堂安&鎌田がゴール! 遠藤&伊藤vs吉田の日本代表対決はドロー決着【ブンデスリーガ日本人選手】

2022.09.05 06:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第5節が週末にドイツ各所で行われた。

今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。

新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第5節では堂安と鎌田にゴールが生まれた。
レバークーゼンとアウェイで対戦したフライブルクは、0-1で迎えた後半開始から今季初のベンチスタートとなった堂安を投入。すると、開始早々の48分グリフォの左CKをギンターがヘディングで流し込み、試合を振り出しに戻す。

さらにフライブルクは、51分にも相手のバックパスを奪ったチョン・ウヨンのクロスからグレゴリッチュがゴールネットを揺らして逆転に成功した。

その後、65分にシックのゴールで追いつかれたフライブルクだったが、堂安がこの打ち合いに終止符を打つ。72分、グリフォからの右CKをニアのホフラーがフリックすると、ファーサイドに走りこんだ堂安が左足で流し込んだ。

結局、堂安の今季リーグ3点目が決勝点となり、3-2でフライブルクが3連勝を飾った。

一方、前節初勝利を飾ったフランクフルトは、ホームでライプツィヒと対戦。試合は16分にゲッツェの右クロスをコロ・ムアニが頭で折り返すと、ゴール前に走りこんだ鎌田が体ごとゴールに飛び込み、ゴールネットを揺らした。

先制したフランクフルトは、22分にコロ・ムアニとのパス交換でボックス右に侵入したローデがネットを揺らすと、67分にはデザインされたセットプレーからゲッツェがシュート。これはGKグラーチに弾かれたが、こぼれ球をトゥタが押し込んだ。

リードを広げたフランクフルトは、83分にもクナウフがボックス内で倒されて獲得したPKをボレがゴール右下に決め、フランクフルトが4-0で快勝した。

また、王者バイエルンをホームに迎えた原口元気所属のウニオン・ベルリンは、12分にセットプレーからベッカーのボレー弾で先制したが、その3分後にキミッヒにゴールネットを揺らされ、試合は振り出しに。

1-1で迎えた後半はバイエルンが押し込む流れが続いたものの、好機を生み出すには至らない。すると、ウニオンは75分にヴェリングの単騎突破からチャンスを迎えたが、シュートはGKノイアーのファインセーブに阻まれた。

ウニオンは85分に原口を投入したが、シュートなどの見せ場は訪れず。 結局、試合は1-1の引き分けに終わった。

板倉滉[ボルシアMG]
▽9/4
ボルシアMG 0-1 マインツ
◆52分に退場
結果ニュース

鎌田大地[フランクフルト]
▽9/3
フランクフルト 4-0 ライプツィヒ
◆フル出場、16分にゴールを記録

長谷部誠[フランクフルト]
▽9/3
フランクフルト 4-0 ライプツィヒ
◆ベンチ入りも出場せず
結果ニュース

堂安律[フライブルク]
▽9/3
レバークーゼン 2-3 フライブルク
◆後半からプレー、72分にゴールを記録

吉田麻也[シャルケ]
▽9/3
シュツットガルト 1-1 シャルケ
◆フル出場
結果ニュース

原口元気[ウニオン・ベルリン]
▽9/3
ウニオン・ベルリン 1-1 バイエルン
◆85分からプレー
結果ニュース

伊藤洋輝[シュツットガルト]
▽9/3
シュツットガルト 1-1 シャルケ
◆フル出場

遠藤航[シュツットガルト]
▽9/3
シュツットガルト 1-1 シャルケ
◆フル出場
結果ニュース

浅野拓磨[ボーフム]
▽9/3
ボーフム 0-2 ブレーメン
◆フル出場

関連ニュース
thumb

W杯帰りの浅野拓磨がさっそく所属先に合流…週末の練習試合にも出場か

日本代表の一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)の戦いがひと段落ついたばかりのFW浅野拓磨だが、早くも所属先のボーフムで活動に戻ったようだ。 まだ見ぬ景色“W杯ベスト8”の壁を乗り越えようとカタールで奮闘したが、クロアチア代表とのラウンド16でPK戦の末に涙をのんだ日本。選手の大半は一度帰国の途についたが、一部は現地で各々の所属先に戻った。 現地解散した1人の浅野だが、ボーフムは8日にクラブ公式ツイッターでさっそくチームに合流した旨を明らかに。ドイツ『キッカー』によると、10日に予定するカールスルーエSCとの練習試合にも出場見込みだという。 初戦のドイツ代表戦では見事なトラップから決勝弾をマークした28歳。5日のクロアチア戦からまだ4日しか経ってないが、すでに前を向いているようだ。 2022.12.09 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

熊谷紗希を擁するバイエルンが今季無敗のバルセロナに土をつける、2万4000人の大声援が力に《UWCL》

なでしこジャパンのDF熊谷紗希を擁するバイエルンが、今季公式戦無敗だったバルセロナ女子に初めて土をつけた。 7日、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)のグループステージ第4節、グループDのバイエルンvsバルセロナがアリアンツ・アレナで行われ、ホームのバイエルンが3-1で勝利を収めた。熊谷は81分から途中出場を果たしている。 ホームのバイエルンは高い位置でのボール奪取から4分にクララ・ビュール、10分には長いボールを起点にリナ・マグルと立て続けにネットを揺らす。折り返して60分にはショートカウンターからレア・シューラーが追加点を挙げると、ジェイゼ・フェレイラに1点を返されながらも逃げ切り勝ちを収めた。 バルセロナは今季も国内リーグ戦で無双しており、45得点4失点で11試合全勝中。UWCLでも16得点1失点で3連勝中だった。バイエルンも第3節で0-3と敗れていたが、2万4000人のホームの大歓声を受けて借りを返した。 ボール保持率は43%でほぼ倍のパスを回され、シュート数「23」を数えながらも、ブロック8本にGKセーブが7つと粘りを見せたバイエルン。アレクサンダー・シュトラウス監督も「激闘の勝利であり、我々は自身を本当に誇りに思える。テクニカルエリアからも観衆の迫力が感じられた。それは間違いなく、選手たちの背中を後押ししただろう」と、詰めかけた大観衆と、それに応えた選手たちを称えた。 これでバイエルンとバルセロナはそれぞれ3勝1敗に。3位・ベンフィカは2勝2敗、ローゼンゴードが4敗で最下位に沈んでいる。今後は15日に第5節、21日に最終節が行われ、上位2チームがベスト8に進出する。 <span class="paragraph-title">【動画】熊谷紗希もクローザーとして出場、バイエルン女子vsバルセロナ女子のハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="5kt7GfuvVo4";var video_start = 19;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.08 20:12 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズも日本代表MF鎌田大地に注目か、CL初得点の相手

日本代表MF鎌田大地(26)にトッテナム興味を持っているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 現在在籍しているフランクフルトで評価を高める鎌田。今季は中断前まで公式戦22試合12ゴール4アシストという成績を収めており、自身初のチャンピオンズリーグでは初ゴールから3試合連続でネットを揺らし、決勝トーナメント進出に大きく貢献した。 日本代表が旋風を巻き起こしたカタール・ワールドカップでは、個人としてはいまひとつの結果となってしまったが、ヨーロッパでの評価はうなぎ上りで、獲得に興味を示すクラブは後を絶たない。 その中で『ビルト』は、トッテナムやドルトムントが強い関心を示していると主張。トッテナムは鎌田がCLで初ゴールを挙げた相手で、プレミアリーグの強豪に印象を深く植え付けたようだ。 鎌田とフランクフルトの契約は今季限りで満了を迎えているが、クラブは延長オファーを出している状況。去就は鎌田次第ということになるが、サムライブルーのゲームメーカーはどのようなキャリアを選ぶのだろうか。 2022.12.08 18:45 Thu
twitterfacebook
thumb

遠藤航&伊藤洋輝擁するシュツットガルト、新監督にラッバディア氏 「ブンデスにとどまるのを助けたい」

シュツットガルトは5日、新監督にブルーノ・ラッバディア氏(56)を招へいしたと発表した。 契約期間は2025年6月30日まで。併せて、現在暫定監督を務めているミヒャエル・ヴィマー氏がチームを去ることも発表している。 現役時代はストライカーとして名を馳せたラッパディア氏。2003年に故郷のダルムシュタットで監督としてのキャリアをスタートさせた。 これまでレバークーゼンやハンブルガーSVなど、ドイツ国内のクラブを歴任し、2010年12月から2013年8月にはシュツットガルトを指揮。元日本代表DF酒井高徳(現・ヴィッセル神戸)らを指導している。 直近では2020年4月というシーズン終盤から下位に沈んでいたヘルタ・ベルリンを指揮し、残留を勝ち取ったが、翌年1月に成績不振で途中解任。現在はフリーとなっていた。 シュツットガルトには日本代表MF遠藤航、DF伊藤洋輝のほか、U-21チームにDFチェイス・アンリとDF岡田怜が所属。昨季が劇的な残留を果たしたが、今季も開幕から苦しみ、9試合未勝利というクラブワースト記録を更新していた。 10月半ばには前・ペッレグリノ・マタラッツォ監督を解任し、ヴィマー氏が暫定監督に。現在もブンデスリーガで15試合を終えて3勝5分け7敗の16位に沈んでいる。 3日には敏腕スポーツ・ダイレクター(SD)として知られていたスヴェン・ミスリンタート氏が退任し、新たにファビアン・ウォールゲムート氏が就任。着々と改革が進んでいた。 古巣の再建を託されたラッバディア氏は、クラブを通じて以下のようにコメントしている。 「ご存じのように、VfBは私にとってただのクラブではない。シュツットガルトで私は監督としてのキャリアの非常に重要な時期をほぼ3年間過ごした。今はただ、VfBがブンデスリーガにとどまるのを助けたいと思っている」 「すぐに業務を開始し、12月12日のトレーニング開始へ向けてすべての準備を整えようと思う。水曜日にはシュツットガルトに移動する。そうすれば、チームのパフォーマンスレベルをすぐに把握できるだろう。常に大きな喜びを持って懸命に取り組み、前進していく」 2022.12.06 13:55 Tue
twitterfacebook
thumb

セルティック移籍の小林友希、背番号は「18」に! 指揮官「獲得できて本当に嬉しい」

セルティックに移籍したDF小林友希(22)の背番号が決まった。 FC町田ゼルビアや横浜FCで修行も重ね、ここ2年のヴィッセル神戸で主力センターバックとして大きく成長を遂げた小林。先月23日に5年契約でのセルティック移籍が決定した。 そんな小林は来年1月から選手登録がなされるが、2日にグラスゴー入りしてクラブ施設へ。アンジェ・ポステコグルー監督とも顔を合わせ、背番号「18」が割り当てられた。 クラブの公式ウェブサイトによると、横浜F・マリノスの元指揮官は「ユウキの加入は良いことで、ずっと目指し、追いかけたことでもある」と期待感を口にしている。 「彼は我々のフットボールからして重要なポジションである左のセンターバックで、左利きの選手を見つけるのはそう簡単じゃない。22歳にしてかなりの経験もあって、我々にとって絶好のチャンスだと思った。このタイミングで迎え入れ、慣れさせるという点でもね」 「すぐにとはいかず、彼次第だが、シーズンが進むにつれ、より大きなインパクトを残す期待ができる選手でもある。私は彼を獲得できて本当に嬉しいし、我々にとって素晴らしい存在になってくれるに違いない」 なお、カタール・ワールドカップ(W杯)による中断期間を利用したオーストラリアツアーから戻ったセルティックは4日からポルトガルでのトレーニングキャンプを始める。 <span class="paragraph-title">【SNS】移籍の小林友希、セルティックでは背番号「18」を着用</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Yuki in the Green &amp; White! <br><br>Our new number !<a href="https://twitter.com/hashtag/WelcomeKobayashi?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WelcomeKobayashi</a> <a href="https://t.co/QKkn58JuDk">pic.twitter.com/QKkn58JuDk</a></p>&mdash; Celtic Football Club (@CelticFC) <a href="https://twitter.com/CelticFC/status/1598696593015857154?ref_src=twsrc%5Etfw">December 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.03 18:50 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly