ラポルタ会長が今夏の移籍市場に言及! 財政問題クリア楽観視で噂される主力売却に否定的な見解

2022.05.18 07:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのジョアン・ラポルタ会長は、今夏の移籍市場に向けた財政面の問題クリアを楽観的に考えているようだ。スペイン『ESPN』が伝えている。

今シーズンの開幕前に13億5000万ユーロ(約1840億円)の負債を明かしたバルセロナ。さらに、新たに2億4200万ユーロ(約330億円)の損失が発覚したことを受け、先日にラ・リーガはバルセロナの今夏移籍市場での使用限度額をマイナス1億4400万ユーロ(約196億円)に設定したことをアナウンスしていた。

また、2年連続の赤字決算を回避するため、6月末の決算期を前にして、現金の投入も必要と考えられている。
今シーズンのラ・リーガの2位以内が確定し、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権及び、スーペル・コパ・デ・エスパーニャ出場権を手にしたクラブは、スポーツサイドで獲得可能な資金調達を完遂。

ただ、今夏の獲得が噂されるバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキらの移籍金を調達するためには、クラブの未来であるスペイン代表MFペドリや同MFガビを除き、現時点で最も高額な移籍金が見込めるオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの売却が必要との報道が出ている。

そういった中、ラポルタ会長は17日、スペイン『Catalunya Radio』で現時点でのクラブ財政、今夏の補強に関する見通しについて語った。

レヴァンドフスキ獲得の可能性に関する質問に関しては、「(スポーツ・アドバイザーの)ジョルディ・クライフと、(スポーツ・ディレクターの)マテュー・アレマニーに任せればいい」と、明言は避けたものの、6月末までに取り組んでいる一連の金銭的合意を完了できれば、夏の大型補強を成功させるため、痛みを伴う売却は必要ないと楽観的な反応を示した。

「財政状況はあまり良くない。しかし、我々は競争力のあるチームを作るために懸命に働いている。簡単なことではない。状況を好転させるために取り組んでいる」

「クラブの財政を何とか整理できれば、そうなると思うが、我々が考えているすべての作戦を実行することができる」

「バルセロナのプレーヤーの中には、市場で求められているプレーヤー(F・デ・ヨング)がいる」

「しかし、我々が取り組んでいることが経済的にうまくいけば、経済的な理由による売却はないはずだ」

「痛みを伴う売却があるかどうかは分からない。現時点では、クラブの財政が最優先だからだ。だが、我々がやりたいことを、6月30日までにやれれば、それは壮大なものになると思う」

なお、ラポルタ会長が言及した金銭的合意に関しては、クラブ内の映像制作会社である『バルサ・ストゥディオス』と、『バルサライセンシング&マーチャンダイジング』の株式49%の売却による資金調達。さらに、過去に一度拒否した投資ファンド『CVCキャピタル・パートナーズ』からの資金調達、将来的なテレビ放映権料10%の売却といったものがあるという。

また、新戦力補強と並行して行っているフランス代表FWウスマーヌ・デンベレとの契約延長交渉に関しては、来週中にも何らかの動きがあることを示唆している。

「彼は残留を希望しているが、我々の提案より優れていると思われる他の選択肢に誘惑されている」

「彼はすでに我々のオファーを受けており、シーズンが終わる来週には、我々に返答するはずだ。我々はこの問題を今すぐ解決したいが、彼らに(決断を)迫ることはできない」

「チャビは彼を気に入っているし、私も同様だ。プレーヤー自身はドレッシングルームと良い関係を築いているし、彼の友人(オーバメヤン)も入ってきているが、彼の代理人も自分たちの利益を考えており、彼らの決断を待っているところだ」

関連ニュース
thumb

バルセロナの異議は棄却、レヴァンドフスキの出場停止処分は3試合で変わらず

バルセロナに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキに3試合の出場停止処分が確定した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 レヴァンドフスキは、カタール・ワールドカップ(W杯)中断前のラストゲームとなった第14節のオサスナ戦に先発出場。前半30分過ぎに2枚目のイエローカードをもらい、退場処分を受けた。 判定に納得のいかないレヴァンドフスキは、退場時に鼻を触ってヘスス・ヒル・マンサーノ主審を指さすジェスチャーを行うと、スペインサッカー連盟(RFEF)はこれを同主審に対する侮辱行為と判断し、3試合の出場停止を決定。 その後、バルセロナは侮辱行為による2試合の追加処分に異議申し立てを行っていたが、RFEFはこれを認めず、5日に行われた上訴委員会によって出場停止処分を確定させた。 なお、バルセロナは今後15日以内にスポーツ仲裁裁判所に訴えを起こし、処分取り消しを求めることができるが、減刑の見込みは低いとのことだ。 今回の処分が確定した場合、レヴァンドフスキはラ・リーガ再開初戦となる31日のエスパニョール戦、来年1月8日のアトレティコ・マドリー戦、同月15日のベティス戦を欠場することになる。 2022.12.06 00:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマが冬にデパイ獲得を狙う? 来夏のフリー加入を目論む

ローマが、バルセロナのオランダ代表MFメンフィス・デパイ(28)の獲得を計画しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 今回のカタール・ワールドカップにも参加し、3日に行われたラウンド16のアメリカ戦では大会初ゴールを挙げたデパイ。ただ、今季限りで契約が切れるバルセロナでは、ロベルト・レヴァンドフスキの加入や太もものケガで出場機会が減少しており、中断前は公式戦3試合のみの出場となっていた。 財政難のバルセロナとしては年俸を浮かせる狙いから契約延長はしないと見られており、今冬での売却も視野に入れている模様。やや腫れ物扱いされている感じが否めないデパイだが、これまでに古巣のマンチェスター・ユナイテッドやユベントスなど需要は小さくない。 その中でローマは、冬にローンで獲得し、バルセロナとの契約が切れる来夏に長期契約へ移行することを画策しているようだ。ジョゼ・モウリーニョの要求を受け、すでにゼネラル・マネージャーのティアゴ・ピント氏が動き出しているという。 2022.12.05 20:40 Mon
twitterfacebook
thumb

スペイン代表の20歳ファティ「今を頑張れば、きっと未来は良くなる」

スペイン代表FWアンス・ファティがカタール・ワールドカップ(W杯)や所属先のバルセロナについて語った。 弱冠20歳にしてW杯のスペイン代表メンバーに名を連ね、グループE最終節の日本代表戦で大会デビューを飾ったファティ。同代表は6日に行われる決勝トーナメント1回戦でベスト8進出を懸け、モロッコ代表と対戦する。 一発勝負の戦いを目前に控え、スペイン『ムンド・デポルティボ』のインタビューでチーム状態に言及。良好な雰囲気を感じているようだ。 「(バルセロナの)チームメイトがいるのは僕にとって役立つし、その他の選手もお互いにラ・リーガで会ってきた選手たち。誰もがチームに貢献したいと願っているよ。このチームの仲間意識は本当に素晴らしい」 バルセロナのチームメイトであり、今大会のスペイン代表最年少選手でもあるMFガビにも言及。18歳にしてチームをけん引する圧倒的な存在感を発揮しているが、もはや驚きはないと語る。 「あの年齢にして、すでに高次元のレベルを見てとることができる。彼の競争力、トレーニングにはもう驚かされないよ。とはいえ、彼はピッチ上で信じられないプレーを見せるし、こっちは見てるだけで幸せになるよね」 最後に、所属するバルセロナで定位置を掴み切れていないことを問われると、努力してコーチ陣を納得させるしかないと述べ、前向きな意志を示している。 「今はW杯に集中していて、クラブに戻ってどうなるかは様子を見たい。いつだってプレーしたいけど、決めるのはコーチ。状況を好転させるためには毎日ベストを尽くす必要があるね。今を頑張れば、きっと未来はもっと良くなるはず。バルサで重要な選手に? うまくいけばね。そう願っているよ」 2022.12.05 16:38 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ再始動… W杯敗退組はオフも、負傷アラウホは帰還

中断期間明けに向け、バルセロナが再始動するようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 中断期間前のラ・リーガを首位で折り返したバルセロナ。チャンピオンズリーグ(CL)では2季連続のグループステージ敗退という大失態を晒してしまったが、後半戦は4季ぶりのリーグタイトル奪還に期待がかかる。 カタール・ワールドカップ(W杯)の親善大使を務めるチャビ・エルナンデス監督も現地から帰国し、5日からトレーニングを再開する流れに。グループステージで敗退したばかりのGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン、DFアンドレアス・クリステンセンはしばしのオフを挟み、12日から合流するという。 一方、ウルグアイ代表としてW杯に臨むも、ケガで試合に出られなかったDFロナルド・アラウホはすでにバルセロナへと帰還済みで、本拠地で回復に専念。チャビ監督は、手元にいる選手らでフィジカルトレーニングを中心としたメニューをこなしていく方針とのことだ。 中断期間が明けたバルセロナの最初の公式戦は今月31日。ラ・リーガ第14節でエスパニョールとのダービーマッチに臨む。 2022.12.04 17:50 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシがキャリア通算1000試合出場! 驚異的なスタッツを記録

パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがオーストラリア代表戦でシニアレベルでのキャリア通算1000試合出場を達成した。 メッシはバルセロナ在籍時代の2004年9月16日のエスパニョール戦でトップチームデビュー。以降はバルセロナで778試合、PSGで53試合に出場。また、2005年8月17日のハンガリー代表戦でデビューを飾ったアルゼンチンのA代表では先日のポーランド代表戦までで168試合に出場していた。 そして、3日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16のオーストラリア戦で節目の1000試合出場を達成した。 そのメモリアルゲームでは相手の堅守に苦戦を強いられていたチームを救う見事な先制点を記録。また、先発フル出場を果たしてチームの攻撃を牽引し、2-1の勝利に導きベスト8進出を決めた。 なお、この間に789ゴール、388アシストという驚異的なスタッツを記録。さらに、通算41個のトロフィーを手にしている。 2022.12.04 06:12 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly