フルアムがダン・ジェームズとカルロス・ヴィニシウスを獲得!

2022.09.02 08:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フルアムは1日、リーズ・ユナイテッドのウェールズ代表FWダニエル・ジェームズ(24)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

ジェームズはアカデミーから在籍したスウォンジー・シティでブレイクを果たし、2019年夏にマンチェスター・ユナイテッドへのステップアップを図った。しかし、加入2年目にはクラブの前線補強の煽りを受ける形で、2500万ポンド(約40億5700万円)の移籍金でリーズへ完全移籍した。

そのリーズでは加入初年度にリーグ戦32試合4ゴール5アシストを記録。本職の右ウイングに加え、左ウイングやチーム事情でセンターフォワードでもプレー。今シーズンは開幕戦こそ欠場したものの、以降4試合に出場していた。
今夏の移籍市場終盤にはトッテナムやエバートンが関心を強めていたが、最終的にはより出場機会を得やすい昇格組フルアムへのレンタルが決定した。

また、フルアムは同日、ベンフィカからブラジル人FWカルロスヴィニシウス(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの3年となるが、1年の延長オプションが付随している。

2019-20シーズンのベンフィカで公式戦24ゴール13アシストの活躍をみせたヴィニシウスは、2020年夏の移籍市場でトッテナムに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。

トッテナムではイングランド代表FWハリー・ケインのバックアップとしてカップ戦を中心に、公式戦22試合10ゴール3アシストの数字を残した。ただ、プレミアリーグでは思うような存在感を示すことができず、トッテナムは買い取りを見送っていた。

昨夏にはPSVへ買い取りオプション付きの2年レンタルで加入。加入1年目となった昨季は公式戦38試合7ゴール7アシストの数字を残した。

ただ、ルート・ファン・ニステルローイ新監督の下、クラブはオランダ代表FWルーク・デ・ヨングらを獲得したこともあって序列は低下。そういった中、フルアムがセルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチのバックアップとして獲得に動く形となった。

関連ニュース
thumb

テン・ハグ、劇的決勝弾の新鋭ガルナチョに「見事だった」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が振り返っている。クラブ公式サイトが伝えた。 ユナイテッドは13日のプレミアリーグ第16節でフルアムとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利。先制してから追加点を決められず、後半早々に追いつかれたが、新たなる若き才能と注目されるMFアレハンドロ・ガルナチョの劇的弾で制した。 前半のうちにリードを広げられずに苦しんだが、カタール・ワールドカップ(W杯)のブレイク前最後を白星で締めくくり、5位をキープ。テン・ハグ監督は修正の必要性を感じつつ、勝利に持っていった部分を評価した。 「ここぞというときに勝負を決めなければならないのは改善すべき部分。前半は3、4回のビッグチャンスを作れた。相手も1、2回のチャンスがあったわけで、ハーフタイムに3-1のスコアが妥当な結果だったと思う」 「後半に(アンソニー・)エランガのチャンスや、マーカス・ラッシュフォードのリバウンドだったりのビッグチャンスで試合を終わらせられたのに、できなかった。ちょっとしたきっかけで試合が変わってしまう」 「右サイドがあんなにガラ空きだなんてありえない。ただ、最後に巻き返して、勝利を掴むためのスピリットを示せたのは良かった」 そんな試合で輝きを放ったのがアカデミー育ちの逸材と目されるガルナチョ。途中からの出場だったが、引き分けやむなしかに思われた後半アディショナルタイムにMFクリスティアン・エリクセンとのワンツーから決勝弾を決めた。 2アシストを記録した先のカラバオカップに続いて決定的な働きが光る18歳については「私は良いフットボール、良い選手を好む。彼は楽しませてくれる選手だ」と惜しみない賛辞を送っている。 「彼は良いドリブルをし、PKチャンスかと思われた場面もあったし、最後までやり通した」 「エリクセンからの素晴らしいパス、チーム全体からの素晴らしいビルドアップもあって、我々のプレーも実に落ち着いたものだった」 「でも、ガルナチョに対するアシストと彼のフィニッシュは本当に見事だったよ」 なお、ブレイクについては「時間があるときは休むべきだし、そうする。また、12月から5月まで長い道のりだし、やるべき仕事もある。分析もしかり、特に今後も継続していく上での計画や戦略を練らないといけない」と述べた。 2022.11.14 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが新星ガルナチョのPL初弾で劇的勝利! エリクセンは加入後初G含む1G1A《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第16節、フルアムvsマンチェスター・ユナイテッドが13日にクレイブン・コテージで行われ、アウェイのユナイテッドが1-2で勝利した。 5位のユナイテッドは前節、アストン・ビラに1-3のスコアで完敗。公式戦無敗が10試合でストップした。だが、直近のEFLカップではそのビラに苦戦を強いられながらも4-2の逆転勝利を飾り、しっかりとリバウンドメンタリティを示した。 9位のフルアムのホームに乗り込んだカタール・ワールドカップ中断前のラストゲームではEFLカップで温存したカゼミロやエリクセン、ショーを復帰させ、累積警告で出場停止のダロト不在の右サイドバックには本職左のマラシアを起用。クリスティアーノ・ロナウドやサンチョは体調不良で引き続き欠場した。 互いに集中した入りを見せた中、開始5分にはウィリアンのお膳立てからカルロス・ヴィニシウスが両チームを通じて最初のシュートを放つが、これはGKデ・ヘアの足を使った見事なセーブに遭う。 一方、ユナイテッドも9分には背後へ抜け出したラッシュフォードとの連携からボックス中央のマルシャルに決定機も、ここは相手DFの寄せもあってうまくミートし切れず。GKレノにかき出される。 互いに一度ずつシュートシーンを作り合った中、先手を奪ったのはアウェイのユナイテッド。14分、中盤で持ち上がったケアニーをカゼミロが潰してカウンターを発動。エリクセン、マルシャル、ブルーノ・フェルナンデスと繋いでボックス左からポルトガル代表MFが入れたグラウンダーのクロスがDFにディフレクトしてファーに流れると、飛び込んだエリクセンがスライディングシュートで押し込んだ。 エリクセンの加入後初ゴールで早々に均衡が破れた試合はここからオープンな展開に。 ウィリアンを起点にチャンスを窺うホームチームは28分、ハリー・ウィルソンが強烈な左足のミドルシュートを枠に飛ばす。直後の30分にはボックス中央に抜け出したマルシャルがシュートに持ち込むが、いずれの決定機もデ・ヘア、レノと両守護神の好守に遭う。 その後はフルアムがボールを握って押し込む時間帯が続くが、最後の局面で身体を張るユナイテッドの守備を崩し切るまでには至らない。一方、カウンターを起点に追加点へ迫ったユナイテッドはマルシャルのヘディングシュートやエリクセンの攻撃参加から決定機を迎えたものの、こちらも決め切ることはできなかった。 アウェイチームの1点リードで折り返した後半は引き続きホームチームが優勢に試合を進めていく。52分にはボックス中央でゴールを背にしたカルロス・ヴィニシウスの鋭い反転シュート、直後の右CKではファーで競り勝ったリームが渾身のヘディングシュートを放つ。だが、ゴール至近距離からのいずれのシュートもGKデ・ヘアの驚異的な反射神経にはじき出される。 以降は行ったり来たりの状況が続くと両ベンチが動く。ユナイテッドは55分にエランガを下げてマクトミネイを投入。スコットランド代表MFをトップ下、B・フェルナンデスを右ウイングに配置転換。フルアムは直後の57分にハリー・ウィルソンを下げて古巣対戦のダニエル・ジェームズを右ウイングに入れた。すると、この交代策が試合を動かす。 61分、ハーフウェイライン付近のタッチライン際でB・フェルナンデスがギリギリで残したボールをロビンソンが回収。ここからフルアムのカウンターが発動する。相手陣内左のハーフスペースでタメを作ったウィリアンを外側で追い越したケアニーがDFリンデロフの股間を抜く高速クロスを供給すると、斜めのランニングでゴール前に飛び込んだダニエル・ジェームズが右足ワンタッチで流し込んだ。 今夏、リーズから加入したウェールズ代表FWの初ゴールで振り出しに戻った試合は以降もホームチームの時間帯が続く。前半から駆け引きの巧さを見せたウィリアンの左サイドに加え、ダニエル・ジェームズが右サイドで推進力をもたらし、守備側にとって絞り辛い攻撃を展開する。 この守勢を受け、テン・ハグ監督は疲労が見え始めたマルシャルを下げてガルナチョを左サイドに投入。これでラッシュフォードが最前線に入り、直近のアストン・ビラ戦で機能した後半終盤の形にシフトする。 その後、ユナイテッドが80分を過ぎた辺りから盛り返し、試合は一進一退の攻防のまま最終盤に突入。後半のアディショナルタイムは3分と短く引き分け濃厚かに思われたが、ユナイテッドの新星が土壇場で大仕事を果たした。 93分、自陣での巧みなビルドアップでプレスをかいくぐったユナイテッドは左サイドに張るガルナチョへ展開。そのまま縦に運んだ18歳FWは内側のエリクセンにボールを預けてボックス左へ猛スプリントを仕掛けると、デンマーク代表MFから完璧なリターンパスが届く。快足を飛ばしてDFを振り切りGKにコースを消される前に左足のシュートをゴール右下隅へ流し込んだ。 そして、試合はこの直後にタイムアップを迎え、エリクセンの加入後初ゴールに加え、ガルナチョにプレミアリーグ初ゴールが生まれたユナイテッドがフルアムとの接戦を劇的に制し、リーグ2戦ぶりの勝利で中断期間を迎えることになった。 2022.11.14 03:33 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、W杯前最終戦もC・ロナウド欠場か…サンチョ&アントニーとともに遠征せず

今週末のプレミアリーグがカタール・ワールドカップ(W杯)のブレイク前最終戦となるマンチェスター・ユナイテッドだが、FWクリスティアーノ・ロナウドが欠場するようだ。 ミッドウィークのカラバオカップでアストン・ビラに直近のプレミアリーグで喫した黒星の借りを返したユナイテッド。13日に行われる第16節では9位につけるフルアムとのアウェイ戦に臨む。 イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、ユナイテッド陣営は試合前日に電車移動でロンドンに向かったが、先のビラ戦を病欠したC・ロナウドの姿がなかったという。 また、負傷欠場が続くFWジュイドン・サンチョとFWアントニーも遠征メンバーから外れ、欠場が濃厚。絶賛台頭中のMFアレハンドロ・ガルナチョをはじめとする若手が帯同している模様だ。 なお、今週末は右サイドバックで輝くDFジオゴ・ダロトが累積警告で出場停止。完全に出番を失うDFアーロン・ワン=ビサカをここで使うのかどうかも注目される。 2022.11.13 12:20 Sun
twitterfacebook
thumb

シティが復帰ハーランドの土壇場PK弾で劇的勝利! カンセロ前半退場でフルアムに苦戦も勝負強さ発揮《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第15節、マンチェスター・シティvsフルアムが5日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが2-1で勝利した。 前節、レスター・シティとの接戦をデ・ブライネの圧巻の直接FK弾によって競り勝ちリーグ連勝を飾った2位のシティ。消化試合となったチャンピオンズリーグ(CL)でもセビージャ相手にCL最年少先発得点記録を樹立した17歳DFリコ・ルイスの活躍などで3-1の逆転勝利を飾った。 週明けに行われるEFLカップでチェルシーとのビッグマッチを控える中、7位のフルアムをホームで迎え撃った一戦ではセビージャ戦で温存した守護神エデルソン、ストーンズやカンセロ、デ・ブライネ、ベルナルド・シウバが先発に復帰。また、負傷明けのハーランドがベンチに入った。 立ち上がりからボールを握って押し込むシティは、波状攻撃からアルバレスのヘディングシュートでいきなりゴールに迫る。さらに、9分にはデ・ブライネが強烈なミドルシュートを枠の左へ飛ばすが、これはGKレノの好守に阻まれる。 以降も良いリズムで試合を進めると、16分には中盤でのボール奪取から前向きでボールを持ったギュンドアンがDFリームを巧みな動き出しで外したアルバレスへ完璧なスルーパスを供給。そのままボックス右に抜け出したアルバレスがクロスバーの内側を掠める強烈な右足シュートを突き刺し、公式戦2試合連続ゴールとした。 自分たちの流れでリードを手にしたホームチームは、失点後もあまり前からボールを奪いに来ない相手に対してストレスなくボールを動かしながらゲームをコントロール。25分にはFKの流れからストーンズがタップインでゴールネットを揺らすが、その前のロドリのオフサイドを取られて追加点とはならず。 すると、この直後には試合の流れを大きく左右するアクシデントが発生。26分、相手のカウンターからボックス内へ抜け出そうとしたハリー・ウィルソンをDFカンセロが斜め後ろからショルダーチャージで倒すと、このプレーに対してPKが与えられる。さらに、厳しい判定ながらも決定機阻止でのレッドカードが掲示された。 このPKをアンドレアス・ペレイラに決められて数的不利を背負ってイーブンの展開に持ち込まれたシティだったが、圧倒的なボールスキル、ポジショニング、連携によって以降もボールの主導権を掌握。70%を超えるボール支配率を維持して押し込む続ける。 37分にはデ・ブライネのスルーパスに抜け出したアルバレス、43分には鮮やかなカウンターで左からのカットインを仕掛けたグリーリッシュが続けて際どいシュートを放つ。さらに、前半終了間際にはセットプレーからゴール前のアカンジに続けて決定機が舞い込むが、ここはGKレノの好守に阻まれた。 結局、1-1のイーブンで試合を折り返したグアルディオラのチームは後半も同じメンバーでスタート。大きく戦い方を変えないフルアムを相手にボールを握って押し込む形を継続していく。 なかなか決定機まで持ち込めない状況が続く中、シティベンチは64分に2枚替えを敢行。グリーリッシュとアルバレスを下げてフォーデンと、公式戦3試合ぶりの復帰となる切り札ハーランドを同じポジションに投入した。 この交代で攻め方に幅が生まれたシティは、ハーランドが続けてボックス内でフィニッシュに顔を出すが、投入後即ゴールとはならない。さらに、74分にはカウンタープレスからボックス手前左でボールを受けたデ・ブライネが完璧なクロスを入れると、これをゴール前のハーランドがヘディングで流し込む。だが、勝ち越しゴールかに思われたこのプレーはVARによるオフサイド判定で認められず。 この絶好機を逸したシティは、引き分けを良しとして守備的な交代カードを切って守備の強度を維持するフルアムに苦戦。疲労や焦りからイージーなミスも散見される。 その後、1-1のまま試合は5分が加えられた後半アディショナルタイムに突入すると、2連覇中の王者が土壇場で見事な勝負強さを発揮した。93分、ボックス内で足元にボールを収めたデ・ブライネが鮮やかなターンでDFロビンソンのファウルを誘ってPKを獲得。このプレッシャーがかかるPKをキッカーのハーランドは、GKレノに読まれながらもきっちり決め切った。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、カンセロの退場によって大苦戦を強いられながらも圧巻の勝負強さを発揮したシティがリーグ3連勝で暫定首位に立ち、翌日にチェルシー戦を控える首位のアーセナルにプレッシャーをかけている。 2022.11.06 02:08 Sun
twitterfacebook
thumb

ハーランドが今週末復帰も? ペップ「彼ははるかに良くなった。今日にも決める」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がノルウェー代表FWアーリング・ハーランドに言及した。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』 新天地イングランドでもここまで公式戦16試合で22ゴールと前評判どおりの活躍を披露するハーランド。その豊富なゴールパターンもだが、短期間で順応して上でしっかりと自分の色も付け足してくるところも見事な22歳だが、足のじん帯を痛め、ここ公式戦2試合を欠場している。 チームの状況的に急がせる必要もないが、グアルディオラ監督は5日にホームで行われるプレミアリーグ第15節のフルアム戦に先立った会見で今週末の復帰に慎重を期しつつ、含みを持たせた。 「彼ははるかに良くなっている。今日にも決めるよ。トレーニングを始めるのは良いステップだ。これから午後に練習があって、そこで様子を見ていく。フルで出るのか、少ない時間でプレーするのかはトレーニングが終わってから判断する」 2022.11.05 09:57 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly