冬に活躍の場をアメリカからイングランドに移した長野。新天地ではピッチ凍結のためにキックオフ後10分も経たずに試合中止という、珍しいデビュー戦を経験しつつ(中止なので正確にはカウントされない)、早くも定位置を確保している。 降格圏と5ポイント差の昇格組・8位リバプール(勝ち点11)は、12日に行われたFA女子スーパーリーグ(FAWSL)第15節で岩渕真奈を擁する10位トッテナム(勝ち点9)をホームに迎えた。 残留を争うライバル相手との一戦はロゼラ・アヤネに先制点を許して17分にビハインドを負うも、その後長野が2得点を演出。失点の4分後に縦パスでDFエマ・コイヴィストの同点弾を導いた長野は、35分にも絶妙スルーパスで逆転ゴールの契機となった。 左からのクロスをボックス内やや右寄りで収めると、マーカーをつり出しつつ、2枚のDFの間を通して右ポケットへ絶妙なスルーパスを供給。コイヴィストが裏を取って折り返し、ミッシー・ボー・カーンズが流し込んだ。 リバプールはこのまま2-1で逆転勝ち。試合後にはマット・ビアード監督も24歳の日本人MFを絶賛したと、イギリス『リバプール・エコー』も伝えている。 「2点目の風花はエクセレントだったね!エマが右サイドに侵入するよう、ためを作ったんだ。(チームメイトのリーアンヌ・)ローブはこの前、(長野は)リバプール女子が獲得した中で史上最高の選手だと言っていたが、それが彼女(の評価)を意味していると思うね」 長野は2月5日の第13節でもプレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POTM)に選出され、称賛を浴びていた。7月ンのオーストラリア&ニュージーランド・女子ワールドカップ(W杯)を目指すなでしこ戦士は、新天地でも周囲の期待に応え、輝きを放っている。 <span class="paragraph-title">【動画】同点ゴールを導いた長野の縦パス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Instant response from <a href="https://twitter.com/LiverpoolFCW?ref_src=twsrc%5Etfw">@LiverpoolFCW</a>! <a href="https://twitter.com/emma_koivisto?ref_src=twsrc%5Etfw">@emma_koivisto</a> deflected effort flies into the Spurs net! <a href="https://twitter.com/hashtag/BarclaysWSL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BarclaysWSL</a> <a href="https://t.co/HPmg22wiYU">pic.twitter.com/HPmg22wiYU</a></p>&mdash; Barclays Women&#39;s Super League (@BarclaysWSL) <a href="https://twitter.com/BarclaysWSL/status/1634924726849253379?ref_src=twsrc%5Etfw">March 12, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】指揮官も絶賛!長野がためを作って逆転ゴールを演出</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">THIS GAME <a href="https://twitter.com/bokearnsxxx?ref_src=twsrc%5Etfw">@bokearnsxxx</a> slots home in style <a href="https://twitter.com/hashtag/BarclaysWSL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BarclaysWSL</a> <a href="https://twitter.com/LiverpoolFCW?ref_src=twsrc%5Etfw">@LiverpoolFCW</a> <a href="https://t.co/jWSOcxzc4W">pic.twitter.com/jWSOcxzc4W</a></p>&mdash; Barclays Women&#39;s Super League (@BarclaysWSL) <a href="https://twitter.com/BarclaysWSL/status/1634927952877219841?ref_src=twsrc%5Etfw">March 12, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.03.13 17:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly