UNL初勝利のドイツ、監督&選手が揃って喜び 「チームに大きな賛辞を」

2022.06.15 10:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドイツ代表陣営が勝利の喜びに浸った。欧州サッカー連盟 の公式サイト『UEFA.com』が報じている。

UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ3の3試合を消化して、3試合連続のドローでいまだ勝利がないドイツ。攻撃陣がいまひとつ乗り切れない状況が続くなか、第4節でイタリア代表をメンヒェングラートバッハに迎え撃った。

4日に1-1のドローゲームを演じたユーロ王者との再戦だったが、10分にMFヨシュア・キミッヒの一発を皮切りに計5発のゴールラッシュ。2天こそ返されたが、5-2の勝利を掴み、首位のハンガリー代表にわずか1ポイント差の2位で追走している。

初勝利のハンジ・フリック監督は「チームに大きな賛辞を送らなければならない。4試合目にまたあのようなパフォーマンスを披露してくれたことに敬意を表する」と労いの言葉を送ると、選手たちもそれぞれが心境を明かしている。

FWトーマス・ミュラーは「ファンの応援があったから素晴らしいパフォーマンスを出せた」と胸を張ると、GKマヌエル・ノイアーもドイツ『ZDF』のインタビューで「ワールドカップに向けてもポジティブな結果を残すのが大事だった」と話した。

また、2ゴールの活躍を披露したFWティモ・ヴェルナーも「4試合目にして初めて試合を支配できた。プレッシングを仕掛け、自分たちの実力を示せた試合だったよ」と満足げ。「報われて嬉しい」と2ゴールを記録した個人の結果も嬉しがっている。

関連ニュース
thumb

後半に壮絶な乱打戦を見せたイングランドvsドイツの強豪国対決はドロー決着… イングランドは未勝利で大会を終える《UNL》

UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ3最終節のイングランド代表vsドイツ代表が26日にウェンブリー・スタジアムで行われ、3-3の引き分けに終わった。 3日前のイタリア代表戦に敗れ、リーグB降格の決まったイングランドは、その試合からスタメンからサカとウォーカーをショーとストーンズに変更した以外は同じメンバーで試合に臨んだ。 一方、前節のハンガリー戦で今大会初黒星を喫したドイツは、その試合からスタメンを4人変更。ヴェルナーやミュラー、ニャブリ、リュディガーに代えてハヴァーツ、ミュージアラ、ケーラー、シュロッターベックをスタメンで起用した。 試合は強豪国同士らしく一進一退の展開が続く中、イングランドは25分にショーがセンターライン付近からDF裏へアーリークロスを供給。これに反応したスターリングがボックス内での切り返しで相手DFをかわしシュート。しかし、これは飛び出したGKテア・シュテーゲンのブロックに阻まれた。 以降もドイツがポゼッションし、イングランドがカウンターを狙う展開で試合が推移していく。すると35分、イングランドはストーンズがプレー中に右モモ裏を痛めるアクシデント。プレー続行は不可能となり、ウォーカーとの交代を余儀なくされた。 不運な形で交代枠を使ったイングランドだったが、前半終了間際の44分にカウンターからチャンス。自陣でのボールを奪取から左サイドのスペースに展開するとタメを作ったケインのスルーパスをボックス内まで駆け上がったスターリングがダイレクトで合わせたが、シュートは相手GKの正面を突いた。 ゴールレスで迎えた後半、ホフマンを下げてヴェルナーを投入。すると51分、相手DFのパスミスをカットしたミュージアラがボックス右でマグワイアに引っかけられると、一度プレーを流されたが、オンフィールドレビューの結果、PKが与えられる。これをギュンドアンがGKポープが一歩も動けないゴール右下隅に沈めた。 先制したドイツは、60分にもサネとのパス交換で中央を持ち上がったジューレがボックス手前からミドルシュート。さらに62分には、ミュージアラのラストパスからヴェルナーがシュートを放ったが、共にシュートは枠を外した。 サカやマウントを投入し前がかるイングランドに対し、ドイツはカウンターから追加点を奪う。67分、自陣でのボール奪取からハヴァーツが左サイドへ展開。これを受けたヴェルナーがタメを作って中央へパスを送ると、ボックス右手前のハヴァーツがゴール左へコントロールショットを突き刺した。 リードを広げられたイングランドは、72分に反撃。ボックス右横まで抜け出したサカのバックパスを受けたR・ジェームズがクロスを供給すると、ゴール前の混戦を抜けたボールをゴールエリア左で拾ったショーがシュート。 1点を返したイングランド75分、サカのパスをボックス中央に走りこんだマウントがダイレクトシュートをゴール右に流し込んだ。さらに82分には、ボックス内のベリンガムがシュロッターベックのアフター気味のタックルを受けると、VARの末にPKを獲得。このPKをケインがゴール左上に突き刺した。 逆転を許したドイツだったが、すぐに反撃。すると87分、ボックス左手前でボールを受けたニャブリがミドルシュート。これはGKポープがキャッチと思われたが、ファンブルしたところをハヴァーツが押し込んだ。 試合を振り出しに戻されたイングランドは、90分にロングカウンターから決定機。自陣でボールを奪ったベリンガムのパスをケインがワンタッチで前線に送ると、これに反応したサカがドリブルでボックス右まで切り込みシュート。しかし、これはGKテア・シュテーゲンの好セーブに阻まれ、勝ち越しはならず。 結局、試合はそのまま3-3でタイムアップ。ドイツは1勝4分け1敗の3位、イングランドは3分け3敗の最下位で大会を終えた。 2022.09.27 05:55 Tue
twitterfacebook
thumb

イングランド代表、アレクサンダー=アーノルドやトモリらがドイツ代表戦でメンバー外に

UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグAグループ3の最終節でドイツ代表と対戦するイングランド代表だが、複数の選手が起用されないことがわかった。イギリス『BBC』が報じた。 26日にUNLの最終節を戦うイングランド。グループの最下位が決定しており、リーグBに降格が決定している。 今シーズンのUNLではここまで5戦未勝利。ハンガリー代表に連敗すると、23日にはイタリア代表にも敗れており、昨年のユーロ準優勝から一気にトーンダウンしている。 カタール・ワールドカップ(W杯)の開幕まで2カ月を切った中で、ガレス・サウスゲイト監督の手腕に疑問の声も出てきており、非常に厳しい状況の中、複数選手がドイツ戦を欠場することとなる。 欠場が確定しているのは、リバプールのDFトレント・アレクサンダー=アーノルド、ミランのDFフィカヨ・トモリ、ウェストハムのFWジャロッド・ボーウェン、サウサンプトンのMFジェームズ・ウォード=プラウズとのことだ。 また、マンチェスター・シティのMFジャック・グリーリッシュは出場停止のためメンバー外となっている。 いずれの選手もケガではないとのこと。アレクサンダー=アーノルドは、昨年のユーロを負傷欠場すると、今年は1試合しかプレーせず、先日のイタリア戦も起用されなかった。 イングランド代表のサイドバックの中では、クラブチームでは最も結果を残しているが、それでも起用されない状況に。W杯本番ではどうなるのだろうか。 2022.09.26 22:48 Mon
twitterfacebook
thumb

ルーカス・エンメチャ&リュディガーが最終節のイングランド戦を欠場

ドイツサッカー連盟は24日、ヴォルフスブルクのFWルーカス・エンメチャがUEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ3最終節のイングランド代表戦を欠場することを発表した。 公式声明によれば、ルーカス・エンメチャはヒザに痛みがあり、ドイツ代表を率いるハンジ・フリック監督がイングランド戦の欠場を決めたとのこと。 また、累積警告のためイングランド戦の欠場が決まっているレアル・マドリーのDFアントニオ・リュディガーは、24日にチームを離脱し所属クラブに戻ったとのことだ。 UNL5試合を終えて1勝3分け1敗の3位に位置するドイツは、首位のハンガリー代表と4ポイント差があり、準決勝進出はならず。また、最下位イングランドとも4ポイント差となっており、すでにグループA残留を決めている。 2022.09.25 01:35 Sun
twitterfacebook
thumb

就任後初黒星で突破消滅…フリック「W杯のときじゃなくてよかった」

ドイツ代表のハンジ・フリック監督がコメントした。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』が報じている。 UFFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ3で2位につけるなか、23日の第5節で首位のハンガリー代表をホームに迎え撃ったドイツ。勝ち点1差で追いかけるハンガリーとの直接対決だったが、17分に失点すると、攻撃も攻めあぐね、そのまま0-1の黒星を喫した。 ドイツを率いるようになってから14試合目にしての初黒星だが、最終節を残してグループ突破消滅の痛い敗北となったフリック監督。試合後、ドイツ『ZDF』で肩を落とした。 「目を見張るものだった。(カタール・)ワールドカップのときじゃなくてよかった。前半は本当に酷かったよ。積極性がなく、自信に欠け、イージーミスも多すぎだった。後半は良くなったが、十分なチャンスを作れなかったね」 また、MFヨシュア・キミッヒは「ビルドアップが遅すぎたし、ミスも多すぎた。僕らの目標はグループ突破だったんだ。前半の戦いからそう感じられなかったとしてもね」と嘆いている。 そして、MFヨナス・ホフマンは「前半は居眠り状態だったし、後半はより速いプレーを心がけた。優勢ではあったけど、ビッグチャンスをあまり作れなかったね。パスやクロスの精度がいまいちだった。今日の負けは腹立たしいけど、頭は下げないよ」と語った。 2022.09.24 13:55 Sat
twitterfacebook
thumb

突破目前のハンガリー代表監督「誰もこんなことができるなんて信じていなかった」

ハンガリー代表のマルコ・ロッシ監督がコメントした。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』が報じている。 UFFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ3でイタリア代表、イングランド代表、ドイツ代表を抑え込み、首位を走るハンガリー。23日の第5節では2位につけるドイツとのアウェイ戦に臨み、17分に左CKからFWアダム・サライの一発で先制すると、そのまま1-0で勝ち切った。 ドイツをグループ敗退に追いやり、突破の可能性を残してイタリアとの最終節を迎えるロッシ監督は決勝弾のサライを名指しで称えながら振り返った。 「サライは本当に称賛に値する。前半は良いパフォーマンスだったが、後半は非常に深くで守備をしなければならなかった。我々はイタリアとの試合でこのパフォーマンスを締めくくることができる。イタリア戦は私にとって特別な一戦になるだろうね。5試合を戦って10ポイントを上積めたのは喜ばしいこと。誰もこんなことができるなんて信じていなかった」 また、キャプテンを務める殊勲のサライは「イングランドに続いてドイツも倒せてすごく誇らしいよ。信じられないような結果だけど、チームは日々取り組んでいるし、偶然ではないね」と語っている。 2022.09.24 09:35 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly