CL機関紙で特集された古橋亨梧、日本国旗を背負う姿に「W杯に出るべきだった」「4年後こそは」などの声

2022.12.01 20:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルティックのFW古橋亨梧のさらなる活躍を願う声が多数上がっている。昨夏にセルティックへ加入して以降、結果を残して続けている古橋。今季もすでに二桁ゴールを記録しており、日本のファンのみならず、現地ファンからも絶大な支持を集めている。

チャンピオンズリーグ(CL)にも初出場を果たしたアタッカーは、カタール・ワールドカップ(W杯)の日本代表メンバーからは漏れたが、選外を惜しむ声はいまだに少なくない。
残念ながらセルティックはすでにCL敗退となっているが、古橋は1日に自身のインスタグラムを更新。先月発売されたCLの機関紙『Champions Journal』13号で特集された旨を報告した。

「Champions Journal用の写真。リンクはストーリーに!」

セルティックのユニフォームに日本国旗を携えた姿を披露した古橋。国内から「きょーごが恋しい」、「買ったよー飾ってるよーーー」、「ますます男らしくなって来たね」などのコメントが届いたほか、海外のサポーターからも「キョウゴとハタテはW杯に出るべきだった」、「カタールにいるべきだ」との声が寄せられている。

13号ではほかに、イングランド代表MFジュード・ベリンガム(ドルトムント)、セネガル代表FWサディオ・マネ(バイエルン)、ブラジル代表FWリシャルリソン(トッテナム)、イタリア代表MFジョルジーニョ(チェルシー)、セネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(チェルシー)らのインタビューやグラビアを掲載している。

「4年後こそは」との声にもあるように、上記の名だたる選手たちと次回大会では顔を合わせることを願うばかりだ。

1 2

関連ニュース
thumb

セルティックFWギアクマキスは浦和ではなくアメリカに…アトランタが誠意を見せる完全移籍オファー

日本かアメリカか、去就が注目を集めているセルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキス(28)だが、どうやらアメリカに渡ることになるようだ。ギリシャ『SDNA』が伝えた。 2021年夏にVVVフェンロからセルティックへと加入したギアクマキス。2021-22シーズンは公式戦29試合で17ゴールを記録し、FW古橋亨梧と共にチームを牽引した。 今シーズンは控えに回る機会も多い中、公式戦28試合で9ゴール1アシストを記録。その中で、今冬の移籍が浮上。多くのクラブが関心を寄せる中、ここ最近ではアトランタ・ユナイテッドと浦和レッズが獲得に向けて争っている。 浦和のメディカルチェックに合格したという報道も出れば、アトランタが獲得に近づいているという報道も出ており、両クラブの争いが続いているとされていた。 アトランタへの移籍が傾いた中でネックとなったのはオファーの内容。セルティックは完全移籍を望んでいたが、レンタル移籍のオファーだったために拒否されていた。 しかし、どうしてもギアクマキスを手にしたいアトランタは、「指定選手」のポジションを空ける決断をしたとのこと。メジャーリーグ・サッカー(MLS)ではサラリーキャップがあるものの、「指定選手」として3選手を登録可能で、サラリーキャップを超える権利を持っている。 レンタル移籍には必要ないが、完全移籍で好条件を出すには必要だった動きをしたとされるアトランタ。セルティックへのオファーは、380万ユーロ(約5億4000万円)に加えて試合出場やゴールなどに応じてボーナス90万ユーロ(約1億3000万円)が加わるという。 『SDNA』によればセルティックはこのオファーを受けることを決めたとのこと。ギアクマキスのアメリカ行きは、時間の問題のようだ。 2023.01.31 09:57 Tue
twitterfacebook
thumb

古橋亨梧が相手GKと接触もVARでノーファウルに、セルティック主将は判定を支持しOBも「最初からPKと思わなかった」

セルティックのスコットランド代表MFカラム・マクレガーが、ダンディー・ユナイテッド戦の判定について言及した。 29日にスコティッシュ・プレミアシップ第23節でダンディー・ユナイテッドとアウェイで対戦したセルティック。FW古橋亨梧は82分までプレー、MF旗手怜央は67分までプレー、FW前田大然は67分からプレー、DF岩田智輝とDF小林友希はベンチ入りも出場せず、MF井手口陽介は欠場となった。 試合は立ち上がりからセルティックが攻勢を続けるもゴールは奪えず。それでも43分に先制点のチャンスを迎える。 旗手の縦パスが相手DFにディフレクトして浮くと、古橋がゴール前で反応。飛び出したGKマーク・ビリギッティと接触し倒れ込むと、主審はすぐにPKを宣言した。だが、オンフィールドレビューの末に判定はノーファウルに変更。PKは取り消されていた。 それでも、セルティックは後半にジョタとアーロン・ムーイがそれぞれゴール。2-0で勝利を収め、公式戦5連勝を飾っている。 PKではなくなった場面について、セルティックの主将を務めるマクレガーは試合後の『スカイ・スポーツ』のインタビューで言及。正しい判断だったと認めている。 「このような時にVARを使うことができる。キョウゴとビリギッティが一緒になったときに、レフェリーがビリギッティにもボールの傷があったと言ったんだ。それで問題ない。VARはそのためにある」 また、セルティックOBの元ブルガリア代表MFスティリヤン・ペトロフ氏もPKではなかったとこのシーンについて語っている。 「この件は議論の余地がないと思う。あれはPKではないだろう。ドン・ロバートソン(主審)は最善を尽くし、PKを与え、それを変更した。彼のいいところは、勇気を出して判定を確認しに行ったところだ」 「最初に見たときから、PKだとは思わなかった。あのプレーはGKに求めることであり、どのGKコーチも言うことだろう。あそこはGKのエリアだから、そうしなければならない。完璧な判断だった」 <span class="paragraph-title">【動画】古橋が相手GKと接触もVARの末ノーファウルに</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="JHVqKbpT_k8";var video_start = 156;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 12:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ジョタ&ムーイ弾でセルティックが公式戦4連勝!《スコティッシュ・プレミアシップ》

セルティックは29日、スコティッシュ・プレミアシップ第23節でダンディー・ユナイテッドとアウェイで対戦し2-0で勝利した。 セルティックのFW古橋亨梧は82分までプレー、MF旗手怜央は67分までプレー、FW前田大然は67分からプレー、DF岩田智輝とDF小林友希はベンチ入りも出場せず、MF井手口陽介は欠場となった。 立ち上がりからボールを支配するセルティックは29分、ジョンストンの縦パスに反応した古橋がチャンスを迎えたが、後方からのパスをダイレクトで合わせたがシュートは、飛び出したGKのセーブに防がれた。 その後も主導権を握るセルティックは、何度もアタッキングサードまでボールを運んだが、ボックス内を固めるダンディー・U守備陣を崩しきれずに時間が経過。 ハーフタイムにかけても攻勢を続けるセルティックは43分、旗手の縦パスが相手DFにディフレクトして浮いたボールをゴール前で反応した古橋が飛び出したGKと接触。主審はすぐにPKを宣言したが、オンフィールドレビューの末にノーファウルと判定され、PKは取り消された。 ゴールレスで迎えた後半は、早い時間にスコアが動く。51分、右サイド高い位置でパスを受けたムーイが巧みなターンで相手DFを振り切ってクロスを供給。これをファーサイドに走りこんだジョタが頭でゴールに流し込んだ。 先制したセルティックは55分にも、ジョタのパスがボックス内のフリーマンのハンドを誘発しPKを獲得。このPKをムーイが難なくゴール中央右に沈めた。 立て続けにゴールを奪ったセルティックは、67分に旗手やジョタ、ムーイを下げて前田やオライリー、ターンブルを投入。すると79分、オライリーの右CKから前田がヘディングシュートでゴールに迫ったが、これは相手GKが正面でキャッチ。 その後、セルティックは82分に古橋を下げて新加入のオ・ヒョンギュを投入したが、最後まで通過点は生まれず。試合はそのまま2-0で終了した。 ダンディー・ユナイテッド 0-2 セルティック 【セルティック】 ジョタ(後6) ムーイ(後10[PK]) 2023.01.30 03:00 Mon
twitterfacebook
thumb

「浦和は死んでない」浦和のメディカルチェック合格もアトランタは最大6.9億円のオファーで諦めず…浦和ファン「いい加減諦めろ」「一筋縄ではいかないな」

去就が二転三転しているセルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキス(28)だが、行き先はアメリカになりそうだ。 2021年夏にVVVフェンロからセルティックへと加入したギアクマキス。2021-22シーズンは公式戦29試合で17ゴールを記録し、FW古橋亨梧と共にチームを牽引した。 今シーズンは控えに回る機会も多い中、公式戦28試合で9ゴール1アシストを記録。その中で、今冬の移籍が浮上。多くのクラブが関心を寄せる中、ここ最近ではアトランタ・ユナイテッドと浦和レッズ、ベルギーのアンデルレヒトの3クラブが有力な新天地候補に挙がっている。 スコットランド『スカイ・スポーツ』のジャーナリストであるアンソニー・ジョセフさんは、ギアクマキスの情報をアップデート。浦和のメディカルチェックを受けるギアクマキスの空港での写真を投稿していた。 ジョセフさんによれば、浦和のメディカルチェックをオランダで受け合格していたとされたが、レンタル移籍でのオファーを断られたアトランタがセルティックに再オファー。最大430万ポンド(約6億9000万円)と見られるオファーを出しており、交渉は続いているという。 一方で、浦和はメディカルチェックまで済ませている状況。横槍が入っても何度も獲得を諦めておらず、アトランタの再オファーに対しても再びオファーを出す可能性もある。 二転三転する状況には浦和ファンも「アトランタいい加減諦めろ」というコメントの他、「どうなっても、ここまで粘るフロントは変わった気がする」、「浦和は死んでない」、「一筋縄ではいかないな」と、長期化することを受け入れているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】浦和のメディカルチェックを受けたギアクマキス、空港での写真</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">UPDATE: Giorgos Giakoumakis (pictured at the airport yesterday) has passed a medical in The Netherlands, ahead of a proposed move to Urawa Red Diamonds.<br><br>Atlanta United are still trying to gazump URD. But, their loan with option-to-buy bids have been rejected by Celtic, so far. <a href="https://t.co/9HsF44e77d">https://t.co/9HsF44e77d</a> <a href="https://t.co/02HrD9zYB5">pic.twitter.com/02HrD9zYB5</a></p>&mdash; Anthony Joseph (@AnthonyRJoseph) <a href="https://twitter.com/AnthonyRJoseph/status/1619260993816911874?ref_src=twsrc%5Etfw">January 28, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.29 23:10 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和行き報じられるギアクマキスにアトランタ移籍再燃! 著名記者がクラブ間合意伝える

浦和レッズが獲得を目指すセルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキス(28)だが、ここに来てメジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッド行きの可能性が再燃しているようだ。 2021年夏にVVVフェンロからセルティックへと加入したギアクマキス。2021-22シーズンは公式戦29試合で17ゴールを記録し、FW古橋亨梧と共にチームを牽引した。 今シーズンは控えに回る機会も多い中、公式戦28試合で9ゴール1アシストを記録。その中で、今冬の移籍が浮上。多くのクラブが関心を寄せる中、ここ最近ではアトランタと浦和、ベルギーのアンデルレヒトの3クラブが有力な新天地候補に挙がっている。 スコットランド『サン』は直近の報道で、アトランタが完全移籍ではなくレンタル移籍のオファーを掲示したことで、セルティックと破談し、400万ポンド(約6億4000万円)と好条件のオファーを掲示した浦和行きが近づいていると主張。また、アムステルダムで浦和のメディカルチェックを受ける許可が与えられたとも伝えていた。 しかし、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、ギアクマキスに関する最新のレポートを提供。これによると、同選手の獲得にこだわるアトランタは、470万ドル(約6億1000万円)の完全移籍でのオファーを掲示。セルティックがこの申し出を受け入れたという。 個人間では現在も交渉が続いているようだが、ギアクマキスは過去の報道では“家族の事情”で日本行きを躊躇しているという話もあり、同選手が浦和ではなくアトランタ行きを選択する可能性は十二分にあるようだ。 2023.01.29 02:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly