吉田、板倉がフル出場した日本人対決はシャルケの土壇場弾でドロー決着《ブンデスリーガ》

2022.08.14 03:42 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第2節のシャルケvsボルシアMGが13日に行われ、2-2の引き分けに終わった。シャルケのDF吉田麻也、ボルシアMGのDF板倉滉はフル出場している。

今夏に移籍した板倉の古巣対決に注目が集まった昇格組のシャルケと、ボルシアMGの一戦。シャルケの吉田と、ボルシアMGの板倉は共にセンターバックで2戦連続の先発出場となった。

試合はホームチームが積極的な入りを見せる中、先にチャンスを作ったのはボルシアMG。22分、ベンセバイニのロングパスから相手DF裏に抜け出したテュラムがボックス左深くまで切り込みシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。
膠着状態が続く中、シャルケが29分に先制する。自陣でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、左サイドに張っていたモールとパス交換したサラサールがドリブルで中央を切り裂くと、ペナルティアーク手前から放ったミドルシュートがゴール左隅に吸い込まれた。

ハーフタイムにかけては、先制したシャルケが押し込む展開となったが、追加点は生まれず。1-0で前半を終えた。

迎えた後半は一進一退の展開が続く中、ボルシアMGは72分に試合を振り出しに戻す。ロングフィードをプレアが頭でつなぐと、バイタルエリア中央でボールを受けたテュラムがヒールパス。このボールに反応したホフマンがゴール前まで抜け出すと、冷静にゴールネットを揺らした。

さらにボルシアMGは78分、左CKをボックス内のベンセバイニが合わせると、相手DFに当たった浮き球に飛び出したGKが味方と重なりファンブル。このこぼれ球をテュラムが反転シュートをゴールに突き刺した。

このまま試合終了かと思われたが、シャルケは90分に右サイドでFKを獲得すると、クロスをニアでクリアしようとしたヘアマンの左手にボールが当たる。主審は一度プレーは流したが、VAR検証の結果、ヘアマンのハンドを認めてシャルケがPKを獲得。このPKをバルターが決め、土壇場で追いついた。

結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。日本代表センターバック対決は互いに譲らず痛み分けの結果となった。

関連ニュース
thumb

【ブンデスリーガ日本人選手】板倉がW杯前最終戦で戦列復帰!堂安vs原口の上位対決はフライブルクに軍配

ブンデスリーガ第15節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第15節では伊藤、鎌田、堂安、原口、吉田が先発出場、板倉が途中出場した。 板倉滉の所属するボルシアMGは、ホームでドルトムントと対戦。試合は開始早々の4分にホフマンにゴールでボルシアMGが先制。19分にブラントのゴールで追いつかれたが、26分にホフマンのFKをベンセバイニがヘッドで叩き込み勝ち越すと、30分にもN・シュロッターベックがネットを揺らし、2点をリードする。 その後、前半終盤にセットプレーのこぼれ球をN・シュロッターベックに押し込まれ、再び1点差とされたボルシアMGだったが、後半開始早々の46分にコネがミドルシュートを沈め、リードは再び2点差に。 その後も危なげなく試合を進めたボルシアMGは、88分にコネに代えて板倉が大きな歓声に迎えられ、およそ2カ月ぶりのピッチへ。結局、試合はそのまま4-2でボルシアMGが快勝した。 また、堂安の所属するフライブルクと原口の所属するウニオン・ベルリンによる日本人対決は、前半で4点を奪ったフライブルクが、前半で10人となったウニオンの反撃を1点に抑え、4-1で勝利している。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽11/11 ボルシアMG 4-2 ドルトムント ◆88分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=430468">結果ニュース</a> ★鎌田大地[フランクフルト] ▽11/13 マインツ 1-1 フランクフルト ◆フル出場 ★長谷部誠[フランクフルト] ▽11/13 マインツ 1-1 フランクフルト ◆ケガのため欠場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=430562">結果ニュース</a> ★堂安律[フライブルク] ▽11/13 フライブルク 4-1 ウニオン・ベルリン ◆76分までプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽11/13 フライブルク 4-1 ウニオン・ベルリン ◆60分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=430565">結果ニュース</a> ★吉田麻也[シャルケ] ▽11/12 シャルケ 0-2 バイエルン ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=430509">結果ニュース</a> ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽11/12 レバークーゼン 2-0 シュツットガルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽11/12 レバークーゼン 2-0 シュツットガルト ◆ケガのため欠場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=430504">結果ニュース</a> ★浅野拓磨[ボーフム] ▽11/12 アウグスブルク 0-1 ボーフム ◆ケガのため欠場 2022.11.14 06:50 Mon
twitterfacebook
thumb

最下位で中断期間に入ったシャルケ、吉田麻也は厳しい現実もサポーターに感謝「毎試合素晴らしいサポートをありがとう」

日本代表DF吉田麻也が、シャルケのサポーターに感謝の気持ちを綴った。 吉田が今シーズンから加入したシャルケ。12日にはブンデスリーガ第15節でバイエルンと対戦。吉田は先発フル出場したが、0-2で敗れた。 前節はマインツ相手に8試合ぶりに勝利を収めるも、再び敗戦。チームは7連敗を喫した中で最下位に転落し、そのままカタール・ワールドカップ(W杯)開催による中断期間に入った。 センターバックにケガ人が続出し、自身もパフォーマンスの低さが槍玉に挙げられ、期待に全く応えられていない吉田。現地の評価は厳しいものになっている中、自身のツイッターで常にチームをサポートしてくれるファン・サポーターに前半戦の感謝を綴った。 「僕たち全員にとって厳しい時期を過ごしました。でも、毎試合素晴らしいサポートをありがとうございます」 「多くのことを改善し、最後まで戦わなければなりません」 「ワールドカップの後にまた会いましょう。幸運を祈ります」 吉田は開幕戦から1試合を除いて、ブンデスリーガの全試合にフル出場。日本代表のキャプテンとしてW杯でパフォーマンスを出せるのか。注目される。 <span class="paragraph-title">【写真】前半戦を終え、吉田麻也がサポーターに感謝</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Ck5VuFzLGWE/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Ck5VuFzLGWE/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Ck5VuFzLGWE/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Maya Yoshida(@mayayoshida22)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.13 20:40 Sun
twitterfacebook
thumb

公式戦10連勝で年越しのナーゲルスマン「ブレイク後もこの調子でいければ」

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督がブレイク中のさらなる修正を期した。クラブ公式サイトが伝えている。 バイエルンは12日のブンデスリーガ第15節でシャルケのホームに乗り込み、2-0で勝利。4戦勝ちなしと思うようにいかずの時期もあったが、直近8試合で負けなしの6連勝で大きく巻き返している。 公式戦でみれば破竹の10連勝と良い雰囲気をもってカタール・ワールドカップ(W杯)の中断期間に入るナーゲルスマン監督だが、年明けの再開時により強い姿を披露したいと語った。 「ブレイク後もこの調子でいければと思う。全体として、この前の代表ウィークにいくつかを分析できたのが良かった。ブレイクはもっと脅威的な存在になる上で何ができるかを考える良い機会にもなる」 また、スポーツディレクターのハサン・サリハミジッチ氏は「前半を良い形で締めくくるのは重要なことだった。W杯に出る選手からすれば、ケガをしたくないし、簡単じゃなかったがね」と評価している。 2022.11.13 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ミュージアラ2Aに好調チュポ=モティング弾のバイエルンが吉田フル出場シャルケに快勝で6連勝《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第15節、シャルケvsバイエルンが12日に行われ、0-2でバイエルンが快勝した。シャルケのDF吉田麻也はフル出場している。 前節ブレーメン戦をニャブリのハットトリックなどで6発圧勝とし5連勝とした首位バイエルン(勝ち点31)はマネが負傷欠場となった中、[4-1-4-1]で臨み、キミッヒが右サイドバック起用となった。 一方、最下位シャルケ(勝ち点9)は前節、マインツ相手に1-0のシャットアウト勝利。連敗を7で止めた中、吉田が[4-2-3-1]の右センタバーックでスタメンとなった。 立ち上がりからバイエルンが押し込む展開で推移した一戦。しかし、自陣に引くシャルケを崩すような攻撃は見せられず。 シャルケの集中した守備が続く中、32分にようやくバイエルンに好機。左CKからチュポ=モティングのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKシュウォローにセーブされた。 それでも38分、バイエルンが先制点を奪いきる。ミュージアラとのパス交換でボックス内に侵入したニャブリがシュートを蹴り込んだ。 バイエルンが1点をリードして迎えた後半、52分に追加点。ロングカウンターに転じた流れからミュージアラが持ち上がってラストパス。受けたボックス内のチュポ=モティングが確実にGKとの一対一を制した。 67分にはミュージアラがネットを揺らすもわずかにオフサイドに阻まれたバイエルンが、終盤にかけては危なげなく時間を消化。 2-0で快勝し、6連勝でブレイクに入ることになった。 2022.11.13 04:24 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデスリーガ日本人選手】鎌田1Aのフランクフルトがホッフェンハイムとの打ち合いを制す! 堂安のフライブルクはライプツィヒに完敗…

ブンデスリーガ第14節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第14節では遠藤、伊藤、鎌田、堂安、吉田が先発出場、原口が途中出場した。 鎌田が先発したフランクフルトは、ホームでホッフェンハイムと対戦。試合は開始早々の3分にスコアが動く。敵陣でハイプレスをかけたリンドストロームがボール奪取からヒールパスを送ると、ボックス左から侵入した鎌田が倒されながらもボールを繋ぐ。最後はこれを拾ったソウがゴール前まで切り込み、冷静にゴールネットを揺らした。 幸先良く先制したフランクフルトは8分にも、リンドストロームがボックス左手前から強烈なミドルシュートを放つと、相手GKの弾いたこぼれ球をコロ・ムアニがハーフボレーで叩き込んだ。さらに29分には、ボックス左から侵入したコロ・ムアニの絶妙な折り返しを大外に走りこんだディナ・エビンベが流し込んだ。 前半半ばまでに3点を先行したフランクフルトだが、38分にバウムガルトナーのゴールで1点を返されると、後半開始早々の46分にもオザン・カバクにネットを揺らされ、たちまち1点差に。 後半開始早々の失点で嫌な流れになりかけたと思われたが、56分にロングカウンターを仕掛けると、ボックス右まで持ち上がったコロ・ムアニの折り返しをリンドストロームが流し込んだ。直後の58分には、ゲッツェのパスでボックス右まで駆け上がったディナ・エビンベの折り返しから鎌田が決定機を迎えたが、右足で合わせたボールはクロスバーに弾かれた。 その後も互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、最後までスコアは動かず4-2で試合終了。打ち合いを制したフランクフルトが4位に浮上している。 また、堂安が先発した2位フライブルクは、リーグ戦6試合無敗の6位ライプツィヒと対戦。試合はゴールレスで迎えた後半にスコアが動く。ライプツィヒは55分、右CKをエンクンクが頭で合わせると、クロスバーの跳ね返りをシマカンが押し込んだ。さらにその2分後には、エンクンクがネットを揺らし、2点をリードした。 立て続けに失点したフライブルクは、59分に堂安を下げてグリフォを投入。すると66分、ロングスローのこぼれ球をボックス内のキュブラーが右足ボレーでゴールに突き刺し、1点を返す。 同点弾を狙うフライブルクだったが、78分にホフラーがボックス内でエンクンクを倒してしまいPKを献上すると、フォルスベリにこれを決められ万事休す。結局、試合はそのまま3-1でライプツィヒが勝利した。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽11/8 ボーフム 2-1 ボルシアMG ◆ケガのため欠場 ★鎌田大地[フランクフルト] ▽11/9 フランクフルト 4-2 ホッフェンハイム ◆フル出場 ★長谷部誠[フランクフルト] ▽11/9 フランクフルト 4-2 ホッフェンハイム ◆ケガのため欠場 ★堂安律[フライブルク] ▽11/9 ライプツィヒ 3-1 フライブルク ◆59分までプレー ★吉田麻也[シャルケ] ▽11/9 シャルケ 1-0 マインツ ◆フル出場 ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽11/9 ウニオン・ベルリン 2-2 アウグスブルク ◆70分からプレー ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽11/8 シュツットガルト 2-1 ヘルタ・ベルリン ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽11/8 シュツットガルト 2-1 ヘルタ・ベルリン ◆83分に負傷交代 ★浅野拓磨[ボーフム] ▽11/8 ボーフム 2-1 ボルシアMG ◆ケガのため欠場 2022.11.10 07:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly