鎌田&遠藤が今季初ゴール! 日本代表DF対決は劇的ドロー決着【ブンデスリーガ日本人選手】

2022.08.15 06:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第2節が13、14日にドイツ各所で行われた。

今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。

開幕節から多くの選手が出場機会を得る中、フライブルク新加入の堂安が今季リーグ戦初ゴールを記録。そして今回の第2節では、フランクフルトの鎌田とシュツットガルトの遠藤に初ゴールが生まれた。

3日前のUEFAスーパーカップから連続でスタメンとなった鎌田は、開始3分に自身のボールロストからヘルタ・ベルリンにショートカウンターを受け、失点を招く。

それでも迎えた後半開始3分、敵陣高い位置でのボール奪取からショートカウンターに転じると、コロ・ムアニのラストパスを鎌田が難なくゴールに蹴り込んだ。その後はオープンな展開となったが、互いに追加点は生まれず。試合は1-1の引き分けに終わった。

一方、遠藤と伊藤が先発したシュツットガルトは、アウェイでブレーメンと対戦。開始4分に失点したシュツットガルトだったが、37分にカライジッチのパスを受けた遠藤が豪快に右足を一閃。強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。

シュツットガルトは77分にムヴァンパにゴールで逆転に成功したが、試合終了間際の追加タイム5分にパワープレーを受けた流れからバークに決められ、2-2でタイムアップを迎えた。

また、吉田vs板倉の日本代表対決となったシャルケvsボルシアMGは、試合終了間際にPKを獲得したシャルケがバルターのゴールで追いつき2-2のドロー決着となっている。

その他、ホッフェンハイムとアウェイで対戦した浅野所属のボーフムは、13分までに2点をリードしたが、前半の内に追いつかれると試合終了間際の88分にダブールに逆転弾を許し、そのまま2-3で敗戦。2戦連続のスタメンとなった浅野は見せ場を作ることができず77分に交代した。

板倉滉[ボルシアMG]
▽8/13
シャルケ 2-2 ボルシアMG
◆フル出場
結果ニュース

鎌田大地[フランクフルト]
▽8/13
ヘルタ・ベルリン 2-2 フランクフルト
◆86分までプレー、48分に今季初ゴールを記録

長谷部誠[フランクフルト]
▽8/13
ヘルタ・ベルリン 2-2 フランクフルト
◆74分からプレー
結果ニュース

堂安律[フライブルク]
▽8/12
フライブルク 1-3 ドルトムント
◆85分までプレー
結果ニュース

吉田麻也[シャルケ]
▽8/13
シャルケ 2-2 ボルシアMG
◆フル出場
結果ニュース

原口元気[ウニオン・ベルリン]
▽8/14
マインツ 0-0 ウニオン・ベルリン
◆70分までプレー
結果ニュース

伊藤洋輝[シュツットガルト]
▽8/13
ブレーメン 2-2 シュツットガルト
◆フル出場

遠藤航[シュツットガルト]
▽8/13
ブレーメン 2-2 シュツットガルト
◆フル出場、38分に今季初ゴールを記録
結果ニュース

浅野拓磨[ボーフム]
▽8/13
ホッフェンハイム 3-2 ボーフム
◆77分までプレー

関連ニュース
thumb

伊東純也がクロスをダイレクトで決めて今季3点目の勝ち越し弾! しかし、その2分後に一発退場…

スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也が再び結果を残した。 今シーズンからリーグ・アンのスタッド・ランスに移籍。ベルギー以外の国で初の挑戦となった伊東。チームの主軸としてプレーし、開幕戦こそケガの影響で欠場したが、第2節のクレルモン戦に途中出場しリーグ・アンデビュー。第3節以降はスタメンで出場を続けている。 第4節のリヨン戦で移籍後初ゴールを記録し、リーグ・アンでの初ゴールを決めると、続く第5節のアンジェ戦でもゴールを記録。ここまで7試合で2ゴールを記録している。 これまでは右のウイングが主戦場だった伊東だが、スタッド・ランスでは2トップの一角で起用されることに。得点力が上がっている中、早くもシーズン3ゴール目を記録した。 2日に行われたリーグ・アン第9節のトロワ戦にも先発した伊東は、1-1で迎えた54分に魅せる。 右CKからアレクシス・フィリプがクロスを上げると、これは相手DFがクリア。しかし、そのボールをボックス右で拾ったフィリプがクロス。これをボックス中央で伊東がダイレクトで合わせ、スタッド・ランスが勝ち越しに成功した。 これで勝ち越したスタッド・ランスだったが、伊東にアクシデント。55分、ロングボールが前に蹴り出されると、ルーズボールに対して伊東がスライディング。これがジャクソン・ポロソの左ヒザにスパイクが入る形に。一発レッドでの退場となってしまった。 ゴールを決めた直後に退場となった伊東。スタッド・ランスは今季のリーグ戦9試合のうち6試合で退場者を出しており、伊東もその1人になってしまった。 なお、試合はスタッド・ランスがリードして終盤に差し掛かっている。 <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也が技ありの今シーズン3点目!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script async src="https://telegram.org/js/telegram-widget.js?19" data-telegram-post="f97glss/975" data-width="100%"></script> <span class="paragraph-title">【動画】得点からわずか2分後にまさかの一発退場</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script async src="https://telegram.org/js/telegram-widget.js?19" data-telegram-post="f97glss/976" data-width="100%"></script> 2022.10.02 23:45 Sun
twitterfacebook
thumb

田中碧が今季初ゴールで勝利に導く活躍! アペルカンプ真大のクロスを技ありで合わせる!

デュッセルドルフの日本代表MF田中碧が今シーズン初ゴールを記録した。 田中は1日に行われた2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)第10節のアルミニア・ビーレフェルト戦に先発出場。MF奥川雅也との日本人対決が実現した。 日本代表帰りの田中。ボランチの一角で先発出場すると、トップ下で起用されたMFアペルカンプ真大が大活躍を見せる。 21分にアペルカンプ真大のゴールで先制すると34分にPKで追いつかれてしまう。 それでも迎えた47分、ボックス内右でパスを受けたアペルカンプ真大の浮き球のパスを、ボックス中央で田中がダイレクトボレー。バウンド際をうまく叩きつけたゴールで、勝ち越しゴールを記録した。なお、これが今シーズンの初ゴールとなった。 試合は66分にアペルカンプ真大が2点目を決めると、76分にもチームは追加点。4-1で勝利を収めた。 <span class="paragraph-title">【動画】田中碧がクロスに上手く合わせて今季初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="UkhyvyOQ21Y";var video_start = 21;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.02 22:22 Sun
twitterfacebook
thumb

「最高にかわいい」「勝利の女神」カワイイが止まらない!岩渕真奈がノースロンドン・ダービーをスタジアム観戦「ノースロンドンは赤!」

アーセナルのなでしこジャパンFW岩渕真奈が、ノースロンドン・ダービーを観戦した。 アーセナルで2シーズン目を過ごしている岩渕。チームは、今シーズンのUEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)の出場権を掴むなどする中、なかなか試合に絡めていない状況が続いている。 その岩渕だが、1日に行われたプレミアリーグ第9節のアーセナルvsトッテナムのノースロンドン・ダービーをスタジアム観戦。自身のインスタグラムで報告した。 岩渕は「ノースロンドンは赤!とても良い雰囲気でした」と英語で投稿。「最高!!!アーセナル!!」とした。 岩渕はアーセナルのユニフォームを着用し、ニット帽を被った姿を投稿。メインスタンドからの様子を添えていた。 これには元なでしこジャパンでタレントの丸山桂里奈さんが「あら、まー可愛い」とコメント。またファンも「キュート」、「最高にかわいい」、「勝利の女神」とコメントを寄せていた。 ちなみに、先週はFA女子スーパーリーグ(FAWSL)で女子チーム同士のノースロンドン・ダービーが行われており、4-0でアーセナルが快勝。岩渕はベンチに入ったが、出番はなかった。 <span class="paragraph-title">【写真】カワイイが止まらない!アーセナルユニにニット帽コーデの岩渕真奈</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjLGkDisdks/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjLGkDisdks/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjLGkDisdks/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">岩渕真奈/Mana Iwabuchi(@iwabuchi.m_jp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.02 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

「全員が素晴らしいプレー」初陣でリバプールに追いついたデ・ゼルビ監督、三笘薫ら途中出場選手も称える「交代選手が違いを生み出した」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督が、リバプール戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ブライトンは1日、プレミアリーグ第9節でリバプールとアウェイで対戦した。 プレミアリーグでは好スタートを切り、4位につけるブライトン。グレアム・ポッター前監督がチェルシーに引き抜かれるという緊急事態に陥った中、ロベルト・デ・ゼルビ監督を招へい。エリザベス2世女王陛下の逝去や鉄道のストライキなどもあり、1カ月ぶりのゲームとなった。 デ・ゼルビ新監督の初陣となったリバプール戦ではレアンドロ・トロサールが躍動。4分、17分と連続ゴールを記録しリードを広げる。 今季なかなか調子が出ないリバプールもしっかりと反撃。33分、54分にロベルト・フィルミノが連続ゴールで追いつくと、63分にはオウンゴールで逆転に成功する。 苦しくなったブライトンは逆転された直後の65分に三笘を投入。すると83分に三笘が大きな仕事を。ボックス左でパスを受けると、そのままクロス。これをトロサールがダイレクトで蹴り込みハットトリック達成。リバプール相手に追いついて引き分けに終わった。 初陣を終えたデ・ゼルビ監督が試合後に選手たちを称えてきたとコメント。リバプールを相手に勝てるチャンスもあったとし、勇敢に戦った選手たちを称賛した。 「ロッカールームでは選手たちに、パフォーマンスを誇りに思っていることを伝えた。私はチームに情熱と激しさを持ってプレーしてほしいと思っていた。トレーニングのピッチで彼らに伝えたが、全員が素晴らしいプレーを見せてくれた」 「クレイジーな試合だった。選手とクラブのことを嬉しく思うし、誇りに思っている。試合に勝つ可能性はあったが、リバプールは素晴らしいチームだ。勝っていたとしても、何かを盗んだような気分にはならなかっただろう」 「私が良い監督かどうかは分からないが、勇敢な監督であり、とても優れたチームをまとめたグレアム・ポッターの功績を讃えなければいけない」 「我々が送り出した交代選手が違いを生み出し、我々は良い試合をした。良いプレーを出すことが難しいアンフィールドで、より多くのゴールを奪う可能性があった」 また、ハットトリックを達成したトロサールについても言及。ブライトンにとってプレミアリーグで初のハットトリックとなったが、デ・ゼルビ監督はもっとやれるだろうと期待を込めた。 「トロサールは2つの素晴らしいゴールを決め、素晴らしい試合を見せていた。3つ目のゴールはとても難しかったが、彼は上手くチャンスを掴んだ」 「ただ、彼のことは素晴らしいプレーヤーだと考えているので、もっと上手くやれると思っている」 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫の絶妙なクロスからトロサールがハットトリック達成!全3ゴールをチェック</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://t.co/QUdKjW5gTp">pic.twitter.com/QUdKjW5gTp</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1576316023619391494?ref_src=twsrc%5Etfw">October 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.02 12:28 Sun
twitterfacebook
thumb

日本人FWが決勝ゴールのインドネシアで試合後にサポーターが乱闘、催涙弾の影響で129名が死亡しさらに増加の可能性

インドネシアでのサッカーの試合直後、観客の乱闘騒ぎに警察が介入したことで、多くの死者が出る痛ましい事件が起こった。 『ESPN』によると、事件が起こったのはインドネシアの東ジャワ州のマラン市にあるカンジュルハン・スタジアムだった。 アレマ・クロノスFCとベルセバヤ・スラバヤのライバルチーム同士の試合が1日に行われていたが、2-3でアウェイのベルセバヤが勝利した。 すると、試合終了直後に乱闘が発生。何千人ものアレマのファンがピッチに入ろうとしていた。そして、それを沈めるために警察の機動隊が催涙ガスを発射した。 東ジャワ州警察署長によると、この催涙ガスが原因でサポーターがパニックに陥ったという。 その結果、何百人もの人々が催涙ガスから逃れようと出口ゲートに殺到。混沌とする中で窒息死する人や、踏みつけられて命を落とした人もおり、『ESPN』によれば34人が一瞬にして死亡したという。 また、300人以上の人々がケガの治療のために近くの病院に搬送されたが、搬送途中や治療中にも命を落としていったという。 現時点で129名が死亡しているとのことだが、負傷した約180人の犠牲者の状態が悪化しているとのこと。死者数は今後さらに増える可能性が高いとのことだ。 なお、今回の事件を受け、インドネシアサッカー協会(PSSI)は声明を発表。サポーターの行為を残念に思うとし、犠牲者に対しては哀悼の意を表して謝罪。事件を調査するとともに、この先1週間リーグ戦を中断するとし、問題の原因となったアレマは今シーズンの残り試合の開催を禁止すると発表した。 「PSSIは、カンジュルハン・スタジアムでのアレマのサポーターの行為に遺憾の意を表します。ご遺族の皆様をはじめ、関係者の皆様にお悔やみとお詫びを申し上げます」 「このためPSSIは、直ちに調査チームを編成しました」 「また、2022-23シーズンのリーガ1は1週間中断します。さらに、アレマFCに対しては、今シーズンの残りの試合の開催が禁止されることになります」 なお、この試合ではベルセバヤ・スラバヤに所属するFW山本奨が決勝ゴールを決めていた。 <span class="paragraph-title">【動画】大量のファンがピッチに乱入し大乱闘、催涙弾が撒かれる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">BREAKING: Over 100 people were killed and 200 injured in a riot at a football stadium in Malang Indonesia, authorities said. <a href="https://twitter.com/hashtag/news?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#news</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/BreakingNews?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BreakingNews</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Newsnight?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Newsnight</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/NewsUpdate?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NewsUpdate</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/NewsBreak?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NewsBreak</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/soccer?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#soccer</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Indonesia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Indonesia</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/malang?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#malang</a><a href="https://twitter.com/hashtag/AremavsPersebaya?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AremavsPersebaya</a><a href="https://twitter.com/hashtag/arema?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#arema</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Kanjuruhan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Kanjuruhan</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/bonekjancok?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#bonekjancok</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/football?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#football</a> <a href="https://t.co/SXhCPfTId9">pic.twitter.com/SXhCPfTId9</a></p>&mdash; That Guy Shane (@ProfanityNewz) <a href="https://twitter.com/ProfanityNewz/status/1576355908661100544?ref_src=twsrc%5Etfw">October 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】大事件が起きた中、決勝ゴールを決めたのは日本人FW山本奨</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="dAzp9Vh7G_k";var video_start = 104;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.02 11:27 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly