「クラブを離れるのは論外」チェルシーが招へいに迫ったフロイント氏、オファーを喜ぶもザルツブルクに忠誠誓う

2022.09.21 09:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ザルツブルクへの残留が決定した敏腕スポーツ・ディレクター(SD)であるクリストフ・フロイント氏(45)が心境を明かした。クラブ公式サイトが伝えた。

フロイント氏は2006年からザルツブルクにチームマネージャーとして加入。2015年7月からSDに就任した。

これまで、サディオ・マネ(バイエルン)のサウサンプトン移籍やナビ・ケイタのリバプール移籍、アーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ)のドルトムント移籍や、南野拓実(モナコ)のリバプール移籍など、クラブにとっての重要な移籍に関連。有望な選手を見つけること、そしてビッグクラブに売却することなど、ザルツブルクの価値を高める存在だった。
そんな中、SDが不在のチェルシーが獲得に興味。今夏の移籍市場ではそれが響いて上手く立ち回れず、オーナーのトッド・ベーリー氏が暫定で務めていた形となっていた。

一部では条件面で合意し、チェルシーのSD就任が迫っているとされたが、20日にザルツブルクがフロイント氏の残留を正式に発表していた。

そのフロイント氏は、クラブを通じてチェルシーからのオファーがあったことを認めたが、ザルツブルクを離れる考えは無かったとした。

「すでにインタビューでも確認しているように、チェルシーから私個人に関して関心が寄せられた」

「このようなビッグクラブからの問い合わせは、私やザルツブルクの活動に敬意を表するだけでなく、もちろん個人的な配慮が必要な状況でもある」

「しかし、私はレッドブル・ザルツブルクは最高の場所であるという結論に達した。クラブを離れるのは論外だ」

「我々は今、非常に集中した局面にあり、オーストリア・ブンデスリーガ、カップ戦、チャンピオンズリーグと、やらなければいけない重要なタスクがある。それが私がフォーカスし、集中するものの全てだ」

関連ニュース
thumb

ザルツブルクがフランクフルトから昨季まで在籍のDFオンゲネをレンタル!

レッドブル・ザルツブルクは5日、フランクフルトからカメルーン代表DFジェローム・オンゲネ(25)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ソショーでプロキャリアをスタートしたオンゲネは、シュツットガルトを経て2017年夏にザルツブルクへ完全移籍。公式戦111試合に出場するなど、屈強なフィジカルを売りとするセンターバックとして主力を担っていた。 その後、昨年夏にフリートランスファーでフランクフルトと5年契約を結んだが、ここまではケガの影響に加え、オリバー・グラスナー監督の信頼を得ることができず。公式戦5試合でベンチ入りしたものの、新天地デビューを果たせずにいた。 一方、ザルツブルクでは今冬の移籍市場でオーストリア代表DFマクシミリアン・ウーバーをリーズ・ユナイテッドに引き抜かれており、後釜の確保が急務に。そこで昨季まで在籍していたカメルーン代表DFのレンタルでの穴埋めを行う形となった。 2023.01.05 22:21 Thu
twitterfacebook
thumb

リーズがオーストリア代表DFウーバーを4年半契約で獲得! ザルツブルクからさらなる戦力到着

リーズ・ユナイテッドは3日、レッドブル・ザルツブルクからオーストリア代表DFマクシミリアン・ウーバー(24)の獲得を発表した。契約は2027年夏までの4年半。背番号「39」をつける。 ウーバーは母国クラブのラピド・ウィーンでプロ入りしてから、アヤックス、セビージャでプレー。スペインではうまくいかなかったが、2019年8月のザルツブルク入りで母国帰還を果たしてから、左サイドバックもこなす左利きのセンターバックとして通算125試合の出場数を誇る。 リーズを率いるジェシー・マーシュ監督とはザルツブルク時代以来の再会となり、デンマーク代表DFラスムス・クリステンセンや、アメリカ代表MFブレンデン・アーロンソンとも共闘した仲。プレミアリーグ14位から巻き返しが求められるリーズにとって、今冬1人目の新戦力となる。 なお、移籍金額は明らかにされていないが、イギリス『The Athletic』によれば、1000万ポンド(約15億5000万円)前後が動いた模様だ。 2023.01.03 18:40 Tue
twitterfacebook
thumb

争奪戦に? ザルツブルクの19歳MFケアーゴール、ミラン筆頭にセリエAで大人気

ミランが、ザルツブルクのU-21デンマーク代表MFモーリッツ・ケアーゴール(19)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ケアーゴールは身長192cmの大型セントラルハーフで、15歳でザルツブルクの下部組織に入団したのち、現在ではクラブの中心選手に。今季は国内リーグ16試合で2得点4アシストを記録し、チャンピオンズリーグ(CL)でもグループステージ全6試合に出場している。 そのCLではミランとの対戦も。ミランはザルツブルクのスイス代表FWノア・オカフォー(22)への関心も伝えられており、両者セットでの来夏獲得を模索しているとのこと。ケアーゴールの市場価値は1500万ユーロ(約21億3000万円)とされている。 なお、ケアーゴールに対してはインテルも興味を示しており、その他複数のセリエAクラブが続くとも。つい先日にはローマが強い関心を寄せていると報じられていた。 2022.12.29 16:58 Thu
twitterfacebook
thumb

「泣ける」「1番グッときた」ザルツブルクが南野拓実&ファン・ヒチャンの敗退にメッセージ「私達の誇り」

レッドブル・ザルツブルクの投稿がファンの間で話題となっている。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16の2試合が行われた。 アジア勢の日本代表と韓国代表がそれぞれクロアチア代表、ブラジル代表と対戦した。 オーストラリア代表とともに、史上初となる3カ国がアジアからベスト16に残っていたが、日本はクロアチアにPK戦の末に敗戦。韓国は前半に4失点を喫し、ブラジルに完敗して敗退となった。 ラウンド16でアジア勢が全滅してしまったが、ザルツブルクの日本語公式ツイッターが1枚の写真をアップして話題だ。 その写真は3人の選手が抱き合っているもの。背中を見せているのは、18番のユニフォームを着た南野拓実と9番のユニフォームを着たファン・ヒチャンだ。 共に5日の試合に出場し、悔しい敗退を味わった中、「私達の誇り」として写真を投稿。2人と抱き合うのはハンガリー代表MFドミニク・ショボスライだ。 3人は2019-20シーズンはザルツブルクでチームメイトに。その後、南野はリバプール、フアン・ヒチャンはRBライプツィヒ、ショボスライも後にライプツィヒに移籍し、現在は誰も在籍はしていない。 この投稿には「泣ける」、「1番グッときた」、「ザルツブルクありがとう」とコメントが寄せられている。 アジア勢として、世界に一歩近づいた反面、まだまだ差があることも痛感させられた大会。4年後はどのような結果を残してくれるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ザルツブルクが日韓のクラブOBを称える「泣ける」1枚</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> <a href="https://t.co/hizxc98OC4">pic.twitter.com/hizxc98OC4</a></p>&mdash; FC Red Bull Salzburg JP (@FCRBS_jp) <a href="https://twitter.com/FCRBS_jp/status/1599893883218976768?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールがザルツブルクの若手FWに関心? クラブSDは来年1月の売却容認か

リバプールがレッドブル・ザルツブルクのスイス代表FWノア・オカフォー(22)獲得に関心を示しているようだ。 バーゼルの下部組織出身であるオカフォーは、2018年にファーストチームデビュー。その後、2020年1月にザルツブルクへ移籍すると、加入初年度から主軸に定着した。今季も公式戦22試合に出場して、10ゴール2アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)では、チェルシーやミランから得点を奪う活躍も見せた。 イギリス『リバプール・エコー』によると、成長著しいオカフォーに対してはリバプールが獲得に興味を示している模様だ。リバプールは今夏の移籍市場でFWサディオ・マネやFWディヴォク・オリジ、FW南野拓実が退団。FWジオゴ・ジョタやFWルイス・ディアスが負傷離脱したことで、前線の層の薄さが露呈していた。 リバプールは来年1月にも獲得に向けて動き出す可能性があるが、ザルツブルクのスポーツ・ディレクター(SD) を務めるクリストフ・フロイント氏も、オーストリア『スカイ』の取材を受けた際に金額次第では売却を容認する姿勢を示している。 「移籍市場ではここ数年と比べてもう少し動きがあると思っている。オカフォーは昨季本当に飛躍した選手だ。ワールドカップで良いプレーをすれば、市場での彼の株はとても興味深いことになるだろうと期待している。私はそれを否定するつもりはない」 なお、オカフォーにはリバプールのほかマンチェスター・シティやミランも関心を示していると報じられるが、果たして来年1月に動きはあるだろうか。 2022.11.16 11:41 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly