WE初代得点女王は浦和L菅澤優衣香! INAC田中美南はハット達成も及ばず【WEリーグ第22節】

2022.05.22 17:06 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
22日、「2021-22 Yogibo WEリーグ」最終節となる第22節の5試合が各地で行われた。

すでにINAC神戸レオネッサが優勝を決めていることもあり、焦点は初代得点女王に当てられた。

9得点で得点ランキング3位に付ける田中美南を擁するINAC神戸は、アウェイで大宮アルディージャVENTUSと対戦。12分に右クロスを受けた田中がゴール前でDFをかわして流し込み、いきなりの先制点を挙げた。

3分後には髙瀬愛実の得点でリードを広げ、43分にも再び田中がゴールを記録する。68分に1点を返されるも、77分には中島依美のスルーパスから田中がGKとの一対一を迎え、これを落ち着いて制してハットトリックを達成。通算12得点とした。

成宮唯にもゴールが生まれたINAC神戸は、田中が91分にも裏抜けからネットを揺らすもオフサイドを取られ、終了間際に失点を喫しはしたが、5-2で大勝を収めた。

得点ランキング2位につけるのは直近6試合で8得点を挙げ、通算10得点と急上昇のサンフレッチェ広島レジーナの上野真実。ホームで行われたAC長野パルセイロ・レディース戦でもチームで上野にボールを集めようとするが、ゴールレスのまま前半を終える。

迎えた71分、ボックス手前左でキープした柳瀬楓菜が左を使うと、オーバーラップしてきた木﨑あおいが左足のクロス。ボールはDFに当たってゴール正面に浮き上がると、上野が頭でループ気味に合わせ、ようやくゴールをこじ開けた。

試合はこのままタイムアップを迎え、広島レジーナが1-0で勝利。上野は通算11得点でシーズンを終えた。

通算12得点で得点ランキングトップにつけていたのは、三菱重工浦和レッズレディースの菅澤優衣香。ホームでの日テレ・東京ヴェルディベレーザ戦では36分に清家貴子のスルーパスからネットを揺らしたが、オフサイドを取られた。

対照的に藤野あおばに2点を許し、追い掛ける展開となったなかで、菅澤は74分にPKを沈めて1点を返すと、86分にも同点弾を奪取。塩越柚歩の鋭い縦パスを清家が優しく落とすと、ラインブレイクからこの日2点目を挙げ、浦和レディースが同点に追いついた。

以降はゴールが生まれず試合は2-2の引き分けに終わったが、リーグ通算得点を「14」に伸ばした菅澤がWEリーグ初代得点女王に輝いている。

◆第22節
▽5月22日(日)
三菱重工浦和レッズレディース 2-2 日テレ・東京ヴェルディベレーザ
大宮アルディージャVENTUS 2-5 INAC神戸レオネッサ
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 1-1 アルビレックス新潟レディース
ノジマステラ神奈川相模原 1-2 マイナビ仙台レディース
サンフレッチェ広島レジーナ 1-0 AC長野パルセイロ・レディース

WE ACTION DAY(今節試合なし)
ちふれASエルフェン埼玉

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly