メキシコ代表監督マルティーノがW杯終戦後に退任明かす 「ファイナルホイッスルの瞬間に私の契約も終了」

2022.12.01 09:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メキシコ代表のヘラルド・マルティーノ監督(60)がカタール・ワールドカップ(W杯)の終戦を経て、退任を明らかにした。

メキシコ代表はアルゼンチン代表、ポーランド代表、サウジアラビア代表とともにグループCに入り、3試合を戦って勝ち点4を獲得。だが、得失点差で2位のポーランドに及ばず、3位で敗退が決まった。

メキシコ代表として8大会連続の決勝トーナメント進出を逃す結果に終わったマルティーノ監督。アメリカ『ESPN』によると、試合後の会見で責任の所在を明確にしつつ、現職を退く旨を口にしたようだ。
「我々が抱くこの酷い失望とフラストレーションの非は私にある。責任者として、このかなりの悲しみを呼び込んでしまった大きな失敗の責任はすべて私が負う。レフェリーがファイナルホイッスルを吹いた瞬間に私の契約も終了した。これ以上、できることなどない」

かつてバルセロナや、母国のアルゼンチン代表などを率いたマルティーノ監督は2019年1月からメキシコを指揮。ただ、CONCACAFネーションズリーグやゴールドカップでいずれもアメリカ代表に屈し、代表最多得点者のFWハビエル・エルナンデスを呼ばずのチーム作りにも不支持の声が少なくなかった。

関連ニュース
thumb

ミランがメキシコ代表FWヒメネスに関心、EL8強フェイエノールトで今季23ゴール…イタリア国籍を所持

ミランがフェイエノールトのメキシコ代表FWサンティアゴ・ヒメネス(22)に関心を寄せているようだ。 ヒメネスはメキシコに帰化したイタリア系アルゼンチン人。昨年7月にメキシコの名門クルス・アスルから移籍金400万ユーロ(約5億9000万円)でフェイエノールトへと移籍し、現在までにエールディビジで31試合15ゴール、公式戦では44試合で23ゴールを叩き出している。 チームがヨーロッパリーグ(EL)の準々決勝まで駒を進めたこともあり、シーズンが進むにつれてヒメネスへの注目が集まるように。ブライトン&ホーヴ・アルビオン、セビージャ、ナポリ、フランクフルト、リールなどといった欧州5大リーグのクラブから関心を寄せられている。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ヒメネスに注目しているのは上記のクラブだけにとどまらず、アトレティコ・マドリーやラツィオ、そしてミランも関心。ミランについては代理人から売り込みがあったとのことで、22日には代理人とステファノ・ピオリ監督による会談が行われたという。 どうやら代理人は、ミランが36歳の絶対的エース・フランス代表FWオリヴィエ・ジルーの後継者となり得る人材を探しているという点に目をつけたとのこと。ミランとしては、今夏の売却を進めているベルギー代表FWディヴォク・オリジ(28)の後釜というアイデアも浮かんでいるようだ。 イタリアのパスポートを所持しているために、イタリアのクラブにとっては自国の選手として扱えるヒメネス。移籍金は最低でも2000万ユーロ(約29億9000万円)が必要と考えられている。 2023.05.23 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

三笘薫のブライトンも! フェイエノールトの21歳FWヒメネスに欧州各国から熱視線

フェイエノールトのメキシコ代表FWサンティアゴ・ヒメネス(21)に数多くのクラブが関心を寄せているようだ。イギリス『90min』が伝えている。 ヒメネスはイタリアにルーツを持つメキシコ代表ストライカー。国際Aマッチ通算9試合で2得点を記録する一方、クラブキャリアでは昨年7月にクルス・アスルからフェイエノールトへと400万ユーロ(約5億7000万円)で移籍した。 欧州1年目の今季はここまで公式戦36試合で17得点3アシスト。2023年に入ってからはエースとしての地位を確立しており、直近のエールディビジ12試合で7得点をマークするなか、現在は3戦連発中と絶好調だ。 そんな新進気鋭のストライカーに対してプレミアリーグの中堅クラブが熱視線。日本代表MF三笘薫が所属するブライトン&ホーヴ・アルビオンを筆頭に、レスター・シティ、アストン・ビラ、ブレントフォード、クリスタル・パレスが関心を寄せているという。 また、ナポリ、フランクフルト、リールなど欧州各国のクラブもヒメネスに注目。ヒメネス自身は少なくとも来季までフェイエノールトでプレーすることを望んでいるようだが、「移籍市場の流動性がそれを許さない」可能性があると考えられている。 2023.04.06 15:49 Thu
twitterfacebook
thumb

選手の股間をヒザ蹴りした主審は12試合出場停止処分、蹴られた選手も2試合出場停止

メキシコサッカー連盟(FMF)は4日、愚行に出たフェルナンド・エルナンデス主審への処分を発表した。 事件が起きたのは1日に行われたリーガMX・クラウスーラ第13節のクラブ・アメリカvsレオンの一戦。2位のレオンと3位のクラブ・アメリカの対戦となり、共にCONCACAFチャンピオンズリーグの出場権を争う上位対決となったが、主審のフェルナンド・エルナンデス氏が問題を起こした。 0-1でレオンがリードした中、63分にCKからのこぼれ球を繋ぎ、クラブ・アメリカのディエゴ・バルデスがネットを揺らして1-1の同点に追いつく。しかし、このシーンに対してレオンの選手たちが猛抗議。主審にしつこく詰め寄ると、ジャイメ・バレイロがイエローカードをもらう。 その際に、ルーカス・ロメロが主審に身体をぶつけながら抗議。すると、エルナンデス主審は自身のヒザをあげ、ロメロの股間を蹴り上げる形に。ロメロは股間を押さえてピッチに倒れ込むことに。映像で見てもエルナンデス主審は、イラつきが見え、故意に左ヒザを股間目がけて上げているように見えていた。 FMFのの審判委員会は、この件に関して、調査を開始すると発表していたなか、4日に処分が決定。選手に対する暴力行為として、12試合の出場停止処分を課すこととなった。 最悪の結果である懲戒免職などは免れたが、審判としては大きな汚点となる処分となった。 なお、この試合では問題行動が他にも見られ、両クラブのテクニカル・ディレクターは暴力行為に関与したとして、それぞれ2試合の出場停止処分となった。 また、主審への抗議を見せていたロメロに対しては、スポーツマンシップとフェアプレーの原則に違反したとし、2試合の出場停止処分が課されている。 <span class="paragraph-title">【動画】とんでもない主審、抗議する選手の股間を蹴り上げる</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="X6525mfiAuI";var video_start = 337;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.04.05 10:45 Wed
twitterfacebook
thumb

メキシコ代表監督が決定、アルゼンチン人指揮官のコッカ氏が就任

メキシコサッカー連盟(FMF)は10日、メキシコ代表の新監督にアルゼンチン人指揮官のディエゴ・コッカ氏(51)を招へいしたことを発表した。 メキシコ代表はアルゼンチン代表、ポーランド代表、サウジアラビア代表とともにカタール・ワールドカップ(W杯)でグループCに入り、3試合を戦って勝ち点4を獲得。しかし、得失点差で2位のポーランドに及ばず、3位で敗退していた。 これにより、8大会連続の決勝トーナメント進出を逃す結果に終わった同代表は、敗退後にヘラルド・マルティーノ監督の退任が発表されていた。 FMFによれば、5人の新監督候補がおりいずれとも面談を実施。どの候補者も条件を満たしていた中で、コッカ氏に託すことを決断したという。 コッカ氏はFMFを通じてコメントしている。 「メキシコ代表チームの監督になれたことを嬉しく思い、誇りに思い、特権だと感じている。私にとってそれはただのことではなく、とても重要なことであり、指導者であるだけでなく、私に多くを与えてくれたこの国の監督であることも重要なことだ」 「この場所から代表チームを成長させるためにメキシコを助ける可能性があることは、私が逃すことのできない特権であり機会だ」 チーム再建を託されるコッカ新監督は、現役時代はリーベル・プレートやアルヘンティノス・ジュニアーズ、バンフィエルドなど母国クラブでプレー。また、メキシコでもプレーし、アトラスやティブロネス・ロホス、ケレタロでもプレーしていた。 2006年に現役を引退。その後は監督業をスタート。C.A.I.で監督キャリアを始めると、ゴドイ・クルス、ヒムナシア・ラ・プラタ、サントス・ラグーナ、ウラカン、デフェンサ・イ・セントラル、ラシン・クラブ、ロサリオ・セントラルなどアルゼンチンのクラブを多数指揮。また、コロンビアのミジョナリオスやメキシコのティフアナ、アトラスなど国外クラブでも監督を務め、2023年1月にティグレスの監督に就任していた。 ティグレスではわずか5試合の指揮に終わったが、リーガMXクラウスーラでは3勝2分け無敗で3位に位置していた。 2023.02.11 11:25 Sat
twitterfacebook
thumb

メキシコ代表、後任にティグレスのコッカ監督招へいか

メキシコ代表の新指揮官候補として、UANLティグレスを率いるアルゼンチン指揮官のディエゴ・コッカ監督(50)が浮上している。 メキシコ代表はアルゼンチン代表、ポーランド代表、サウジアラビア代表とともにカタール・ワールドカップ(W杯)でグループCに入り、3試合を戦って勝ち点4を獲得。だが、得失点差で2位のポーランドに及ばず、3位で敗退が決まった。 これにより、8大会連続の決勝トーナメント進出を逃す結果に終わった同代表は、敗退後にヘラルド・マルティーノ監督の退任が発表されていた。 2026年W杯はアメリカ、カナダと共に開催国として参加するメキシコの後任候補には、世界屈指の戦術家であるマルセロ・ビエルサ氏の名が挙がっていたが、『FOX SPORTS』によればコッカ監督が新たな後任候補に浮上したとのこと。 現役試合にリーベル・プレートやアトラス、バンフィエルドなどで活躍したコッカ監督は、2006年に現役を引退。その後、アルゼンチンのC.A.Iで指導者キャリアをスタートさせると、ラシン・クラブやロサリオ・セントラル、古巣アトラスなどで監督を歴任。 今年1月からは、11月に解任されたミゲル・エレーラ監督の後任としてティグレスの指揮官に就任。同月9日に開幕したリーガMXクラウスーラでは、ここまで5試合を指揮し3勝2分け無敗で3位に位置している。 2023.02.09 23:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly