W杯出場逃したオーストリア、主将アラバが早期離脱

2022.03.28 16:46 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オーストリアサッカー協会(OFB)は27日、レアル・マドリーDFダビド・アラバの代表離脱を発表した。

オーストリア代表のキャプテンとして、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフに臨んだアラバ。24日に行われた準決勝のウェールズ戦に先発するも、マドリーでの同僚でもあるFWガレス・ベイルに2ゴールを許し、1-2と敗れた。

6大会ぶりの本戦出場を逃したオーストリアは29日にスコットランド代表との国際親善試合を予定。しかし、オーストリアサッカー協会(OFB)はアラバとヴォルフスブルクMFザヴェル・シュラーガーの2名がすでにチームを離脱していると伝えた。

スペイン『マルカ』によると、アラバは28日のトレーニングからマドリーに合流する模様。なお、ブラジル代表に招集されたFWヴィニシウス・ジュニオールも、30日に行われるボリビア代表との国際親善試合を欠場し、同じタイミングでクラブへと帰還するようだ。

関連ニュース
thumb

極右との関係や去就が注目されたフランクフルトDFヒンテレッガーが電撃引退、29歳で幕引き

フランクフルトのオーストリア代表DFマルティン・ヒンテレッガー(29)がプロキャリアを終えることを発表した。 ザルツブルクの下部組織で育ったヒンテレッガー。ファーストチームに昇格すると、ボルシアMGへのレンタル移籍を経験。その後、アウグスブルクへ完全移籍する。 2019年1月にフランクフルトへとレンタル移籍で加入すると、同年8月に完全移籍。最終ラインを支える活躍を見せてきた。 フランクフルトでは公式戦136試合に出場し14ゴール6アシストを記録。今シーズンもブンデスリーガで26試合に出場し1ゴール。優勝を果たしたヨーロッパリーグ(EL)でも決勝はケガにより欠場したが、9試合でプレーした。 オーストリア代表としても67試合に出場し4ゴールを記録しているヒンテレッガーは、フランクフルトと2024年6月30日まで契約を残していた中、クラブにプロキャリアの終了を申し出たという。 クラブによると、ヒンテレッガーはクラブの取締役会にプロサッカー選手としてのキャリアを終えたいとし、すぐに契約を解除してほしいと通達。2年間の契約が残る中、クラブは契約を一時停止。その後、代理人のクリスチャン・サンド氏、オリバー・グラスナー監督とも協議をした結果、選手の申し出に応じることにしたという。 ヒンテレッガーはクラブを通じて、今回のキャリア終了についての説明をしている。 「去年の秋、シーズンが終わってからの引退を最初に考えた。僕はスポーツ面で、困難な状況にあることに気がついた」 「僕のパフォーマンスは一貫していない。勝利を収めた喜びも、負けたときの感情も2倍以上になってしまった。春にパフォーマンスが向上し、ヨーロッパリーグでの成功により、スポーツ面で大きな成功を収めて別れを告げようという気持ちがさらに高まった」 「ヨーロッパリーグの優勝はとても嬉しかった。僕の2番目の故郷となったこの街で、素晴らしいファンとの最後の大勝利のお祝いになることを知っていたからだ」 「僕はアイントラハトでの時間を振り返り、感謝とし喜びを持って、クラブとサポーターの緊密な関係を感じ続け、ファンとしてチームをサポートしていきたい」 「チームメイト、コーチングチーム、バックヤードのスタッフ、全てのスタッフ、そしてここで経験できた信頼、サポート、素晴らしい時間を感謝したいと思う」 「何よりも、ファンに感謝する。特に難しい時期に、僕の後ろに立ってくれていた。過去数週間で僕が魂を込めて、そして明確な良心を持って開催した「ヒンティカップ」について、多くの話題が生まれていたけど、その範囲は僕にとっても明らかになった」 「僕からの感情的な、思慮のない言葉が苛立ちに繋がったんだと思う。そのことはお詫びしたい。本当に申し訳ありません」 「もう一度ハッキリ言うと、僕は右翼的で、不寛容で、非人道的な考えを、最も強い言葉で非難する。僕のことを知っている人ならば、誰でも理解してくれるだろう」 「まずは距離を取り、人生の歩む向きを変える必要がある。アイントラハトが今この一歩を踏み出すチャンスを与えてくれたことに感謝している」 ヒンテレッガーは、今夏に移籍するようにクラブから言われていたとコメントしたと思えば、自身のイベントである「ヒンティカップ」のパートナーが極右であることで問題視されることに。さらに、コンディション調整が上手くなく、オフ明けには体重を増やして合流することを揶揄されることもあるなど、何かとピッチ外で話題を振りまいていた。 クラブに残留する宣言をしていたヒンテレッガーだったが、最終的にはキャリア終了という選択に。突然のプロ引退となった。 2022.06.23 21:12 Thu
twitterfacebook
thumb

フランス相手にドローも…ラングニックは満足せず 「チームを祝う理由はない」

オーストリア代表のラルフ・ラングニック監督が、ドローの結果に不満を示した。『UEFA.com』が伝えている。 オーストリアは10日、UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ1第3節でフランス代表と対戦した。ここまでUNLで1勝1敗のオーストリアは立ち上がりから積極的な姿勢を見せると、37分に高い位置でボールを奪ったカウンターから最後はFWアンドレアス・ヴァイマンがクロスを押し込み、先制点を記録した。後半に入ると相手の反撃を受けて苦しい時間帯が続き、83分に失点。終了間際にもピンチを迎えたが、ここはGKパトリック・ペンツの好セーブで凌ぎ、1-1のドローに終わった。 強豪相手に貴重な勝ち点1を手にしたオーストリアだが、ラングニック監督は結果に満足せず。余分な失点があったとして、チームには改善の余地が残されていると語った。 「なぜ、フットボールをするのかと問われれば、それはもちろん楽しむためだ。そして、勝てばもっと楽しくなるだろう。(敗れた)デンマーク戦とこの試合で、セットプレーの後に不必要なゴールを2つも許してしまった。我々が良いプレーをしたのは確かだが、あと少しで勝ち点3だったのだ。チームを祝う理由はない」 「確かに、フランスは我々に大きなプレッシャーを与えてきた。だが、同点に追いつかれるまでの間に、それほど明確なチャンスはなかったと思っている。今は早く回復して、次節のデンマーク戦では勝ち点3を取らなければならない」 2022.06.11 14:32 Sat
twitterfacebook
thumb

逆転のチャンス逃したムバッペ…チームの3戦未勝利に「心配せず、堂々としていれば良い」

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが白星を掴むチャンスを逃したと悔やんだ。『UEFA.com』が伝えている。 ムバッペは10日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ1第3節のオーストリア代表戦で、63分から出場した。ここまでUNLで勝ちのないフランスは序盤からFWカリム・ベンゼマがヘディングシュートを放つなど好機を作ったが、37分に不用意なロストからカウンターで失点。後半は攻勢を強めると、83分にMFクリストファー・エンクンクのスルーパスを受けたムバッペがスピードに乗った状態でボックス内に進入し、そのまま得点を挙げて同点に追いつく。終了間際にもムバッペに再び絶好機が訪れるも、ここは相手GKのセーブに阻まれ、1-1のドローに終わった。 ムバッペはUNL 3試合未勝利のチーム状況下で逆転のチャンスを逃したと落胆。次節のクロアチア代表戦では必ず勝利を手にしたいと誓った。 「僕たちは勝つことができなかった。試合前に望んでいたものを、手にすることができなかったね。だから、月曜日のクロアチア戦では勝てるように努力したい」 「(最後の決定機は)決められずに残念だった。GKを欺こうとすれば、十分なシュートを打てなかったと思う。GKにはセーブのチャンスがあり、バーに当たってしまった」 「この状況でも心配せず、堂々としていれば良いと思う。今は100%ではないが、監督が僕を必要とするなら僕はそこにいるよ。これから休暇前、最後の試合になるね。チームも少しは自分たちをプッシュできると思う」 2022.06.11 11:02 Sat
twitterfacebook
thumb

UNL 3戦未勝利のフランス…デシャン監督「多くの選手が疲労困憊の状態だが、言い訳にはならない」

フランス代表のディディエ・デシャン監督が勝利を逃したことを悔やんだ。『UEFA.com』が伝えている。 フランスは10日、UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ1の第3節でオーストリア代表と対戦した。2試合未勝利のフランスは立ち上がり、セットプレーなどからチャンスを作るが決め切れず、逆にカウンターから失点を許す苦しい展開に。63分にFWキリアン・ムバッペを投入するなどして反撃に転じると、83分にそのムバッペがMFクリストファー・エンクンクのスルーパスに反応して同点ゴールを記録。しかし、その後逆転までは至らず、1-1のドローに終わった。 これで3試合未勝利となり、グループ最下位に低迷するデシャン監督も落胆を隠さず。チームはより多くのものに値するパフォーマンスを見せていたと強調した。 「我々は勝ち点3 をとれる可能性が高かったはずだ。だから、この結果を残念に思う。 多くの選手が疲労困憊の状態だが、これは言い訳にはならないだろう。キリアン・ムバッペが30分間でもフィットしてくれていたのは嬉しいね。彼は我々のチームにとって、非常に重要な選手だ。我々はもっとワイドの位置でプレーがしたかった。だから、システムを[4-2-3-1]に戻したんだ。その結果、サイドから多くのチャンスを作ることができたから、うまくいったと思う」 2022.06.11 10:37 Sat
twitterfacebook
thumb

終盤のムバッペ弾で追いついたフランスがオーストリアにドロー、3戦未勝利スタート《UEFAネーションズリーグ》

フランス代表は10日、UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ1の第3節でオーストリア代表とのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 4日前のクロアチア代表戦を1-1の引き分けに持ち込まれ、1分け1敗スタートとなったフランスは、ベンゼマとグリーズマンの2トップで臨んだ。 1勝1分けスタートのオーストリアに対し、守勢の展開を強いられたフランスだったが、18分に最初の決定機。FKの流れからゴール至近距離のベンゼマがヘディングシュート。しかし、GKペンツの好守に阻まれた。 だが、前半半ば以降もオーストリアの攻勢を受けると、37分に失点する。グリーズマンが自陣でボールを失うと、ショートカウンターを受け、最後はライマーの右クロスをヴァイマンに押し込まれた。 1点ビハインドで迎えた後半、フランスは55分にパヴァールのミドルシュートでGKを強襲。 そして63分にムバッペを投入し、さらに攻勢を強めていったフランスは終盤の83分に追いつく。エンクンクのスルーパスを受けたムバッペがボックス左に侵入。スピードを生かしてそのままシュートを決めきった。 さらに87分、フランスに逆転のチャンスが訪れるも、ムバッペのボックス内からのシュートはGKペンツのファインセーブに阻まれて1-1のままタイムアップ。3戦未勝利スタートとなった。 2022.06.11 05:48 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly