マネの代役にサネを狙う? 監督は補強に否定的も興味と現地報道…移籍金は75.6億円

2022.08.07 12:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユルゲン・クロップ監督が補強に関して否定的な意見を口にする一方で、中盤の補強の噂は絶えないようだ。

スペイン『エル・ナシオナル』によると、リバプールはバイエルンのドイツ代表FWレロイ・サネ(26)の獲得を望んでいるようだ。

今夏のリバプールはベンフィカからウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスを獲得。開幕戦でも早速1ゴールを記録していた。
一方で、セネガル代表FWサディオ・マネがバイエルンへと移籍。さらに、ベルギー代表FWディヴォク・オリジがミランへ、日本代表MF南野拓実がモナコへと去り、ブラジル代表FWロベルト・フィルミノもユベントス移籍が取り沙汰されている。

パニックバイはしたくないリバプール。クロップ監督はケガ人が多い状況を認めながらも、補強で穴埋めをする気がないことを主張している。

ただ、マネが抜けた穴は埋められているとは言えない状況。ポルトガル代表FWジオゴ・ジョタも負傷で出遅れているということもあり、エジプト代表FWモハメド・サラーが孤軍奮闘する可能性もある。

そのサラーも契約が残り1年となっており、来夏にはチームを去る可能性が十二分にある。その中でターゲットとしているのがサネということだ。

サネにはレアル・マドリーも関心を示しているとされたが、フロレンティーノ・ペレス会長は必要性を感じていないとのこと。マドリー移籍は無くなったと考えられる。

『エル・ナシオナル』によればクロップ監督はサネの補強は、チームに特別なもたらせると考え、なるべく早い獲得を望んていると報じており、監督の発言とは異なる状況。サネの移籍金はおよそ5500万ユーロ(約75億6000万円)と見られている。

マンチェスター・シティでもプレーしたサネはプレミアリーグのことも理解しており、確かに大きな補強に。バイエルンでの自身の立ち位置が不透明になっていることもあり、もしかしたらリバプールにやってくる可能性があるかもしれない。

関連ニュース
thumb

現地も驚く三笘薫の衝撃スタッツ! 初アシストから11試合で6ゴール2アシスト、8試合でゴールに絡む活躍

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫のスタッツに現地も驚きを隠せない。 ブライトンは29日に行われたFAカップ4回戦で、リバプールをホームに迎えた。 2週間前のリーグ戦では3-0と快勝を収めたブライトン。この試合では前半に先制を許すも、すぐに追いつき1-1で後半を迎える。 しかし、その後は互いに譲らずゴールが生まれないまま後半アディショナルタイムへ。しかし、そのアディショナルタイムにはブライトンがFKからパスを繋ぐと、三笘がボックス内で相手に囲まれながらも巧みなタッチを見せ決勝ゴールを記録。ブライトンが2-1で逆転勝利を収めた。 多くの称賛を受ける三笘だが、データでも素晴らしいものを残すことになった。 今季からブライトンでプレーする三笘は、10月29日に行われたプレミアリーグ第14節のチェルシー戦で初アシストを記録。この試合からリバプール戦で11試合目の出場となったが、なんと8試合でゴールに絡む活躍を見せている。 内訳は6ゴール2アシストと直接ゴールに絡む回数が多く、ゴールもアシストもなかった3試合のうち、リバプール戦ではほぼアシストの未遂もあり、数字に残らない部分でもブライトンの躍進を支えている。 その間ブライトンは、リーグ戦で5勝3分け1敗、FAカップで2連勝、EFLカップで1勝1敗という状況。カタール・ワールドカップ(W杯)後にさらに磨きのかかった三笘に牽引されるチームが勢いに乗っている。 <span class="paragraph-title">【動画】驚きの声連続!三笘薫の華麗なタッチと判断の劇的スーパーゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pLMTZtEg8iE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】三笘が魅せた華麗なアウトサイドクロス</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E7%AC%98%E8%96%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三笘薫</a> パスでも魅せる<br>得意のアウトでチャンス演出<br>\<br><br>FAカップ4回戦<br>ブライトン×リヴァプール<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> LIVE配信中 <a href="https://t.co/aJiagdyoi8">pic.twitter.com/aJiagdyoi8</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1619713153822244865?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.30 12:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「本当に良い選手」敗れたクロップ監督が決勝ゴールの三笘薫を称える「大変だった」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫を称えた。 リバプールは29日に行われたFAカップ4回戦で、ブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦した。 年明けから勝利のないチームはこの日も30分にMFハーヴェイ・エリオットのゴールで先制しながら、9分後に同点とされて後半へ突入。後半は拮抗した展開が続いたが、アディショナルタイムに三笘に逆転弾を許し、1-2で敗れ4回戦で敗退となった。 2週間前のプレミアリーグでも3-0と敗れたブライトン相手に連敗。FAカップ連覇を逃すことになった中、イギリス『BBC』のインタビューでクロップ監督が試合について言及。決勝ゴールを決めた三笘を称えた。 「左サイドのロボ(アンドリュー・ロバートソン)はサポートがあったので良かった。ただ、逆サイドのトレント(・アレクサンダー=アーノルド)は、サポートを受けられなかった」 「三笘は本当に良い選手であり、もちろん大変ではあった。ただ、我々は2つのゴールをより良く守ることができたと思う」 「1点目はディフレクトがあったが、おそらくシュートはブロックできた。あまり良い気分のものではない」 「時間が経てばポジティブな面も見えるかもしれないが、次のラウンドに行きたかった。ブライトンを祝福したい」 <span class="paragraph-title">【動画】クロップ監督も脱帽、三笘薫の華麗なタッチと判断の劇的スーパーゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pLMTZtEg8iE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 12:05 Mon
twitterfacebook
thumb

またもブライトンに敗れ、FA杯敗退…クロップ監督「2週間前よりはずっと良かった」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がFAカップ敗退もチームに一定の評価を与えた。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは29日に行われたFAカップ4回戦で、ブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦した。年明けからいまだ勝利のないチームはこの日も30分にMFハーヴェイ・エリオットのゴールで先制しながら、9分後に同点とされて後半へ。後半は拮抗した展開が続いたが、アディショナルタイムにMF三笘薫に逆転弾を許し、1-2で敗れた。 FAカップ連覇の夢を絶たれたクロップ監督だが、試合後には2週間前のプレミアリーグで完敗を喫した相手に改善した姿を見せられたと強調。そのうえで、さらなる成長をチームに求めた。 「ここに来たとき、2週間前の試合が頭にあった。あれは私がここに来てからの中でも、かなり底辺のパフォーマンスだったからね。今日はより良い姿を見せられたが、それでも最終的にはセットプレーから2失点した。前回よりギャップはかなり埋められたが、セットプレーでそれは役に立たず、違うことをすべきだったね。当然、良い気分ではないが、それを受け止めなければならない」 「前半のセットプレーは本当に良かった。コーディ(・ガクポ)はボールを持っていてもいなくても、ピッチ中央で大いに助けとなったよ。左サイドのハーヴェイは守備の面で本当に便利な選手だ。だが、ブライトンのような練度の高いチームとの対戦では、すべてのポジションがうまく機能しなければならない。我々はほとんどの時間でギャップを埋められたが、突然それができなくなった」 「これからまた(プレミアリーグで)ウルブズとの対戦だが、そこではまたトライするだけだ。積み重ねる必要があり、改善する必要があり、もっとうまくやる必要がある。数人の選手はより良いプレーが必要であり、守備についても数人は改善しなければならない」 「このパフォーマンスに大喜びはしていない。だが、2週間前に酷い試合で負けた相手と良い勝負はできた。今日の試合の方がずっと良かったと思う。ブライトンは今回もまた本当に素晴らしかった。彼らはゴールを奪い、チャンスも作った。最終的に、1点はディフレクト、1点は92分に決まり、これは我々にとって悪い部分だ。そして敗退となったのは最悪の結果だが、ここから先に進めると思っている」 2023.01.30 11:01 Mon
twitterfacebook
thumb

「相変わらずの破壊力」「なんという勝者」リバプール相手に圧巻パフォーマンスの三笘薫、地元紙も最高の評価「最も脅威的な攻撃のオプション」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が最高の評価を得ている。 29日に行われたFAカップ4回戦でブライトンはホームにリバプールを迎えた。 2週間前にプレミアリーグで対戦した際には、3-0で快勝した相手。試合は前半に1点ずつを奪いながら、後半はゴールがなかなか生まれず。90分が終了しようとしていた。 しかし、終了間際の後半アディショナルタイムに三笘が大仕事。ボックス手前右でFKからボールを繋ぐと、三笘は巧みなアウトサイドでのファーストタッチでわざと浮かせてジョー・ゴメスをかわし、右足アウトで押し込み劇的な逆転ゴール。三笘のスーパーゴールで、ブライトンが5回戦へと駒を進めた。 劇的な決勝ゴールを決めた三笘に対し、イギリス『Sussex Live』は9点(10点満点)を与え、劇的ゴールを称えた。 「トレント・アレクサンダー=アーノルドの周りを常に走り回り、相変わらずの破壊力を見せた。ブライトンの最も脅威的な攻撃のオプションであり、終盤には勝利に値するゴールを決めた」 「チームメイトがゴール前でより冷静であれば、数アシストできたはずだ」 また、イギリス『Sussex Express』も9点(10点満点)を与え、アーセナル移籍を果たしたベルギー代表FWレアンドロ・トロサール以上だと評価した。 「なんという勝者だ!彼のプレーを見るのはいつだって楽しい」 「選手を抜くことを愛し、今回もトレント・アレクサンダー=アーノルドに厳しい時間を過ごさせた。トロサールの穴を埋める以上のものを見せている」 <span class="paragraph-title">【動画】何度見ても信じられない三笘薫の華麗なタッチと判断の劇的スーパーゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pLMTZtEg8iE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 09:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「魔法がかかった瞬間」ブライトン指揮官も三笘薫を称賛、リバプール撃破には「満足している」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督がリバプール戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 29日に行われたFAカップ4回戦でブライトンはホームにリバプールを迎えた。 2週間前にプレミアリーグで対戦した際には、3-0で快勝した相手。試合は30分にハーヴェイ・エリオットのゴールでリバプールが先制するが、39分にルイス・ダンクのゴールで同点に追いつくことに成功。そのまま後半へ突入する。 後半は互いに攻め込むもゴールが生まれないでいたが、アディショナルタイムに日本代表MF三笘薫が大仕事。ボックス手前右でFKからボールを繋ぐと、三笘は巧みなアウトサイドでのファーストタッチでわざと浮かせてジョー・ゴメスをかわし、右足アウトで押し込み劇的な逆転ゴール。三笘のスーパーゴールで、ブライトンが5回戦へと駒を進めた。 デ・ゼルビ監督はリバプール戦の勝利についてコメント。結果に満足しながらも改善点はあるとした。 「この結果に満足している。リバプールは素晴らしい試合をしたし、この試合はとても難しかった。彼らはピッチ上でとても強かった」 「ただ、我々はより良いプレーをすることができた。我々は改善できる、しなければいけない」 また、劇的な決勝ゴールを記録した三笘についても言及。“魔法がかかった瞬間”と称えた。 「三笘は素晴らしい選手であり、魔法がかかった瞬間だった。彼、そしてファン、すべての人のためだった」 <span class="paragraph-title">【動画】魔法の瞬間、三笘薫が衝撃のリバプール撃破弾! 完璧なタッチとフェイントのスーパーゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pLMTZtEg8iE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 09:05 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly