ベンゼマがディ・スティファノ賞を含む個人三冠を達成!「まだまだやりたいことはある」

2022.09.29 14:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマが、スペイン『マルカ』主催のラ・リーガ年間最優秀選手賞に選出された。

2021-22シーズンのベンゼマの成績はリーグ戦32試合27ゴール12アシスト。第4節のセルタ戦ではハットトリックを成し遂げ、第25節から第30節にかけては、ケガで欠場した第29節のバルセロナ戦を除いて5試合連続ゴールを記録した。

エースの大車輪の活躍でマドリーも2シーズンぶりの優勝を収め、ベンゼマは昨季の『マルカ』の最優秀選手賞にあたるアルフレッド・ディ・スティファノ賞を受賞。また、得点王でピチーチ賞、ファン投票で選ばれるMVP賞の個人三冠を達成した。
「自分の仕事に誇りを持っているよ。クラブやチームメイトのサポートに感謝している。だけどもっとやりたいことがある。リーグを制覇して、多くのゴールを決めて、ピッチ上で楽しみたい。準備はできているよ」と、受賞の喜びとさらなる飛躍を誓っている。

また、最優秀監督に贈られるミゲル・ムニョス賞は、マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督と、コパ・デル・レイを制したベティスのマヌエル・ペジェグリーニ監督が選ばれた。ペジェグリーニ監督は「次のチャレンジは次の試合に勝つこと。まだまだ勉強中だ」と謙虚な姿勢を示した。

そのほか、セビージャの守護神ボノが最小失点GKに与えられるサモラ賞を受賞。昨季30失点のチームの堅守を支えたボノは、今季不調のセビージャの挽回を願った。

フェアプレー賞のプエルタ=ハルケ賞は、ポンフェラディーナBに所属するウクライナ人GKニキータ・フェドロフに。同選手はロシア侵攻食い止める戦士としてウクライナに貢献。故ダニ・ハルケと故アントニオ・プエルタの母親からトロフィーを受け取っている。

関連ニュース
thumb

「とても痛い敗戦」今季3敗目を喫したレアル、アンチェロッティ監督も悔やむ「PK失敗が大きな影響」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督がマジョルカ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 5日、マドリーはアウェイでマジョルカと対戦。首位のバルセロナを追いかける中、連勝を目指したマドリーだったが、13分にオウンゴールで先制を許す。 ランチタイムキックオフということもあり、体の重そうなマドリーはパフォーマンスが上がらず。1点ビハインドで迎えた57分にはPKの大チャンスを手にしたが、マルコ・アセンシオのキックはGKが完璧にセーブ。結局その後もゴールを奪えず、1-0で敗れた。 手痛い敗戦となったマドリー。アンチェロッティ監督も敗戦を悔やみ、PK失敗が影響を与えたとした。 「順位を考えれば、とても痛い敗戦だ。我々が期待し、準備してきた試合だった。ファウルがあったり、細かいところで試合が決まったりと、大変な試合だった」 「悪い試合ではなかったが、あまりにも早くに失点し、PKを失敗したことが大きな影響を与えた」 特に前半のプレーは良くなかったと分析。今はクラブ・ワールドカップに集中するとした。 「アイデアとしての試合は悪くなかったが、中断することが多く、とても典型的ではない試合となった。前半は特に冷静さを欠いていた」 「クラブ・ワールドカップに出場することとなり、今はそのことを考えなければいけない」 <span class="paragraph-title">【動画】マドリーが痛恨のPK失敗…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="W08Vsn6K_Mk";var video_start = 185;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.06 11:10 Mon
twitterfacebook
thumb

PK失敗響いたマドリーがマジョルカに痛恨の敗戦…守護神も負傷で厳しい後半スタートに《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第20節、マジョルカvsレアル・マドリーが5日にエスタディ・デ・ソン・モイシュで行われ、ホームのマジョルカが1-0で勝利した。 首位のバルセロナを5ポイント差で追走する2位のマドリーは、レアル・ソシエダ戦で勝ち点を取りこぼしたが、第17節延期分のバレンシア戦をアセンシオのゴラッソと、ヴィニシウスのゴールによって2-0の勝利。きっちりバウンスバックに成功。 週明けにモロッコ開催のFIFAクラブ・ワールドカップ2022に向かうエル・ブランコは、10位のマジョルカ(勝ち点25)を相手に弾みを付ける連勝を目指した。アンチェロッティ監督はこの一戦に向けて先発4人を変更。負傷のミリトンとベンゼマが招集外、モドリッチとクロースがベンチスタートとなった中、カルバハルとチュアメニ、バルベルデ、ロドリゴを起用した。なお、ウォームアップ中に内転筋を痛めたGKクルトワがスタメンを外れ、急遽控えGKルニンがプレーすることになった。 超過密日程にセンターラインの主力不在で戦前からタフな展開が予想されたマドリーは、ランチタイムキックオフ特有の重さが見受けられる入りに。 すると13分、左サイド深くでダニ・ロドリゲスが入れた正確なクロスをニアにタイミング良く走り込んだムリキがヘディングを試みた際、後手の対応となったDFナチョの頭に当ったボールがゴール右隅に決まった。 不運なオウンゴールで早くも追う展開となったマドリーは、早い時間帯の同点ゴールを目指して徐々にギアを上げていく。だが、フィジカル勝負を得意とし、[5-4-1]の堅固な守備ブロックを敷くホームチームの守備を前に流れの中ではなかなか決定機まで持ち込めず。そういった中、セットプレーからチャンスを窺うが、これも不発に終わる。 以降は70%を超えるボール支配率で相手を自陣に押し込んだアンチェロッティのチームだったが、引いた相手に対して効果的な崩しを仕掛けることができず。セットプレーを中心に8本のシュートを放ったものの、枠内シュート0に決定機なしと完全に手詰まりの状況で前半を終えることになった。 後半も同じメンバーで臨んだものの、立ち位置の修正やプレー強度の改善でパス回しに少しずつリズムが生まれ始めたマドリーは、57分に絶好の同点機を迎える。後方からのフィードに抜け出したヴィニシウスがボックス内でGKと交錯すると、このプレーでPKを獲得する。だが、キッカーのアセンシオが右隅を狙って蹴ったシュートはGKライコビッチに完璧に読まれてはじき出され、痛恨の失敗となった。 同点のチャンスを逸したエル・ブランコは、この直後にバルベルデを下げて切り札のモドリッチを投入。さらに、70分過ぎにはセバージョスとアセンシオ、チュアメニを下げてクロースと共に久々の出場となるアラバとマリアーノを投入。カマヴィンガをインテリオール、ロドリゴを中央から右ウイングに配置換えするなど、アプローチに変化を加える。 一連の交代策で流れを引き寄せたいアウェイチームだが、後半終盤に入っても守備の強度、集中力を失わないマジョルカの堅守を前になかなかボックス内へ人とボールを送り込めず、カマヴィンガやクロースらがミドルレンジからシュートを狙っていくが、いずれも枠を捉え切れない。 その後、リュディガーを前線に上げて決死のパワープレーでゴールをこじ開けにかかったが、これも不発に終わって試合はこのままタイムアップ。格下マジョルカに敵地で屈したマドリーは、4試合ぶりとなる今季3敗目を喫して厳しい後半戦スタートとなった。 2023.02.05 23:59 Sun
twitterfacebook
thumb

アザール、最低でも1カ月離脱か…今季3度目&通算16度目のケガが明らかに

レアル・マドリーの元ベルギー代表MFエデン・アザールがまたもケガを負ってしまったようだ。 レアル・マドリーは4日、アザールが同日の検査で左ヒザの膝蓋腱炎と診断された旨を発表。カタール・ワールドカップ(W杯)を最後にベルギー代表キャリアに区切りをつけ、この後半戦からクラブ活動に専念可能な環境が整ったが、またも苦難に見舞われてしまった。 クラブからは回復状況を見守るとだけ記され、離脱期間が不明なままだが、スペイン『アス』によると、一般的に復帰まで4〜5週間を要す模様。今季だけで3度目の負傷となり、2019年夏のチェルシーから数えては16度目だという。 そんなアザールは今季のここまで公式戦7試合に出場したのみで、先発も立ったの3回。297分のプレー時間はFWマリアーノ・ディアス、DFアルバロ・オドリオソラ、DFヘスス・バジェホに次いで、4番目の少なさと厳しい現実に直面する。 今冬も移籍話こそあったが、動かずのアザール。レアル・マドリー入りからの3年半が残念な形で過ぎ、チェルシーで通算352試合出場で110得点92アシストの数字を叩き出した姿も今やすっかり薄れるが、挽回できるのだろうか。 2023.02.05 19:30 Sun
twitterfacebook
thumb

論争絶えぬ“2人”と共に戦ったS・ラモス「メッシが最高」

パリ・サンジェルマン(PSG)の元スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが史上最高の選手について語った。スペイン『アス』が伝えている。 現代サッカーを牽引してきたPSGのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと、アル・ナスルのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。2008年にC・ロナウドがバロンドールを受賞して以降10年間にわたっては、2人で世界最高選手の座を独占するなど、長年トップを走り続けている。 メッシは昨年のカタール・ワールドカップ(W杯)で念願の初優勝。C・ロナウドは今年からヨーロッパの第一線を離れて中東でのプレーを始めており、現在では対照的なキャリアを歩んでいると言えるものの、どちらがフットボール史上最高の選手かという論争は決着が着かないままだ。 そうした中、レアル・マドリーでC・ロナウドと共に多くの栄光を掴み、現在はメッシとチームメイトであるS・ラモスがクラブメディア『PSGTV』のインタビューに応対。メッシこそが史上最高の選手だと断言した。 「僕は何年もメッシに苦しまされてきた。今は共にプレーすることを楽しんでいるよ。彼はこれまでのフットボールにおいて最高の選手だ」 バルセロナに所属していたメッシとはマドリー時代に幾度なくマッチアップしてきたS・ラモス。敵として感じる怖さという面で、長年共にプレーしてきたC・ロナウドをも上回ると考えているようだ。 2023.02.05 18:13 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルン移籍のカンセロ、実はレアル・マドリーにも獲得チャンスが…?

バイエルン移籍を決めたポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(28)だが、レアル・マドリーも獲得チャンスがあったようだ。 2019年夏のマンチェスター・シティ入りから、スペイン人戦術家の下で“カンセロロール”と称される複雑なタスクも完璧をこなし、不動のサイドバックとして地位を築いたカンセロ。だが、今季が進むにつれて、DFリコ・ルイスの台頭ぶりにも押され、1月31日にミュンヘンに渡った。 そのバイエルンでは移籍翌日に敵地で行われたDFBポカール3回戦のマインツ戦にさっそく先発して先制点をアシストと即結果も。だが、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、レアル・マドリーのもとにもカンセロ獲得の逆オファーがあったという。 レアル・マドリーは今のスカッドに満足している上、18歳の右サイドバックであるU-20ブラジル代表DFヴィニシウス・トビアスの将来を買っており、カンセロ獲得の話は具体化するまでに至らなかったが、チャンスがあった模様だ。 なお、レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督は常々、今冬の補強なしを口にしており、実際にその発言どおりとなっている。 2023.02.05 15:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly