鎌田&遠藤が今季初ゴール! 日本代表DF対決は劇的ドロー決着【ブンデスリーガ日本人選手】

2022.08.15 06:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第2節が13、14日にドイツ各所で行われた。

今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。

開幕節から多くの選手が出場機会を得る中、フライブルク新加入の堂安が今季リーグ戦初ゴールを記録。そして今回の第2節では、フランクフルトの鎌田とシュツットガルトの遠藤に初ゴールが生まれた。

3日前のUEFAスーパーカップから連続でスタメンとなった鎌田は、開始3分に自身のボールロストからヘルタ・ベルリンにショートカウンターを受け、失点を招く。

それでも迎えた後半開始3分、敵陣高い位置でのボール奪取からショートカウンターに転じると、コロ・ムアニのラストパスを鎌田が難なくゴールに蹴り込んだ。その後はオープンな展開となったが、互いに追加点は生まれず。試合は1-1の引き分けに終わった。

一方、遠藤と伊藤が先発したシュツットガルトは、アウェイでブレーメンと対戦。開始4分に失点したシュツットガルトだったが、37分にカライジッチのパスを受けた遠藤が豪快に右足を一閃。強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。

シュツットガルトは77分にムヴァンパにゴールで逆転に成功したが、試合終了間際の追加タイム5分にパワープレーを受けた流れからバークに決められ、2-2でタイムアップを迎えた。

また、吉田vs板倉の日本代表対決となったシャルケvsボルシアMGは、試合終了間際にPKを獲得したシャルケがバルターのゴールで追いつき2-2のドロー決着となっている。

その他、ホッフェンハイムとアウェイで対戦した浅野所属のボーフムは、13分までに2点をリードしたが、前半の内に追いつかれると試合終了間際の88分にダブールに逆転弾を許し、そのまま2-3で敗戦。2戦連続のスタメンとなった浅野は見せ場を作ることができず77分に交代した。

板倉滉[ボルシアMG]
▽8/13
シャルケ 2-2 ボルシアMG
◆フル出場
結果ニュース

鎌田大地[フランクフルト]
▽8/13
ヘルタ・ベルリン 2-2 フランクフルト
◆86分までプレー、48分に今季初ゴールを記録

長谷部誠[フランクフルト]
▽8/13
ヘルタ・ベルリン 2-2 フランクフルト
◆74分からプレー
結果ニュース

堂安律[フライブルク]
▽8/12
フライブルク 1-3 ドルトムント
◆85分までプレー
結果ニュース

吉田麻也[シャルケ]
▽8/13
シャルケ 2-2 ボルシアMG
◆フル出場
結果ニュース

原口元気[ウニオン・ベルリン]
▽8/14
マインツ 0-0 ウニオン・ベルリン
◆70分までプレー
結果ニュース

伊藤洋輝[シュツットガルト]
▽8/13
ブレーメン 2-2 シュツットガルト
◆フル出場

遠藤航[シュツットガルト]
▽8/13
ブレーメン 2-2 シュツットガルト
◆フル出場、38分に今季初ゴールを記録
結果ニュース

浅野拓磨[ボーフム]
▽8/13
ホッフェンハイム 3-2 ボーフム
◆77分までプレー

関連ニュース
thumb

「本当にらしいゴール」日本代表MF三笘薫、お得意ドリブルからの一撃に称賛の嵐「W杯本戦でも武器に」「語彙力飛ぶ」

これぞ日本代表MF三笘薫(ブライトン&ホーブ・アルビオン)の真骨頂だ。 日本代表は23日、ドイツのデュッセルドルフ・アレーナで行われたキリンチャレンジカップ2022でアメリカ代表と対戦し、2-0で快勝した。 25分にMF鎌田大地(フランクフルト)がネットを揺らして以降も主導権を握っていた日本は、再三の決定機を作りながらも2点目が遠かったが、最終盤にジョーカーが持ち味を発揮した。 68分からピッチに立っていた三笘は終了間際の88分、左サイドの敵陣中央でボールを受け、得意の形でドリブルを仕掛けると、最後はボックス左でDF2枚の間を抜く見事な右足のコントロールシュートをファーポストに突き刺した。 見事な個人技で大きな追加点をもたらした三笘。ファンからも「本当に三笘らしいゴール」、「さすがです」、「W杯本戦でも日本の武器になりそうですねー」、「これは圧巻」、「伊藤のパスと中山のポジション取りが適切」、「別格の一文字に尽きる」、「語彙力飛ぶ」など、称賛の声が多数寄せられている。 日本は27日にエクアドル代表と対戦。出場すれば結果を残す日本が誇るドリブラーには、起用方法も含めて注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫の十八番、アメリカ戦で勝負を決定づけたカットインからのゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%972022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#キリンチャレンジカップ2022</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E6%9C%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日本</a> × <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アメリカ</a> 】<br>後半43分<br>左サイド <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E7%AC%98%E8%96%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三笘薫</a> ドリブルからゴール!日本追加点!<br>フジテレビ系列で生放送中‼️<br>TVerでLive配信中‼️ <a href="https://t.co/J8oP9SjsEO">https://t.co/J8oP9SjsEO</a><br>ThePushで代表を応援‼️ <a href="https://t.co/uS1RuKHOoP">https://t.co/uS1RuKHOoP</a><a href="https://twitter.com/jfa_samuraiblue?ref_src=twsrc%5Etfw">@jfa_samuraiblue</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://t.co/4kX77YnEmb">pic.twitter.com/4kX77YnEmb</a></p>&mdash; フジテレビサッカー (@cxfootball) <a href="https://twitter.com/cxfootball/status/1573315710465372160?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.24 17:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「すご」本田圭佑がバー当てチャレンジ公開も、ファンの視線は下半身「筋肉エグ」「ふくらはぎえぐい」

カンボジア代表のゼネラルマネージャー(GM)を務める本田圭佑がクロスバー当てチャレンジに挑戦。視線は意外な箇所に集まっているようだ。 肩書に"監督"とは付かないものの、本田は実質的な指揮官としてアンダー世代のチームも含めて指揮している。20日にはU-23カンボジア代表vsU-23日本代表の試合が行われ、本田vs日本代表という構図の一戦が初めて実現した。試合は1-3でU-23日本が勝利していた。 その本田は23日に自身のSNSを更新。TikTokにてクロスバー当てチャレンジの様子を公開した。 GKコーチ、廣瀬流監督を含めた3人の勝負の中で「技術も凄いんだろうけど何よりも集中力が素晴らしすぎる」、「学校の授業で本田選手の勉強しました!」と本田を称える一方、注目が集まっているのは足のようだ。 「足すご」、「とんでもない足」、「ふくらはぎえぐい」、「足の筋肉エグ」と、下半身の筋肉に視線を引き寄せられるファンも多かった。 なお、勝負の結果は5本中3本を成功させた本田が勝利。すべて失敗に終わったGKコーチには「キーパーコーチどーしたああ!」との指摘も寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】注目は下肢?本田圭佑のクロスバー当てチャレンジ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="tiktok-embed" cite="https://www.tiktok.com/@kskhonda1/video/7146129254458150146" data-video-id="7146129254458150146" style="max-width: 605px;min-width: 325px;" > <section> <a target="_blank" title="@kskhonda1" href="https://www.tiktok.com/@kskhonda1?refer=embed">@kskhonda1</a> <p>Bar Hitting Challenge</p> <a target="_blank" title="♬ NOTHING - Westover" href="https://www.tiktok.com/music/NOTHING-6773888441802311681?refer=embed">♬ NOTHING - Westover</a> </section> </blockquote> <script async src="https://www.tiktok.com/embed.js"></script> 2022.09.24 17:10 Sat
twitterfacebook
thumb

先制ゴールの鎌田大地「もう少し早めに2点目を取れれば」と反省もゴールに喜び「日本代表でのゴールは格別」

日本代表のMF鎌田大地(フランクフルト)が、アメリカ代表戦の勝利を振り返った。 23日、日本はドイツのデュッセルドルフで行われたキリンチャレンジカップ2022でアメリカと対戦した。 カタール・ワールドカップまで2カ月、メンバー発表前の最後の2試合となった今回の活動。日本は、[4-2-3-1]のシステムでアメリカに臨んだ。 試合は立ち上がりから日本が主導権を握ると、鎌田のゴールで先制。一度はオフサイドで取り消されたが、VARチェックの結果認められて先制した。 その後も日本がペースを握ると、選手交代をしながらも危なげなく戦う展開に。鎌田は先制のシーン以外にも何度か決定機を迎えたが、GKマット・ターナーの好セーブを前にゴールを奪えなかった。 それでも、終盤には途中出場の三笘薫もゴールを決めて、2-0で日本が勝利を収めている。 試合後のフラッシュインタビューに臨んだ鎌田は「今日僕自身、凄い得点チャンスが多かったので、決められて良かったですが、もう少し早めに2点目を取れれば、チームは楽になれてたと思います」とコメント。「点は取れて良かったですが、もう少し、シュートを決められるようにならなければと思います」と、決定機をもっと決めたかったとした。 自身もプレーするドイツでの日本代表としてのゴールについては「ドイツだけじゃなく、場所はどこでも日本代表でのゴールは格別です」と語り、「ゴールが取れて良かったです」と、今季の好調ぶりを日本代表でも示たことを喜んだ。 日本は27日にエクアドル代表と対戦。メンバー発表前のラストマッチを戦う。 <span class="paragraph-title">【動画】鎌田大地がダイレクトシュートで日本が先制!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/jfa_samuraiblue?ref_src=twsrc%5Etfw">@jfa_samuraiblue</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://t.co/o6Zsc7P55h">pic.twitter.com/o6Zsc7P55h</a></p>&mdash; フジテレビサッカー (@cxfootball) <a href="https://twitter.com/cxfootball/status/1573295973287137281?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.24 00:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「なんか楽しそう」「めっちゃ好かれとる」ポドルスキが新加入の奥抜侃志と寿司パーティー「チームメイトとは激アツ」

元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの日本好きは相変わらずのようだ。 ポーランド1部のグールニク・ザブジェに所属するポドルスキ。今シーズンもエクストラクラサ(ポーランド1部)でここまで6試合に出場し3アシストを記録している。 そのグールニク・ザブジェには、今夏大宮アルディージャからレンタル移籍でMF奥抜侃志が加入。その奥抜は、18日に行われたエクストラクラサ第10節でコロナ・キェルツェとアウェイで移籍後初ゴールを含む2ゴールの活躍。チームの勝利に貢献していた。 試合後には、サポーターに挨拶する場面で、恒例の音頭を取るやり方がわからない奥抜に伝授。兄貴っぷりを発揮していた。 そのポドルスキは、自身のツイッターを更新。奥抜と寿司の2ショットを投稿し、寿司パーティーを開催したことを報告した。 ポドルスキは「Arigato」と投稿しており、この寿司は奥抜が用意したものかもしれない。 この投稿にファンは「なんか楽しそう」、「チームメイトとは激アツ」、「奥抜を気にしてくれてる」、「チームメイトなの知って驚き」、「めっちゃ好かれとる」、「良い関係が作れていそう」と、大先輩のスターに可愛がられている姿に安堵しているようだ。 奥抜にとっては初の海外移籍。チームに馴染むための努力が不安視されたが、どうやらポドルスキが良い役割を果たしてくれていそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】ポドルスキが奥抜侃志と寿司パーティーの様子を投稿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Arigato <a href="https://twitter.com/hashtag/sushi?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#sushi</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/party?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#party</a> <a href="https://twitter.com/GornikZabrzeSSA?ref_src=twsrc%5Etfw">@GornikZabrzeSSA</a> <a href="https://t.co/wXme6JFPVQ">pic.twitter.com/wXme6JFPVQ</a></p>&mdash; Lukas-Podolski.com (@Podolski10) <a href="https://twitter.com/Podolski10/status/1572543047766011906?ref_src=twsrc%5Etfw">September 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.23 19:10 Fri
twitterfacebook
thumb

開幕から出番なしの岩渕真奈、週末のダービーでは出場機会を得られるか

16日、イングランドのFA女子スーパーリーグ(FAWSL)が開幕した。 18日にかけて開催され、ウェストハムへ加入したなでしこジャパンのMF林穂之香とDF清水梨紗がフル出場を果たした一方、マンチェスター・シティへ電撃移籍したMF長谷川唯はメンバー外に。アーセナルのFW岩渕真奈はベンチ入りするも、出番はなかった。 昨シーズンは[4-3-3]でスタートしたアーセナルだが、対策を講じられて停滞気味となると、冬の移籍市場でスウェーデン女子代表FWスティーナ・ブラックステニウスを加え、オランダ女子代表FWフィフィアネ・ミーデマと組み合わせた[4-4-2]も併用した。 ポジション争いのライバル出現とともに、負傷の影響もあった岩渕は、終盤戦で欠場が続いた。オフには日本国内で両足首の手術を決行。回復も順調で、加入後2年目となる今季は一層の躍進が期待された。 だが、16日に行われたブライトン&ホーブアルビオンとの初戦では、ベンチ入りするも最後まで出場機会はなかった。 この日もミーデマがセカンドトップとなるような[4-4-2]でスタートしたアーセナルは、早々7分に数的優位となり、63分までに3-0とリードを広げた。ただ、さまざまな選択肢が許された状況下で、その後途中投入されたのは岩渕ではなく、東京オリンピック銀メダリストの1人、新加入のFWリナ・ハーティグら。 さらに、ヨナス・アイデバル監督は左サイドが主戦場であったアイルランド女子代表FWケイティ・マッケイブを右の前線で起用し、ウイングタイプのイングランド女子代表FWベス・ミードを中央に配置。新たなオプションを試すという選択をし、最終的には4-0で勝利を収めた。 アーセナルは20日に中3日で女子チャンピオンズリーグ(UWCL)ラウンド2の1stレグ、ホームでのアヤックス戦を迎えたが、連戦の中でも岩渕の名前はメンバーリストになく、試合も2-2のドローに終わっている。 24日には再び中3日でトッテナムとの"ノース・ロンドン・ダービー"が待つ。エミレーツ・スタジアムでの一戦はすでに4万5000枚のチケットが売れており、岩渕は御礼の動画にも登場。熾烈なポジション争いを勝ち抜き、SNS上だけではなく、ピッチ上で戦う姿を披露することはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】チケット販売好調の感謝を英語で伝える岩渕</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/Cih1_NJjpr5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/Cih1_NJjpr5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/Cih1_NJjpr5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Arsenal Women(@arsenalwfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.21 18:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly