岡山FWミッチェル・デュークが代表戦でもドンピシャヘッド! 裏ではJ2でムークがゴールとオーストラリア戦士がリンク

2022.09.25 14:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ファジアーノ岡山のオーストラリア代表FWミッチェル・デュークが代表戦で見事なヘディングを叩き込んだ。オーストラリア代表は25日、アウェイでニュージーランド代表と国際親善試合を行った。

代表に復帰したGKミチェル・ランゲラック(名古屋グランパス)は、かつて横浜F・マリノスでプレーしたDFミロシュ・デゲネク(コロンバス・クルー)らとともに控えに回り、FWアダム・タガート(セレッソ大阪)はベンチ外となった。
デュークはDFトーマス・デン(アルビレックス新潟)とともに先発出場。54分には高い打点のヘディングで均衡を破った。

オーストラリア代表はスルーパスから左サイドの高い位置を取って時間を作ると、ワンクッション入れてMFコナー・メトカーフがボックス手前左から鋭いクロスを供給。中央のデュークが完璧にボールを捉え、豪快にネットを揺らした。

J2でも見せる得意のヘッドを代表でも叩き込んだデューク。サッカルーズはその後、終了間際にFWジェイソン・カミングスのPKで加点し、2-0で勝利を収め、22日の試合に続いて連勝を飾っている。

また、この試合の裏で行われていた明治安田生命J2リーグ第38節ファジアーノ岡山vsベガルタ仙台では、岡山のオーストラリア人MFステファン・ムークが先制ゴールを決めるなど、岡山のオーストラリア人の活躍がリンクする結果となっている。

1 2

関連ニュース
thumb

「ただのファンになってる」出待ちしてメッシとの2ショットをせがむオーストラリア選手たちの姿が大反響「やっぱりメッシは特別」

オーストラリア代表の選手たちが1人のファンに変貌した。 3日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16でアルゼンチン代表と対戦したオーストラリア。持ち前の堅守でアルゼンチンに対抗していったもののリオネル・メッシに先制点を奪われると、最後まで善戦したものの1-2で敗れた。 素晴らしい試合を繰り広げた両者だったが、試合後のロッカールームには微笑ましい光景が広がっていた。 周囲を見渡しソワソワしている様子のオーストラリアの選手たち。彼らが探していたのはついさっきまでピッチで戦っていたメッシの姿だった。 メッシを見つけた選手たちは続々と記念撮影。自身のスマートフォンのカメラロールに入った貴重な1枚にご満悦の様子だった。 この光景はファンにも反響。「やっぱりメッシは特別」、「こういうの素敵」、「ただのファンになってる」、「メッシはみんなのアイドル」といったコメントが寄せられている。 なお、オーストラリア戦はメッシにとってキャリア通算1000試合目のメモリアルゲーム。この記念すべき日のユニフォームは、若手のキャメロン・デブリンがゲットしている。 <span class="paragraph-title">【動画】ロッカールームで辺りを見渡すオーストラリアの選手たち…探していたのはメッシ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">All the Australia players were fanboying over Lionel Messi after the match! <a href="https://t.co/7i7teRQZfq">pic.twitter.com/7i7teRQZfq</a></p>&mdash; SPORTbible (@sportbible) <a href="https://twitter.com/sportbible/status/1599330114806120448?ref_src=twsrc%5Etfw">December 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.05 19:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「とても素晴らしいこと」1000試合出場のメッシ、現地でW杯を応援する妻や3人の息子への心境を語る「子供たちが初めてW杯の意味を知った大会」

アルゼンチン代表のFWリオネル・メッシが、家族について言及した。アルゼンチン『TyC Sports』が伝えた。 3日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16のアルゼンチンvsオーストラリアが行われ、アルゼンチンが2-1で勝利した。 メッシはこの試合も先発出場し、先制ゴールを記録。自身のキャリア通算1000試合目のメモリアルマッチでしっかり仕事をした。 悲願のW杯制覇を目指す中、メッシの妻であるアントネラ・ロクソさんと3人の息子、チアゴくん、マテオくん、シロくんもスタンド観戦。また家族や知人もスタンドに駆けつけていた。 メッシのゴール時にはみんなで抱き合って喜び、アントネラさんは子供を抱き抱えて喜ぶ姿も見られている。 試合後、メッシは家族について言及。家族や子供たちにW杯というものを体感してもらっていることを喜び、特に子供たちにはW杯の意味を知ってもらう良い機会だと語った。 「多くの感情があり、明らかに多くの幸せがある。彼らがどう生きているか、苦しんでいるのか、楽しんでいるのかがよく分かる」 「子供たちが初めてW杯の意味を知った大会だ。そこに参加し、それを生き、理解した大会だ。一緒に苦しみ、生き、僕たちみんなと共に楽しんでいる」 「僕の子供たちが楽しんでいるのを見るのは、特別なことだ。彼らは楽しみ、こういった生活は刺激的であり、W杯の試合が何を意味するのか、僕たちの試合が何を意味するのかを、毎日、毎分共有することができる」 「家族はすでに以前のW杯やコパ・アメリカも経験しているけど、このような経験は初めてだし、とても素晴らしいことだよ」 アントネラさんは、息子3人とのスタンドでのシャシを投稿。「アルゼンチン、愛してる」とし、笑顔の写真を投稿した。 <span class="paragraph-title">【写真】メッシが愛する妻と3人の息子がスタンド観戦で笑顔!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CluI6gxhwQ_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CluI6gxhwQ_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CluI6gxhwQ_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Antonela Roccuzzo(@antonelaroccuzzo)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.04 13:54 Sun
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表指揮官、R16欠場ディ・マリアの次戦起用を示唆「可能性がある」

アルゼンチン代表のリオネル・スカローニ監督が、選手らのケガの状態について言及している。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 グループCを首位通過したアルゼンチン代表は、3日に決勝トーナメント1回戦でオーストラリア代表と対戦。35分にFWリオネル・メッシ、57分にFWフリアン・アルバレスがゴールを決めた後は反撃を1点に抑え、2-1で勝利を収めた。 2大会ぶりのベスト8進出を掴み取った一方、前半途中にMFパプ・ゴメスが負傷し、ハーフタイムにDFリサンドロ・マルティネスとの交代に。スカローニ監督は試合後の記者会見で「足首に問題があり、交代させた」と説明している。 また、グループステージ最終節のポーランド代表戦で負傷交代し、この日は出番がなかったMFアンヘル・ディ・マリアについて問われると、準々決勝からの戦列復帰を示唆している。 「今日に関しては、個人的に彼(ディ・マリア)をベンチに入れたいという気持ちも非常に強かったが、彼をプレーさせたところで、彼自身もチームの役に立てないとわかっていただろう。だが、次は可能性がある」 アルゼンチン代表は9日に行われる準々決勝で、アメリカ代表を3-1で撃破したオランダ代表と対戦する。 2022.12.04 13:37 Sun
twitterfacebook
thumb

「彼を助けなければ」アルゼンチンの守護神が英雄・メッシに言及、次の相手オランダは「素晴らしい相手」

アルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスが、偉大なエースを讃え、準々決勝へ意気込んだ。ポルトガル『レコルド』が伝えた。 3日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16のアルゼンチンvsオーストラリアが行われ、アルゼンチンが2-1で勝利した。 この日から大会はノックアウトステージへ。優勝候補の一角であるアルゼンチンは、劇的に勝ち上がったオーストラリアと対戦した。 この試合の主役はキャプテンのFWリオネル・メッシ。キャリア通算1000試合出場を達成したメッシは、オーストラリアの堅い守備の前に苦戦した中で35分に先制ゴールを記録した。 その後フリアン・アルバレスのゴールでアルゼンチンは追加点を奪うと、1点を返されるも勝利を収め、ベスト8に進出した。 この試合でもゴールを守ったマルティネス。メッシも守護神の活躍を称賛していたが、マルティネスはしっかりとゴールを決めるエースを称えた。 「レオ(メッシ)は、必要な時にチームを前進させてくれる。彼のことを助けなければいけない」 この勝利でベスト8に進んだアルゼンチン。次の相手はオランダ代表となる。 マルティネスはオランダについて言及。自身の全てを捧げていくとした。 「僕たちは彼らが素晴らしい相手だということはわかっている。でも、僕たちのことも考えなければいけないだろう」 「可能な限り最善を尽くす。僕はピッチ上では冷静だ。それが最も重要なことだよ」 2022.12.04 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

「彼を無力化するために…」メッシ対策を語ったオーストラリア指揮官、マラドーナ&メッシとの対戦を誇る「私は特権を持っていた」

オーストラリア代表のグラハム・アーノルド監督が、アルゼンチン代表戦を振り返った。アルゼンチン『TyC Sports』が伝えた。 3日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16のアルゼンチンvsオーストラリアが行われ、アルゼンチンが2-1で勝利した。 この日から大会はノックアウトステージへ。優勝候補の一角であるアルゼンチンに立ち向かったオーストラリア。持ち前の堅守でアルゼンチンに対抗していく。 しかし、35分にこの試合がキャリア1000試合目となったリオネル・メッシに先制ゴールを許す展開に。均衡を破られると、後半には追加点を許してしまう。 2点ビハインドとなった中、77分にオウンゴールで1点を返すと、同点を目指し猛反撃。しかし、最後まで1点が遠く、2-1で敗退となった。 アーノルド監督は、優勝候補にも挙げられているアルゼンチンを称え、メッシを称えるとともに、アルゼンチンの英雄であるディエゴ・マラドーナ氏とメッシの両方と対戦できたことを誇った。 「我々は素晴らしいチームと対戦した。メッシ、アルゼンチン代表…我々には大きなチャンスがあったが、それを生かすことができなかった」 「メッシは素晴らしい。歴史上最高の選手の1人であり、我々は彼を無力化するために頭を使って努力した」 「彼は偉大な選手だ。私はディエゴ・マラドーナと対戦し、リオネル・メッシと監督として対戦するという特権を持っていた。アルゼンチンはこの能力を持つ選手を誇りに思うべきだ」 また、オーストラリア国民、そして国からのサポートに感謝。しかし、代表チームの更なる発展、国内リーグの発展に向け、政府への要求を口にした。 「選手たちがオーストラリアの国全体に与えてくれた全てのことを、これ以上ないほど誇りに思う。4年間の旅だった。もう少し成し遂げることができたと思うと少し悲しいが、国が私と同じぐらい彼らを誇りに思っている。それは素晴らしい仕事をしたからだ」 「我々はオーストラリアにサポートしてもらっていると感じられることを望んでおり、それは達成されたと思う」 「我々には素晴らしい未来と多くのサポートがある。我々の国には多くの関心があり、期待を抱いてもらうには、国、政府から多くの資金を必要とする」 「我々のサッカーの本拠地が欲しい。本部や施設が必要だ。国内のサッカー発展のための資金を提供してほしい」 最後には自身の去就について言及。W杯までの契約となっていた中、今後続投するかどうかは話し合う必要があるとした。 「自分の将来については考えていない。契約は終了を迎えるが、今は休暇のことしか考えていない」 「我々はオリンピック、ワールドカップなど、全てを達成するために働いてきた。今後は考えていなかったし、連盟と話をしなければいけない」 2022.12.04 09:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly