堂安の決勝点でフライブルクが白星発進!冨安、久保らも勝利に貢献【EL日本人選手】

2022.09.09 06:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節が8日に各地で行われた。

今シーズンのグループステージには、アーセナルのDF冨安健洋、ソシエダのMF久保建英、フライブルクのMF堂安律、モナコのFW南野拓実、ウニオン・ベルリンのMF原口元気、ユニオン・サン=ジロワーズのDF町田浩樹、ヘルシンキのMF田中亜土夢ら7人の日本人選手がプレーする。

今回の第1節では、冨安や久保、堂安、南野、原口が先発出場となった。
ホームでカラバフと対戦したフライブルクは4分、左CKの競り合いの際にギンターがバイラモフと激しく接触し倒れると、VARの末にPKを獲得。このPKをグリフォがゴール左隅に決め、幸先良く先制した。

さらにフライブルクは15分、右サイドでパスを受けた堂安がドリブルでカットイン。そのままボックス内に入ると、ゴール左隅にシュートを流し込んだ。

その後、39分にヴェショビッチの強烈なミドルシュートで1点を返されたフライブルクは、後半にも何度か危ない場面を作られたが、堂安のゴールで逃げ切り2-1で勝利した。

一方、南野が2試合ぶりの先発となったモナコは、アウェイでツルヴェナ・ズヴェズダと対戦。前半から膠着状態が続く中、モナコは67分に南野やベン・イェデルらを下げてディアタやエンボロを投入。

すると74分、ディアタの右クロスに反応したゴロビンがボックス内でスルニッチに倒されPKを獲得。このPKをエンボロがゴール左に決めると、これが決勝点となり、モナコが1-0で勝利した。

また、原口に所属するウニオン・ベルリンと町田の所属するサン=ジロワーズによる日本人所属クラブ同士の対戦が実現。試合は39分にライネンが挙げたゴールで逃げ切ったサン=ジロワーズが1-0で勝利した。原口は60分までプレー、町田はベンチ外となった。

冨安健洋[アーセナル]
▽9/8
チューリッヒ 1-2 アーセナル
◆フル出場

久保建英[ソシエダ]
▽9/8
マンチェスター・ユナイテッド 0-1 ソシエダ
◆79分までプレー

堂安律[フライブルク]
▽9/8
フライブルク 2-1 カラバフ
◆93分までプレー、15分にゴールを記録

南野拓実[モナコ]
▽9/8
ツルヴェナ・ズヴェズダ 0-1 モナコ
◆57分までプレー

原口元気[ウニオン・ベルリン]
▽9/8
ウニオン・ベルリン 0-1 サン=ジロワーズ
◆60分までプレー

町田浩樹[サン=ジロワーズ]
▽9/8
ウニオン・ベルリン 0-1 サン=ジロワーズ
◆ベンチ入りせず

田中亜土夢[ヘルシンキ]
▽9/8
ヘルシンキ 0-2 ベティス
◆ベンチ入りも出場せず

関連ニュース
thumb

「信じられない仕事」ベルギー時代の三笘薫を知るブライトンFWが活躍を称賛「ベルギー時代よりも優れている」

ベルギー時代からのチームメイトであるブライトン&ホーヴ・アルビオンのFWデニス・ウンダブが日本代表MF三笘薫の凄さを語った。クラブ公式サイトが伝えた。 ウンダブは、2020年7月からロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズでプレー。2022年1月にブライトンへと完全移籍すると、そのままレンタルでサン=ジロワーズに残った。 三笘が初めてヨーロッパにチャレンジした最初のチームメイトであり、2021-22シーズンのジュピラー・プロ・リーグではレギュラーシーズンの33試合で25ゴール10アシストを記録。三笘からのアシストを受けるなど、良いコンビを見せていた。 そのウンダブは三笘と共に今シーズンからブライトンでプレー。自身初のイングランドでのプレーでは苦戦が続き、ここまでプレミアリーグ9試合でノーゴールとなっている。 ウンダブは4日に行われたボーンマスにも先発出場。6試合ぶりの出番をもらった中、ゴールを決められずに75分に交代。三笘からのお膳立てがありながらもミスをするなどしていた。 試合後、ウンダブは決勝ゴールを決めてチームを勝利に導いた三笘について言及。今シーズンの働きぶりの凄さを称えた。 「彼は今シーズンとても大きな一歩を踏み出した。彼の一対一は、ベルギー時代よりも優れている。いつパスをするのか、いつ一対一で仕掛けるべきなのかを理解している。彼がチームのために信じられない仕事をしており、違いを生み出しているということは、誰もが同意するだろう」 「彼は最高の試合ができなかったにも関わらず、再びゴールを決めた。今リズムに乗っているし、これを続けてくれることを願っている」 「ほとんどの場合はデュエルで勝利する。適切なタイミングで適切な場所にいる必要があり、ボールが自分のためにそこにあれば、それをフィニッシュまで持っていく必要がある。彼がいれば、毎試合5、6回のチャンスが生まれるかもしれない。次は彼がこのポジションにいるときに得点できるように頑張る」 <span class="paragraph-title">【動画】臨場感最高!三笘薫の劇的ヘッドを10台のカメラで!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/BHAFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BHAFC</a> <a href="https://t.co/zXcMVe5cuD">pic.twitter.com/zXcMVe5cuD</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1622641771623882752?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.07 20:10 Tue
twitterfacebook
thumb

久保建英が勘違いしたエスコートキッズに優しく手を差し伸べる 試合前にあった微笑ましい一幕

レアル・ソシエダがバジャドリー戦の裏側を公開している。 5日、ラ・リーガ第20節でバジャドリーをホームに迎えたソシエダ。先発した日本代表MF久保建英を中心に相手ゴールへと迫ったが、得点を奪えずにいると、3分に失点。その後も猛攻を仕掛けるが、最後までゴールを奪えず0-1で敗戦。8試合ぶりのリーグ戦黒星となった。 悔しい敗戦となったが、ソシエダはクラブの公式YouTubeチャンネルで試合以外の出来事を公開。その中で久保とエスコートキッズの微笑ましい場面があった。 ピッチへとつながる通路で選手たちを先に待ち構えていたエスコートキッズたち。選手たちと手をつないでもらい、そのまま一緒に入場する運びだった。しかし、久保と手をつなぐはずの女の子はハイタッチするだけと勘違いしたのか、久保の手を握ることを忘れてしまう。それでも久保が手を差し出すと、理解した女の子は小走りで久保の手を握り、一緒に入場していた。 ちなみに、久保の次に入場したGKアレックス・レミロは、最初エスコートキッズの存在を忘れて1人でダッシュ。通り過ぎた後に慌ててエスコートキッズの男の子と一緒に入場していた。 久保とエスコートキッズのやり取りには、「タケとパートナーのエスコートキッズ嬉しそうだったなぁ」というファンのコメントも。チームは敗れながらもマン・オブ・ザ・マッチに選出される活躍を見せていた久保。試合以外でも光る好プレーだった。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英が勘違いした女の子に優しく手を差し伸べる</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="J1u-B32hhXY";var video_start = 220;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.07 20:05 Tue
twitterfacebook
thumb

「踵でトラップとか訳わかんない」公式戦3戦連発の三笘薫、前節の華麗な突破シーンをブライトンが2つ厳選「足の動きがすごい」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が多くの称賛を集めている。 三笘は4日、プレミアリーグ第22節のボーンマス戦に先発出場。0-0で迎えた87分に珍しくヘディングでゴールを記録した。 ボックス際でボールを持った三笘。ドリブルではなく中にパスを送ると、味方が繋いでサイドに展開。ボックス左からジェレミー・サルミエントがクロスを送ると、これに走り込んだ三笘がニアサイドでヘッド。相手GKのタイミングを外したヘディングが枠を捉えると、GKネトが反応するも弾ききれずにゴール。チームを勝利に導く決勝ゴールとなった。 ボーンマス戦では、突破を警戒する相手ディフェンスに中々自由にはさせてもらえなかったなか、最後の最後に大仕事を果たした三笘。ゴールシーン以外にも、随所でその真価を発揮していた。 ブライトンの公式SNSが6日に「ミトマ・カオル、彼は止められない」として公開したのは、ボーンマス戦でマッチアップしたアダム・スミスを突破した2つのシーンだ。 1つ目は35分、三笘の切り返しの鋭さに対応できず、股抜きを警戒したのかアダム・スミスがピッチに両ヒザを突く格好に。その脇を突破しようとする三笘を手を使って止めようとした場面だ。 2つ目は84分、かかとでトラップした三笘の反転にアダム・スミスがついていけず、三笘に手をかけて止めてしまい、イエローカードを提示された場面だった。 毎試合のようにこうしたハイライトが作られる三笘だが、ファンも「カカトでトラップとか訳わかんない」、「足の動きがすごい」、「もうエグいとしかw」、「本当に美しい」と改めて絶賛。11日のプレミアリーグ第23節クリスタル・パレス戦でも輝きを放つだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ブライトンが厳選した三笘の2つの突破シーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">He&#39;s unstoppable. <a href="https://twitter.com/kaoru_mitoma?ref_src=twsrc%5Etfw">@Kaoru_Mitoma</a> <a href="https://t.co/s1fLfx0OoK">pic.twitter.com/s1fLfx0OoK</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1622510657558966272?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.07 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

セルティック構想外のMF井手口陽介が福岡に期限付き移籍で加入、背番号は「99」

アビスパ福岡は7日、セルティックのMF井手口陽介(26)が期限付き移籍で加入することを発表した。背番号は「99」となる。 井手口はガンバ大阪の下部組織出身で、2014年3月にトップチームに昇格。日本代表入りも果たしロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で活躍を見せた。 その後、2018年1月にリーズ・ユナイテッドへと完全移籍。ビザの関係もありスペインのクルトゥラル・レオネサへと期限付き移籍を経験。2018年8月にはドイツのグロイター・フュルトへと期限付き移籍。しかし、ケガなどもあり多くの出番はなく、2019年8月にG大阪へと復帰していた。 復帰後のG大阪では当初はコンディションの問題などもあり高いパフォーマンスを出せずにいたが、徐々に本来の力を取り戻すと、2022年1月にセルティックへと完全移籍。自身2度目のヨーロッパ挑戦となり、日本人選手も多くいる中でのプレーとなったが、今回の移籍もデビュー戦で負傷し長期離脱。1年目は公式戦6試合の出番に終わると、2年目の今シーズンもリーグ戦で2試合、カップ戦で1試合ベンチに座ったのみ。一度も公式戦でプレーしていなかった。 井手口はクラブを通じてコメントしている。 「アビスパ福岡のみなさん、初めまして。井手口陽介です。このクラブのために自分ができることをすべて出し、覚悟を持って戦います。今シーズンよろしくお願いします」 2023.02.07 18:47 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールも関心寄せる中村敬斗はリリース条項なし、クラブSDは多額の移籍金での放出を歓迎

リバプールも獲得に関心を寄せているとされ、第二の三笘薫とも評価されているのがLASKリンツでプレーするFW中村敬斗(22)だ。 三菱養和ユースから2018年2月にガンバ大阪へと入団した中村。1年半の在籍でオランダのトゥベンテへとレンタル移籍。19歳でヨーロッパに挑戦した。 トゥベンテでは、能力を見せながらも徐々に出番が限られると、2020年7月にはシント=トロイデンへとレンタル移籍。しかし、ここではほとんど活躍できず、2021年2月にオーストリアのFCジュニアーズへとレンタル移籍。2021年8月にLASKへと完全移籍した。 オランダやベルギーで苦しんだ中村だったが、LASKでは自身の特徴を発揮。1年目の昨シーズンはオーストリア・ブンデスリーガで22試合に出場し6ゴール1アシスト、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)でも5試合で3ゴールを記録する。 すると今シーズンはさらに飛躍。ここまでリーグ戦15試合で8ゴール5アシストと昨シーズンを上回ると、カップ戦でも4試合で3ゴール1アシストを記録している。 この活躍を受けて冬に移籍する可能性も浮上。リバプールをはじめブライトン&ホーヴ・アルビオンも興味。その他、PSVやスタッド・ランス、アウグスブルクなども関心を寄せていた。 2025年夏まで契約を結んでいる中村は結局残留することに。しかし、オーストリア『90minuten』で、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるラドバン・ブヤノビッチ氏が中村についてコメントした。 「ケイトは誰もが認める疑いようもないクオリティを持っており、春先に我々を助けるだろう。リリース条項はない」 このままの活躍を続ければ、夏にステップアップすることは可能な状況。高額な移籍金がクラブに入る可能性があり、そうであれば移籍すること自体に支障はない考えのようだ。 ただ。ブヤノビッチSDが指摘したようにリリース条項はない状況。移籍金の上限が決まっていないため、獲得したいクラブはLASKを説得しなければいけない状況となる。 昨夏契約延長を果たしていたクラブとしては、中村の活躍は願ってもない状況。このままの活躍を続けてもらうことで、チームの成績に貢献するだけでなく、大きな資金をもたらすことができるのか。注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】中村敬斗の最新ゴール!今季リーグ戦8点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="4NNxtASV3xs";var video_start = 68;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.07 18:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly