ボローニャSDがアルナウトビッチのユナイテッド行きに否定的発言 「我々にとってプライスレスな存在」

2022.08.09 11:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボローニャのスポーツディレクター(SD)を務めるマルコ・ディ・ヴァイオ氏がマンチェスター・ユナイテッドの関心を集めるオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(33)に発言した。

FWエディンソン・カバーニの退団でストライカー陣が手薄のなか、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも依然として去就不透明とあって、補強ポイントにあがるユナイテッド。プレシーズン中に好調だったFWアントニー・マルシャルもケガで出遅れ、さらに補強が求められる。

そこで候補として急浮上したのがアルナウトビッチで、先日のイタリア『スカイ』によれば、ユナイテッドは移籍金としておよそ900万ユーロ(約12億3000万円)のオファーを打診。これはボローニャに突っぱねられたものの、再びチャレンジするものといわれ、動向が注目されている。
そのなか、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ボローニャの補強を司るディ・ヴァイオSDが『Italia 1』で加入初年度の昨季からセリエAで14ゴールと活躍したアルナウトビッチの去就にコメント。非売品のスタンスを示したようだ。

「アルナウトビッチとはこれまでも一緒にやっていきたいし、キープしたい。彼は我々のプロジェクトの中心にいる」

「もちろん、マンチェスター・ユナイテッドのようなクラブから関心を示されるのは誇らしいものが、ボローニャの願いは今のチームを維持して、重要なシーズンを過ごすために強化することだ」

「金の問題じゃない。マルコは我々にとってプライスレスな存在。彼は我々全員が勝ったギャンブルの象徴でもあり、誰もが彼のことを忘れているとき、我々が中国から彼をピックアップしたんだ」

「彼は我々にとってあまりに大きな存在で、我々は次のレベルに達するにあたってや若手を育てるのにこれからも彼の力が必要だ」


関連ニュース
thumb

6ゴール大勝のインテル、S・インザーギ監督は「意欲的に働いた」選手称賛

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、大勝に満足感を示している。クラブ公式サイトが伝えた。 先週末のユベントスとのイタリア・ダービーで痛恨の黒星を喫したインテル。9日に行われたセリエA第14節では、現在公式戦4連勝中のボローニャと対戦した。 22分に失点を許し不穏な雰囲気に包まれたが、すぐさまFWエディン・ジェコのゴールで追いつくと、36分にDFフェデリコ・ディマルコがFKを直接決めて逆転に成功。その後、順調に得点を重ねたインテルは、FWラウタロ・マルティネスやMFハカン・チャルハノール、MFロビン・ゴセンスにもゴールが生まれ、終わってみれば6-1の大勝となった。 試合後、S・インザーギ監督はダービーでの敗戦から上手く立ち直った選手たちを称賛。ユベントス戦の敗北は痛恨だったと認めつつも、チームは前を向いていると強調した。 「我々はサン・シーロで重要な走りができたと思う。相手は4連勝中と好調なチームだったからね。失点の後も、良いリアクションで試合に臨めたと思う。ここ6試合で5勝…トリノでの試合には残念ながら敗れたが、首位のナポリ以外で考えればリーグでもそれなりの成績を残せている」 「我々はホームでもアウェイでも、今夜のようなプレーを続けなければならない。ユベントスにノックアウトされた後、私は試合に満足していなかった。それでも、トリノでの大敗からの3日間で、選手たちが意欲的に働いているのを見られたんだ。彼らはとても集中していて、修正するだろうという確信があった」 「自分たちの進むべき道を見つめる必要がある。ユベントス戦後、プレッシャーはあったか? ここでは常にプレッシャーがあるものだ。経営陣とはとても良い関係で、いつもお互いに話し合っているよ。常に透明性の高い経営陣がいてくれて満足だ。彼らは率直で、何かを伝える必要があるならはっきり伝えてくれる」 2022.11.10 15:18 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、ディマルコ2発など好調ボローニャに6発圧勝《セリエA》

インテルは9日、セリエA第14節でボローニャをホームに迎え、6-1で圧勝した。 前節ユベントスに競り負けた7位インテル(勝ち点24)は、デ・フライがベンチスタートとなった中、バストーニが先発に復帰した。 3連勝中の11位ボローニャ(勝ち点16)に対し、ラウタロとジェコの2トップで臨んだインテルは開始4分、バロウに決定的なシュートを許す。不安な立ち上がりとなった中、9分にもアルナウトビッチに際どい枠内シュートを打たれたが、GKオナナが防いだ。 しかし22分、嫌な流れのまま先制されてしまう。CKの流れからリコギアニスの放ったボレーシュートがシュクリニアルに当たってコースが変わりネットが揺れた。 失点したインテルだったが、26分にすかさず追いついた。ダンフリースの右クロスがDFに当たってディフレクトした浮き球の高いルーズボールをボックス内のジェコが見事なボレーでゴールに蹴り込んだ。 そして36分、ボックス手前右からディマルコが直接狙ったFKがゴール左に決まって一気に逆転としたインテルは、42分に3点目。チャルハノールの左CKからラウタロのヘディングシュートが決まった。 3-1として迎えた後半、開始2分にジェコのヘディングシュートがバーに直撃したインテルは1分後に4点目。ボックス右でパスを受けたディマルコがDFをかわして中へ切れ込みシュートを決めきった。 ディマルコのドッピエッタで勝負を決めたインテルは、59分にチャルハノールがPKで5点目を挙げると、主力をベンチに下げて余裕の展開とした76分にはゴセンスにもゴールが生まれて6発圧勝。 イタリア・ダービー敗戦を大勝で払拭している。 2022.11.10 06:46 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ、首位キープ&公式戦10連勝! スパレッティ監督「誇りに思う」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督がボローニャ戦を振り返った。クラブの公式サイトが伝えている。 今季無敗のナポリは16日、セリエA第10節でボローニャと対戦。1点ビハインドで迎えた45分にDFファン・ジェズスのゴールで同点とし、後半立ち上がりにはFWイルビング・ロサーノのゴールで逆転する。直後に追いつかれたものの、69分にFWビクター・オシムヘンが勝ち越し点を挙げ3-2に。その後は反撃を許さず、今節も白星を飾っている。 前日には暫定ながらも2位に後退していたが、今節も首位をキープし、破竹の公式戦10連勝。スパレッティ監督は選手たちの姿勢やパフォーマンスを称え、さらなる快進撃にも自信をのぞかせている。 「10連勝か。気持ちいいの一言に尽きるね。素晴らしいゲームの連続に満足しているが、私が最も気に入っているのは、多くのプレーヤーがゲームとゴールに関わっていることだ。あらゆるアプローチで目標に到達できている」 「ナポリのプレーヤーは今日も優れたメンタリティを見せ、常にポゼッションを意識し、多くのゴールを挙げた。前半は全員が絶え間ないプレッシャーをかけて相手を疲弊させ、後半にゲームを覆した。質の高いチームであることと同時に我々の結束も示していたと言える」 「タフな相手に勝利できて嬉しいが、常に改善を模索することも重要だ。私はこのチームを指揮できて誇りに思うし、幸せだよ。本当に幸せだ」 2022.10.17 14:43 Mon
twitterfacebook
thumb

後半から出場のオシムヘン&ロサーノ弾でナポリがボローニャに競り勝ち首位キープ《セリエA》

ナポリは16日、セリエA第10節でボローニャをホームに迎え、3-2で競り勝った。 前節クレモネーゼに後半終盤の3発で勝利した首位ナポリ(勝ち点23)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグではアヤックスに快勝して決勝トーナメント進出を決めた。リーグ戦に集中できる環境となった中、ラスパドーリ、クワラツヘリア、ポリターノの3トップで臨んだ。 17位ボローニャ(勝ち点7)に対し、立ち上がりから押し込んだナポリは20分、クワラツヘリアのスルーパスからラスパドーリが決定的なシュートを放った。 その後もクワラツヘリアが好機を演出していたナポリだったが、決めきれずにいると41分に失点する。カンビアーゾにボックス左のスペースを突かれてマイナスに折り返されると、最後はザークツィーに決められた。 それでも45分、CKの流れからファン・ジェズスが決めて1-1とし前半を終えた。 迎えた後半、オシムヘンとロサーノを投入したナポリは開始4分に逆転する。クワラツヘリアのシュートのルーズボールをロサーノが押し込んだ。 しかし52分、すぐに追いつかれる。バロウのミドルシュートが枠を捉えると、GKメレトは守備範囲だったが防ぎきれなかった。 失点したナポリは54分、CKからオシムヘンのヘディングシュートでゴールに迫ると、69分に勝ち越す。クワラツヘリアのスルーパスに抜け出したオシムヘンがGKとの一対一を制した。 その後、79分のジエリンスキのシュートがバーに直撃して4点目こそ奪えなかったナポリだったが、3-2で勝利。 公式戦10連勝としたナポリが首位をキープしている。 2022.10.17 02:54 Mon
twitterfacebook
thumb

「光が見える」最下位サンプドリアのスタンコビッチ新監督、選手らを鼓舞!

サンプドリアのデヤン・スタンコビッチ監督が初陣となったボローニャ戦を振り返った。イタリア『スカイ』が伝えている。 セリエAで最下位に低迷するサンプドリアはマルコ・ジャンパオロ前監督を解任し、現役時代にインテルなどで活躍したスタンコビッチ氏を新たに招へい。指揮官としてイタリアに帰還したレジェンドの初采配に注目が集まっていた。 8日に行われた初陣の相手はインテル時代のチームメイト、チアゴ・モッタ監督が率いるボローニャ。32分に先制を許すも、72分にスタンコビッチ監督の同胞でもあるMFフィリップ・ジュリチッチのゴールで追いつき、1-1のドローとなった。 最下位こそ抜け出せなかったものの、アウェイで勝ち点1を積み上げたスタンコビッチ監督は試合後のインタビューで90分間のパフォーマンスに一定の満足感を得たと語り、選手たちを鼓舞するような力強い言葉も並べた。 「良いリアクションが見て取れ、プライドも感じた。私には光が見える。私はシーズン中、いつでも選手たちの近くにいるよ。彼らと一緒に闘い、苦しみ、喜ぶ。我々はあらゆる面で改善の余地がある」 「(選手たちが)最初にやるべきは自信を取り戻すことだ。各々は自らがもっと上手くプレーできることを知る必要があり、私はそれを評価する。全員がゼロから始めることになる」 「私は多くのコーチからあらゆることを学んできた。どうすればチームが勝てるのかについて、彼らが教えてくれたよ」 また、敵将として相見えた元チームメイト、チアゴ・モッタ監督との再会も喜んだ。 「チアゴ・モッタ? 彼は戦友であり、素晴らしい男だ。彼に幸運が訪れることを祈っている。インテルでは楽しい時間を過ごしたね。彼を大いに尊敬しているよ」 2022.10.09 18:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly