大エースの去ったバイエルン、ラーム氏はナーゲルスマン監督の手腕に期待「どう成長していくか見守りたい」

2022.08.08 16:46 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンのレジェンドである元ドイツ代表DFのフィリップ・ラーム氏が、古巣への期待を語った。

バイエルンは今夏の移籍市場でFWサディオ・マネ、FWマティス・テル、MFライアン・グラフェンベルフ、DFマタイス・デ・リフト、DFヌサイル・マズラウィの5選手を獲得した一方、長らく絶対的なエースとして君臨してきたFWロベルト・レヴァンドフスキがバルセロナに移籍。2シーズン連続でブンデスリーガの一冠に終わったチームには、大きな変革が起きた。

こうしたなか、5日に行われたブンデスリーガ開幕節では、昨季ヨーロッパリーグ(EL)を制すなど波に乗っている難敵フランクフルトを圧倒。新戦力のマネにゴールが生まれるなど前半だけで5点を奪い、最終的には6-1のスコアで白星を手にしている。
ドイツ『キッカー』のインタビューを受けたラーム氏は試合を振り返り、バイエルンにはどんな状況でも脈々と受け継がれてきた勝者のメンタリティが備わっていると主張。特にベテランであるFWトーマス・ミュラーとGKマヌエル・ノイアーの2選手は、チームに非常に大きな影響を与えていると語った。

「バイエルンの勝者のメンタリティは、何世代にもわたって培われ、受け継がれてきた。この40年間、クラブを引っ張ってきたOBたちを通してね。他のどのクラブにこれがあると思う?この点において、バイエルンはヨーロッパでも特筆した存在だ」

トーマス・ミュラーマヌエル・ノイアーの2人は、こうしたイメージの象徴だろう。彼らはチームが必要とするリーダーだ。もちろん、それ以外にも優秀な選手はいるが、この2人が中心になっているからこそ、チームメイトの姿勢にも影響を与えている」

また、ラーム氏はユリアン・ナーゲルスマン監督がレヴァンドフスキの去ったチームをどのように導いていくかに期待。大きなプレッシャーがかかっていることに理解を示しつつ、それでもタイトル獲得は義務だと強調した。

「レヴァンドフスキ抜きで新たなアプローチを見出すことが、今季の監督に課せられた使命だろう。ユリアン・ナーゲルスマンは今、どのようにチームを発展させるか示さなければならない」

「私は、監督が何度も変わることに批判的な見方をしているよ。リバプールのユルゲン・クロップやマンチェスター・シティのペップ・グアルディオラは、偉大な監督であっても足跡を残すには時間が必要という典型例だ」

「ナーゲルスマンはホッフェンハイムとライプツィヒで、チームを成長させられると証明した。それでも、世界有数のビッグクラブでの指揮は、特に若い監督には難しいものだろうね。とはいえ、バイエルンで何年にもわたって本当にうまくやるためには、1つ以上のタイトルを獲らなければならない」

「これからどう成長していくのか見守りたいね。ユップ・ハインケス体制の初年度も成功したとは言えず、2位と準優勝が2つあった。それでも、翌シーズンには3冠を達成できたんだ」

関連ニュース
thumb

熊谷紗希を擁するバイエルンが今季無敗のバルセロナに土をつける、2万4000人の大声援が力に《UWCL》

なでしこジャパンのDF熊谷紗希を擁するバイエルンが、今季公式戦無敗だったバルセロナ女子に初めて土をつけた。 7日、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)のグループステージ第4節、グループDのバイエルンvsバルセロナがアリアンツ・アレナで行われ、ホームのバイエルンが3-1で勝利を収めた。熊谷は81分から途中出場を果たしている。 ホームのバイエルンは高い位置でのボール奪取から4分にクララ・ビュール、10分には長いボールを起点にリナ・マグルと立て続けにネットを揺らす。折り返して60分にはショートカウンターからレア・シューラーが追加点を挙げると、ジェイゼ・フェレイラに1点を返されながらも逃げ切り勝ちを収めた。 バルセロナは今季も国内リーグ戦で無双しており、45得点4失点で11試合全勝中。UWCLでも16得点1失点で3連勝中だった。バイエルンも第3節で0-3と敗れていたが、2万4000人のホームの大歓声を受けて借りを返した。 ボール保持率は43%でほぼ倍のパスを回され、シュート数「23」を数えながらも、ブロック8本にGKセーブが7つと粘りを見せたバイエルン。アレクサンダー・シュトラウス監督も「激闘の勝利であり、我々は自身を本当に誇りに思える。テクニカルエリアからも観衆の迫力が感じられた。それは間違いなく、選手たちの背中を後押ししただろう」と、詰めかけた大観衆と、それに応えた選手たちを称えた。 これでバイエルンとバルセロナはそれぞれ3勝1敗に。3位・ベンフィカは2勝2敗、ローゼンゴードが4敗で最下位に沈んでいる。今後は15日に第5節、21日に最終節が行われ、上位2チームがベスト8に進出する。 <span class="paragraph-title">【動画】熊谷紗希もクローザーとして出場、バイエルン女子vsバルセロナ女子のハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="5kt7GfuvVo4";var video_start = 19;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.08 20:12 Thu
twitterfacebook
thumb

元モロッコ代表DFベナティア、R16スペイン戦控える後輩らにエール 「勝利を確信」

元モロッコ代表DFメディ・ベナティア氏がスペイン代表戦に臨む母国の後輩選手らにエールを送った。 現役時代にバイエルンやユベントス、ローマなどで活躍し、世界でもトップクラスのDFとして知られたベナティア氏。モロッコ代表としては2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場した経験を持つ。 現在、母国の後輩たちはカタールW杯でグループFを首位通過し、6日にはベスト8を懸け、決勝トーナメント1回戦で優勝候補の一角であるスペイン代表との対戦に。ベナティア氏はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』でモロッコの勝利を信じていると語っている。 「今回のW杯はすでに多くのサプライズが起こっているね。ここでまたひとつ、新たなサプライズがあるかも、と考えてみないか?」 「我々モロッコ人にとって、スペインは地理的にも近く、スペインとの試合はダービーマッチに通ずる部分がある。もちろん、モロッコの勝利を確信しているが、勝つには少し傲慢さも必要じゃないかな。このような試合では立ち上がりもとても重要だ」 「モロッコ代表は美しく、組織的だ。勝利は可能だよ」 2022.12.05 18:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ベイリーはバイエルン移籍の可能性もあった?「家にまで訪ねてきたが…」

アストン・ビラのジャマイカ代表FWレオン・ベイリーは、かつてバイエルン移籍に近づいていたようだ。 レバークーゼン時代に一躍脚光を浴び、現在はアストン・ビラで活躍するベイリー。自身のポッドキャストでバイエルンへの移籍に近づいていた時期があったと振り返った。 「過去に大きな後悔がある… 素晴らしい話が僕に来たんだ。あのバイエルンが僕を欲しがり、家にまで訪ねてきた。彼らはロッベンの後釜を欲していたが、レバークーゼンが僕を手放してくれなかった」 ドイツ『ビルト』いわく、その時期とは2019年の夏で、バイエルンはベイリー獲得に本腰を入れたものの、最終的に断念し、代わりにインテルからクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(現トッテナム)を獲得。2019-20シーズンのバイエルンは3冠を達成した。 バイエルン移籍が叶わなかったことを悔やんだ一方、古巣レバークーゼンに悪い印象を残しているわけではなく、アストン・ビラを選んで正解だったとも付け加えた。 「レバークーゼンはトップクラブ。周辺環境、施設、スタジアム、そこで働く人たちは本当に素晴らしい」 「もう一つ忘れてはいけないのは、多くのクラブが僕に興味を持ってくれた中、ビラという素晴らしい場所に来れたこと。僕自身も勉強し、人に話を聞き、自分に最も適したチームを考えた。見つけることができたよ!」 2022.11.30 18:19 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドいまやフリーも…バイエルンCEO「我々の哲学にそぐわない」 改めて否定

フリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)だが、バイエルンのユニフォームに袖を通す姿はやはりお目にかかれなさそうだ。 C・ロナウドは今夏の移籍騒動からマンチェスター・ユナイテッドで不穏さを醸すなか、カタール・ワールドカップ(W杯)開幕前にイギリスメディアでクラブのありとあらゆる方面に噛みついたインタビューが決定打となり、22日に契約解消。言わずもがな、スター選手だが、所属先なしでW杯参戦している。 今夏にも選手代理人のジョルジュ・メンデス氏が売り込みをかけたクラブの1つとして囁かれながら、「我々のフィロソフィーに沿わない」と話したバイエルン最高経営責任者(CEO)のオリバー・カーン氏はドイツ『スカイ』で「我々はこの件について、もう解を出した」と改めて獲得の可能性を否定した。 「我々にははっきりとしたアイデアがあり、どのようにしてチームを作っていくべきかという部分にも明確なフィロソフィーがある。彼を評価しているが、議論の余地なしさ。我々の誰もがクリスティアーノ・ロナウドのことを好いているが、哲学にそぐわない」 そんなC・ロナウドの去就を巡っては現時点でサウジアラビアの強豪アル・ナスルが高待遇のオファーを出したとの噂。今後の動向が注目される。 2022.11.30 11:00 Wed
twitterfacebook
thumb

来夏移籍金ゼロも… 1月にフランス代表FWテュラム争奪戦?

ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)を巡り、争奪戦が繰り広げられる可能性があるようだ。 フランス代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のテュラム。ここまで2試合の途中出場で得点はないが、チームはグループ最終節を残して決勝トーナメント進出を決めたため、来月1日のチュニジア代表戦ではスタメン起用も考えられる。 所属するボルシアMGでは今季の公式戦19試合で13得点4アシストと大ブレイクを果たし、たちまちビッグクラブ注目の的に。契約は2023年6月までのため、フリーとなる来夏の争奪戦が予想されるが、現在では来年1月の移籍市場でステップアップするとの見方も強まりつつある。 候補に挙がるのはバイエルンやアトレティコ・マドリー、インテル、ドルトムント、ニューカッスル、アストン・ビラなど。中でもドイツ『ビルト』が特に熱心だと主張するのが、ラ・リーガで降格圏に低迷するセビージャだ。 セビージャはホルヘ・サンパオリ監督がストライカーの獲得を要望。ボルシアMGは想定外の活躍を披露したテュラムの慰留をすでに断念しており、来年1月にオファーが来た場合は移籍金3000万ユーロ(約42億9000万円)を要求するとされている。 財政状況が苦しいセビージャは、チーム内で重要な戦力と見なされない選手の譲渡を考慮。アルゼンチン代表MFパプ・ゴメス(34)や、同代表MFマルコス・アクーニャ(31)が候補に挙げられている。 2022.11.29 20:16 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly